文化遺産×光の競演にうっとり!「京都・東山花灯路」へ出かけよう

京都の春の夜の風物詩、東山花灯路。寺院や寺社をはじめとした文化遺産や街並みを、露地行灯の光で照らし出すイベントです。路地に生まれる陰影や季節の花々が、幻想的な雰囲気を醸し出します。今年は3月8(金)~17日(日)の18時~21時30分に開催。ここでは、ライトアップや特別拝観を行う主な見どころを紹介します。

青蓮院

比叡山延暦寺の三門跡のひとつで、古くから皇室と深い関わりをもつ寺院。「光そのもの」とされる熾盛光如来をご本尊としていることから、毎年春と秋に大小1,000基の照明器具を使用したライトアップと夜の特別拝観を行なっています。なお、今年の春のライトアップは、東山花灯路以外に3月29日~4月7日、4月26日~5月6日にも実施されます。

投稿者:粗挽きコーヒ

投稿者:めぐぞぉ

投稿者:えっつん

毎年春と秋に夜間特別拝観を行っていますが、近年ではプロジェクションマッピングを用いた幻想的な演出がされています。
プロジェクションマッピングにも色々ありますが、青蓮院で行われているものも、ご多分に漏れず既存の建物や庭園に配置してあるものを巧みに取り入れた演出がされており、見るものを飽きさせませんでした。Naoki Fさんの口コミ

京都には 何カ所かライトアップをしている 寺院や城がありますが、 尋ねられたら、先ずここを薦めたい程。 品のよい照明、ほどよい暗さ、 庭園・建物・襖や戸板の絵… 丸提灯の貸出もあるようですね。Tom yさんの口コミ

昼間に見るお寺とは一味違い、夜は静寂に包まれて、ほの暗い庭にぼんやりと浮かび上がる無数の青い小さな光が、幻想的でロマンチックでした。
夜のお寺に行くことはあまりないので、とても貴重な体験だったと思います。
庭を目の前に、広いお座敷でいただく抹茶とお菓子も格別でした。exreplpさんの口コミ

八坂神社

全国に3000以上ある祇園社の総本山。地元では「祇園さん」の名前で親しまれ、縁結びスポットとしても全国的に有名な神社です。夜は東大路通りに面する西楼門のライトアップに加え、108基の灯籠が灯る境内がフォトジェニック。昼には、重要文化財本殿の特別公開も行なわれます。なお、ライトアップ自体は毎晩実施されており、東山花灯路の開催期間中でなくても見られます。

投稿者:nittan

投稿者:daikan6

投稿者:4rmHere2There

3月京都ライトアップイベント花灯炉、素敵でした。
全部歩いていると結構な距離になるので、八坂神社、円山公園、知恩院中心に回りました。
八坂神社の舞台では舞妓さんの奉納舞舞があり、かわいい舞妓さん二人の舞いが見れてラッキー。life405さんの口コミ

この時期に、5日間(基本土日・各日3回)、舞妓さんによる奉納舞踏があるということで早速行ってきました。 なかなか見ることのできない舞妓さんの舞をまじかで見られてよかったです。ニーナさんの口コミ

これからの季節ですと、東山花灯路も八坂さんから
出発してブラブラと歩いていくのがよいかと。
夜、ライトアップされた八坂さんは昼とはまた違う顔が。
夜店もたくさんでているので、小腹が空いたら何か買って
京都の夜のお散歩、楽しんでください♪EZUさんの口コミ

圓徳院

豊臣秀吉の正室・北政所ねねが晩年の19年間を過ごした地に立つお寺。ねねを慕って多くの大名や禅僧、文化人が集まる文化サロンのような役割を担いました。会期中は方丈前庭や伏見城の化粧御殿前庭を移した石組み、国名勝指定の北庭のライトアップを実施。特別拝観として、座禅や写経の無料体験ができる「禅寺体験ことはじめ」も開催しています。

投稿者:Kimitaka S

投稿者:Kimitaka S

投稿者:たぬきおやじ

2ケ所ある庭園の内 南庭は方丈から鑑賞しますが 方丈内で鑑賞ポイントを変えても 景観にさほどの差異を感じないものの 北庭は北書院内で鑑賞ポイントを変えると 景観美に差異が出て来ますので 自分好みの鑑賞ポイントを見つけられることをお薦めします。 私個人としては 北書院の奥に座り 北書院の柱を額縁のようにして鑑賞する北庭の景観が一番気に入りました。たぬきおやじさんの口コミ

ライトアップは初体験だったのもあり、ここは素敵なところだとキュンキュンしました。静かで、それでいて絵本のようなわかりやすい色合いがあたしにあっていたみたい。
素敵な景色の一瞬をありがとうございました。オカコさんさんの口コミ

遅くなって人が少なくなるのを狙って時間ぎりぎりに入りました。これは正解だったように思います。方丈、方丈前の南庭、どちらも貸切でした。長谷川等伯の襖絵も間近でゆっくりと観ることができました。また、池泉回遊式でありながら枯山水の北庭も美しく、柔らかいライトアップで浮かび上がる庭石と樹木のバランスが本当によかったです。きらたろーさんの口コミ

高台寺

豊臣秀吉の没後、正室・北政所ねねが秀吉の菩提寺として建立したお寺。東山花灯路では方丈前庭・波心庭のライトアップに加え、ダイナミックなプロジェクションマッピングの華やかな演出もあり、毎年多くの人で賑わいます。美しく照らされた境内の竹林も必見です。なお、ライトアップや夜間特別拝観はGW最終日となる5月6日まで実施しています。

投稿者:seagullrob

投稿者:美和 阿

投稿者:maja_maka

ライトアップとともにプロジェクションマッピングが行われていて、おもしろい試みだと思いました。本来のお寺のわびさびとはちょっと違うなと思いましたが・・。
明りに映し出された寺の風景は美しかったです。ころりん2005さんの口コミ

ライトアップを春と秋に開催していることが多く、その時に行くと普段の倍以上楽しめます。昨秋に行ったら方丈前庭でプロジェクションマッピングが行われていて素晴らしかったですきらたろーさんの口コミ

春の花灯路の時期に合わせて夜間ライトアップがあります。少し派手すぎる感じもしますが、こういった新しい取り組みを行うお寺さんというのも面白いと思います。pika999さんの口コミ

法観寺

聖徳太子により飛鳥時代に創建された古刹。東山地区のシンボルとして親しまれる高さ46mの五重塔(通称「八坂の塔」)は、平安時代に火災で一度焼失し、室町幕府の第6代将軍・足利義教によって再建されたものです。ライトアップされた姿は遠くからも良く見え、圧巻。少し離れた場所の路地から見ると、露地行灯の光と相まって美しさが際立ちます。

投稿者:Gazelle36

投稿者:Sky490

投稿者:Akira1951Usagi

ちょうど「東山花灯路」が開催中で、ライトアップされた東山を散策しました。夜空に浮かび上がった立ち姿のきれいな八坂の塔が、昼間とは違ったしっとり感があってとても素敵でした。marineblue2016さんの口コミ

夕暮れ時のライトアップされた「八坂の塔」の美しさは、三脚を持ったカメラマンと記念撮影する観光客が通りを埋め尽くすほどでした。
大きな生け花も飾られていて、車イスで来られた方もいらっしゃいましたが、とても楽しまれていました。ダメちゃんさんの口コミ

通常は塔の外側しか見られませんが、3月中旬には特別に塔の中も見ることができました。ちょうどライトアップもやっていて、暗闇に薄く赤く光る塔はとても幻想的で趣がありました。Mitch2001さんの口コミ


清水寺

京都でもっとも参拝客の多い寺院のひとつ。山の斜面にせり出すように立つ「清水の舞台」が良く知られていますが、平成大修理として2020年まで本堂の檜皮屋根葺き替え工事が行われており、周囲を囲む足場でその姿が隠されています。会期中はその足場自体にもライトアップが施され、昼とは全く違う表情に。修繕完了後は見られない、今だけの貴重な姿は必見です。
※掲載写真は修繕開始前に撮影されたものです。

投稿者:英幸朴

投稿者:ダメちゃん

投稿者:asaka19691216

修繕中ということでしたのであまり期待せず入場しましたが、その美しさに圧倒されました。本堂全体が修繕のため足場?+シートで覆われていますが、それ自体がライトアップされ本堂が光のベールで包まれたように見えます。また、出口付近にある池も風がないとライトアップされた木々が池に映し出され、ものすごい奥行きを感じます。nanaw0616さんの口コミ

東山花灯路の期間中、ライトアップされた清水の舞台はとても綺麗で、舞台越しに眺める京都市内の夜景もとても綺麗でした。日中の清水寺とはまた違った雰囲気で、夜の姿もとても素晴らしかったです。limlim77さんの口コミ

清水の舞台など、普段訪れてももちろんいいのですが
もっともオススメしたいのは、東山花灯路の季節です。
毎年3月中旬に実施されるため、桜の時期よりちょっと前で、まだ少し寒いのですが
東山の小道をいくつもの灯籠が灯り、とても風情のある景観になります。
特に清水寺の夜間拝観で見られる、清水の舞台のライトアップは幻想的です。ぴょんちゃんさんの口コミ

開催に合わせ、周辺ではさまざまな企画イベントも実施。八坂神社では「京都五花街“舞妓さんの舞”」の奉納や、三十余人の女性囃子方が奏でる祇園囃子なども行なわれます。各寺院の夜間特別拝観と合わせ、夜の京都を楽しみましょう。ちなみに、大谷祖廟(参道)、大雲院(祇園閣)でもライトアップが行なわれています。

この記事に関するタグ

話題の記事