歩くだけで楽しい!世界のカラフルなマーケットイベント

ファーマーズマーケット、蚤の市、など、日本各地で屋外のマーケットイベントが流行しています。華やかに彩られた陳列を見たり、思わぬ掘り出し物をゲットしたり、楽しみ方は様々。このような露店イベントは、昔から世界各地の人々の台所となり、生活を支えてきました。旅先で地域のマーケットイベントを覗いてみると、現地の生活の息遣いがわかるだけでなく、日本では見られないような色彩の食材、とっておきの品物に出会うことができるかもしれません。

ポートランド ファーマーズ マーケット(アメリカ)

アメリカのオレゴン州にあるポートランドは、自然環境に恵まれ食材が豊富なため、住民の食に対する意識がとても高く、美食の街とも呼ばれています。スローライフや小商い、D.I.Y.など、日本でも話題の生活スタイルが実現されている話題の街。ポートランドの中心地から徒歩15分の場所に位置する「ポートランド州立大学」の敷地内では、街で最大級のファーマーズマーケットが行われています。

KaneoheBoyさんの投稿写真

どっさりと積まれた果物を見ると、とても豊かな気分になりますね。

TakeMeAlongさんの投稿写真

値段表示の書き方も、無造作なようでとてもお洒落に感じます。

dragonflytw65さんの投稿写真

思った以上にお店がたくさんありました。フルーツやチーズ、サラミなど試食もたくさん出来るので、いい買い物が出来ます。その場で食べれるバーガーやクレープもあるので、ランチにもぴったりです。幸穂 植さんの口コミ
大学敷地内で開催されるファーマーズマーケットです。とても色鮮やかで、新鮮な野菜、フルーツが美しく陳列されているので、プラプラするだけでもとても楽しいです。飲食店も多く出店していて、地元の人気店もありました。こんな素敵なマーケットが毎週開催とはとてもうらやましいです。yokosukeさんの口コミ

バスティーユマルシェ(フランス)

フランスのパリでの生活にマルシェは欠かせません。マルシェが開催される日にはたくさんのパリジェンヌたちが買い物かごを持って街に出かけるそうです。パリで最大のマーケットイベント「バスティーユマルシェ」では、美味しい果物やパンを、日本よりも安く購入する事ができます。 木曜日と日曜日、朝からお昼過ぎまで営業していますが、最も活気が出る朝10時から午後1時の間を狙っていくと生活の息吹をより感じられそうですね。

Koshagさんの投稿写真

パリらしい焼き菓子も、その場で食べることができます。

Fran_Lyhさんの投稿写真

日本ではなかなか目にすることがない巨大なエビやホタテも、どっさりと積まれています。

magankermaniさんの投稿写真

新鮮な野菜にフルーツ、はちみつや日用品などもあって、なんでもそろうかんじです。パンとかも買って、食べ歩きも楽しいです。けっこうお店の数も多くて、こんなところで買い物できる生活って楽しいなと思いました。まるんさんの口コミ
パリの中でもかなり大きいマルシェです。お昼3時頃までやっています。軽食なども売っているので、ホテルに宿泊していてキッチンがない方でも楽しめます。橋からゆっくり見ていたらかなり時間がかかると思いますが、楽しいので一度行ってみてください。mimi2985さんの口コミ

フェティエマーケット(トルコ)

トルコの南西部に位置するフェティエという街は、美しい港や豊かな自然が魅力的なエーゲ海に面したのどかな街です。「フェティエマーケット」は、街の真ん中に流れる川沿いで、毎週火曜日に開催されます。新鮮な地元産の野菜や果物、布地、カーペットなどを買うことができ、地元の人たちの生活を感じられると評判です。

jjr0305さんの投稿写真

思わず写真を撮りたくなるような彩りの野菜が大量に積まれています。長居してしまうこと間違いなしです。

Kamil Sさんの投稿写真

川沿いでやってるマーケットです。野菜、果物、チーズ、ナッツ、洋服、靴、食器、ファブリック、おもちゃ、パンケーキショップ等々、主に生活用品を売っているマーケットですね。観光客用のお土産など売ってる感じでは無いです。トルコの生活感味わうにはいいと思います。あと、マーケットとは関係無いですがフェティエで両替するとめちゃくちゃ安いです。イスタンブールでするのと日本円で千円は違います。yuki-love-tripさんの口コミ

ハカニエミのマーケットスクエア(フィンランド)

フィンランドのヘルシンキにあるハカニエミ地区には、1914年から続く老舗のマーケットホールがあります。屋外のカラフルなテントを渡り歩くと、新鮮な野菜やフィンランドならではの食材を発見!フィンランドの食を堪能するなら、建物の中の飲食スペースがおすすめ。安くてボリューミーなお惣菜をゲットすることができます。トラムと呼ばれる路面電車を使うと、ヘルシンキ中央駅から3駅で行けるのでとても便利です。

kaljakoriaさんの投稿写真

朝ご飯にも丁度良さそうなお惣菜をゲットすることができます。

Wesley_Andradeさんの投稿写真

動物の毛皮や角などもこの市場で売られているようです。寒さの厳しい北欧ならではの光景ですね。

Kara Gさんの投稿写真

屋外は天気や気温によって人出はさまざまですが屋内はどんな時でも大丈夫。お店との距離が近く、フレンドリーな店員の方々との親しみやすい雰囲気で癒されます。おなじみのフィッシュスープをいただいた後でマリメッコのテキスタイルを拝見してクッキー型などが豊富な台所雑貨などを拝見していると時間の経過を忘れてしまいます。NOBU21210さんの口コミ
トラムで車窓を楽しみながら到着しました。トラムの駅のすぐ前なので便利です。海外の屋外マーケットは何もかもが興味をそそられます。しゅうちゃんまみーさんの口コミ
朝茹でのフレッシュなザリガニを5匹と、小魚が入ったパイ。フィンランドでしか食べられないものを食べることができました。日曜日は広場で蚤の市が開催されていて、状態のよいアラビアのティーポットが10ユーロ!もちろん買いました。358sakuさんの口コミ
地元の人が新鮮な食材を買いにくる場所で、日本では見たことがない野菜やキノコが売ってたり、食材のディスプレイが色とりどりできれいなので写真好きにはたまりません。ttam201508さんの口コミ
海外旅行の際は、現地の人々と同じように買い物をし、現地ならではの食材に触れてみると、その土地の良さをより感じることができるかもしれませんね。みなさんも、朝の時間を優雅に、マーケットで過ごしてみてはいかがでしょうか。 旅のありがとうを伝えたい、トリップアドバイザー

この記事に関するタグ

話題の記事