建物も展示も楽しめる、隈研吾デザインの美術館5選

大きな注目を集めるなか、新国立競技場の再設計を手がけることになった、建築家・隈研吾氏。新国立競技場以外にも、2020年の開業を予定しているJR品川新駅やデンマークのアンデルセン美術館など、国内外問わず多くの建築物に携わっています。今回は、展示された作品ととももに、その建物や空間も楽しめる、隈氏が建築を手がけた、日本国内の美術館をご紹介します。

那珂川町馬頭広重美術館(栃木県那珂川町)

浮世絵作家・歌川広重の作品を中心に展示している美術館。地元産の八溝杉の格子で覆われた建物は、ひと目で隈氏の作品とわかる特徴的なもの。「広重の芸術と伝統を表現する伝統的で落ち着きのある外観」をコンセプトに、自然豊かな街並みと見事に調和しています。口コミでは、建築を目当てに訪れる旅行者も数多いことが伺われます。

hosakinさんの投稿写真

mamemamahoneyさんの投稿写真

Masafumi Uさんの投稿写真

旧馬頭町は美しい街並み100選に選ばれた美観です。その街並みの中に溶け込むように設計された建築家の力量を見ます。美術館の中は貴重な作品が光をセーブされて展示されていました。保存に並々ならぬ技術があることを感じました。kazamastarさんの口コミ
東京オリンピックのメインスタジアムのけんち手掛けることになった隈研吾さんの、和紙と木製の美しいデザインの建物。広重の肉生の貴重な浮世絵。是非とも体感して下さい。kazamastarさんの口コミ
落ち着いたモダンな建築の浮世絵美術館です。まわりの田園風景に溶け込んでいるとともに、一線を画してるとも感じられます。中庭の黄色がかったライムグリーンの竹林が夏の光を浴びて鮮やかでした。kazamastarさんの口コミ

Stone Plaza 那須芦野・石の美術館(栃木県那須町)

芦野地区を中心に採掘される「芦野石」を用いて戦前に建てられた石蔵を、そのまま利用しつつ新しい建物を付け加えたのがこちら。国内作家を中心とした企画展示のほか、日本初の石造りの茶室や、子供も楽しめる学べる石の学習室など、芦野石の持つ独特の温もりと風情を体感できます。館内にはカフェも併設されており、芦野石に囲まれながら落ち着いた時間を過ごすことができます。

たぬあひるさんの投稿写真

まじかさんの投稿写真

石材屋さんと建築家のコラボによる素晴らしい空間。石をこのような使い方ができるのかと、隈研吾氏の設計をモックアップで体験できます。かるろすさんの口コミ
ここ芦野地区で採取される芦野石でつくられた 素敵な美術館で、建物の造形美がすごいと思いました。 「光と風(空気)が石によってうまく感じる」と そんな感じなんです。 かるろすさんの口コミ
隈研吾設計の美術館で、移築された石の建物が美術館としてリノベーションされています。建築を見るだけでも楽しめますし、館内にはカフェもあったりします。かるろすさんの口コミ

長崎県美術館(長崎県長崎市)

「長崎水辺の森公園」の隣に位置する長崎県美術館は、長崎ゆかりの美術とスペイン美術を多数所蔵。敷地内を流れる運河を挟む東西2つの棟を、中空の渡り廊下がつなぎます。ほぼ全面ガラス張りの開放的な建物は、隈氏の建築では馴染みのルーバー(格子)がアクセントになっていますが、この格子、木材ではなく長崎の石畳をイメージしたという花崗岩でできているのも注目です。長崎港を一望できる屋上庭園からの眺望もすばらしく、長崎へ訪れた際には一度は足を運びたい場所です。

ヒロ2011さんの投稿写真

ヤマタツさんの投稿写真

Makun510さんの投稿写真

お隣にある長崎水辺の森公園と一体となった美術館。 入館は無料ですが企画展などは別途料金となっていました。 自然や緑が素敵で屋上の庭園からの眺めは見事でした。まさじとはるさんの口コミ
長崎港の波止場近くの水辺に建てられたモダンで周りの風景に溶け込んでいる建物です。運河を挟んで建てられているがそれがまた絵になる美術館になっているのだと思います。まさじとはるさんの口コミ
スペイン絵画のコレクションが充実しています。ゴヤ、ダリ、ピカソ、ミロその他作者不詳なれど名画がそろっています。まさじとはるさんの口コミ

サントリー美術館(東京都港区)

東京メトロ乃木坂駅より徒歩8分ほどに位置する東京ミッドタウン内にあります。展示はどれも大盛況ですが、混雑を感じさせない空間設計が徹底されています。二組の格子をスライドさせて光を調節する「無双格子」を採用しており、自由に自然光を取り入れられます。美術館としては、音声ガイドアプリを導入しており、自分のスマートフォンでガイドを楽しむことができるのも魅力の一つです。

harahetta2014さんの投稿写真

BeeChan2016さんの投稿写真

ゆったりとしたスペースで落ち着いた雰囲気。 大人向けの美術館かと思います。 ミュージアムショップや周囲のお店も素敵で、 ついつい買い物してしまいそう。 kuroi4さんの口コミ
サントリーのコレクションを含め、企画展も興味深いものが多く開催される美術館です。全部を見て回るのに疲れない広さというところが気に入っています。harahetta2014さんの口コミ
平日に伺いましたので、ゆっくりと楽しみました。 また、音声ガイドアプリをインストールしQRコードを読み込む事で、ご自分のスマートフォンで音声ガイドの利用ができます。harahetta2014さんの口コミ

根津美術館(東京都港区)

茶道具、仏教美術等の日本・東洋古美術を専門に展示する根津美術館。緑鮮やかな竹林と、竹の格子に挟まれた長い通路を抜けると、都会の喧騒を忘れてしまうほど落ち着いた空間が広がります。展示棟は緩やかな傾斜の切妻屋根が特徴的で、和の大家と言われる隈氏の集大成ともいえるもの。また、敷地内の日本庭園は、自然そのままの景観を徹底しつつ、気軽に散策を楽しめるように作られており、季節ごとに表情を変えて鑑賞者を楽しませてくれます。

ciamiciamiさんの投稿写真

VincentePauloさんの投稿写真

swordfish24さんの投稿写真

茶室がある美術館、予約で茶会も開けます。和のコレクションが凄い、数年前に立て替えした美術館なので、バリアフリーはもちろん、展示方法も分かりやすく非常に楽しいです。NicoleeNozomiさんの口コミ
コレクションの質の高さ、企画力の素晴らしさだけでなく、隈研吾の和モダンな建物と庭園の調和がまた素晴らしい。一見の価値ありです。海外の方をお連れしても恥ずかしくない、そんな美術館です。NicoleeNozomiさんの口コミ
日本庭園には多数の屋外展示物があり、屋内の常設展示一つ一つにも分かりやすい存在感があって、日本らしい美が、広すぎないこの美術館に凝縮されています。満足度が高いのも頷けます。旅おおちゃんさんの口コミ

今回は美術館に限って紹介しましたが、隈研吾氏が手がける建築は日本国内に、さらには世界にも、ジャンルを問わず多く存在しています。2020年のオリンピック開催までに隈氏の建築を巡ってみると、新国立競技場のデザインもさらに楽しめることでしょう。

関連記事

ザハ・ハディドの斬新すぎる建築まとめ

膨大な建設費用から計画そのものが白紙に戻された新国立競技場。その奇抜なデザインで一躍時の人となったのが、イギリスを拠点に活躍する建築家ザハ・ハディド氏です。「ア...

口コミで高評価! 一度は訪れたい日本の個性派スタバ

いまや日本の全都道府県に点在する「スタバ」ことスターバックス・コーヒーですが、通常の店舗とは趣の異なる、個性的な店舗があるのはご存知でしょうか? 「コンセプトス...

「和の大家」隈研吾デザインの宿に泊まろう!

数々の熱戦が繰り広げられたリオデジャネイロオリンピック。その開会式と閉会式は世界最大級のサッカー・スタジアム「エスタジオ・ド・マラカナン」で行われました。 20...

この記事に関するタグ

話題の記事