早起きの価値あり! 天空都市マチュピチュで見たい早朝の幻想風景

一生に一度は行ってみたい世界遺産といえば、ペルーのマチュピチュ。切り立った山に守られた古代遺跡は、誰もがどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか?

標高2430mの尾根にたたずむ遺跡は、いつ見ても荘厳な雰囲気。特に早朝は朝日に包まれた都市が神々しさを放ち、とにかく感動的なんです。夜明け前に起きなければいけませんが、そんな苦労も吹っ飛ぶような絶景に出合えます!

時差ボケに負けず、夜明け前に起きるべし!

マチュピチュは、玄関口となるアグアス・カリエンテス(マチュピチュ村)からバスで約30分。始発は5時30分ですが、遺跡の入口にはすでに入場を待つ列が!

LucyMarArgentinaさんの投稿写真

入場したら遺跡を一望できる高台のビューポイントへ。見張り小屋と呼ばれる建物周辺が人気です。しばらく待つと東側から光が!

Ryan Gさんの投稿写真

Tábata Mさんの投稿写真

ちなみにこれが遺跡を一望できる見張り小屋。周りにはたくさんの観光客が集まっています。

きょっこさんの投稿写真

そびえ立つ山々の背後から太陽が昇ってくると、遺跡が色づき急に表情が生まれます。その瞬間が感動的なんです。

alfie50さんの投稿写真

Steve Wさんの投稿写真

OsCavasさんの投稿写真

感動の一言です!見張り小屋から一望したところが、テレビやガイドブックでよく見る姿です。ワイナピチュをバックに、マチュピチュのほぼ全景を見渡すことができ、あまりの美しさにしばらくぼ~っと過ごしました。Momomongaさんの口コミ
マチュピチュでの朝日が憧れだったので、どうしても見たくて、マチュピチュ村を5:20に出る始発のバスに乗りました。早朝にも関わらず、たくさんの人が並びます(ホテルもそれに合わせて朝食がとれますし、バス乗り場周辺には、売り子さんもたくさん来ます)。ちなみにマチュピチュの開門は朝6時なので、門の前で待つことになります。わたしが行った日は、雲海が素晴らしく、まさに「天空の城」で絶景。
思考が止まり、こんなに自分のボキャブラリーが乏しいのかと驚くくらい“すごい”“きれい”など、単純な言葉しか出てきませんでした…^^;chelsea901901さんの口コミ
言い忘れましたが、マチュピチュで感動を得たいのであれば絶対朝一です。朝の澄みきった空気でなければ、あの幻想的な風景は生まれないと思います。シーズンにもよると思いますが、5時前にバスターミナルに着くように宿を出れば、5時半出発の1番か2番のバスに乗れるはずです。sarutomoさんの口コミ

雨季の早朝は霧に包まれた神々しい光景も

マチュピチュ観光のベストシーズンは5~8月の乾季ですが、雨季には雨季の楽しみ方が。霧のなかにたたずむマチュピチュ遺跡はとっても幻想的。特に早朝は朝日とともに霧のなかから遺跡が姿を現すことも!

Dasha Rさんの投稿写真

wenkopinさんの投稿写真

Isolete Gさんの投稿写真

あいにく雨が降っていたのですが、逆に霧がかかって天空の都市という言葉がぴったりの雰囲気になりました。しるふぃんさんの口コミ
開門の6時にスタートし、朝もやの中山頂を目指しました。
厚い霧の中から現れたマチュピチュの幻想的な姿は、一生忘れられない光景です。Hikarinekoさんの口コミ
ペルー旅行するなら、必ず行っておきたいのがマチュピチュ。特に、朝早く出発して、霧が晴れるのを待つとベストです。晴れているときももちろん美しいですが、霧がかかったり晴れたりを繰り返すマチュピチュはとても幻想的な風景が広がります。yukiamiさんの口コミ

早朝の幻想的なマチュピチュ遺跡……早起きして並ぶ価値ありですよね? 刻々と表情を変える古代都市はまさに絶景です!

この記事に関するタグ

話題の記事