また旅する日を夢見て!? 海外の世界遺産にそっくりな日本のスポット9選

ユネスコに登録された世界遺産は、ツーリズムにおいても大変重要なブランドとなっています。2020年3月時点で、登録数は世界各地に1100件以上。実は、多様な自然環境を持つ日本にも、こうした世界遺産に似たスポットがいくつも存在していることをご存じでしょうか。今回は、パスポートなしで海外旅行気分を味わるスポットへとご案内します。

本記事で紹介されているスポットは、下記の「旅リスト」にまとめられており、地図や一覧で簡単に確認できます。

旅リストを見る >>

神の子池(北海道清里町)

周囲220m、水深5mの小さな池。森に囲まれた立地や、透明度の高いエメラルドグリーンの湖面、湖底に沈む朽ち果てることのない倒木など、クロアチアのプリトヴィツェ湖群を構成する下湖群と多くの点で類似しています。小規模ながら、1日約1万2000トンもの大量の湧き水が湧き出ています。名前は、アイヌ語で「神」を意味する摩周湖の伏流水から生まれたという言い伝えに由来します。

投稿者:1012パンダ

投稿者:たびネコ

 
その名のとおり神が住んでそうな神秘的な雰囲気。心が浄化されそう。透明度が高い夏がおすすめ。天気によって見え方が違うと思うので、天気が良いときを選ぶといなお良い。aiyaiyaiさんの口コミ
不思議なことにエメラルドグリーン色をしているのは数本の倒木がある池のわずかな部分である。この水は摩周湖からの伏流水とのことだが、相当キレイな水だからこれほど透明なのか、美瑛白金の青い池とはまた違った神秘的な印象を感じた。alan_flusserさんの口コミ
水温が低いので水の中の倒木が腐らないとのこと。その水の色の美しさはなんとも言えません。オショロコマもたくさん泳いでいたり、黒い鳥が水中に潜り、虫かなにかを取っていたり・・・時間を断つのも忘れてしまいそう~♪Yumipyonさんの口コミ

本家のプリトヴィツェ湖群国立の写真がこちら。

投稿者:Orfelino P

投稿者:Gérôme P

プリトヴィッツェ湖群

バブル評価 5 段階中 4.5
1位:プリトヴィッツェ湖群国立公園の観光スポット42件中

長岡百穴古墳(栃木県宇都宮市)

日本でも珍しい横穴式の古墳。岩の斜面には52基の穴がくりぬかれています。こちらは、人力で造られた洞窟、後世に宗教的な目的を持って造られたという点から、メディアで「日本のカッパドキア」として取り上げられ、一躍有名になりました。穴の奥には室町~江戸時代に造られた地蔵菩薩像や馬頭観音像が安置されています。異なる時代同士が重なり合った独特の雰囲気は他には見られません。

投稿者:maritora

投稿者:mae-hiro

崖に、幾つもの穴が空いている不思議な場所。近くを走る宇都宮環状3号線からもちらっと見え、気になって寄ってみました。室町時代くらいから江戸時代にかけて作られた穴で、中には仏像を安置してあるところもあります。近くで畑を作っていたり、観光地というよりも生活に溶け込んだ場所ですが、なかなかに面白い場所かと思います。tanunyanさんの口コミ
ずっと気になっていた場所の一つ。大きな通しに程近く、不思議な雰囲気を持った場所です。穴の中には仏像が何体も。風化が進み残念ですが、一見の価値ありです。maffy3194さんの口コミ

本家のカッパドキアの写真がこちら。

投稿者:トリップアドバイザー・メンバー

投稿者:BoRaXiN72

首都圏外郭放水路(埼玉県春日部市)

国土交通省手動の元、首都圏エリアの洪水を防ぐための建設された地下放水路。江戸川を中心とした6つの河川に隣接した立坑を繋ぎ合わせることで、効率良く大量の水を排出する仕組みです。地底50m、全長6.3kmもの巨大な空間は、地下放水路としては世界最大級の規模を誇ります。特に、調圧水槽はまるでエジプトにあるルクソール神殿の巨大な柱を彷彿とさせることから、SNSで話題となりました。

投稿者:daitoryo

投稿者:hisao k

サッカー場の片隅にある小さな扉から100段以上の階段を下りていくと、そこには写真で見た以上に荘厳な空間が広がっていました。おススメです?Navigator626147さんの口コミ
高さはビルの5回程度(18m)、長さ177m、幅78mの広さがあり、59本の巨大なコンクリート柱が建っている。いやはや、幻想的で面白かったです。mellowpapaさんの口コミ
放水路といえば神殿と呼ばれる水槽部分を特に注目されますが、さらに奥の第一立抗の部分はかなり深い位置まであり、水もたまっていたりするので存在感がすごいです。第一立抗までいくにはその他の見学コースよりお金もかかりますし、予約しないといけないですが、それだけの値打ちはあると思います。masayu777さんの口コミ

ルクソール神殿の写真がこちら。

投稿者:Mario Math

投稿者:WolfgangTrips

南禅寺水路閣(京都府京都市)

南禅寺といえば京都を代表する人気の寺院ですが、境内には明治時代に建築された全長93.2mにも成るレンガ造りの水路橋が通過しています。南フランスのアヴィニヨン市内を流れるガール川にかかる巨大な橋「ポンデュガール」を彷彿とさせる造形美は見事の一言。年月を経て朽ち果て、ツタが絡むレトロな風合いは映像映えするため、数々のドラマやアニメのロケ地としても採用されました。

投稿者:Pmykie

投稿者:ikedahaj

1885年着工し1890年に竣工した琵琶湖から京都市内に向けて引かれた琵琶湖疏水の水道橋。1888年完成。疏水プロジェクトの工事責任者である田邊朔郎がが設計、デザインした全長93m。高さ9m。レンガ、花崗岩造り。南禅寺の境内を通っているが、レンガ造の西洋と和の寺院が不思議と合ってます。ewalker10900さんの口コミ
ちょうど紅葉の季節だったので、水路閣と紅葉のコントラストが見事でした。興味のある方は、水が流れる上部まで見学するといいと思います。Evagundamさんの口コミ
写真を撮るには大変良いスポットだと思います。なにぶん人が多いため、なかなか写り込まずに撮るのは難しいですが(^^;)水道橋を過ぎると階段がありその横を上ると、水道橋の上を水が流れている様子を見ることが出来ます☆上から見るのは見過ごしやすいかなと思ったので注意してください。NaomiTsurutaさんの口コミ

本家のポンデュガールの写真がこちら。

管理者提供の写真

投稿者:Sigisbert

ポンデュガール

バブル評価 5 段階中 4.0
1位:ヴェール・ポン・デュ・ガルの観光スポット4件中

竹田城跡(兵庫県朝来市)

嘉吉年間(西暦1443年頃)に築城された、全国でも珍しい完全現存する山城です。かつては知る人ぞ知るスポットでしたが、大河ドラマ『軍師官兵衛』のOPに登場したことから注目を集め、全国屈指の人気スポットになりました。晩秋のよく晴れた早朝という気象条件が揃うと眼下が朝霧に包まれ、幻想的な光景が広がります。フォトジェニックな美しい光景から「天空の城」や「日本のマチュピチュ」などの異名を持っています。

投稿者:Visit Japan

投稿者:fu-ta

もう言葉にならないくらい美しい石垣の風景が目の前に現れてきます。眼下の景色も最高ですが、どの石垣・曲輪も画になります。終始アドレナリンが出っ放しで気づいたら写真も200枚ぐらい撮ってました。日本のマチュピチュとか言われてますがオリジナルでここは世界に誇れる風景だと思います。asaka19691216さんの口コミ
こんなに立派な石垣群、城跡が高い山上にあることが珍しい。しかも、しっかりとした曲輪の作りが完全な形で残されている。すばらしい城跡です。天空の城とか、日本のマチュピチュだとか、色々な見方をされています。それもいいですけど、城跡としてきちんと見るべきです。hsgwkinさんの口コミ
晩秋の雲海が最高です。ただし、地元の人でも、いつも見られるわけではないので、訪れた日に雲海が見られなくても、がっかりしないでください。あと、雲海の時期は、車も多いので、安全第一でお願いします。Expedition803256さんの口コミ

本家のマチュピチュの写真がこちら。

投稿者:juhundo

投稿者:Lilly

秋芳洞(山口県美祢市)

その特徴的な地形は、世界最大規模の鍾乳洞として知られるスロベニアの「シュコツィアン洞窟群」かのよう! 日本最大のカルスト台地・秋吉台の地下に広がる、全長100~200mの鍾乳洞です。国の特別天然記念物に指定されています。洞内は年間を通じて17度前後の気温なので、快適に過ごすことができます。一部区間は観光コースとして整備されていて、実際に探検できます。

投稿者:Travel_lover

投稿者:mikecat1985

温度は年間通じて17度、湿度は99~100%。約1㌔の鍾乳洞の道のりには、神秘的で自然の造形に驚きの連続である。鍾乳石は2㎝伸びるのに250年を要するが、黄金柱は高さ15メートル、幅4メートルも有る。Roving809497さんの口コミ
天然の芸術品である鍾乳洞を間近で見ることができます。日本三大鍾乳洞の一つですが、観光地としてもっとも整備されているところです。ですので、ライティングや見学ルートなど盛りだくさんで楽しむことができます。YODesignOfficeさんの口コミ
日本最大級の鍾乳洞です。本当に大きかったです。入り口の水が青くてとても綺麗です。鍾乳洞の中を川みたいに水が流れていて荘厳な感じです。百枚皿と黄金柱が凄いです!Expedition804215さんの口コミ

本家のシュコツィアン洞窟群の写真がこちら。

投稿者:alessandra f

投稿者:Cris_Joan

耶馬溪(大分県中津市)

大分県を代表する景勝地。垂直に切り立った奇岩と一級河川・山国川で形成された起伏のある地形は、雄大な自然遺産で知られる中国の「桂林」を彷彿とさせます。日本にいながらにして、山水画のような光景を観賞できます。1年を通して四季折々の自然を見せてくれますが、特に秋は紅葉の名所として多くの人々が訪れます。周辺には温泉もたくさんあるので、観光がてら湯巡りも楽しんでみてはいかがでしょうか。

投稿者:ラスラス

投稿者:シノケン

渓谷のスケールのでかさに驚きました。朝方に訪れたので、霧が立ちこめていてとっても幻想的でした。岩の隙間から生えている巨木にも感動しました!渓谷の名水でいれた珈琲が美味しかったです♪Explore803639さんの口コミ
山水画の世界がそこにあります。夏にいきましたが青々としたした自然の中に岩山が切り立ち、日本とは思えない景色です。大分といえば別府、湯布院ですが、こちらもぜひ行ってください。Vacationer810807さんの口コミ
紅葉を見に耶馬渓に行きました。九州では紅葉スポットとして有名で、早く行かないと駐車場が空いてない可能性があったので10時過ぎ行きましたが駐車場はいっぱいでした。kaori-1984さんの口コミ

本家の桂林の写真がこちら。

投稿者:Guilintb

投稿者:Guilin2009

番外編①:吹割の滝(群馬県沼田市)

世界遺産ではありませんが、ナイアガラの滝に似ているスポットも紹介しましょう。大迫力の光景と四季折々の自然の美しさから「東洋のナイアガラ」という愛称で親しまれている吹割の滝です。片品川上流から下流の間にかけて形成された吹割渓谷の中間に位置し、落差7m、横幅30mにも及びます。特に、4~5月の雪解けの時期には水量が増え、豪快に水しぶきが飛び散ります。柵が設置されていないため、間近で見られるのも魅力。

投稿者:いしこ

投稿者:Antonio0409

国指定天然記念物および名勝、日本の滝百選。高さ約7m幅約30m余にもおよび、飛散する瀑布は東洋のナイアガラといわれ、美しい景色の中で、豪快に飛散する荒々しさを肌で感じることのできるとても刺激的な滝です。maniwatripさんの口コミ
上毛高原駅からバスで吹割の滝へ行きました。1時間くらいかかりました。東洋のナイアガラと言われる滝です。柵などもないので、間近で見ることができます。圧巻の景観。ナイアガラの滝にも行ったことあるけど、個人的に吹割の滝の方が好みです(*^^*)Travel811849さんの口コミ
群馬県内の有名な観光地の一つ。5月は雪解け水で増水しており、滝の迫力が増しているのでこの時期がオススメ。滝の直ぐそばの遊歩道を歩くことができる。chipichipi2019さんの口コミ

本家のナイアガラの滝の写真がこちら。

管理者提供の写真

投稿者:Filippo Marangoni

番外編②:父母ヶ浜(香川県三豊市)

こちらも世界遺産ではありませんが、ボリビアの「ウユニ塩湖」に似ているスポットも! それが、ここ父母ヶ浜。約1km続く白砂のロングビーチと遠浅の瀬戸内海とのコントラストが美しいビーチです。風のない干潮時には砂浜に大きな水たまりができ、美しい映し鏡のような光景が出現します。特に、夕刻はおすすめのシャッターチャンスですよ。

投稿者:KOGU

投稿者:Verdilai

潮が引いて地面が波打ってるところなども自然のアートが見れて素晴らしかったのですが、そこから日がどんどん沈んでくるのを見ながら、潮溜まりに反射する景色の素晴らしさといったら、もうなんとも言えず、片時も目を離せない感動的なものでした。ettsun808さんの口コミ
インスタ映え間違いなしの場所だと自負します。夕方に訪れるのがベストな写真を撮れると思います。写し鏡の様な自分+がexcellent。toku48さんの口コミ
風の強い日に鏡面効果を取るコツは、波打ち際、砂の凹凸が少ない広目の場所を見つけ、波の引きの時に砂浜にできる水の膜に姿を映すようにすると何とか撮れますよ。
写真を撮ることに夢中になりがちだが、その夕景は束の間時間を忘れてしまう景色あることは確かでした。Kogu_Kogusuriさんの口コミ

本家のウユニ塩湖の写真がこちら。

投稿者:DavidGatzka

投稿者:DavidGatzka

今回は、狙って作られたものではなく自然条件や歴史的背景が似たスポットをご紹介しました。実は、私達の身近にも世界遺産にそっくりな場所は探せば意外とあるんです。高い航空運賃や宿泊費、移動時間をかけなくてもOK。日本にいながらにして、海外旅行気分を味わえるのは嬉しいですね。ぜひ今回ご紹介したスポットに足を運んで、プチ海外旅行を楽しんでください。

旅リストを見る >>

この記事に関するタグ

話題の記事