日、英、仏、世界の「モネの池」対決!

昨年、岐阜県関市の名もなき池が、モネの『睡蓮』の絵のようだとネットを中心に大きな話題になりました。実はこの関市の池以外にも、世界にはモネの絵の中に迷い込んだ気分になれる、庭園や池があるんです。日本、イギリス、そしてオリジナルであるフランスのジヴェルニーの庭園をご紹介します。
クロード・モネとは?
1840〜1926年。印象派を代表するフランスの画家です。1883年、パリ郊外のジベルニーに移住。そこに自らが理想とする庭を作り上げました。睡蓮が一面に広がる水面が美しい「水の庭」とパレットのように色彩豊かに花が咲く「花の庭」は、名画とともに人々を惹きつけてやみません。その庭の情景を描いた「睡蓮」の連作は、特に有名です。 パリ、オーランジェリー美術館に展示されている「睡蓮」の連作

Heather Hさんの投稿写真

“モネの池っぽい” 名もなき池 根道神社の脇にある池(日本・岐阜県)

澄み切った水の中を優雅に泳ぐ鯉、そして、水面に浮かぶ睡蓮。まさにモネの絵画「睡蓮」のよう!  岐阜県関市の山あいに佇む根道神社の脇にある名前もない池にも関わらず、現実とは思えない美しさです。昨年来ネットを中心に話題になり、多くの人が訪れたそうです。

896atsushihさんの投稿写真

ーTOMOKOーさんの投稿写真

みょんみさんの投稿写真

根道神社の下にある小さな池ですが、湧き水が流れ込むので、とても透明感があり、その中をコイが泳いでいます。水草や池の底の土の色合いが淡く、モネの『睡蓮』の景色を見ることができます。K_Fujiokaさんの口コミ
今 話題のモネの池がある神社です。とても綺麗な水です。蓮の花が咲く時期に行くととても綺麗だと思います。水が澄んでいるので そこまで見えます。chic02015さんの口コミ
平日だからかそんなに人がいなくて、良かった。噂どうりの素敵な池で写真を撮るのに気合が入ります。 光の加減で、全く違う色になるので面白いし、白赤の鯉が入るあ入らないかでも変わる。 62yukiemさんの口コミ
この池は元々は湧き水を利用して作られた灌漑用の溜池だそうで、池の大きさは大したことなく、普通の歩き方なら2~3分で一周できるでしょう。ただ、池の周囲を巡る遊歩道には大勢の観光客がいることもあり、のんびり見て回ると15分から20分ぐらいはかかると思います。バンブーソードさんの口コミ

なぜ日本に?高知の山村に?? 北川村 モネの庭 マルモッタン(日本・高知県)

高知市街から車で約1時間半。そんな山村に、「モネの庭」を再現した庭園です。フランスの「モネの庭」から譲り受けた睡蓮が花咲く「水の庭」と四季折々の花が咲く「花の庭」のほか、モネが旅した地中海の風景を表現した「光の庭」もあります。フォトスポットとして、人気を集めています。

YMIYAさんの投稿写真

ハム太郎2015さんの投稿写真

薩摩大使さんの投稿写真

薩摩大使さんの投稿写真

ここではモネの絵画の通りに設計された庭を見ることができます。四季折々の姿を見せる池、メタセコイアの並木は私のお気に入りです。家族と写真を撮りにいってついつい長居してしまいます。umzritanaさんの口コミ
絶景本を見て行ってみたいと思い、行ったのですが、確かに引き込まれるような、モネの絵の中に入ったような美しさでした。 また、睡蓮は午前中にお花が開きますので、午前中に行くのがお勧めです。arashi55さんの口コミ
まるでモネの絵の世界に入り込んだかのようにステキな風景が広がるお庭です。 特に、水の庭がすごい!本家フランスのモネの庭でも咲かせられなかった幻の青い睡蓮がここでは咲いていました。 行くなら断然、睡蓮の咲くシーズンです!!moomeinさんの口コミ
モネというので睡蓮と柳だけかしらと想像していましたが全然違いました 春に行きましたが見事なチューリップ ヒヤシンス 水仙 などなど数限りないお花が文字通り百花繚乱Hedgehog0822さんの口コミ

イギリスにも「モネの庭」があった! Bennetts Water Gardens(イギリス・ドーセット)

イギリスにある、本物さながらの「モネの庭」がこちら。睡蓮は、モネがそれを入手したフランスの種苗場から、購入したもの。3ha以上の庭園内は、春〜秋まで様々な花に彩られます。結婚式場として、使われることもあるとか。

施設より提供

Eliza1121さんの投稿写真

Brian-Snellgroveさんの投稿写真

wirewiperさんの投稿写真

モネの雰囲気が好きな人であれば、是非お勧めの場所です。 規模は、大きくはありませんが、沢山のウォーターリリーを見ることが出来ます。 トンボや蝶々も飛んでたり、ポンドの中には小さな魚も生息していて、2歳になる娘も楽しむことが出来ました。aririn2000さんの口コミ
古いレンガ地域にある、美しい水の庭園です。睡蓮でいっぱいの池の周りを散歩できます。この睡蓮が有名です。ジベルニーのモネの庭園にある橋が再現されています。 ChrisLake…さんの口コミ
睡蓮が満開の夏こそ、訪れるのに最高の時期。素晴らしい写真が撮れる場所がたくさんあります。軽食が食べられる、気持ちのいいカフェもあります。 Sandie58Xさんの口コミ

実は、ホンモノの家と庭も残っています! クロード・モネの邸宅と庭園(フランス・ノルマンディ)

モネ自身が暮らしたパリ郊外、ジヴェルニーにある家と庭は、実は今も保存されています。しかも、4〜10月末には一般公開。アトリエ兼住居としてモネが過ごした家に、家具やインテリアが当時のまま残っています。

eugenia nさんの投稿写真

まさに本で見ていた通りの外観で感動しました。 モネ好きの私にとっては聖地です。 淡いピンクの外壁が愛らしいモネの家は、イエローを基調としたダイニング、 ブルーのキッチンなどがモネが暮らしていたころの家具と共に残されています。 そしてとにかく驚いたのが、お庭の広さでした。ClarevilleSW75ATさんの口コミ
睡蓮が美しい「水の庭」は、柳が枝垂れ、藤も花咲く、日本を意識して作られた庭園です。日本風の太鼓橋も架けられています。カラフルな「花の庭」にもうっとり。

Brad Bさんの投稿写真

MonicaBuenosAiresさんの投稿写真

kc1030さんの投稿写真

モネにとって、フツーに生活しフツーに庭があり生活の場であったジヴェルニー。この場所の空・草木・花・光、、、全て水に映る。モネの光の世界の源。節・時・光の移り変わりを日々感じ、モネの感性を通して描かれた「睡蓮」 自分を中心に360°睡蓮が囲む、オランジュリー美術館と合わせて。自然の景色をモネはどのように見ていたのかな?3136enさんの口コミ
モネが愛した睡蓮の池、モネの色彩が鮮やかな庭、キッチンと食器、壁に飾られた浮世絵の数々。モネのファンにはたまりません。ツアーで参加する場合はチケットが含まれますが、チケット売り場は長い列が出来ていました。正夫 渡さんの口コミ
モネ自身、「この庭自体が自分の最高傑作」と言っていたとか。ぜひ、モネの美意識に触れてみてくださいね。ちなみに、家の中は撮影禁止なので写真がありません。現地を訪れた人のみの、お楽しみです。 旅のありがとうを伝えたい トリップアドバイザー

この記事に関するタグ

話題の記事