半日で堪能、プチ熊野古道歩き ― 大門坂〜那智の滝

熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の「熊野三山」へ参詣するための道が世界遺産「熊野古道」。古来から天皇をはじめ庶民まで多くの人々が通り、室町時代には「蟻の熊野詣」といわれるほど列をなしたとか。

とはいえ、実際に全工程を歩くのはかなり大変ですので、中辺路と呼ばれる参詣道のほんの一部、和歌山県の勝浦温泉からも近い大門坂を起点に、熊野那智大社を経て、那智の滝へ至るコースをご紹介したいと思います。

『日本書紀』では、神武天皇が熊野山中で道に迷ったとき、天照大神(アマテラスオオミカミ)の使いとして道案内をしたのが、八咫烏(ヤタガラス)だったと記されています。そのため「熊野三山」の境内では、3本足の八咫烏が随所に見られます。

そんなところにも注目しつつ、山にも木々にも神が棲むといわれる、日本有数のパワースポット「熊野古道」を歩いてみませんか?

vagabond552016さんの投稿写真

大門坂

コースの起点は、和歌山県の勝浦駅からバスで20分の「大門坂」。約2.5km、歩行のみの所要時間は約1時間で、半日で楽しめるお気軽コースです。とはいえ、苔むした石段と杉木立をゆけば、熊野古道の荘厳な雰囲気を存分に感じることができます。

22CHAN135さんの投稿写真

manabeeさんの投稿写真

John Cさんの投稿写真

那智の滝に向かうのに時間があまりないが熊野古道は歩きたい方には好いと思います。手前に駐車場もあるので便利です。歩いて1時間ほどで熊野那智大社の前まで行けるので体力ない方でも大丈夫と思います。ねじやさんの口コミ
熊野古道の中でも比較的アクセスが良く、初心者におすすめということで歩いてみました。紀伊勝浦駅や那智駅からバス利用でもいいし、車の場合は近くの大門坂入口駐車場(無料)に停めて、那智の滝まで1時間ほど苔むした石畳と杉並木の中を熊野古道の雰囲気を情緒たっぷりに味わうことができました。KAZZ88さんの口コミ

大きな石畳の道は、滝の水音が聞こえ、夏でも涼しい雰囲気でした。入口では、平安時代の装束に着替えての写真撮影(有料)もできます。古の雰囲気漂う場所なので、余裕のある方は、ぜひ登ってみて下さい。1mike_nekoさんの口コミ

熊野那智大社

大門坂入口から徒歩約35分で到着。熊野夫須美大神(イザナミノミコト)を主祭神とする「熊野十二所権現」を祀っています。無病息災、長寿などにご利益があるとか。熊野権現造りの朱塗りの建物は、神聖な雰囲気。八咫烏が石に姿を変えたといわれる烏石、樹齢850年の大楠も必見です。

Mark Aさんの投稿写真

black_coffee1948さんの投稿写真

xiuzi1964さんの投稿写真

ドシッとした空気感で沢山のパワーを貰える場所‼️平日だったので、人も少なくてゆっくりさせて頂きました。かあさんにこにこさんの口コミ

熊野那智大社と青岸渡寺の間、社務所の向かえには樹齢800年を越えるという大楠が立っており根元が空洞で祠のようになっている。300円志納すると通り抜けができ、大楠の中から出口を見上げるととても不思議な気持ちなった。black_coffee1948さんの口コミ

那智山青岸渡寺

那智熊野大社のすぐそばにある、西国三十三カ所第1番札所。如意輪観世音を祀る本堂は、1590(天正18)年に豊臣秀吉が再建したもので、桃山時代の特徴が色濃く残っています。那智の滝との調和が美しい朱色の三重の塔が立ち、絶好のフォトスポットです。

xiuzi1964さんの投稿写真

みるくゆさんの投稿写真

Gazelle36さんの投稿写真

熊野三社で仏堂が残ったのはここだけだそうです。那智大社の朱色の建物とは対照的に木の質感残る本堂は重厚な雰囲気です。ご本尊は観音さまで西国三十三所の一番札所。納経して御朱印頂きました。Gazelle36さんの口コミ
ここにきたらなんといっても、那智の滝を背景にした三重塔を見物です。
なんとも絵になる風景でした。ビッグファイブさんの口コミ

如意輪観音様がご本尊です。那智勝浦はマグロの水揚高で有名な場所でもあるせいか、お魚さんの供養塔もあり、お土地柄を感じました。delfinemarikaさんの口コミ

那智大滝

那智山青岸渡寺から歩くこと約15分で到着。熊野那智大社の別宮、飛瀧神社のご神体として、古くから人々の畏敬の念を集めてきました。落差は日本一の133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さは10mの名瀑です。轟音をあげながら水が流れ落ちる姿は圧巻です。

RobertChewさんの投稿写真

mitakentaさんの投稿写真

熊野那智大社とこの那智大滝のコラボ風景は必見、最高です。人生一度は訪れてみる価値はありますね。滝の近くはマイナスイオンMAXで癒されまくりです。KO_blackbassさんの口コミ
滝から落ちる水をいつまでも眺めてても飽きない風景です。水がとても美しく力強いけと静かなパワーがある場所です。かあさんにこにこさんの口コミ

滝見台に上がる途中で延命長寿の湧き水をいただけます。滝の前の神社では、滝の水を入れた小さなボトルをストラップにして延命長寿のお土産として置いていますよ。nanata_pipiさんの口コミ

帰りは、那智大滝から徒歩約5分で最寄りのバス停に行けますが、熊野古道はまだまだ続きます。時間の余裕と脚力に自信がある人は、那智・妙法の山を登り、大雲取・小雲取を越え、小口まで目指してみては。全行程で14.5km、所要8時間30分と一日がかりのロングコースですが、神々の存在を肌で感じる、スピリチュアルな体験ができるはずです。

この記事に関するタグ

話題の記事