サスペンスドラマに出てきそうな日本海の断崖5選

サスペンスドラマのクライマックスではおなじみの、海にせり出した断崖。冬は荒れ狂う波が打ち寄せる日本海の沿岸から、思わず息を呑むビジュアルインパクト満点の断崖絶壁ベスト5を選んでみました。海上から見上げたり、先端から見下ろしたり。写真を撮るのに夢中になってしまうシチュエーションですが、足元には要注意です!!

ヤセの断崖(石川県羽咋郡志賀町)

「立つと身が痩せるような思いをする」というのが、この名の由来。落差35mの断崖からは、岩肌の向こうに日本海を一望することができます。1961(昭和36)年に公開された松本清張原作の映画『ゼロの焦点』の舞台になったこの崖は、「ミステリーのラストシーン断崖」の元祖といえるでしょう。

投稿者:tf895

投稿者:tf895

意外と広いスポットで、岩の下をくぐり海沿いの岩場まで下りれます。 当日は波が強く、そこから繋がる道を歩くことは断念したのですが、夏場少々濡れても大丈夫な時期は子供さんとか喜びそうなスポット。 岩場と岩場を結ぶ橋は風が強い時は、なかなかのスリルです。Dreamer726667さんの口コミ
久しぶりに行ってみました。すぐ近くに15台程度の駐車場があります。そこから歩いて30mぐらい?近いです。 ただし以前は崖の上から顔を出して海面をのぞき込むことができましたが、今はその手前に柵ができて崖の淵まで行くことができません。従って恐怖感?はまったくなく、単なる岩場の観光地です。aloha-mindさんの口コミ

東尋坊(福井県坂井市)

ゴツゴツとした豪快な岩肌の崖が1kmにわたって続く、越前海岸きっての景勝地。国の名勝に指定されています。広範囲に柱状の岩壁が立つのは地質学的に珍しく、世界でも片手で数えるほどしかないのだとか。海が穏やかな日は、遊覧船に乗って崖の真下まで迫ることができます。

投稿者:travelhpinf

投稿者:NataliaTan2014

噂通り大迫力の断崖絶壁でした。どこまでも崖に近づけます。風がある日は注意してくださいね。途中のイカ焼きもとても美味しいです。takayukin74さんの口コミ
とても明るく天気が良かったこともあるせいか、暗いイメージは全くありませんでした。岩場の下の方まで降りることができ、遊覧船で雄島という島を回ることができます。島の鳥居は見上げるところにあり、港の神社だということで船からお参りができました。遊覧船のスタッフが面白くて一見です。又きたいと思いました。Maps753244さんの口コミ

摩天崖(島根県隠岐郡西ノ島町)

日本海に浮かぶ絶海の孤島、隠岐。垂直に切り立つ大絶壁は、海面からの高さが257m。崖の上は牛馬の放牧地となっていて、まさに天上にいるかのような絶景が広がっています。遊歩道を散策しながら、あらゆる高さと角度から崖や海を眺められるのも魅力。アーチ状に穴があいた「通天橋」も必見です。

投稿者:やまあるき

投稿者:Hiroshi-k

投稿者:oranger.03

道中くねくねした道を登るのと、放牧された牛や馬がいたりするので、道に慣れたタクシーを呼んで正解だと思いました。摩天崖頂上で散策するのもいいですが、そのままトレッキングで下まで降りました。経験したことのない景色がありました。日本ではないような、この世ではないような感覚です。とにかく感動します。k-f0001さんの口コミ
1番の観光場所‼️素晴らしい風景と、素晴らしい環境牛の放牧が素敵です海も素晴らしいこんな日本も、有り続けてほしいyotsuba428428さんの口コミ

隠岐知夫赤壁(島根県隠岐郡知夫村)

朱色の岩壁は鉄分を多く含んでいるためで、この世のものと思えない独特の雰囲気。太陽の位置や天気によって赤の色合いが変わります。最大落差は約200mあり、下を覗き込むとスリル満点。隠岐でも最も小さい有人島の知夫島にあり、わざわざ訪れる価値のある奇景が待っています。

投稿者:akira1922

投稿者:koso88

赤ハゲ山から牧場内のくねくね道を延々辿るとかなり下ったつもりでもそこから海に真っ逆さまに切り立った真っ赤な崖があります。それが赤壁です。赤い岩の崖に白い岩が余計に恐ろしさを際立たせています。観光地図に「柵なし落下注意」とありましたが、誰もそこに近づかないでしょう。それほどに切り立っていて足を滑らせたらそれこそ奈落の底へまっしぐら。怖いです。oranger03さんの口コミ
隠岐で一番、本土に近い島ですが、その先の島々と比べこぢんまりとしてて、人口も数百人と穏やかな島です。島をぐるっと散策しているとたどり着けるのが赤壁で、切り立った崖の上に草原が広がり、のんびりと牛が草を食んでいます。天気のいい日には赤壁と海と草原の色のコントラストが綺麗で、草の上に寝転んでいるとあっという間に何時間も過ぎてしまいます。それがまたいい島です。koso88さんの口コミ

須佐ホルンフェルス(山口県萩市)

1400万年前の地殻変動で誕生した断崖絶壁。「ホルンフェルス」とは、マグマの熱を受けて組織が再結晶化した岩石のことで、この断崖には、白や灰、黒などの縞模様がケーキの断面のように構成された美しい層が表れています。高さは約15m。すぐそばで見上げることができます。

投稿者:megumou

投稿者:かずこちゃん

無料の駐車場から海に少し下っていくと縞模様の断崖の下まで行くことが出来ます。風が強いし、土の道を通るので歩きやすい靴で行くと良いです。駐車場からもこの景色が見えますが、そばまで行くとより迫力を感じますよ。megumouさんの口コミ

場所がわかりにくく足場もよくないが、近くまで降りてその景色を見るに値する地層だと思います。1400万年の積み重ねが感じられ感動してしまいます。寒い時より、暖かくなってからのんびりと楽しむのがお勧めです。Nordic8さんの口コミ

ひとくちに「崖」といっても千差万別。海と陸の境目に生まれた絶景は、それぞれに個性的です。でも、荒波がぶつかる瞬間がシャッターチャンス、という点は共通。自分だけのベストショットを狙って、足元に気をつけつつ足を運んでみて下さい。

この記事に関するタグ

話題の記事