ピクニックに最適、ロンドン市内の本当に気持ちいい公園6選

雨続きの冬が過ぎ、少しずつ気温が上がってくる5月末から6月にかけては、ロンドン観光におすすめのシーズン。陽光あふれるロンドンを体感するなら、ぜひ市内の公園へ。春を待ちわびていたロンドンっ子たちが、芝生の上でピクニックしたり散歩している様子を目にすることができるでしょう。じつはロンドンは世界有数の「緑の多い都市」。大都市の中心部に広大な緑地を持つ公園や庭園が点在しているんです。旅行者でも訪ねやすい、ロンドン市内にある人気の公園をご紹介します。

ハイド・パーク(Hyde Park)

ロンドン市内には8つの王立公園(ロイヤルパーク)があります。王立公園とは、もともと王家が余暇や狩猟のために所有していた土地が、都市の近代化に伴い一般公開されるようになったもの。市内中心部で最大級の大きさを誇るのがハイド・パークです。

投稿者:Giuseppe D

園内は約140万㎡。広さは日比谷公園の約9倍というといかに広いかわかるでしょうか?園内では散歩やサイクリングや、

投稿者:ANTONINO B

ボートを借りて楽しむ人々の姿が見られます。

投稿者:Stumpy12345

すぐ横には賑やかなショッピングエリアが広がりますが、園内はまったくそんな雰囲気は感じさせず、ゆったりとしています。

投稿者:bobenausaure

なんと乗馬エリアまであるんですよ。

投稿者:daninad2016

北東入口、マーブルアーチ付近には、有名なスピーカーズコーナーがあります。ここでは一般市民が自由に演説をすることができます。演説を見物するのも面白そうです。公園が広いため、どの入口から入るかで最寄り駅が違いますが、地下鉄マーブル・アーチ駅、ランカスター・ゲート駅、ハイド・パーク・コーナー駅、ナイツブリッジ駅が利用できる、どこからでも便利な公園です。
ロンドンの公園名物、野生のリスものびのび。

投稿者:Carlonline

人懐こいリスが多く、近くによってきてエサをねだってきたりします。最初はかわいいのですが、そのうちお菓子を盗られたりするので要注意!

投稿者:busdriver2001

ニューヨークのセントラル・パークは余裕で歩いて縦断した僕も、この公園を徒歩で制覇するのは諦めた。一時間ぐらい歩いただけではとても歩ききれないなんて、なんて広い公園だろう。花壇や湖、そしてレストランなどがあるので歩いていても退屈はしないけど、全部を徒歩で見て回るのは至難の業。arcH2Oさんの口コミ
ひろびーろ!
ロンドンの真ん中にこんなに素敵な公園があるなんて〜!!小さい子連れには最適なスポット!池もあり、カフェもあり、2歳児を走り回らせるのに最高の場所でした。公園のまわりは高級住宅街なだけにへんな人がうろうろ、とかなかったし、夕方でも安全な雰囲気。柵の模様とかも素敵でした〜Yamatomamaさんの口コミ

ケンジントン公園(Kensington Gardens)

ハイド・パークに隣接する、というより地続きのケンジントン公園。ハイド・パークとは道を挟んでいるものの、一体化していて境界はないようなものです。ただ、閉園時間が多少違うので、ケンジントン公園をメインで散歩したい場合は日中がおすすめです。

ケンジントン公園は、ダイアナ妃が住んでいたことで知られるケンジントン宮殿や、美しく手入れされた庭園、池などがあります。ハイド・パークが森のようなイメージだとしたら、こちらは池や庭園などがあり、より公園らしいかもしれません。

投稿者:Andrés V

宮殿前には季節の花々が咲くガーデンがあり、目を楽しませてくれます。

投稿者:Purwitanto

パーク内にはこんなかわいらしいメリーゴーラウンドも。

投稿者:Iara_Pasta

現在もキャサリン妃とウィリアム王子が暮らしているケンジントン宮殿は一部が一般に開放されています。

投稿者:Von_Sonntag_ARG

豪奢なインテリアやヴィクトリア女王、ダイアナ妃が着ていたドレスが必見です。

投稿者:Judycrook

隣のハイドパークより広々として明るい公園で雰囲気もどこかのんびりしています。ケンジントンパレス、Orangeryレストラン、子供たちの遊び場もありとても素敵な公園です。春から夏は花が咲き乱れていて、秋は公園が黄色く染まりとても素敵です。LazyJunさんの口コミ
ロイヤルファミリーが住まわれていた、ケンジントンパレスすぐ脇の公園です。現在も隣接する家にロイヤルファミリーがお住まいになられ、今度ご結婚されるハリー王子ファミリーも近くに住まわれます。王室の方が楽しまれるガーデンですから手入れもまめに施されており、季節ごとの花が植え替えれていつも素敵なお花を観賞できます。綺麗なのは春と夏の時期で秋から少し寂しくなります。tearoomgreengardenさんの口コミ

セント・ジェームズ・パーク(St. James’s Park)

ロンドン観光ではバッキンガム宮殿はマスト。そこにユニオンジャックが掲げられていたら女王陛下が在宅しているあかし、というのも有名ですよね。そんなバッキンガム宮殿の正面からトラファルガー広場方面へ伸びている大きな道「ザ・マル」に沿って広がるのがセント・ジェームズ・パークです。

投稿者:BradJill

この王立公園の魅力を一言で表すならば「キュート」。

投稿者:MrG43046

広すぎず適度な大きさで、水辺には水鳥が憩い、キラキラ輝く湖には噴水があり、緑の並木道があり、色とりどりの花が咲き乱れるガーデンがあり、芝生にはリスが走り回る。サイズ感と公園としての造形のよさがほっと落ち着く、なんともいえないかわいらしさがある公園です。

投稿者:Ronald_jelle

この公園は、ロンドンにある8つの王立公園の中でも一番古く、ヘンリー8世の時代には王家の狩猟会などに使用されていました。

投稿者:David B

最近では、20世紀初頭の貴族の暮らしを描いた英国の人気TVドラマ「ダウントン・アビー」のロケ地にも使用されたことも。100年前の人と同じ景観を目にすることができるスポットというわけです。
公園内にある人工池(セント・ジェームス・パーク・レイク)ではペリカンにも出合えますよ。

投稿者:KristinMiles

美しく整理された公園は憩いの場のようで、多くの人が訪れていました。ここでのんびり座っているだけで、心が洗われるような場所です。のうこさんの口コミ
衛兵の交代式の後に通りかかりました。家族連れやカップルがピクニックに訪れていて、ピーターラビットもでてきそうな公園で、平和の象徴というか、とてもよい気分になれる公園でした。ともも127さんの口コミ

ハムステッド・ヒース(Hampstead Heath)

ロンドン中心部から北へ地下鉄で20分ほどのハムステッド・ヒース駅周辺はロンドン有数の高級住宅街。昔から作家や詩人が暮らしたことで知られていて、今でも俳優やミュージシャン、作家などが住む落ち着いた雰囲気の中におしゃれなカフェや書店が並ぶ、文化度の高いエリアです。街の後ろに控える広大な公園がハムステッド・ヒース。ヒース(荒野)という名の通り、公園というより自然がそのままの姿で残っているような印象を受ける園内です。

園内には木々に覆われた小径があり、木漏れ日差し込む光景は、なんだかドワーフや妖精がでてきそう。

投稿者:junbug1973

ハムステッドの街自体高台にありますが、園内のパーラメント・ヒル(Parliament Hill)はさらに高台にあり、ここからはロンドンの街が一望できます。

投稿者:Salvatore G

この眺めこそハムステッド・ヒースの最大の魅力。中心部から多少離れていて、周囲も観光地なわけではありませんが、地元の人が愛する街並や公園を歩いてみるのも楽しいものです。 

駅から少し歩きますが、ノーザンラインのハムステッド駅からの道も、近郊の超高級住宅街の家並みを観て歩くのも楽しい。 ハムステッドヒースの丘に登ると、眺望がすばらしく、ビッグベンやロンドンアイを見ることが出来ます。Shayakaさんの口コミ
ここの美術館前の庭は”ノッティングヒルの恋人”の撮影に使用されました。どこか忘れましたが駅から210バスで着きます。帰りは210バスでARCHWAY駅に着きます。美術館は小さいですが、フェルメール1枚とレンブラント数枚あります(山椒の様な美術館)。撮影は出来ませんが、入場料は募金箱になります。nikoniko22さんの口コミ

リージェンツ・パーク(Regent’s Park)

隣のプリムローズ・ヒルと合わせると約2,00万㎡、市内最大の広さを持つ王立公園がリージェンツ・パークです。

投稿者:Stan K

シャーロック・ホームズでおなじみのベイカー・ストリートにもほど近い、ベイカー・ストリート駅、リージェンツ・パーク駅が南側入り口の最寄駅。ロンドン中心部からも便利な立地です。公園を北に向かって散歩して行くと、園内には湿原、湖、牧草地、野外劇場、それに動物園や運河も。緑豊かな園内では野生のハリネズミやサギも観察できるそうです。

投稿者:Temer2

公園の設計も凝っていて、長さ約4.3kmの外周道路と、さらにその内側に内周道路とふたつのサークルがある構造。サークル同士をつなぐ道路以外は歩行者専用になっており、とても歩きやすいんです。

投稿者:Sofia B

公園の一番中心となる部分にクイーン・メアリー・ガーデンが作られており、ここは400種類以上ものバラが咲く庭園として有名です。

投稿者:Dave_from_MN

リージェンツ・パークといえばバラ。バラ鑑賞をめあてにここを訪れる人も少なくありません。

公園の北東側にはロンドン動物園があります。1827年に開園した動物園は、長い歴史を経て、最近では行動展示に力を入れています。

投稿者:Destination_Partners

ロンドン動物園のさらに北側には公園に沿って、運河が流れています。バーミンガムからロンドンのテムズ川までを繋ぐ運河の一部で、リージェンツ運河と呼ばれています。運河には水上バス(船)も通っているので、これに乗ってロンドンの街を探索しても面白そうです。この運河沿いに歩いていくと、ロンドンの代表的な若者の街、カムデン・ロックに着きますよ。 

投稿者:catherine v

園内は大変広いので、セントメリーズのバラ園を見るくらいで終わってしまいました。イギリス人のガーデニングにかける意気込みを感じることができますKKSS723さんの口コミ
6月上旬のバラがたくさん咲く季節に行ってきました。バラの香りがそこらじゅうで漂いたまりません!広すぎて全てはまわりけれませんでした。レジャーシートを持ち込みピクニックしている日本人の方もいましたがピクニックよりはゆっくり花や池を眺めながら歩く方が正解。王室が管理している庭園なのでとても綺麗ですfrom]nekonokoneさんの口コミ[/from]

プリムローズ・ヒル(Primrose Hill)

リージェンツ運河を渡って、さらに北へ向かうと出合う公園がプリムローズ・ヒルです。

投稿者:BritEli

リージェンツ・パークの北側に隣接していて、ヒルという名の通り小高い丘になっています。映画の舞台としてもよく登場するプリムローズ・ヒル。芝生が広がる丘ではたくさんの人が寝転がったり、ピクニックしたりしてくつろいでいます。

投稿者:JPN-JGC-traveler

丘(といっても標高わずか78mですが)のゆるやかな傾斜を上っていくと、頂上からは、眼下にリージェンツ・パークに連なる緑、そして遠くセント・ポール大聖堂、国会議事堂、ロンドン・アイといったロンドン中心部のランドマークを見渡すことができます。この芝生に座ると開放感でいっぱいです。なぜこれほど見晴らしがよいかというと、ロンドンでは景観保全のための規制があり「ロンドン各地にある公園や丘からはセント・ポール大聖堂が見えるようにしなくてはならない」というルールがあるんだとか。そのため、ロンドン市内の公園では大都市でありながら高層ビルに遮られることなく眺めを楽しめるんですね。

投稿者:Kaihawki

プリムローズ・ヒル、リージェンツ・パーク北側の最寄りの駅、チョーク・ファーム駅周辺はおしゃれエリアとしても知られています。カラフルなカップケーキで有名なお店や素敵なカフェが並んでいるので、公園散策の帰りにここで休憩するのもおすすめです。

投稿者:Injama

そしてここはなんと、ブリジットジョーンズの日記2の、オープニングのヒューグラントとレニーゼルヴィガーがデートしてるシーンで登場しました。映画をみていたのでなんだか嬉しい気分になりました。芝生も綺麗なのでお散歩してのんびりと過ごすのがオススメです。davis0413さんの口コミ
アビーロードからカムデンタウンに抜ける時に通った、とても気持ちのよい散歩道でした。どこまでも芝生が続き、散歩をしている人々にまぎれ住人の感覚を堪能しました。途中カフェのような建物も見え、暖かい日なら読書したり、スポーツしたり庭のように過ごせる場所です。ノムラさんの口コミ

いかがでしたでしょうか?ロンドン市内の公園はいずれも交通アクセスがよく、観光の合間にくつろぐのにもぴったりです。ロンドンが一番美しい季節といわれる初夏に、ぜひ公園を訪れてみてくださいね。

この記事に関するタグ

話題の記事