今川焼きか大判焼きか? 呼び名の違うアノおやつの名店ガイド

たっぷりのあんこやクリームが入っていて、小腹がすいたときにちょうどいい、ニッポンのおやつの代表格…。縁日や旅先でも見かけることの多い“アノおやつ”は、関東では“大判焼き”、“今川焼”、関西や九州では、“回転焼き”など呼ばるほか、“太閤焼き”、“大砲焼き”、“人工衛星饅頭”、“ホームラン焼き”、などなど、全国各地で様々な呼び名を持っています。100円前後で買える手軽さからも、まさに庶民派スイーツと言えるでしょう。

本格化な寒さが到来した今、旅先で温かいスイーツに巡り会えたら、とても嬉しいですね。今回は、日本各地の“アノおやつ”専門店を、呼び名と一緒にご紹介!

大判焼き(北海道)

北海道帯広市にある、昭和29年創業の「高橋まんじゅう屋」では、自家製餡入りと、チーズ入りの“大判焼き”(100円※税込)が大人気。地元の人からは店名を略した「たかまん」という愛称でも親しまれ、休日には人の出入りが止むことがないそうです。チーズ入りには焼き印が押されているので、お土産として持ち帰った際に餡入りとの見分けがつきやすそうですね。

akichonsさんの投稿写真

手頃な価格で何だか暖かくなる懐かしい味。無性に食べたくなる。オススメはチーズ大判焼き。冬に良い。旅好きNANANAさんの口コミ
あんとちーず入りがあります。他には肉まんや蒸しパンなど、飛ぶように売れてます。夏はかき氷に、ソフトクリームも美味しいです。tonton2015さんの口コミ

今川焼(千葉県)

千葉県銚子市、飯沼観音の裏手にある「さのや今川焼店」。“今川焼”(130円※税込)は、ぱりっと香ばしく焼き上げた薄皮に、これでもかという量のあんこが詰まっているため、通常の今川焼よりも重量があります。種類は黒あんと白あんの二種類ありますが、どちらも皮が硬くなる前にその場でほおばるのが地元流。イートインスペースがあるので、銚子観光で一息つきたいときにおすすめです。

sparkling333さんの投稿写真

kaenppさんの投稿写真

今川焼には黒あんと白あんがあり,両者とも美味しい.黒あんはかなり甘いので,疲れたときに食べるのがオススメ.053279hさんの口コミ
地元の人気店で、いつも行列ができています。昭和レトロなお店でかぶりつく焼き立ての今川焼は、郷愁のお味です。深夜特急さんの口コミ

じまん焼き(長野県)

長野県上田市の「富士アイス」。休日はもちろん平日の夕方にも、お手頃で温かい“じまん焼き”(80円※税込)を求めに地元民が行列を作っています。店名に含まれる「富士山」が、日本一を「自慢している」ことから、じまん焼きという名前をつけたそうです。赤いのれんの下に見える調理場は縁日の露店を連想させ、懐かしい気分を味わうことができます。皮とあんのバランスが丁度良く、食べている途中で皮が破ける心配はありません。あんことクリームの二種類から選べるじまん焼きは、地元の手土産の定番商品だそうです。

Ararechan14さんの投稿写真

natumaeさんの投稿写真

natumaeさんの投稿写真

いつも行列ができています。上戸彩ちゃんが絶賛しているらしいです。消費税が上がっても、値上げなしの80円なのがうれしい。tomoatsuさんの口コミ
柔らかほわほわの生地は薄めで中身と絶妙なバランス。あんこもカスタードも上品な甘さ。Ararechan14さんの口コミ

黄金焼(青森県)

弘前城の近くにある「川越黄金焼店」は、黄金焼一筋で創業120年。牛乳と卵不使用のもっちりとした黄金焼を、破格の50円(※税込)で食べることができます。他の地域との違いは、中身が白あんに限定されているところ。丁寧に裏ごしされたクリーミーな餡が、地元の人たちに大人気です。

oriondriftさんの投稿写真

oriondriftさんの投稿写真

ずっと50円のままだそうです。道に面したところでおばちゃんが(おばちゃんしか見たことがない)焼いている。ちょっとくたっとした皮に甘すぎない餡が包まれている。oriondriftさんの口コミ
弘前のローカル和菓子の黄金焼。今川焼に似ていますが卵、牛乳は未使用で餡は白あんです。弘前城近くにある川越黄金焼き店は歴史あるお店で、通りかかった際に行列ができていて並んで買いました。Dallmayrさんの口コミ

蜂楽饅頭(福岡県)

蜂蜜のマイルドな甘さとボリューム感がヤミツキ! クオリティに定評のある“蜂楽饅頭”は、黒あんと白あんから選べて、価格は100円(※税込)。福岡県内に複数の店舗があり、でファンの間では、「黒派? 白派?」という会話が繰り広げられるそうです。福岡市民にとってはとても身近な存在で、いつでも行列の絶えない人気店です。

ETflyerさんの投稿写真

ここにゃんhappyさんの投稿写真

福岡で知らない人はいない、といっても過言ではないくらいの回転焼き屋さんです。黒あん、白あん、そして微妙に薄くておいしい皮、書いていても食べたくなります。でいじいさんの口コミ
関東でいう今川焼きなのですが、こちらのは店名にもあるように蜂蜜が入っています。知人のおすすめで初めて食べたとき美味しくて感動しました。小豆と白あんがあって、通常小豆派の私でも断然白あんがおすすめです。cyuraumiさんの口コミ

御座候(兵庫県)

“御座候”(ござそうろう)は、兵庫県姫路市の食品加工会社が“回転焼き”のネーミングを“御座候”としたことから広まった名前です。焼きたての御座候が食べられる店舗は、関西圏はもちろん、東海地方や関東地方にも多く展開されています。赤あんと白あん(各85円※税込)の2種類があり、ほどよい甘さで、街歩きやデパ地下巡りをする老若男女に大人気。

masayo oさんの投稿写真

masayo oさんの投稿写真

人気があって行列が出来ている事も多いお店。80円で白あんと赤あん(黒あん)があります。甘過ぎないあんこが美味しい。masayo oさんの口コミ
デパ地下で、迷わず購入できるスイーツはここ。とにかく、安くて、安定したおいしさについ5個購入してしまいます。かずGさんの口コミ

今回のリサーチでは、口コミ投稿者が、自分の街の“○○焼き”を誇りに思っていることがうかがえました。地域の人たちに愛され続ける、HOTでほっとするジャパニーズソウルフードを、旅先でもぜひご賞味あれ。

 

旅のありがとうを伝えたい トリップアドバイザー

この記事に関するタグ

話題の記事