四季折々の美しさ! 冬こそ行きたい北海道の絶景スポット6選

圧倒的スケールの大自然が魅力の北海道。夏と冬では全く違う印象を与えるスポットも数多く存在します。今回は、一度見ただけでは終わらず、季節を変えて何度も訪れたい絶景スポットをピックアップしてみました。ほとんどが公共交通機関を使って行けるので、免許がない方も大丈夫。高緯度ならではの動植物の分布や、本州にないダイナミックな景観を満喫しに出かけてみませんか。

メルヘンの丘(大空町)

女満別空港から網走バス「網走バスターミナル」行きで約10分の「昭和第2」バス停からすぐ。黒澤明監督の映画『夢』のロケ地になったことで知られる、美しい丘が望めます。広々とした畑に囲まれて整然とカラマツの木が並び、春は新緑、夏は白いジャガイモの花、秋は黄金色の小麦と、四季折々の絶景が見られます。冬の名物である流氷の鑑賞スポットからも近いので、前後に立ち寄ってみてはいかが。

投稿者:momopu-

投稿者:柴犬クッキー

投稿者:ずんだれ

大空町の国道39号線沿いにある観光スポットです。写真スポットとしても有名です。カレンダーの画像にも使われるきれいな景色は四季それぞれ異なった表情を見せてくれます。シーズン毎に行きたくなるそんな場所です。 starlight-mappyさんの口コミ
田園風景の中にたたずむ7本のカラマツ。 ただそれだけなので、いく季節や時間によって全く見え方が違うと思う。 晴れている日の夕景をバックにしたらさぞロマンチックかと。 行ったときは7月。青空の下も綺麗でした。 道の駅メルヘンの丘から近いとはいえ、目の前ではないので ここまで車で来た方が歩くより早いし疲れないと思います。Chocolatlemonさんの口コミ
女満別空港から網走方面に向かう左側にビューポイントの駐車場があります。メルヘンの丘の看板に四季の写真もあり、北海道らしい風景です。天気も良く透き通る青空ときれいな畑、ぜひ立ち寄ってほしい。 Go805057さんの口コミ

青い池(美瑛町)

白金温泉から約2.5km北西に位置する人造池。鉱物を含んだ山の伏流水が流れ込み、水面が鮮やかな青色に染まります。陽の光による色彩の微妙な変化や、立ち枯れたカラマツがなんともフォトジェニック。11/1~4/30には夜間ライトアップが実施されており、夏場とは違う表情が見られますよ。アクセスは、JR美瑛駅から道北バス美瑛白金線で約20分。駐車場が真横にあり、レンタカー利用時も便利です。

投稿者:張孟綺

投稿者:幸由 西

投稿者:Fei L

お天気は良かったですが、池の色はいまひとつでした。トルマリンブルーというよりは乳白色。 大きなムリョウの駐車場は満車状態。池のまわりは一方通行に規制され大渋滞でした。 そばにあるお店でラムネ味の青いソフトクリームが売られていてインスタ映え!ソフトクリームを片手に林の隙間に見える池の様子を撮影するのがおすすめです。papa8800さんの口コミ
1988年に噴火した十勝岳の泥流災害防止のために作った堰に水が溜まった池なんだそうです。いわば偶然できた人造池。立ち枯れた木も偶然の産物。 付近の湧水に含まれる物質が川の水と混ざって起きた化学反応に光が入って青く見えるらしいです。 偶発的にできた場所がこんな観光名所になるなんて。驚きです。 なのでその日によって色が違って見えるそうです。tabi-ningenさんの口コミ

冬季に行われるライトアップにいきました。青いledライトで照らされて人工的な青さでした。 また、路面が凍っておりかなり危険なため、老人や小さいお子さま連れは冬季ライトアップは避けたほうが無難だと思います。Makitterさんの口コミ

羊蹄山(倶知安町・喜茂別町など)

富士山によく似た均整のとれた姿から「蝦夷富士」とも呼ばれる名山。夏には高山植物、秋には紅葉が見られますが、純白に染まる冬の凛とした表情も壮麗です。JR倶知安駅から道南バスで約30分でアクセスできますが、全体を撮影するなら、少し離れた場所がベスト。おすすめは「ふきだし公園」。季節によっては羊蹄山からの湧水に映りこむ〝逆さ富士〟のような構図も狙えます。

投稿者:yiyuansuibi

投稿者:待兼山

投稿者:Central Village2

独立峰で標高1898メートルなのでかなり離れてもその美しい姿を拝むことができます。さすが蝦夷富士。洞爺湖岸からも南側は有珠山・昭和新山。北東側へは羊蹄山とのコラボが楽しめます。 Kitashiroさんの口コミ
別名で蝦夷富士と呼ばれているのが羊蹄山です。周囲にはいくつもの市町村が取り囲んでおり羊蹄山の眺めのスポットも数多くあります。一番人気はニセコから眺める冬の羊蹄山です。晴れている日が少なく見えたらラッキーな景色です。 starlight-mappyさんの口コミ
北海道で国道5号線を北上し、左側にニセコの山々が美しく見えた後、前方にまさしく富士山が現れます。これがもちろん富士山ではなく羊蹄山です。美しい山体は、思わず、あっ…..と声の出る光景ですよ。 mami249さんの口コミ

十勝牧場 白樺並木(音更町)

JR帯広駅から北海道拓殖バスで約40分に位置する、十勝牧場。NHK連続テレビ小説『マッサン』など、ドラマや映画にたびたび登場する人気スポットです。とくに567本の白樺が約1.3kmにわたって続く白樺並木が有名。夏の新緑、秋の紅葉はもちろん、雪化粧姿もフォトジェニックです。1月中旬から2月下旬の朝には、冬の名物「馬追い運動」も公開されているので、ぜひ早めの時間に立ち寄って。

投稿者:Hitoshi K

投稿者: 253hitoshik

北海道らしい真っ直ぐで綺麗な白樺並木です。 それほど大きくありませんが、入り口付近に駐車場もあるので、車を停めて記念撮影をしてから、車で白樺並木の砂利道を通り抜けました。sakitabiさんの口コミ
朝ドラの舞台。 白樺大好きな私としては堪能しましたが、まさにどこまでも続く白樺のみ。 奥には試験牧場があるらしいですが、ツアーでは並木手前で下されて写真を撮るだけでした。 またツアーで行くと人が多くてきれいな写真を撮るのは至難の業。 写真だけなら5分から10分あれば十分ですね。rotennburoさんの口コミ
青空に白い雪道に並ぶ白樺はとても美しく、その先にある凍ったパンケチン川、十勝牧場ならではの青空・雪・茶毛の仔馬は十勝の広大さや景色の雄大さを感じて素敵な場所だと思いました。tomomii303さんの口コミ

然別湖(河東郡)

大雪山国立公園内にある唯一の自然湖です。標高810mと、北海道の湖としてはもっとも標高の高い場所に位置。氷点下30度におよぶ冬には、厚さ約70cmの氷に覆われ、湖上に水と氷でできた幻の村「しかりべつ湖コタン」が出現します。イヌイットの家をモチーフにした「イグルー」や、氷上露天風呂は必見。JR帯広駅から北海道拓殖バスで約1時間40分の道中には、十勝牧場の白樺並木も!

投稿者:うらし

投稿者:修平 大

投稿者:ダイイチルビー

数十年ぶりに然別湖に立ち寄りましたが、優雅に湖を眺望できるカフェテラスが作られていました。周囲の遊歩道も整備され、湖面は穏やかで正面にはくちびる山を見据えることができ、時が立つのを忘れさせてくれます。 HM10250814さんの口コミ
冬季には完全氷結し「然別湖氷上コタンまつり」が開催されますが、夏も非常に爽やかで美しい湖です。湖岸には足湯などもあり立ち寄りでも楽しむことができます。ぬかびら温泉郷から道道85号で下ってくることもできますが、冬季は積雪のため通行止めになりますし、通れる時期も湖岸ギリギリで一車線の山道なので運転に自信がない人は、鹿追町方面から上ってきて同じルートで戻った方が良いと思います。ikedahajさんの口コミ
5月の然別湖は、静かな静かな湖でした。風があり、くちびる山とはなりませんでしたが、鳥の声に包まれた美しい湖です。糠平方面への道は相変わらず通行止めでした。今回は乗りませんでしたが、観光船に乗ると湖を1周できいろいろな方向からの景色を楽しめます。 chirping-birdさんの口コミ

タウシュベツ川橋梁(上士幌町)

ダムの水が少なくなる1月ごろ湖面に姿を現し、水量が増える夏に湖底に沈む〝幻の橋〟。橋までの林道は許可車両以外通行禁止なうえ、ヒグマ出没多発地域でもあるので、近くで見学したい場合は有料ツアーを利用して。鉄道駅からアクセスする場合は、JR帯広駅から運行する予約制高速バス「ノースライナー」の「五ノ沢」で下車し、片道約5.1kmの徒歩移動が必要です。バス停から約1.4kmの位置には展望台もあります。

投稿者:enshu-kamome

投稿者:富士さん

投稿者:きりん

ツアーで行くのでなければ、ヒグマ出没多発地域なので、駐車場から少し歩く間など多少不安ですが、間近で見ると本当に凄く綺麗でした。 かなり崩れているので、本当に後何年かで見れなくなるのかも、と、見られたことに感謝です。tomomii303さんの口コミ
林道に鍵が掛かっており熊も出没するそうで、個人では行きにくいのでツアーに参加しました。土曜日午後のツアーでしたが、お天気に恵まれ橋の全容をゆっくり見る事ができました。 コンクリートで固められ頑強に見えますが、所々コンクリートは崩れ、中の鉄筋や石が剥き出しになっており、いつ崩れても不思議ではない状態であるのが見てとれました。 コンクリートで新たに固めて補修しても以前とは同じ風合い、構造にはできないので、朽ちていくのを見守るだけだそうです。Pathfinder647648さんの口コミ
「NPOひがし大雪自然ガイドセンター」主催で、冬期間糠平湖が結氷している時期は湖上を横断してタウシュベツ橋梁そばまで行けるようですが、行った時期は3月下旬に近く、対岸までのスノーシューハイキングでした。 距離はそんなにありませんがガイド無しではどこを歩いていいのかわからず、ツアーに申し込むのが安全だと思います。 四季折々、いろんな表情のタウシュベツはとても魅力的で、水をたたえた時期、水が無くなり地面がむき出しの時期など、何度も訪れてみたいと思うほどの景色があります。Fearless803737さんの口コミ

冬の北海道は天気が急変することもあります。道路事情には常に気を配り、無理のない旅行計画を。あるいは鉄道で旅するという手も。車窓の風景もまた存分に堪能できるはずです。記事の中で鉄道アクセスもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事に関するタグ

話題の記事