穴があったら入りたい人へ! 無数の横穴が思わず目を引く岩壁7選

壁に穴が開いているのを見つけたら、無性に覗きたくなるのはなぜでしょう? 小さな穴だけでなく、洞窟のような大きな穴も、中に何があるのか気になりますよね。今回ご紹介するのは、崖や丘にぽっかり穴が開いている不思議なスポットです。写真で見てもかなりのインパクトですが、実際はもっと迫力がありますよ!

本記事で紹介されているスポットは、下記の「旅リスト」にまとめられており、地図や一覧で簡単に確認できます。

旅リストを見る >>

吉見百穴(埼玉県吉見町)

埼玉県中部の吉見町にあるのは、219基の横穴が壮観な吉見百穴です。これらは6~7世紀頃の古墳時代後期に作られた「横穴墓(おうけつぼ)」と呼ばれる昔のお墓。これほどの数が残っているのは国内でも珍しいのだとか。第二次世界大戦の際には、地下軍需工場として使われたこともあります。

投稿者:ステイタス

投稿者:ktari3

投稿者:akashi-rokuro

古墳時代の横穴墓群で、国内最大規模のものです。読み方は「ひゃっけつ」でも正解ですが、地元の人は「ひゃくあな」と呼びます。入場料300円かかりますが駐車場は無料なので、近くを通る事があれば、1度行ってみてはいかがでしょう。yuzonobyoさんの口コミ
東武東上線東松山駅、若しくはJR鴻巣駅よりバスが走っています。
入場料は300円ですが入ると全景が意外と見づらく、広く整備された駐車場からのほうがよく見えるのでバスでアクセスした場合は一度駐車場から見ることをおすすめします。HiroshiM02さんの口コミ
売店のおじさんが面白おかしく歴史をお話してくれますよ!
聞いてみる価値有り!
てっぺんまで登って降りては、結構体力使います!mayu_team26さんの口コミ

大村横穴群(熊本県人吉市)

JR人吉駅の裏手に広がる断崖に、東西約550mにわたって続く横穴群です。穴の数は全部で27基。穴の周囲には幾何学模様や動物などの彫刻が施されています。前述の吉見百穴同様、古墳時代後期のものだと考えられています。1921(大正10)年には国指定史跡になりました。

投稿者:踊り子

投稿者:iriishin

投稿者:userad

JR人吉駅から正面口ではなく連絡通路を渡って北口真正面の断崖絶壁に作られた横穴式古墳です。
駅のホームからも綺麗に彫り込まれた石室を見ることが出来ます。
崖の中腹に横穴式の古墳が東西に分かれて27基発見されています。
JRの乗り継ぎ待ちで時間で見学することが出来ます。keninsydneyさんの口コミ
遺跡の前に説明板があり、横穴の構造や、模様の意味などについて解説されています。
車や人の通りもまばらで街に近いのにひっそりしているので、静かに古代世界への想像力を膨らませるのに最適です。小さいながらも駐車場もあります。Shin Mさんの口コミ
人吉駅の裏手にあります。高さ30m程の垂直な崖に横穴があり、これは約1400年前の7世紀初めに造られた古代人の墓群らしい。へぇ~、という感じ。無料駐車場があり、見学は自由。yukyuno_tabibitoさんの口コミ

長岡百穴古墳(栃木県宇都宮市)

52基の穴が残る横穴式の古墳です。目の前には畑が広がっていて、のどかな雰囲気が漂います。長岡百穴古墳ができたのは7世紀前半頃。当時は扉石が置かれていたと推察されています。また、ほぼすべての穴の中には、地蔵菩薩像や馬頭観音像が彫られていますが、これらは室町時代から江戸時代にかけて作られたものです。

投稿者:KKida

投稿者:Masafumi ueta

投稿者:sam m

家族でドライブで訪れました。目に入った不思議な景観に驚きました。横穴式の古墳が52個あり、石室の奥に観音様が彫られています。Venture742824さんの口コミ
近くには宇都宮美術館などもあるので、そちらを訪れる途中にでも寄られてみてはいかがでしょうか。宇都宮環状道路わきにあり、車を止めて実際に見ることができます。短時間で見学できますので、一度訪れてみてください。kazuhikobucciさんの口コミ
「なんだこりゃ」と思い、側道に車を止めました
巨大な生物の巣かと、中から未知の生物が飛び出てきそう
何か想像を搔き立てます
何かを祀った祠とか穴の中の石像とかが
昔からの人の営みに反映した遺跡に行き着きますmajika2016さんの口コミ

虫喰岩(和歌山県古座川町)

和歌山県南東部にある虫喰岩は幅約80m、高さ約30mの岩肌に無数の穴が開いているのが特徴。虫に食われたわけではなく、風雨に浸食されてこのような形状になりました。岩の上部には小屋のようなものが設置されています。かつてここには観音様が安置されていて、自由にお参りできましたが、地上に遷されたのを機に立ち入りできないようになったそうです。

投稿者:みとなっとう

投稿者:yokomaku_toshinori

投稿者:みとなっとう

和歌山県の南部にある古座川と串本周辺には、約1500万年前にできたとされる熊野カルデラの地下岩脈の一部が、風化・浸食されてできた奇岩が沢山認められます。ここ高池の「虫喰岩」はその一つで国の天然記念物に指定されています。気の遠くなる程の長い間に、この岩は風雨に浸食されて、虫に喰われたかのような無数の穴が刻まれています。yokomaku_toshinoriさんの口コミ
長い間に侵食された奇岩。断崖絶壁のような景色の凄さとは違って、なんでこういうことが起こるんだろうと不思議になります。
きちんと解説のパネルもありました。
他では見ることができないので、地学が好きだった人にオススメしたいです。Keeeeenchさんの口コミ
高速を降りると海沿いを1時間ほど走り、古座川を少し上った227号線沿いに虫喰岩がある。
道の駅が向かいにあるので駐車場には困らない。岩は無数に穴が開いており誰が名づけてもこの名前になるだろう。rv125さんの口コミ

柏谷横穴群(静岡県函南町)

もともとは東西600m、南北250mにおよそ300基の横穴墓があったとされる柏谷横穴群。現在見学できるのは、その中でも比較的保存状態のよい北側にある横穴です。すぐそばで見ることが可能で、穴の大きさなどをリアルに体感できるでしょう。周辺は柏谷公園として整備されていて、市民の憩いの場になっています。

投稿者:KAZZ88

投稿者:chamama11531

投稿者:chamama11531

住宅地の中にある大きな公園、柏谷公園の一角に不思議な横穴が並んでいます。古墳時代後期のお墓だそうで、北伊豆では最古の横穴群だそうです。横穴には自由に入れたりします。
伊豆の観光ルートから外れているため、訪れる観光客は多くないと思いますが、なかなか不思議な、というかシュールな光景です。KAZZ88さんの口コミ
場所は函南町にある柏谷公園の一番奥側にあります。駐車場は横穴群の近くにあり歩いて直ぐに見渡せれます。
山の傾斜地を使い約1300年前頃に横穴墓と利用されていた様です。ski699さんの口コミ
ちゃんとした工具も無い頃に岩に穴をこれほど掘ったとは驚きです。その穴を見ながら休めるベンチやテーブルが水連の池の前に有ります。横には芝生広場があり桜の木で囲まれています。いろいろな想いを巡らせながら時を過ごせる素晴らしい公園です。駐車場もトイレも有り無料です。歴史を感じる素晴らしい公園です。GotoM14さんの口コミ

十五郎穴横穴墓群(茨城県ひたちなか市)

ひたちなか市を流れる本郷川流域にある横穴墓群です。古墳時代後期から奈良時代にかけて作られたものとされています。約40年前に行われた発掘調査の際には人骨のほか、勾玉や須恵器(陶質土器)といった副葬品も発見されました。「十五郎穴」という名前は、日本三大仇討のひとつといわれる「曾我兄弟の仇討」の曽我十郎と曽我五郎が隠れていたという言い伝えによるものです。

投稿者:akashi-rokuro

投稿者:Shrugea

投稿者:ポチちゃん

十五郎穴横穴古墳群は、虎塚古墳がある指渋地区、虎塚古墳2号墳がある館出地区、笠谷古墳がある笠谷地区の3つの地区に広がる横穴古墳群のことで、総数は500基を越えると推測されています。
現在整備されていて公開されているのは、館出地区の横穴古墳です。
埼玉県の吉見百穴は有料ですが、ここは無料で見学することが出来ます。akashi-rokuroさんの口コミ
古墳時代後期から奈良時代の横穴墓。太刀や勾玉、須恵器などが出土していて
近くの埋蔵文化財調査センターに展示してありました。
曾我兄弟の十郎・五郎がこの地まで逃れ隠れ住んだという伝説があり「十五郎穴」
と呼ばれるそうです。ne512さんの口コミ
マムシの季節(春~秋)は注意が必要、但し不用意に石を動かしたり、窪みに手を入れたりの行動が無ければ、必要以上に恐れる必要はなし。aoakggさんの口コミ

滝尾百穴(大分県大分市)

公立中学校のグラウンドに面した崖にあるのが滝尾百穴です。現在は大小75の穴が残されているのみですが、かつては入口を塞いでいた石蓋や、羨道(せんどう)と呼ばれる内部通路もあったのではと推測されています。中学校の敷地内にあるため、見学希望の際は一声かけてから入るようにしましょう。

投稿者:miyama1643

投稿者:ペガサスあい

投稿者:miyama1643

大分市の滝尾中学校のグラウンドの壁面に無数に穴が開いている珍しい光景です。
中学校の敷地内なので、ちょっとはいりづらいかもしれません。
フェンス越しに見ることもできますが、中に入ってみている人もいます。shino26leonさんの口コミ
古墳時代後期後半(6世紀)を中心に造られた集団横穴群墓で、全部で84個とか
視認できるのは、60個くらいで、多数の穴は、中に被葬者を安置するための横穴式の墓。
おおきさは、入り口が1m四方のものから丸く2から3mのもの、かたちは、
正方形、長方形のものがあり、天井の形状もドーム状、かまぼこ状、鴨居のような妻入り家形、寄せ棟形等がある。miyama1643さんの口コミ
滝尾百穴は古墳時代に造られた墳墓で、横穴式であるため無数の穴が崖に開いています。穴は石蓋でとじられていたそうですが、過去に盗掘か何かで開けられてしまい今のようになってしまったそうです。Ambassador806026さんの口コミ


古いものでは1500年前に作られたという横穴墓。穴の中をじっと覗いて、古代の人たちに思いを馳せるのもいいかもしれませんね。

旅リストを見る >>

この記事に関するタグ

話題の記事