世界最高地点の駅で、スイスのダイナミックな自然を目撃せよ!

スイス旅行に欠かせない絶景ポイント、「ユングフラウリージョン」をご存知ですか? ヨーロッパでトップレベルの高さを誇る、ベルナーオーバーラント三山のうちの一つが、ユングフラウです。麓ののどかな村から、岩山を突き進む絶景電車を乗り継ぎ約2時間で、世界一高い場所にある駅「ユングフラウヨッホ駅」に到着します。その高さはなんと富士山とほぼ同じ標高の3454m! 絶景好きにはたまらない、ユングフラウリージョンの歩き方をご紹介します。

麓の街・インターラーケン

チューリッヒ中央駅から2時間弱の距離にあるインターラーケンは、ふたつの湖と山に囲まれた緑豊かな街です。ユングフラウ探検の出発点であり、宿泊施設も充実しています。 ロープウェイから眺めた「プリエンツ湖」。大きさと、澄み切った色は感動的です。

swift314さんの投稿写真

街中からはユングフラウを眺めることができます。

Rashdan Rさんの投稿写真

3山と町を挟む2つの湖が見渡せました。インターラーケンという町の名前の由来、2つの湖の間に挟まれたという意味が確認できます。てぃーぬさんの口コミ
殆どの高山と都市に日帰りで行けて便利でした。外食は高いのでなるべく自炊を心掛け、食材をスーパーで購入し朝晩は手作りで食事を摂り、昼食もサンドイッチ持参を心掛けました。ハイキングも週2,3回出かけ周辺のイタリア、ドイツ、フランスの都市訪問もしてきました。様々なパラセーリング等のアクテビティーも楽しめて絶好の場所でした。DONTUNEさんの口コミ
いざ、ユングフラウの旅のはじまりです!

滝の流れる村・ラウターブルンネン

インターラーケンから山に向かう電車に揺られる事20分で、ラウターブルンネンという村に到着します。断崖絶壁の岩に挟まれた村の、左右を見てびっくり! 何本もの滝が村に向かって垂直に流れているのです。 のどかなラウターブルンネンの村は、滝と共存しているという言葉がぴったりです。

Cyncynkit2さんの投稿写真

高い位置から谷間に向かって勢いよく落ちる滝は、迫力満点。

dtravelerguyさんの投稿写真

崖から流れ落ちる滝はそれらだけではなく名もない滝がいく筋も流れる景色でした。またこの谷底が「氷河によって削られた」ということを思うと、その時間の流れに気が遠くなる思いもしました。自然の力強さと美しさとを感じられるステキなちいさなのどかな町です。n_tkmtさんの口コミ
ユングフラウヨッホに行くため、ここでバスから電車に乗り換えました。単なる乗継場所と思っていましたが、発車してすぐ、聳え立つ崖から流れ落ちる大きな滝が現れてビックリ。牧草が広がる光景と荒々しい崖と滝。ゆっくり見る暇は無かったのですが、この世のものとは思えない光景でした。sezowさんの口コミ
谷の間に村があり、駅や電車の中から大きな滝が見えます。凄い迫力です。ここを基点に、ヴェンゲン・ミューレンやグリンデルワルトの観光ができます。アイガーやユングフラウという世界的な山を抱えるだけでなく、村から大迫力の滝が見られるなんて、何と恵まれた場所なのだろう、と思います。Bonheur01さんの口コミ

トリュンメルバッハの滝

ラウターブルンネンの谷間に向かって流れている滝は、岩の中を通り、崖の表面に姿を表しています。そのうちの一つ、トリュンメルバッハの滝では、エレベーターを使って岩の中に入り、ゴウゴウと音をたてながら流れる水しぶきを浴びることができます。 手すりの向こうは、白いしぶきを挙げる豪流!とても危険です!

JenFromCHIさんの投稿写真

長い年月をかけて削られてきた水の通り道。自然が作り出す美しい形です。

Patricia Bさんの投稿写真

まずエレベーターで6Fにあがり、上に登っていき、それから下におりていきます。水の流れは、激しく、圧倒されます。是非、いってください。やまぽちさんの口コミ
内部は凄まじ轟音、洞窟で暗い為怖いくらいです。気持ちが急いて落ち着いて見学できませんでした。この様な絶壁の滝に観光用のエレベーターを作ってしまうスイスの人、凄すぎます!チーナさんの口コミ

ユングフラウヨッホ

ラウターブルンネンから40分で、「ユングフラウ鉄道」の出発駅があるクライネ・シャイデックに到着することができます。乗換駅としての利用客が多いクライネ・シャイデックですが、既に標高は約2,061m。トレッキングコースなどが多数用意されています。クライネ・シャイデック駅〜ユングフラウヨッホ駅までの移動時間は約50分です。 これから始まる雪山の旅に備えて、多くのスキー客が腹ごしらえのために集まっています。

ぐっ爺さんの投稿写真

赤い車両が可愛い「ユングフラウ鉄道」は、1時間に1本運行しています。

Hans_Sachsさんの投稿写真

絶景列車が出発しました! 急勾配を登るため、スリル満点です。

Athos1947さんの投稿写真

グリーンの丘に青白い岩山。壮大な景色はポストカードのようです。

n_tkmtさんの投稿写真

ユングフラウ鉄道で展望台まで上がりました。グリンデルワルトからのアイガー、メンヒ、ユングフラウの山々を見上げると、もうここに住みたい!と思えることでしょう。展望台からの景色、降ってる途中下車してから街までのハイキング、どれも素晴らしいです。stakeyanさんの口コミ
世界どこを見ても、鉄道で短時間で高山に達するところはここしかないでしょう。3500mまでの鉄道を敷設する原動力とその技術に敬服しました。Kanasiさんの口コミ
終点地の「ユングフラウヨッホ駅」に到着すると、広がるのはヨーロッパトップレベルの絶景。世界最高地点の駅から眺める景色は、氷山の浮かぶ海を見ているような、不思議な感覚になります。

Valmir Aさんの投稿写真

どこまでも続く氷河に、自然の偉大さを噛み締めます。

citfancierさんの投稿写真

展望台からユングフラウ、メンヒ、アレッチ氷河などが見られます。結構中が広いので1時間以上計画しておいてよいかもしれません。ぶぅぶぅさんの口コミ
トップ・オブ・ヨーロッパというくらいですので、とても標高が高く、高山病になる人が続出でした。気分が悪くなったり、足に力が入らずその場で倒れてしまう人など…。もちろん、救護室はありますので心配ありませんが、やはり健康体で思いっきりその迫力を楽しみたいですよね。Tomomi_itoさんの口コミ

ユングフラウ

バブル評価 5 段階中 4.5
20位:ベルナーオーバーラントの観光スポット116件中

シルトホルン展望台

ユングフラウを少し離れた場所から眺めたいという方におすすめなのは、ラウターブルネンからロープウェイで向かう、「シルトホルン展望台」です。ユングフラウ、アイガー、メンヒで構成されるベルナーオーバーラント三山と、そのほか200以上の峰々が連なるパノラマビューに圧倒されます。「ピッツ・グロリア』というレストランも併設されているので、絶景を見ながらのランチを楽しむことができます。 360度を見渡せる展望台です。デッキに出ることもできます。

Shirley Sさんの投稿写真

標高 2970mから眺めるベルナーオーバーラント三山の迫力は満点です。

Rachel Lさんの投稿写真

シュッテヘルベルグからロープウエイに乗って素晴らしい景色を見ながら30分余、こんなに簡単に海抜3000㍍の展望台に到着出来るのにびっくり!rupanさんの口コミ
ロープウェイからの絶景は素晴らしく、大歓声が上がりました。山頂では雲一つない快晴で遠くモンブランやアイガーが眺められました!ふもとの町は黄金の紅葉で、山には雪、真っ青な空と、この季節は天気が良ければ、最高と思います!DiscoverJapanさんの口コミ
ミューレンの駅からミューレンの集落を15分ほど歩くとシルトホルンへの展望台に行くロープウェー乗り場に着きます。30分おきに出ているようですが、客が多いと臨時便が出るようです。kunyuさんの口コミ
スイスでは、チューリッヒのようなお洒落な町並みと、簡単には踏み入ることの出来ないスケールの自然の、どちらをも満喫することができます。来年の旅行を計画する際には、ダイナミックな自然に会いに、ユングフラウを訪れてみてはいかがでしょうか。 旅のありがとうを伝えたい トリップアドバイザー

この記事に関するタグ

話題の記事