大自然の中をグングン登る!全国の登山鉄道を楽しもう

急勾配を力強く登り降りする登山鉄道。レールの中央にラックレール(歯形軌条)を敷き、車両の動力で駆動されるピニオン(小歯車)をかみ合わせて走行する「ラック式鉄道」。ラック式鉄道の一つで急坂用の歯車式鉄道「アプト式鉄道」。ケーブルで繋がれた車両を巻き上げて急斜面を進む「ケーブルカー」などなど。同じ登山鉄道でも、その仕組みはさまざまです。大自然の景色を楽しめる、登山鉄道の旅にいざ!

箱根登山鉄道(神奈川県)

大正8(1919)年に開通した本格的山岳鉄道。小田原駅と強羅駅を結んでいます。箱根湯本駅と小涌谷駅の間には、80パーミル(勾配を示す単位。水平距離1000mあたりの高低差を指す)という日本の粘着式鉄道では最も急となる勾配があります。車両の前後を入れ替えながらスイッチバックを行い、ジグザグに力強く登っていきます。


shirojiroさんの投稿写真


町田の熊さんの投稿写真


隆幸鈴さんの投稿写真

なんとなく懐かしさを感じる電車で山道を登っていくのは楽しみものです。急勾配な為、途中でスイッチバックというシステムをとっていますので時間がかかりますが何故か退屈しません。満員で窮屈だとぼやかないでスローな時間を過ごすのも乙なものです。昇 上さんの口コミ
箱根観光は時計回りでゆったり。
強羅→箱根湯本は人も居らず全員着席。強羅発列車の最後尾に陣取りスイッチバックを眺めてました。ぷるぷる2さんの口コミ
日本一の傾斜を上るまさに登山電車です。急カーブに対応した車両の説明や通過地点のガイドなど車内放送にも満足しました。タッチァンさんの口コミ

 

大井川鐵道「南アルプスあぷとライン」(静岡県)

奥大井の渓谷をゆっくりと走る日本唯一のアプト式電車「南アルプスあぷとライン」。千頭から井川を結んでいます。もともとは大井川水系のダム建設のために作られましたが、現在は観光列車として運行。アプトいちしろ駅〜長島ダム駅間は最も急な区間のため、アプトいちしろ駅でアプト式機関車を連結します。日本一の急勾配90パーミルを登りながら、車窓から見える自然溢れる景色を堪能できます。


MASAMITANIさんの投稿写真
かめちゃさんの投稿写真

soraoto-hiyoriさんの投稿写真

ダイナミックな大自然の中走るあぷとラインは、まるでテーマパークのアトラクションのようです。
湖の真上の駅や、私鉄日本一の高さの「関の沢鉄橋」(下に山が見える)など、普段電車に乗っても味わえない景色ばかりでおすすめです。 大人でも十二分に楽しめると思います。BOOBEE_HAKUSANさんの口コミ
単線でとてもゆっくり走るので接阻峡温泉から奥泉まで乗りました。長嶋ダムからアプトいちしろまでアプト式です。5分ほど止まるのでホームに降りて写真を撮りましたが、発車のベルが鳴らないので気を付けないといけません。車掌さんが沿線の説明をアナウンスしてくれます。奥大井湖上駅で降りられたらもっと良かったと思っています。紫さんの口コミ
千頭から井川までのあぷとラインは、山の中をゆっくりゆっくりと走って行きますので、すばらしい景色を楽しみながら乗っていくことができます。撮影スポットではスピードを落としてくれますので、写真を撮ることもできます。ブルージーンさんの口コミ

 

黒部峡谷トロッコ電車(富山県)

日本一深いV字峡を縫うように走る「黒部峡谷トロッコ電車」。宇奈月から欅平までの20.1kmをつなぎます。トロッコ電車の普通客車には窓がないため、開放感たっぷり。黒部峡谷の大自然を肌で感じられます。窓付きのリラックス客車と特別客車もあります。


しし丸さんの投稿写真


YTCHENGさんの投稿写真


コ コさんの投稿写真

景色がサイコーです。説明を聞きながら走ります。途中に猿や色んな動物に遭遇する可能性があります。涼しくて夏にはオススメです‼︎大自然を感じることが出来ます‼︎rikacony2222さんの口コミ
ゆっくりと走る車窓から見える渓谷の緑が美しかったです。
窓のない車窓から、所々に見つけられる景観の案内看板?を見つけるのが楽しくて終点の欅平で無料の足湯に浸かって景色を楽しみました。
ゆったりとした気持ちにさせてくれる旅でした。泰江 木さんの口コミ
観光だけでなく、実際の工事関係者が現在でも利用しているトロッコ。変化が激しい峡谷の美しさと、電源開発の厳しさを目の当たりすることができます。Kazuhiro Aさんの口コミ

 

叡山電鉄鞍馬線(京都府)

京都府京都市左京区の宝ケ池駅から鞍馬駅までを結ぶ鞍馬線。二軒茶屋駅以北は50パーミルの勾配があります。展望列車「きらら」は大きなガラス窓を採用。紅葉の時期には、鞍馬駅付近の鞍馬天狗のオブジェともみじの競演が見ものです。


一陣の風さんの投稿写真


つららさんの投稿写真


mimo38さんの投稿写真

貴船まで行くのに利用しました。途中までは学生さんが多いように感じましたが、年配層のご夫婦が早めに席をとっていたのが途中からわかりました。景色がきれいでした。kunnyさんの口コミ
出町柳から鞍馬方面や修学院・比叡山にも系列があります。電車は2両編成のローカルな電車で、都会の喧騒を忘れさせてくれるようなノスタルジーな電車です。鞍馬の火祭りで利用しましたが、火祭りで利用する方は、帰りの待ち時間にはご注意。帰りは貴船口まで歩くという手もあります。つららさんの口コミ
出町柳駅~鞍馬・貴船などを結ぶ電鉄です。駅も電車もこじんまりとしていますが味わいがあります。 眺めの良い展望列車が有名です。 だんだん山に向かう景色を見るのが楽しいです。渓谷もあり。途中下車にもみどころはいろいろとあります。 有名な書店に行く時にも利用しました。とらきのこさんの口コミ

 

神戸電鉄有馬線(兵庫県)

神戸都心部にある湊川駅から、50パーミルの勾配区間が連続する六甲山地域を駆け抜け、神戸市北区の有馬温泉駅へ。おもに通勤・通学路線として利用されています。沿線には瀬戸内海国立公園の区域に指定されている六甲山もあるのでご注目を!


yodogrさんの投稿写真

通勤電車では日本一の勾配を登ります。だから、ブレーキの粉で汚かったり、特殊車両のため運賃が高いです。
有馬温泉観光で利用するかと思いますが、紅葉の車窓はきれいです。若葉グラーツさんの口コミ
三宮から鈴蘭台を境に北東方向、有馬温泉、三田方面に向かう三田線、北西方向の三木市、粟生方面へ向かう粟生線の2線が存在します。三宮を出て二駅程で、勾配を低速で登って行く山岳電車に様変わり。車内は新しい電車ほど、阪急電鉄の面影がちらほらです。こんな悪い線形にも関わらず、かなり古い電車も現役で山登りしていて整備陣がすごいなと思います。マダムKさんの口コミ
谷上から有馬口へ。有馬口で乗り換え一駅で有馬温泉に着きます。 乗り換えは多いですが、乗り継ぎがいいので苦になりません。 こちらもスイカが使えるので楽々です。マダムKさんの口コミ

 

富士登山電車(山梨県)

大月駅〜河口湖駅までの26.6kmを結ぶ登山電車。標高差は約500mもあります。工業デザイナーの水戸岡鋭治氏がデザインした車両は「赤富士」と「青富士」の2パターン。レトロモダン調の内装は木や布の自然素材をできる限り使用したつくりとなっています。車窓から雄大な富士山を望めます。

aosisoさんの投稿写真


aosisoさんの投稿写真


nk0225さんの投稿写真


こばじょんさんの投稿写真

キャンプの帰りに利用しました。まずは、景色がいい。富士山が、まじかに見えてすごい‼車掌さんのホスピタリティも抜群。ちょっとした、観光気分でゆったりとした鉄道の旅味わえます。atuhisaさんの口コミ
機会があったので、富士急行の富士登山電車に乗ってきました。外観は茶色がメイン、中は木目調の木で座席等が作られています。座席は窓の外がよく見えるように配置され、富士山が見える区間では乗務員による案内放送もあります。着席券として運賃以外に200円必要ですが、それでも乗りたいと思わせる電車です。nk0225さんの口コミ
JR九州などでユニークな列車をデザインする水戸岡氏の手による観光電車。オリジナルは京王電鉄の通勤電車ですが、木を多用したレトロモダンな車両に生まれ変わりました。こばじょんさんの口コミ

 

碓氷峠鉄道文化むら(群馬県)

古くからの交通の要衝・碓氷峠を通っていた旧碓氷線。明治26(1893)年には日本初のアプト式鉄道が開通。平成9(1997)年に廃線し、現在では碓氷峠鉄道文化むらという鉄道ミュージアムになっています。約1日の学科実技講習を受けて修了試験に合格すると、碓氷峠専用EF63形電気機関車の運転体験ができます。他にも懐かしい車両が多数展示されています。

TOMONORI Aさんの投稿写真


岬めぐりの旅人さんの投稿写真


洋幸 阿さんの投稿写真

碓氷峠の機関庫の跡地を利用した鉄道ミュージアム。新幹線開通前の碓氷峠で活躍した鉄道車両が往時に近い形で展示されています。電気機関車の免許を取りに通い詰める人も。豊 渡さんの口コミ
アプト式の頃から新幹線開業による廃止のときまで、碓氷峠の歴史を振り返ることができます。昔の線路を一部利用してトロッコ列車も運行しており、いろいろな面で碓氷峠を感じることができました。機関車を始め、いろいろな車両も展示しており、特急電車や機関車の運転台に座ることもできるので、子どもたちも喜んでいました。ryu_6105さんの口コミ
子連れなら芝生の広場があったり、休憩できる展示客車もあるので、列車を見たり、乗り物に乗ったりしながら1日楽しめます。 子供はジオラマとHOゲージの運転(有料)がお気に入りです。 大人になれば、講習を受ければ本物の電気機関車を運転できることで有名です。なりあがりさんの口コミ

急勾配を進む登山鉄道は迫力満点ですね。日頃の喧騒から離れて、たまにはのんびりとした電車の旅を楽しんでみては。

この記事に関するタグ

話題の記事