シドニーのスターシェフ、ルーク・マンガンの美しきモダンフードの世界

オーストラリアのグルメ界を代表するルーク・マンガン氏。1999年にシドニーに開いたレストラン「ソルト」は、その美しい盛り付け、世界各国の食文化を自在に行き来する斬新な味覚、そしてオーストラリアの豊かな食材を用いた大らかな楽しみ方を具現化した料理がたちまち話題となり、一躍世界から注目を浴びました。今や、各国からオファーが絶えないスターシェフとなったルーク・マンガン氏。それでは、華麗なるマンガン氏の食の世界をご覧いただきましょう。

glass(シドニー)

ヒルトンシドニー内にある、セレブ御用達のレストラン。店内は、240席と大規模ながらゆったりとした座席配置で居心地満点。オープンキッチンが厨房の活気をダイレクトに伝えます。特筆すべきは1万本を超えるワインを保管するワインセラー。オーストラリア中の美味しいワインとともに、マンガン氏渾身の料理を味わうことができます。

katepgさんの投稿写真

施設より提供

オープンキッチンの中は活気があって全体の雰囲気もとても良かった。48時間焼いたか煮たかした肉も美味しかった。西洋人の好きな大味。ワインも美味しい。トイレが店外でやや遠い。GnetNixさんの口コミ
朝食で利用しましたが天井も高く雰囲気は良い方だと思います。スターシェフのお店というカテゴリーではどうかと思いますが、結構古いホテルの中のレストランと言う事を考えればそこそこモダンで昼、夜の利用もあり得るかなと。noarinさんの口コミ

mojo by Luke Mangan(シドニー)

グラスワインとタパスを気軽に・・・・・・そんなコンセプトで誕生したのが、こちら、モジョ・バイ・ルーク・マンガン。ニューヨークにある倉庫をイメージした店内は、スノッブでありながら絶妙に力の抜けた居心地良い空間となっています。ヨーロッパとオリエンタルのエッセンスが融合した、ユニークなディッシュの完成度はさすが。

施設より提供

施設より提供

美味しいフィンガーフードを求めている人には、これ以上ない空間です。ファンキーな空間で、カクテルバーも素敵。車椅子でもストレスないバリアフリー空間も好感度が高いです! Heidz Hさんの口コミ

Salt grill & Sky Bar (シンガポール)

続いてはシンガポールの店へ。こちらはシンガポールの街並みを見渡せる眺望が自慢です。オーストラリアから届いたバラマンディやタスマニア産のカキやエビ、契約農家から届いた牛肉を、シンガポールの食材と絶妙に組み合わせ、新たな美食の世界を体験させてくれます。

施設より提供

Graeme Gさんの投稿写真

Punsri21さんの投稿写真

夫が誕生日に連れて行ってくれました。本当に素晴らしかった。眺めも雰囲気も抜群。食事はもちろん美味しいし、スタッフのもてなしも最高でした。また行きたい! Rubychan8…さんの口コミ

Salt Grill (ジャカルタ)

2013年にオープン。ジャカルタでは最も高い場所のひとつにあり、その眺望もご馳走のひとつ。ルーク・マンガン氏のレシピをベースにシェフ“MJ”がつくりあげる、華麗でファッショナブルな料理の数々は人々を虜に。ジャカルタで最もホットなレストランとして常に満席状態です。

Tony Sさんの投稿写真

Deniese Cさんの投稿写真

シェフMJさんの知り合いから紹介され、あらかじめ予約をしてディナーに行きました。窓側の素敵な席に案内され、素晴らしい夜景を見ながらのディナー。お値段は安くはありませんが、ジャカルタでの特別な日にゆっくり楽しむにはオススメです。食べ物のボリュームはそこそこなので少な目にオーダーするのが良いかも。因みに私達夫婦は初めてでしたが、紹介者の名前を言ったら一緒に写真も撮って下さり、とてもフレンドリーなMJさんでした。次回はランチも行ってみたいです。jysh8420さんの口コミ

Lonu by Luke Mangan(モルディブ)

2014年、モルディブのアイランドリゾート、アミラフシ内にオープン。海に囲まれた自然の中というロケーションを受けて、料理も地元の新鮮な魚介やハーブを活かしたナチュラルでヘルシーな印象。もちろん、味覚と盛り付けの遊び心はここでも健在です。

Rae_Munavvarさんの投稿写真

Rae_Munavvarさんの投稿写真

Rae_Munavvarさんの投稿写真

雰囲気やサービスは完璧すぎるほど完璧でした。 レストランは、アミラフシの宝といってもいいでしょう。とても独創的で斬新、しかし心に響く料理の数々。魚介がこれほど美味しいと思ったことはありません! SohaSolさんの口コミ

Salt (東京)

最後は東京にある店舗のご紹介。Salt の名を冠した初の海外店舗として2007年、新丸ビル6階にオープン。窓ぎわの席からは皇居の眺望が楽しめ、デートはもちろん、場所柄接待などにも利用される落ち着いた空間。看板メニューであるオーストラリア産の牛肉を使ったステーキは数種類あり、真空調理法など肉質に応じた方法で料理されています。また、鮎など四季折々の日本の食材を積極的に取り入れているのもユニーク。和の素材の特徴を大切にしつつ、独創的な発想に溢れた料理は、新たな食の可能性を教えてくれます。

inahohohoさんの投稿写真

料理が美味しいのはもちろんですがスタッフのおもてなしが素晴らしく大変気持ちの良い時間を過ごすことができました。お料理の説明の仕方だったり、こちらのわがままも聞いてくださったりとコミュニケーション能力の高さを感じました。プリフィクスコースがコスパが良いと思います。ボリュームもかなりあるので満足でした。gracias39さんの口コミ
オーストラリア料理というのは珍しい。ワインも手ごろ、料理の味もよく、ゆっくりと食事を楽しむことができました。個室があり、カジュアルな会食も可能なのがうれしい。オーストラリアの地ビールもどっしりとして美味しかったです。phillyclubさんの口コミ
新丸の内ビル6階、エスカレータを上がった正面に位置します。友人との食事会で利用しました。フリーフロー付きprix fixe course。高名なシェフの名を冠したオーストラリア料理店で、オーストラリアの食材がメニューに取り入れられています。メインにチョイスしたクイーンズランド産穀物牛フィレのグリルがちょっと意表を突く位の美味しさでした。深夜特急さんの口コミ

ところで、店名にソルト=塩とつけた理由について、「古代ギリシャではとても貴重なもので、親愛と思いやりを意味するもの」と語るマンガン氏。マンガン氏が手がけるレストランは世界各地点在していますが、その精神は全ての店に息づいています。味はもちろんのこと、そういう精神も、人々を魅了する理由のひとつかもしれませんね。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。