世界遺産の街の楽しみ方!マレーシアの古都マラッカで訪れるべきスポットは?

首都クアラルンプールから南に車で2時間ほどの場所に位置する古都マラッカ。東西の文化が入り混じった独特の雰囲気を持つマラッカは、見どころがコンパクトにまとまり、クアラルンプールから気軽にいける世界遺産の街として人気の観光地となっています。異国情緒あふれるマラッカの街で、ぜひ訪れたいスポットをご紹介します。

マラッカはどんな都市?

インド洋と南シナ海をつなぐマラッカ海峡に面する港町マラッカ。1400年頃にマレー半島初の王朝マラッカ王国が建国されたのがこの都市の始まりです。ちょうど季節風の向きの変わり目となる地点に位置するという地の利を生かし、マラッカは海上交通の要衝として、中継貿易の拠点としておおいに繁栄しました。東西の船が季節風を利用してマラッカを訪れ、ここに停泊して風待ちをしたのです。マラッカには中国、アラブ、遠く琉球の商人も出入りしていました。しかしまさにその地理的特性ゆえに貿易覇権を目指す欧州列強の争いに巻き込まれていきます。1511年にポルトガルがマラッカを征服し、マラッカ王国が衰退して以後は、オランダ、イギリス、そして日本軍と数々の勢力の支配下となりました。

長らく続いた植民地支配を通じてさまざまな文化が流入し、さらにこの地に移住した中華系移民とマレー系などの現地女性との結婚によって生まれた子孫が育んだミクスチャー文化も花開きました。こうした歴史と多彩な文化の痕跡が今も残るマラッカ旧市街の街並みは、2008年には「マラッカ海峡の都市群」としてペナン島のジョージタウンと共にユネスコ世界文化遺産に登録されています。

投稿者:TheRedEye

では、さっそくマラッカの街を歩いていくことにしましょう。まずは歴史に沿ってポルトガルの影響が残る場所から訪ねてみることにします。

サンチャゴ砦

観光名所のひとつサンチャゴ砦。欧州列強の支配はここから始まります。1511年にマラッカを征服したポルトガルは、マラッカ海峡を臨む丘の上に外敵の侵入を防ぐための要塞を築きました。丘の4カ所に設けられた要塞のうち、東南側にあるサンチャゴ砦のみが現存しています。造られた当時は、丘の外周を高い城壁が囲んでいましたが、外壁は19世紀にイギリスによって取り壊され、現在は門だけが残っています。

投稿者:むさし6

さて、サンチャゴ砦はもともと海岸線に造られ、城壁の外は海でした。でも今残っているサンチャゴ砦を後ろにそびえる丘の上から見てみると、砦の周りにはショッピングセンターなどの大型の建物が並び、街中にあるように見えますよね。なんと砦から現在の海岸線まではその後の開発による埋立地なのだそうです。

投稿者:AndyB-GC

要塞跡なので期待して想像以上に小さかったですが、大砲や砦の跡をセントポールの丘全体で見ると楽しめると思います。砦の中では若いミュージシャンがギター弾いて歌ってました。長閑な光景で良かったです。TrailBlazer807622さんの口コミ
セントポールの丘の麓にあるから、丘に登る前でも後でも簡単に立ち寄れる。マラッカを防衛するためのものだから、もともとはもっと大きな要塞だったのだろうが、今残っているのはほんの一部なのだろう。要塞の中での生活がうかがえるほどには施設は残っていないのが残念だが、簡単に立ち寄れるので立ち寄っても損はない。hisakxさんの口コミ

セントポールの丘と教会跡

ポルトガルは、要塞に続き丘の上にキリスト教布教の拠点として教会を建てます。これが1521年に建造されたセントポール教会。サンチャゴ砦から丘を上っていくと、セントポール教会の正面に出ます。

投稿者:cpr2exs

現在では教会の屋根は朽ち落ち、礼拝堂の外壁のみが遺構として残っています。ポルトガルの後に支配者となったオランダ、イギリスはいずれもプロテスタント系ということもあってか、この教会は補修されることもなく放置されてしまったのです。

投稿者:Ryu

遺構の前には塔のような白い建物があります。こちらは教会の施設ではなく、イギリス統治時代に造られた灯台なのだそう。

投稿者:elmundoconella

さらにその前に立つのは、日本でもおなじみのフランシスコ・ザビエルの像。ザビエルはイエズス会のメンバーとして、1545年からセントポール教会を拠点に布教活動を行っていました。そしてここで日本人のヤジロー(アンジロー、アンジェロという説も)と知り合ったのがきっかけで日本へ布教に出たといいます。

その後布教中に殉死したザビエルの遺体は、インドのゴアに運ばれるまでの間、一時的にセントポール教会に安置されていたそう。そのためセントポール教会は、現在も世界各地の信徒にとって神聖な場所となっています。

投稿者:SL888

セントポール教会が立つ丘の上は、マラッカの街を見渡す展望スポットとしても有名です。季節によりますが、冬の間は正面にマラッカ海峡に沈む夕日を眺められますよ。

投稿者:mimo38

白いザビエル像がお出迎えするセントポールの丘。日本に来る前にマラッカにいたザビエルは、若かったため、日本の教科書よりも若く描かれているんだとか。y_suzukさんの口コミ
セント・ポール教会に向かう階段に絵描きさんがいて、マラッカの景色や観光名所の水彩画が10~20リンギットで売られています。夫がBenさんの抽象画3作品購入しました。絵を見るだけでも楽しいですよ。Travel806545さんの口コミ
天気の良い日に上まで登るなら、海も見えて大変眺めが良いです。あまり暑い時間帯はたいへんなので、時間帯を考えた方がいいかもしれません。Tour820394さんの口コミ

オランダ広場

マラッカ一番の観光名所といえばここ。オランダ広場にはマラッカのランドマーク的な建物が集まっており、広場内にはつねに多くの人で賑わっています。先にご紹介したセントポール教会とは丘を挟んで反対側に位置します。

建物の外壁はいずれもレンガ色がかった濃いピンクに塗られています。南国の強い日差しにインパクトのある色の建物が映えてフォトジェニックと評判。

投稿者:OnAir753362

広場内でもっとも目立つキリスト教会は、オランダがマラッカを占領して100年目の記念として1753年に建てた教会。建設当時はプロテスタント、現在は聖公会の教会となっています。

投稿者:JorgeLuisHM

こちらの教会は現役の教会として現在も礼拝が行われており、礼拝の時間以外は観光客でも見学が可能。祭壇にはタイル画の「最後の晩餐」が飾られています。

投稿者:shemin61

オランダ広場の中にあるキリスト教会で、マラッカ観光の中心地でもあります。
教会の中には無料で入れますが、寄付金箱が設置されていますので、気持ちだけでも入れるのもいいかもしれません。入り口入ってすぐに売店?というか土産物コーナーになっていて、教会内なのに珍しいなと思いました。クアラルンプールでは他の宗教色(イスラム、ヒンドゥー、仏教など)が濃いので、キリスト教会は貿易の要所であったマラッカならではだと思います。s10510229さんの口コミ

協会の隣にある建物は旧オランダ総督邸(スタダイス)。スタダイスとはオランダ語で議事堂、市役所を意味する言葉です。1650年に完成し、18世紀半ばまで行政機関の入る建物として使用されていました。東南アジアに現存する最古のオランダ建築となっています。

投稿者:J.G.YUN

現在内部は歴史・民族誌博物館として使用されており、マラッカ王国建国から1957年のマレーシア独立に至るまでの変遷がさまざまな展示物で説明されています。まずはここで歴史を把握してから回ってみると、より深く街歩きを楽しめるかもしれません。

投稿者:Didier B

マラッカの風景としてよく出されているのが、ここの階段を登ったところから撮影したオランダ広場と教会の写真布美子 赤さんの口コミ
オランダ広場にあります。博物館には日本統治時代のことや、日本の陶器なども展示されています。日本人もせっかく行くなら一度訪れるべきだと思います。ただ、途中、矢印の先の扉の鍵がかかっていたりで少し困りました。cyuga_66さんの口コミ

広場にある時計台はイギリス統治時代の1886年に中華系の豪商が亡くなった父親の哀悼のために建てたもの。中央にある噴水は、同じくイギリス統治時代に造られたものでビクトリア女王噴水と呼ばれています。

投稿者:TETSUO TOMIDA

ところでこの広場内の建物はなぜピンク色なのでしょう?建設当初はどれも灰色だったという建物がピンクになったわけは諸説ありますが、イギリス統治時代、労働者たちはビンロウを噛みながら補修作業をしていたので、ところどころ壁が赤く染まってしまい、それを隠すために近い色で塗りつぶしたという説が有力です。

その他、広場内には世界各地で見る「I LOVE ●●」のモニュメントが。記念撮影はマストという方はぜひこちらへ。

投稿者:Tareka

観光用のトライショー(三輪自転車タクシー)は広場のロータリーに多く待機しています。マラッカのトライショーはぬいぐるみを取り付けるなど若干過剰な装飾で有名。ド派手なトライショーで街を巡ってみるのも一興です。

投稿者:Love_Life_Sydney

ババ・ニョニャ・ヘリテージミュージアム

マラッカを語る上で欠かせないのがババ・ニョニャ文化。明るい色彩で描かれた花鳥柄の食器や衣服がよく知られています。15世紀以後19世紀まで中国本土から来た中華系移民の男性と現地のマレー系などの女性との婚姻により生まれた子孫を指すのがババ・ニョニャ。男性をババ、女性をニョニャといいます。彼らはマレーと中国の文化、さらに当時のヨーロッパ文化も取り入れることで独自のミクスチャー文化を築き上げてきました。

投稿者:Leonard S

そんなババ・ニョニャの人々の暮らしや文化がよく分かるのがババ・ニョニャ・ヘリテージミュージアムです。博物館があるのはマラッカ川西側のヒーレン・ストリート。博物館として公開されているのは、1861年に豪商のチャン氏によって建てられた3棟の邸宅で、4代に渡って実際に住んでいた家。チャン氏の一族が直接博物館を運営しています。

投稿者:Manon M

館内にはニョニャ・ババの人々が使っていた豪華な調度品や、当時の生活や習慣を伝える品々が展示されています。手の込んだ細工のある中国家具は、わざわざ中国本土から家具職人を連れてきてお抱えとし、造らせたものだそう。

投稿者:CarlosCazorla

間口に比して奥行きが深く、採光のための中庭があるなど、この地域に見られるタウンハウスの造りが踏襲されています。

投稿者:Leonard S

入場料はガイドの有無にかかわらず同一料金なので、時間が合えばぜひガイド付きを。それぞれの調度品のストーリーや、間取りの意味など詳しく説明してもらえます。なお待合スペースの入り口のみ撮影可能で、住居部分は撮影不可ですのでご注意ください。

館内は入り口以外は撮影禁止でしたがその分目に焼き付きました。床から家具等、中国、欧州などから運んできたという事でそれぞれの貴重なものがそのまま残っていて展示されています。お皿なども素晴らしいものがたくさんありました。一家の生活状態が良くわかります。当時のウイスキー等も瓶のまま飾られていて中には半分残ったままの瓶もあり思わず微笑んでしまいました。psguさんの口コミ
現地ツアーのコースに組み込まれての訪問でした。こちらの施設には正直それほど期待していませんでしたが、プラナカン文化の繁栄が感じられるよい施設です。ガイドさんに教えてもらった、二階の部屋から一階の入り口を覗く穴が印象に残りました。Traveler817101さんの口コミ

ジョンカー・ストリート

ババ・ニョニャ・ヘリテージミュージアムのあるヒーレン・ストリートと並行するジョンカー・ストリート。旧市街一の賑やかな通りで、土産物店やカフェ、レストランなどが軒を連ねます。

投稿者:李智优

マラッカ川西側に広がる一帯は、オランダ統治時代に形成されたのですが、当時エリア内の通りはそれぞれヒーレン(紳士)、ジョンカー(商業)、ハーモニー(文化の融合と娯楽)、カンポンクリ(クリ:労働者や職人)と名付けられ、身分によって住むところが異なっていました。富豪のババ・ニョニャなどが住んだ落ち着きのあるヒーレン・ストリートとは違い、こちらのジョンカー・ストリートは元商人の街らしく今も雑多な雰囲気にあふれています。

投稿者:Martin B

この通りには典型的なショップハウススタイルの建物が並んでいます。ショップハウスとは、1階が店舗、2階が住居となった間口の狭い長屋式の建物。中国系商人が集まるエリアに多く見られ、1階部分に日よけ、スコールよけの屋根が設けられているのが特徴です。日中はここを歩いていくと日差しが避けられて便利。

投稿者:Massimiliano P

マラッカ川の東側は西洋の植民地だった影響が色濃く残りますが、こちら西側は中華系、ババ・ニョニャが多く住み、随分違った雰囲気。漢字が街のあちこちに書かれ、中国系の廟も点在しています。

投稿者:cl41r3

そして、いまや昼よりも夜のほうが人気?ジョンカー・ストリートでは毎週末金・土・日の夜はナイトマーケットが開かれており、観光客はもちろん地元の人も訪れ、大いに賑わいます。

投稿者:foto_melaka

日中はのんびりとした観光地ですが、週末の夜市は屋台と観光客で溢れかえります。特設ステージでカラオケ大会が行われていたりもしました。22時頃には、売り切れで店じまいムードの屋台もちらほらありました。bluebluemoonskyさんの口コミ
ここに来たら夜市を楽しまないと意味が無い、それくらい活気に溢れています。特に週末はごった返しです。色んな屋台が出ていますが、おすすめはストリートの舞台近くにあるローカルフード屋台が沢山出ている場所。シンガポールのそれよりも格段に安く、味も良いです。なので、マラッカは日帰りでなく最低一泊する事をおすすめします。ssantpdfさんの口コミ

チェンフンテン(青雲亭)寺院

ジョンカー・ストリートと並行するハーモニー・ストリートに立つ青雲亭寺院。マレーシアに現存する最古の中国寺院といわれています。明の永楽帝の命を受け大遠征を指揮した鄭和の功績をたたえ1646年に建立されました。鄭和は大船団を率いて遠くアフリカまで遠征をしたことで知られていますが、遠征の際にマラッカを寄港地としていたのです。マラッカも鄭和の遠征を機に発展を遂げています。

寺院に使われている木材は当時中国大陸から取り寄せたそう。周囲には中国寺院や廟がいくつもありますが、さすがにひときわ大きく、豪華な造りです。

投稿者:James T

本尊が観音菩薩、そのほかに航海や漁業の安全を祈願する馬祖、平和と正義を司る神、厄よけの効果も高い虎の神様などが祀られています。

投稿者:かめちゃ

青雲亭寺院にある装飾は一つひとつが繊細かつ壮麗で目を奪われます。陶磁器で造られたこの飾りも非常に細やかな出来ですよね。また中国寺院というと極彩色をイメージしますが、こちらは本堂の内部が漆塗りになっており、華やかな中にも重厚さがあって落ち着きます。

投稿者:Ronald

青雲亭寺院の立つハーモニー通りは、他にもカンポン・クリン・モスク、仏教寺院、ヒンドゥー寺院が並んでおり、まさに文化と宗教の共存を表しているといえるでしょう。

マラッカの代表的な中国寺院で、雨天にも関わらず地元の人々が多くお参りされてました。イスラム寺院とは違い、服装にそれほど気を遣わなくても入れるのが安心ですが、帽子を被ったまま本殿に入るはやめましょう。この寺院の見所はなんといっても建築材料が黒檀であることです。硬くて黒光りした柱は、ずっしりとして木材とは思えないくらいです。また数多くの彫刻品も見事で、間近に見られるのが良いです。tomosakuさんの口コミ
シンガポールからの現地ツアーで訪問。風変わりな作りだと思っていたらガイドの話では、仏教、道教、儒教のお寺をくっつけてあるらしい。また、本堂の周囲にはそれ以外の小さな祭壇がいくつかあり、英文の説明もあったので楽しかったです。Gottonさんの口コミ
 

リバーウォーク

旧市街の中央を流れるマラッカ川の川沿いには遊歩道が設けられており、ここを歩きながら街並みを眺めてみるのもおすすめです。川沿いに立ち並ぶ建物にはウォールアートを施したものが多く、カラフルで楽しめます。

投稿者:Bergwind

マラッカ川には観光船クルーズが運航しており、こちらも人気。約45分のクルーズで、水上からマラッカの街並みを眺めるのもまた趣が変わって面白いです。

リバークルーズのチケットボックスは、オランダ広場を背に川に出て左方面に見えます。ここでチケットを購入し、乗船場で待ちましょう。およそ30分間隔で運航しているので、ここで船を来るのを待つシステム。

投稿者:Elsa C. L

出発したクルーズは、旧市街を抜け上流へと向かいます。道中には川沿いのカフェ、伝統的なマレー式の住居、近代的な街並みなどが次々と現れ、目を楽しませてくれます。

投稿者:TheNayzer

投稿者:elmundoconella

のんびり歩くのに最適です。なぜかイグアナも歩いていてビックリ️。朝と夕方がオススメです。昼間は暑いですからね。カラフルな家や小さい遊園地も有ります。リバークルーズも良いです。misuno32さんの口コミ
Malacca川に沿って遊歩道が両岸に整備されています。街中の道路には歩道がない部分も多く、人ごみと車の両方に気を使って歩く必要がありますが、ここならのんびりと散策することができます。GON_MYさんの口コミ

マラッカ・タワー

最後に旧市街から離れ、海寄りにあるスポットをふたつご紹介しましょう。ひとつは、マラッカの街とマラッカ海峡を一望できるマラッカタワーです。

投稿者:Nomadman411978

こちらのタワーは回転展望台になっていて、地上で乗り込んだキャビンが360度回転しながら110mの高さまで上っていくようになっています。

投稿者:masahi

往復で約15分。立っているだけなのに、いながらにして景色がどんどん変わっていくのが見どころです。エアコン完備なので涼しくパノラマビューを味わえるのもポイント。

投稿者:Bond007id7

展望台からは旧市街の街並みはもちろん、マラッカ海峡も見渡せます。

投稿者:masahi

タイミングが合えば、海峡に沈む夕日を目に焼き付けることもできますよ。

投稿者:鉄腕バーディー

マラッカの街中では一番高い塔なのですぐに分かります。一人26RMを払ってチケットと500mlのお水のペットボトルをもらいます。乗り込んで着席して動き出すのを待ちます。回転しながら上に登って行き、また降りてくるだけなのですが、綺麗な夕日とマラッカの街、海が一望出来て良い思い出になりました。Damai0421さんの口コミ
見た目よりも記憶に残るよいタワーでした。冷房がよく効いていて休憩になるのもよい点です。チケット売り場で水のペットボトルを頂けます。座って待っているとくるくる回りながら登っていきます。見晴らしは想像よりもきれいでした。そして驚くのは降りる時のスピードです。ものすごい勢いで降りていくのにはびっくりしました。とても面白かったです。pengopengoさんの口コミ

マラッカ水上モスク

最後にご紹介するのはマラッカの水上モスク。満潮時に水面が上がって来るとモスクが浮かんでいるように見えることからこう呼ばれています。このモスクがあるのはマラッカ海峡にあるマラッカ島。といっても埋め立てて造られた人工島で、本土とは橋でつながっており、陸路で移動可能です。オランダ広場からは車で10分ほど。

投稿者:Aziangypsy

もちろんモスクそのものの造形も美しいですが、せっかくならマラッカ海峡に沈む夕日とセットで眺められる夕暮れ時、あるいはライトアップされる夜に訪れると、さらにその美しさが堪能できそうです。

投稿者:mhleva

投稿者:Leif Gunnar

モスク内はお祈りの時間以外であれば無料で見学可能。その場合は男性は長袖長ズボン、女性はヒジャブの着用が必要です。入り口にヒジャブの無料レンタルカウンターがあるのでそちらにいきましょう。

投稿者:Seiya H

夕焼けを目当てに7時前に行きました。モスクの中は時間が遅く入れてもらえませんでしたが、周りを散策し、太陽が沈むのをゆっくりと楽しみました。ぽつんと離れた場所なので、Grab Taxiがとても便利でした。TYOTKさんの口コミ
サンセットが特に綺麗だと聞き、自転車をレンタルして行きました。ジョンカーストリート辺りから歩いて行くには遠く、ゴーストタウンのような人気が少ない場所にあるので、日が暮れた後、徒歩だと女性一人は厳しいかと思います。海の上のモスクとサンセットの組み合わせは世界中でも珍しいと思うので、遠くてもわざわざ来る価値ありです。Trek811021さんの口コミ

変遷を遂げてきた数世紀の痕跡がそのまま残る街マラッカ。建造物だけでなく、ニョニャ料理をはじめとするマラッカ・グルメも見逃せません。小さな街にぎゅっと詰まった魅力を確かめに、ぜひ出かけてみてください。

この記事に関するタグ

話題の記事