ひんやりさっぱり!この夏に行きたい東北の屋内レジャースポット

記録的な猛暑となった2019年夏。しかし、そんな夏だからこそ楽しめる施設も数多くあります。今回は、夏でも楽しめる東北の屋内レジャースポットをピックアップしました。子どもから大人まで楽しめるミュージアムから、その土地にゆかりのある記念館まで。外の暑さを思わず忘れてしまうような、感動・興奮体験でこの夏を締めくくりましょう。

青函トンネル記念館(青森県外ヶ浜町)

北海道と青森間を繋ぐ青函トンネルの開通工事は、24年間にわたり行われた壮大なプロジェクト。青函トンネル記念館では、開通工事の当時の状況を伝えています。展示ホールの資料と立体モデル、映像で理解を深めた後は、「体験坑道」ツアーに是非参加を。作業員の移動や物資の輸送に利用されたケーブルカー「青函トンネル竜飛斜坑線もぐら号」に乗り、現場の様子を再現した地下へ。実際に使用された機器が並んだ海底下140mの世界は、臨場感たっぷりです。

投稿者:kimama1h

投稿者:torukyu

投稿者:bourbon54

工事着工から完成まででも、24年間です。青函トンネルは本当に大変な工事だったのだと感心させられる。人間が長い年月と英知を集めて完成した青函トンネルの歴史をじっくりと勉強するのもいいでしょう。shaang1226さんの口コミ
入館料400円に対し、体験坑道は1000円で躊躇してしまうのですが、体験坑道とのセット券をおすすめします。実際に作業員の移動などで使われていた竜飛斜坑線に乗って、暗い地下の奥まで向かい、おもしろいです。坑道の駅に到着したら、あとは古い音声ガイドが流れるのみであまりパッとしませんが、音声の内容自体は興味深かったです。一度に体験できる人数が限られているので、連休などに行かれる場合は、乗りたい時間より少し早めに行ってチケットを買った方がよいです。Syunsuke Mさんの口コミ

秋田ふるさと村(秋田県横手市)

野外彫刻が点在する、面積16haの広大な広場。東北最大級のプラネタリウムやトリックアートなどの遊べる施設から、秋田名物の「稲庭うどん」や「横手やきそば」が食べられる飲食店、秋田の工芸品が揃う工芸展示館まで、バラエティに富んだ施設がズラリ。特に、1万点以上が揃っている、秋田県内最大のお土産売り場は見て回るだけでも十分楽しめます。全施設が渡り廊下で繋がっているので、雨の日も安心ですね。

投稿者:mumumu66

投稿者:hataoke

投稿者:mameshiba-puppu

小さな子から大人まで遊んで、体験して、見て、食べて、買い物して…すべてがここでできます。アスレチックや遊具は室内にも外にもありますし、体験コーナーはキーホルダー、お箸、キャンドルなどなどたくさん種類があります。半日いましたが、まだ娘は遊びたいといっておりました。pikamikapさんの口コミ
広大なスペースにぎゅっと秋田が詰まったまさしくふるさと村でした。いろいろなお土産が買えるのはもちろん、横手焼そばに稲庭うどん、十文字ラーメン等、食べてみたいもの一度は食べたい秋田の味が揃っていて、迷いに迷った挙句稲庭うどんを食べました。のどごしつるんでおいしかったです。kanpachi840さんの口コミ

男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市)

映画『釣りバカ日誌』のロケ現場としても利用され、話題となった水族館。秋田県・男鹿半島の海を再現した高さ8mの巨大な水槽には、秋田の魚の代名詞・ハタハタやマダイ、アオウミガメなど秋田の海の生き物がおよそ40種、2000匹! 悠々と泳ぐ姿を間近で観察できますよ。そのほか、子供に人気のホッキョクグマや愛嬌いっぱいのアザラシなどもいます。

投稿者:サッキー330

投稿者:サッキー330

投稿者:Tidak-Apa-Apa

男鹿の海の大水槽からはじまり、秋田の森と川の魚コーナー、そしてシロクマや、アザラシ、ペンギン、アシカなど、見応えがありました!!特にシロクマやアザラシは愛嬌があってかわいかったです。期待以上のものはあったように思います。さめさまさんの口コミ
この施設の人気者は何と云ってもホッキョクグマの「豪太」くん、体は大きいが愛嬌十分のパフォーマンスを見せてくれます。ここは男鹿の海域に生息する40種前後、2000匹もの生物を展示する海水水槽、ハタハタの展示、秋田県の河川コーナー等、地元に根差した展示が中心。入場料は1100円。お遍路さん京都市さんの口コミ

宮沢賢治童話村(岩手県花巻市)

詩人・童話作家だけでなく、農学者や宗教家としての側面を持つ宮沢賢治。『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』など、彼の思想を体現した数々の作品とその生涯を学びながら、彼の造語である「イーハトーブ」(理想郷)の世界を感じることができます。メイン施設の「賢治の学校」などの屋内展示に加えて、周辺の森も魅力的。宮沢賢治生誕120周年記念の2016(平成28)年から開催されている人気イベント「童話村のライトアップ2018」では、自然の中でさまざまな色に輝くステンドグラスが作り上げる幻想的な世界観に魅了されること間違いなし。

投稿者:しちー

投稿者:しちー

投稿者:のり君

宮沢賢治さんの作品について楽習できる施設です。賢治の学校では、作品の中に入り、その世界観に浸れます。賢治の教室では、一つ一つの部屋が星や花や鉱石などのテーマに分かれていて、それぞれの解説と宮沢賢治さんの作品の中にどの様に出てくるのかが展示されています。実は宮沢賢治さんの作品は、あまり読んだことがなかったのですが、知識がなくても、十分楽しめました。Noa_windさんの口コミ
童話村というだけあって、宮沢賢治の世界観が溢れ、特に賢治の学校はインスタ映えです!入館料350円以上の価値があることをお約束します。送迎バスがありましたが、かなりレトロなデザインで乗った際にはテンションが上がりそうです。Noa_windさんの口コミ

アクアマリンふくしま(福島県いわき市)

南から北上する黒潮と北から南下する親潮が出会う「潮目」の場所である、福島県沖の海をテーマにした水族館です。黒潮流域を泳ぎ回るカツオやイワシが同居する「黒潮水槽」と、サンマやハゼ類のドンコが潜む福島沿岸の海をイメージした「親潮水槽」は、この水族館ならではの展示で、潮目の海を象徴しています。家族連れなら、釣り体験や、海辺の自然を再現した広さ4500㎡の「蛇の目ビーチ」で潮干狩りをしたり、ナマコを観察するのもオススメです。

投稿者:keha k

投稿者:Yuji F

投稿者:Inoue T

環境水族館の名の通り、湿地や川から海に繋がり一つの環境としての展示が見事です。派手なショーはありませんが、釣った魚を食べられたり、夏は浅瀬を模したビーチで遊んだりと小さな子供でも安心して水遊びさせられるのもいいですね。ただし、目の前にイオンモールいわき小名浜がオープンした関係で平日でも駐車場は混雑しています。naga_chan2001さんの口コミ
トドやあざらしのエサやりを説明を交えてしてくれたのが面白かった。見たことのない深海魚がレア度で組み分けされていたり、化石があったり、大人向けの水族館という感じ。とはいえファミリーも多くて、休日を過ごすのにステキな場所だと思います。chitomodeさんの口コミ
水に住む生き物が好きな人は、子供から科学者まで楽しめる。鑑賞するだけでなく、海のこと、水の生物のことを体験できる。ここには海洋生物などの研究員もおり、直接話を聞くこともできる。子どもの頃になんとなくシーラカンスに興味を持っていたため、ここで展示を観ることができて嬉しかった。MANAQ2015さんの口コミ

あぶくま洞(福島県田村市)

8000万年という莫大な時の中で自然が作り出した鍾乳洞です。ここで入れるのは「あぶくま洞」と「入水鍾乳洞」の2つ。あぶくま洞内は、ライトアップされた幻想的な空間が広がります。洞内最大の空間である天井高29mの「滝根御伝」や、舞台演出用の調光システムを導入した「月の世界」は必見です。本格的な洞窟探検をしたい方は、入水鍾乳洞へ。懐中電灯の灯りを頼りに鍾乳洞の隙間をくぐったり、四つん這いになりながら進みます。膝まで水に浸かる箇所もあるので、着替えを準備して臨みましょう。

投稿者:ねもちゅう

投稿者:Seiko H

投稿者:dbh-user

大人1,200円(近隣の観光施設などで配布している割引券があれば1,000円)、小学生600円(同500円)の入場料を支払って入洞すると、まず驚くのは、その涼しさ。年間を通して約15℃とほぼ一定のようで、外気温が30℃越えの真夏日でも、冷房が苦手な女性などは、一枚羽織るものがあった方が良いほどの冷涼感。サムライ魂さんの口コミ
+200円の探検コースがおすすめです。酷暑の夏でも、洞窟内は涼しいですから、ゆっくり回れる時にどうぞ。流れる水は冷たく、幻想的な雰囲気もあり、それぞれの楽しみ方で回ってみましょう。かなり狭いところもあるので、長袖としっかりしたシューズで。まめのははさんの口コミ

加茂水族館(山形県鶴岡市)

クラゲの展示種類では世界一を誇る水族館。その数、およそ50種類以上。「クラゲドリームシアター」にある直径5mの水槽には、およそ2000匹のミズクラゲが優雅に浮遊しており、心が癒されます。展示だけでなく、クラゲを使った「クラゲアイス」や「クラゲラーメン」など、食事やお土産にもこだわりが。ウミネコの餌やりショーや水槽の前での宿泊体験など、珍しい体験をすることもできますよ。

投稿者:Michael O

投稿者:Michael O

投稿者:ynforest

「クラゲドリーム館」を標榜するだけあって、クラゲの種類の多さと、美しい光のあて方には感激である。背後に崖を控える典型的な漁港的立地ゆえ建物は大きくなく、駐車場も狭いので、できるだけ客が少なそうな時期時間に行くのが良いと思う。クラゲだけを目的に訪れても失望することはない水族館だ。alan_flusserさんの口コミ
あしかとあざらしが飼育されており、毎日園内のプールでショウが行われています。こちらの方が子供には人気があるようです。それ以外に、付近の海岸にいるウミネコの餌付けも人気でした。海に山が迫っている地形なので、駐車場は海沿いの限られた場所になります。artnekoさんの口コミ

感覚ミュージアム(宮城県大崎市)

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚といった「五感」をテーマにした体験型ミュージアム。視覚を奪われた状態でオブジェの形を感じ取る「闇の森」や、樹林に見立てた円柱に顔を入れると自然の音や香りを感じられる「香りの森」など、五感を奪われたり、逆に研ぎ澄まされるような体験をすることができます。事前の予約で参加できる紅茶教室や手作りアロマソープなどのワークショップもあるので、出かける前にチェックしていきましょう。

投稿者:千葉義弘

投稿者:kojim118

投稿者:kojim118

感覚ミュージアム?どんなところと思いますが、視覚、嗅覚、聴覚、触覚、あとは・・・をテーマした施設です。なんとも不思議な感覚になります。知人は疲れた時に行くとのんびりできて疲れが取れると言っています。どんな施設なのかは行った人だけがその雰囲気を感じられる感覚ミュージアムです。a4redさんの口コミ
夏休みの三連休期間という事もあり、人は多く、混んでいてパスした展示もいくつかあります。それでも大人でも、それなりに楽しめたと思います。閑散期にのんびり来館できたら、もっと印象が強く残りそうですね。いずれにしても入館料500円は、良心的です。千葉義弘さんの口コミ

仙台万華鏡美術館(宮城県仙台市)

貴重なアンティーク作品から現在活躍している作家の作品まで、趣の異なる万華鏡を展示する、世界初の万華鏡美術館。2階の展示室には、実際に見て触ることができる作品が揃い、なかには購入できるものも。日本を代表する陶芸家、辻輝子の陶器万華鏡は、是非一度見ておきたいですね。1階の体験コーナーでは、万華鏡が手作りできます。ビーズを入れただけで作れる簡単なものから、大人向けの少し凝ったものまでありますよ。

投稿者:CrystalRadiance

投稿者:CrystalRadiance

投稿者:CrystalRadiance

秋保街道の秋保温泉郷の入口にあるのですぐに見つけることができます。万華鏡の仕組みが模型を手に取ってわかりやすく理解出来るよう工夫されています。展示品の多くが実際に覗くことが出来て、次々と見ているとちょっと頭がクラクラとしてきます。乗り物酔いし易い方は要注意、休み休み見ましょう。テナーさんの口コミ
ホームページに10%割引のクーポンがあったので、入館料は810円になりました。別料金はかかりますが、万華鏡の手作り体験もできます。kasumi453さんの口コミ

雨の日などでも天気を気にせずに出かけられる点も、屋内スポットの魅力です。暑さが厳しい今年の夏も、屋内施設であれば安全に充実した時間を過ごせそうですね。予約必須のイベントもあるので、お出かけ前に是非チェックしてくださいね。

この記事に関するタグ

話題の記事