ベストシーズン到来! 東京から日帰りできる「きのこ狩り」ベストスポット6選

秋の味覚の代表と言えばきのこ! 香りよし、味よし、低カロリーで食物繊維が豊富。さらに値段も比較的お手頃。バター炒めや煮物、鍋料理など調理のポテンシャルも高いですよね。そこで今回は、きのこ狩りが楽しめる施設をご紹介します。採れたてきのこのBBQができる施設もありますよ。家族やお友達を誘って、いかがですか?

佐倉きのこ園(千葉県佐倉市)

おがくずなどを使った菌床栽培をしているため、1年中しいたけ狩りが楽しめます。大きいしいたけがなくなり次第終了なので、早い時間に行くのがオススメ。朝8時のオープン時には並んでいるお客さんもいるとか。採れたてのきのこは園内のバーベキューガーデンで、炭火焼きにしていただきましょう。秋は、きくらげの収穫も可能。しいたけときくらげは、収穫した分を100g220円で購入できます。ハウス栽培なので天候に関係なく楽しめるのもいいですね。

管理者提供の写真

管理者提供の写真

 

管理者提供の写真

シイタケをとって、自分が収穫したものをいただけるので子どもと一緒でも楽しくていいです。雨の日でも大丈夫だし、手ぶらで行っても道具があるので安心です。また料金も取った分だけで、無農薬栽培されているのもいいです。pekesukeさんの口コミ

きのこ園のバーベキュー、キノコ狩りはほとんど自由に好きなだけ(100g/200円)でき、その後は隣接するテントで焼き焼き。スーパーのキノコに比べて肉厚で、キノコの値段にも味にも納得です。親子連れ、女子会、会社の団体さんなど、ゴールデンウイーク明けの日曜日でもコンスタントに人が来てます。予約したほうがいいですね。バーベキュー代、食材の持ち込み代、キノコ狩り費用、キノコの値段など、一人当たり2,500円~3,000円ですね。手軽なので、そういう点からはお値段相応(良い意味で)という感じがします。BlackJackal2013さんの口コミ

きのこ王国(長野県伊那市)

きのこ狩りやバーベキュー、キッズパークもあって1日遊べる農園。「王国」の名だけあって、しいたけ、ひらたけ、タモギ茸など収穫できるきのこの種類も豊富です。他にもナメコ、きくらげ、えのき茸などの栽培も。価格は100gあたり150〜250円と、種類によって変わります。「きのこ焼き体験コーナー」(無料)では、採ったばかりのきのこを焼いてその場で食べられますよ。

投稿者:みー2017

投稿者:さすらいのとんしゅけ

投稿者:さすらいのとんしゅけ

北湯沢温泉に行く途中で、お昼ご飯を食べに行きました。フードコートには、お蕎麦や定食があり、もちろんキノコ汁やおにぎり、お弁当も置いているので、お腹のすき具合で色々選べます。私達は、お蕎麦を食べました。とても美味しかったです。Experience807845さんの口コミ

小学一年生と2歳の子連れで行きました。着いた時は閑散としていて大丈夫かな?と思いましたが遊ぶ道具は割と新しくて子供たちはとても楽しんでいました。上の子は芝滑りやトランポリン、下の子はストライダーに夢中でした。遊び放題で五百円は安い!途中でキノコ狩りに行きました。こじんまりとしていましたが色々な種類があり、面白かったです。きのこは量り売りですが近所で買うよりお値打ちでした。従業員のみなさんもみなさん親切でしたし、昼食でいただいたきのこのBBQも美味しかったです。子連れにはオススメです!Curious807842さんの口コミ

野沢温泉 きのこの宿 丸中ロッヂ(長野県野沢温泉村)

野沢温泉にある「きのこの宿 丸中ロッヂ」。春には山菜やたけのこ狩り、夏はトレッキング、秋はきのこ狩り、冬は雪山ハイキングと、季節によって自然体験ができます。宿泊プランによって体験ができるきのこ狩りは、広大な自家きのこ園をガイド付きで歩き、説明を受けながら摘み取っていきます。11月はしいたけ、なめこ、しめじ、えのきだけなどなどが収穫可能(年によって変動あり)。宿泊時のお食事では、きのこ鍋や、窯焚きご飯など厳選されたきのこや山菜が楽しめます。

投稿者:クロぴょん

投稿者:クロぴょん

2016年11月に家族4人で宿泊しました。オプションのキノコ狩りに連れて行ってもらいました。最初に毒キノコの説明があって、それから実際に生えているキノコを「これはナメコ」「これはクリタケ」といった具合に説明してもらいながら採っていきました。小学生と中学生の子供も連れて行きましたが、実際に山の中でキノコを採ったのは初めての経験で喜んでいました。また、その日の夕食のキノコ料理の多彩さには驚きましたし大満足でした。旬のキノコが食べられる秋に行くのがおすすめです。Dream809025さんの口コミ

きのこ狩りができる宿ということで、友達と3歳の娘と泊まりました。きのこ狩りは、個人では行けないような山の中に連れて行ってもらえます。娘連れでも大丈夫でした。きのこ料理の食事は最高です。きのこの美味しさは、産地ならではだと思います。宿の食事でのあの感動は、今までなかったです。毎年でも行きたい宿です。Yoko Uさんの口コミ

カントリーロッジ木の実(長野県松本市)

信州野麦峠スキー場のすぐそばにある「カントリーロッジ木の実」。宿泊者を対象に、春は山菜、夏はブルーベリー、秋はきのこ狩りを開催。きのこ狩りは、近くの森で、オーナー自らがガイドをしながら、食べられるきのこの見分けなどを教えてくれます。採ったキノコは持ち帰りも可。収穫の際は、山歩きが出来る服装と靴、ナップサック等、鈴、ホイッスルなどが必要。きのこ狩りは9月中旬~10月上旬までなので、伺う際は事前確認がオススメです。

投稿者:step2525

投稿者:tyasunao

きのこ狩りをしたくて、ガイドしていただける宿を探していてバイク関係からのリンクで知りました。オーナーご夫婦さんや宿の雰囲気も良く、新そばで美味しい料理の一夜を過ごし、翌日はきのこ狩りを満喫ありがとうございました。次回は、スキーや山菜狩りに是非お邪魔したいと思っています。step2525さんの口コミ
昨年の秋に楽天から予約して泊まりました.バイクでの一人旅(出張の途中)でした。ロッジですので建物は相応ですが、料理はおいしく、同宿の人ともすぐに仲良くなれる雰囲気でした.楽しい夜を過ごせました.また、あの雰囲気と料理を味わいにいきたいと思っています.今度は、宿のサイトから直接予約してさらに割引を受けたいと思います.Expedition803507さんの口コミ

小松沢レジャー農園(埼玉県横瀬町)

冬はハウス、夏は森の中の原木でしいたけを栽培するので、通年でしいたけ狩りが体験できます。炭火焼きコーナー(無料)では、香ばしくジューシーなしいたけがその場で食べられるのもうれしい。収穫したしいたけは、200g500円、300g700円で量り売りされます。他にもいちご・ぶどう狩り、手打ちそば・うどん体験、ピザ焼き体験などもできるので、どの季節に行っても家族で1日中めいっぱい遊べます。

投稿者:Thye H

投稿者:YasOku

投稿者:YasOku

いろいろなアクティビティーがあって、楽しめます。 駐車場は砂利ですが、大きな駐車場なので、車で行っても困りません。 西武線の駅からの送迎も有るようです。 シイタケ狩りは 農園から数分歩いた所にあります。裏山に登るとちょっと景色がきれいですが、急な坂道なのでお年寄りにはきついかも 紅葉は11月15日頃が見ごろです。ymkw0404さんの口コミ

ぶどう狩り、BBQ目的で初めて訪問しました。横瀬駅から送迎バスあり。ブドウは30分食べ放題でしたが時期が遅かったのか痛んだものが多かったですがおいしくいただきました。BBQは富士山の溶岩からできた石板で焼きます。団体さんも多く広大な農園には芋ほりやキノコ狩り、そば打ち体験、季節によっていろいろな果物狩りがたのしめ、一日中過ごせます。masayukio537さんの口コミ

まず券売機でやりたいもののチケットを購入。まずぶどう狩りにいき、次に川で遊んでマスのつかみ取り、その場で内臓を取ってもらって食事場所に戻り、炭火で焼いて食べます。そこでちょっと休憩して、最後にしいたけ狩りをします。これが毎年お決まりのコース。毎回小学生の子供は大喜びです。54637whさんの口コミ

きのこ苑 お山のたいしょう(神奈川県小田原市)

根府川の山の中腹にある、農園や農家が営む「農家レストラン」。しいたけ狩りをはじめ、みかんやブルーベリー、たけのこ狩りなど1年を通して収穫体験ができます。こちらのしいたけは、自然の森のなかでじっくり育てる原木栽培にこだわっているため、味も香りも抜群! 採れたてのしいたけはレストランで炭火焼きにして味わえます。他にもこんにゃく作りや草木染め体験なども。晴れた日には房総半島まで見渡せるなど、景色も楽しめますよ。

投稿者:kay旅行記

投稿者:Hyper_XTT

根府川からそれなりに山を登るとあります。人懐こい3匹のネコちゃんがお出迎えしてくれます。椎茸狩りと椎茸を中心とした食事かできます。椎茸フライがオススメです。高台にあり、相模湾が臨めます。Hyper_XTTさんの口コミ

きのこ狩りを目的に伺いました。今の時期はみかん狩りも一緒にでき、予約すれば、こんにゃく作りもできます。伺ったときはとても混雑していて、とったきのこを食べられるレストランも待ちました。お昼くらいにつきましたが、きのこが取り尽くされていた感じでした。何度も行くかは…微妙です。mayo sさんの口コミ


肉厚のしいたけは、写真で見るだけでも食欲がそそられます。なお、期間内でも天候によって収穫ができないこともありますので、事前にオフィシャルサイトや電話で確認をしてからお出かけください。

この記事に関するタグ

話題の記事