岩壁の仏様に諸行無常の姿あり!日本のありがたい石仏・磨崖仏8選

山深い道を歩いていった先に、突如出現したのは……巨人!? いえいえ、磨崖仏(まがいぶつ)と呼ばれる、岩壁に直に彫刻された石仏です。長いあいだ雨や雪にさらされて、風化が進んでいるものもありますが、かえって諸行無常を感じてグッとくるかも!? 今回は、今のうちにぜひ見ておきたい磨崖仏をご紹介します。

熊野磨崖仏(大分県豊後高田市)

磨崖仏が多いことで知られる大分県。国内にある磨崖仏の約8割を有しています。国内最古と言われる熊野磨崖仏は、高さ約6.7mの大日如来と約8mの不動明王。こちらは重要文化財に指定されています。鬼が一晩で築いたという、でこぼこの険しい石段を登った先にあるので、歩きやすい靴で向かいましょう。

投稿者:Joey_SG

投稿者:hiroshik799

投稿者:Joey_SG

国東半島の熊野磨崖仏を参拝しました。胎蔵寺というお寺の脇の入口から整備された山道を三百メートル程登ると自然石の乱積みの険しい石段が始まります。鬼が築いた石段で99段と言われていますがとても数えている余裕などなく足元に注意して息をきらながら登ります。DoubleO7佐倉さんの口コミ
登り始めに、参拝料300円を払います。そこで杖を借りることが出来ます、大きなゴツゴツした石段ですので是非借りてください。
時間にしたら15分くらいで登れます。junichi iさんの口コミ
平安時代中期から鎌倉時代前期に作られたそうです。不動明王は8メートル、大日如来は6・8メートルと大きさに圧倒されました。yamazyさんの口コミ

大谷寺(栃木県宇都宮市)

江戸後期から採石・加工して建築物に利用されてきた大谷石。その採掘場そばにあるのが、洞窟に包まれたように建てられた大谷寺です。本堂内には高さ4mの千手観音像を始め、10体の磨崖仏がありますが、残念ながら撮影はNG。すぐ近くに採掘場跡の岩壁に彫られている、高さ27mの平和観音があるので、こちらを写真に収めましょう。階段を登ると展望台があり、街を一望できますよ。

投稿者:taro2015

投稿者:canterbury1031jp

大谷寺は天台宗の寺院で大谷石岸壁の洞穴内に建物が入り組む珍しい洞窟寺院です。実際にその姿を見ると後ろの岩壁がとても高く、岩にめり込んだその姿は迫力がありました。asaka19691216さんの口コミ
大谷資料館から歩いて5分ぐらいの場所にあります。
大谷観光一日乗車券を買うと入場券がついてくるので、行ってみました。
中は写真撮影禁止。外観のみOKです。jalanworldさんの口コミ
パワースポットなので訪れました。池の側に白蛇が居ます。なでなですると御利益があるそうです。駐車場は有料ですが、それが拝観料になります。参道みたいな場所がありそこで少しお土産買えます。行く途中に芝生広場みたいな所があり、そこで犬と遊べます。ナチュラルガーデン果樹果樹(かじゅかじゅさんの口コミ

鋸山 日本寺(千葉県鋸南町)

日本最大の磨崖仏を拝みたいなら、千葉県の房総半島へ。東京湾に面した鋸山(のこぎりやま)は標高329m。江戸時代から良質な石材の産地として知られ、大量の石が切り出された場所です。1966(昭和41)年に約6年かけて完成した「百尺観音」という磨崖仏の高さは約31m。ほかに、空中に突き出た展望台がスリル満点の「地獄のぞき」や、「千五百羅漢」と呼ばれる石仏群など、見どころいっぱいです。

投稿者:Easygoing_bears

投稿者:アヲイトリ

投稿者:づきこ

鋸山には日本一の大仏があります。岩を掘り出した磨崖仏なので、他と簡単には比較できませんが、高さはなんと31m。奈良の大仏が18m、鎌倉の大仏が13mなので、その大きさに圧倒されます。wakiabcさんの口コミ
ロープウェイ⇨地獄覗き⇨日本寺大仏の順に行きました。
地獄覗きからひたすら山道の階段を降りると突如大きな大仏が現れ圧倒されます。
また山の中だからでしょうか、静かな景観の中にあるので厳粛な気持ちになりました。amber335さんの口コミ
皆さん書いてますがとにかく上り下り階段がきつい。平坦な場所はほぼ無。磨崖仏や展望台以外は全て急な階段と思ってください。
展望台には自販機などもなく、持参しなければ水分補給も出来ません。
本当に厳しい階段が続きますので、水分補給の準備は絶対にしていくべきです。pingsong726さんの口コミ

鷹取山(神奈川県横須賀市・逗子市)

横須賀市と逗子市の境にある標高139mの鷹取山。こちらも、明治から昭和の初期にかけての採石場でした。垂直に切り立った壁は現在、ロッククライミングの練習場になっています。山頂付近にある磨崖仏は、横須賀市在住の彫刻家、藤島茂氏が昭和35年から約1年かけて製作したもの。高さ約8mの弥勒菩薩像です。

投稿者:密林黒兵衛

投稿者:Henry W

投稿者:町田の熊

昭和初めまで石切り場があった鷹取山にある磨崖仏です。この山は、岩登りをする人が多いことで知られています。登山口は複数ありますが、磨崖仏に行くなら鷹取小学校の方から登ると比較的近いです。komatanさんの口コミ
横須賀市の藤島茂氏が昭和35年から約1年かけて製作した弥勒菩薩像で、像高約8m、像幅約4.5mもあるそうです。丸みを帯びた造形は何やらアンコールワットを想起させます。素晴らしい。trane37さんの口コミ
鷹取山は、昔、採石場だったこともあり切り立った岩がちょこちょこあってロッククライマー初心者の練習場にもなっています。密林黒兵衛さんの口コミ

十六羅漢岩(山形県遊佐町)

日本海を臨む22体の磨崖仏は、1866(明治元)年に完成。荒波で命を落とした漁師の供養と海上の安全を祈り、地元の石工が5年かけて製作したものです。16の羅漢像に加えて、釈迦牟尼や文殊菩薩など8体の仏像が彫られています。青空と海をバックにした磨崖仏が素晴らしいと評判ですが、夕日の時間帯に眺めるのもオススメです。

投稿者:千葉義弘

投稿者:446339

投稿者:ping-g-zelos7

海沿いの道を走っていたら、駐車場の案内看板が出ているので、迷わずたどり着けるはずです。
駐車場から羅漢岩までは歩いて5分ほど。
階段を降りていくと、大きな岩が見えてきて、そこに16体の像が彫り込まれています。Masaki13さんの口コミ
海岸の自然の岩に彫られた羅漢像です 自然の風雨にさらされてるので だいぶ風化が進んできてます 台風の時期などは 見学不可能 駐車場も整備されてて見学 駐車代 すべて無料です鐵子ママさんの口コミ
看板を見て何気に立ち寄りました。
駐車場に着くとそこは日本海で、今にも陽が沈みかけていました。
ここは素晴らしい夕日の絶景スポットですね。トレインバスさんの口コミ

臼杵石仏(大分県臼杵市)

大分県の東海岸に位置する臼杵市には、日本で初めて国宝に指定された磨崖仏があります。4群に分かれて丘陵地に点在する臼杵石仏は、その数60余体。そのうち59体が国宝です。作られた背景や時期に関する資料は残されていませんが、平安から鎌倉時代にかけて彫られたと考えられています。

投稿者:千葉義弘

投稿者:restebo

投稿者:accura_sg

1000年以上も風雨に耐えて現存している約60体の磨崖仏が「臼杵石仏」です。当然、国宝にも指定されています。お遍路さん京都市さんの口コミ
観光ガイド本で臼杵と言えば石仏!と紹介されているくらいなので、一度は行ってみたかった。なので行ってみました。県外や海外からの観光客が多くて、けっこう賑わっていました。土産物屋や飲食店もあり、休憩もできます。メイプル九州さんの口コミ
一つ大きい石仏があるだけかと思ったら、いくつかの石仏群があり、思った以上に見応えがあります。周囲が美しい日本の里山が広がっているので、ゆっくり散策しながら見ることをお薦めいたします。千葉義弘さんの口コミ

奇絶峡(和歌山県田辺市)

和歌山県南部の田辺市を流れる会津川上流に広がる景勝地、奇絶峡。約2kmに渡って断崖絶壁の渓谷が続き、春には桜が、秋には紅葉が楽しめるスポットとして人気です。いちばんの見どころは、不動の滝のさらに上にある一枚岩に彫り込まれた「魔崖三尊大石仏」。京都生まれの日本画家、堂本印象の原画をもとに製作されました。

投稿者:ランナー0130

投稿者:sklfh

投稿者:武 郭

奇岩、巨岩が観られます。思ったより規模は小さいです。滝もあり、マイナスイオンを感じます。山を登ると一枚岩に仏様が掘られています。国道からも見ることが出来ました。Sepia Nさんの口コミ
余り人は行かないようですが、橋を渡ると小さい滝があり、そこの水は綺麗で夏にいきましてもひやりとしており、気持ちが良い空間となっています。
トイレも完備してあり、竜神温泉・高野山に行く途中によって綺麗な空気を味あうのも良いと言えます。wadah826さんの口コミ
山道を登っていくと石仏がありますが、足元が悪いので動きやすい服装で訪れましょう。
アスレチック気分で結構楽しめます。ランナー0130さんの口コミ

石山観音(三重県津市)

津市の石山観音公園内には、ひとつの巨大な岩に彫られた約40体の磨崖仏が。阿弥陀如来や地蔵菩薩、西国三十三カ所観音など、美しく丁寧な彫刻が見る者を圧倒します。岩質がもろく、風化により細部が不明瞭になっているものもありますが、それがかえって秘境っぽい雰囲気を醸し出している!?

投稿者:twinstaiga

投稿者:jazz須磨

投稿者:twinstaiga

高さ60mの山全体が1つの石で、40体余りの石仏が彫られている、14世紀頃の鎌倉時代からの磨崖石仏群です。5m余の阿弥陀如来像を始め、観音菩薩・地蔵菩薩像と大きな石仏もありますが、三十三カ所観音の磨崖仏を一つ一つ数えながらお参りし、登るのは楽しく、癒されます。jazz須磨さんの口コミ
名阪国道の関ドライブインからすぐ、山の中に忽然と現れるその景色には、誰もが驚かされてしまいます。時間をかけてゆっくり回ると、いろんな意味で発見します。パワースポットですよ!satoshishoyamaさんの口コミ
古い時代のもので風雨にさらされて、ハッキリわからなくなりつつある物もあり。心配になる程ですSatoshimaさんの口コミ

山道を進んで向かうという道のりも含めて、磨崖仏の魅力だといえるのではないでしょうか。場所によってはかなり歩きますので、履き慣れた靴で、無理せずゆっくり会いにいきましょう!

この記事に関するタグ

話題の記事