思わず何か叫びたくなる!! 北海道の絵になる絶景岬ベスト7

四方八方を海に囲まれた北海道は、実は「岬」の宝庫。岬の醍醐味は、どこまでも広がる海の水平線、自然が作り出した景観はもちろんのこと、なんといっても他では味わうことのできない秘境感です。今回は、そんな魅力いっぱいの北海道の岬をご紹介します。

宗谷岬(稚内市)

日本最北端の地・宗谷岬。この岬の先端には、北国のシンボルである北極星のひとかどを模したオブジェが建っており、撮影スポットとしても有名です。ここからでもロシア連邦の州の一つであるサハリンがはっきりと見えますが、是非坂の上の展望台までのぼってみましょう。ここから海を見渡すと「地球は丸い!」と実感できるハズ。記念に、1枚100円で購入できる「最北端到達証明書」も忘れずに。

投稿者:661satoshis

投稿者:kerokeromania

投稿者:mami249

サハリンが肉眼ではっきり見えます。風が強いですが、その風はとても気持ち良いです。最北端に行けて最高の気分を味わえますよ。夕陽がとてもきれいです。一生に一度訪れてほしい場所です。sousou815さんの口コ ミ
北海道の最北端にある岬。見晴らしはすごく良いし、人もまばらで過ごしやすい場所であった。ただし、見るものは記念碑と海のみなので、所要時間は15分あれば充分でした。penguin0519さんの口コ ミ

スコトン岬(礼文町)

日本最北の離島・礼文島にあるスコトン岬。宗谷岬に匹敵するほど限りなく最北に近い岬で、天気が良ければどこまでも続く青い海を臨めます。先端の展望台に降りてゆくと、野生のトドが棲む無人島・海驢(とど)島が目と鼻の先に浮かんでいます。最北限を謳う礼文島だけあり、「最北限のトイレ」なども注目ポイントですよ。礼文島の名産・利尻昆布を使った利尻昆布ソフトは、ここでしか味わえない人気デザートです。

投稿者:jui-chen H

投稿者:ゆまさーまん

投稿者:チョコミーチュー

間近にトド島を望めます。遠くにサハリンがかすかに望めます。天気が良かったので、中々の眺めでした。海の色もきれいです。やはり、再北限という感じですね。売店で食べたアイスクリームがおいしかったです。P9964CK_さんの口コ ミ
お天気だったので海がとてもきれいでした。風は岬なのでやはり強いです。岬のところにある看板の立て札と写真とるのが人気でした。お天気の良い時とそうでない時とで印象が全然違う観光地だと思う。観光バスで気軽にきている人がおおくてにぎわっていた Tp091122さんの口コ ミ

神威岬(積丹町)

かつて源義経を慕う娘・チャレンカが身投げしたとされる神威岬。その後、女性を乗せた船が岬付近で遭難することが相次ぎ、「女人禁制の門」が設置されました。今も残るこの門(現在は女性も通行可能)をくぐり抜けた先に広がる海には、チャレンカが岩になったという「神威岩」がポツリとたたずんでいます。ダイナミックな断崖絶壁も素晴らしく、灯台のある岬の先端までゆくと、そこには青々とした積丹(しゃこたん)ブルーが広がっています。

投稿者:ランボルギーニ

投稿者:MrLawrwnce

投稿者:リタイヤ

友人の勧めの言葉「360度パノラマ」。半分眉唾だったが、実際岬の突端にたってみてその言葉に嘘はなかった。日本中探してもこんな景色はふたつとあるまい。小樽からでも60km以上と遠い地だが、一生に一度は訪れたい名勝といえる。ただし雨や強風時は危険なので晴天の日中に行ってほしい。できれば日の出か日没のどちらかに岬の突端に立てたら一層の感動を呼ぶに違いない。Cosmopolitan581634さんの口コ ミ
たどり着いた先にはこの世の物とは思えない、素晴らしい景色が広がっていました。途中休み休み歩いたけど、道が2人並んでやっと通れるような狭いところで、なんとか前から後ろから来る人たちをかわしつつ…帰宅したら全身筋肉痛でした(笑)後悔はしてませんけどね!Voyage818526さんの口コ ミ

襟裳岬(えりも町)

歌手・森進一が「襟裳の春は何もない春です」と歌った襟裳岬。実際は、北海道の自然を体感できるスポットがいっぱい。ここは、初日の出スポットとしても有名ですが、岬の先端にある展望台からの景色は「名勝ピリカ・ノカ(美しい形)」と呼ばれる絶景。岩礁が2kmに渡って伸びていく光景はとっても神秘的です。岬に吹き付ける風速10〜25m/sの強風を体感できる観光施設「風の館」など、風が強いえりも町ならではの施設もあります。

投稿者:177hideakin

投稿者:Kiyoshi O

大好きな場所です。北海道の脊梁山脈が海へ沈むというダイナミズムを感じることができる場所です。また、襟裳岬へ向かうまでの遥かなる道を行くのも好きです。ここから望遠鏡でアザラシを探すのも楽しいですね。Guide806074さんの口コミ
岬には島倉千代子さんと森進一さんの歌碑が仲良く並んでいました。ここから見える岬の先端には岩礁が沖合の向こうまでずっと伸びていて、まさに絶景そのもの。少し下に下るとよく整備された展望台があります。ここは記念写真撮影にはうってつけの場所。とてもいい記念になりました。決して「何もない春」ではないですよ。bluetree2016130さんの口コミ

野付半島(別海町)

風化した枯れ木がたたずむ「ナラワラ」や「トドワラ」が荒涼とした景観をなしている野付半島。実はこの半島、漂砂が鳥のくちばしのように堆積した砂嘴(さし)なのです。この世の果てのような雰囲気もあるこの半島は、実は年々地盤沈下を起こしており、この景観はいつか見れなくなってしまうのだとか。半島の先端付近では、北方領土の国後島を遥か彼方に望むことができます。野付湾一面が凍りつき幻想的な雰囲気が漂う厳冬期(1〜3月)もオススメです。

投稿者:中沢 勝

投稿者:masaya2017

野付半島全体で評価するといった方が良いポイントになると思います。 まずは細長い半島が特殊な地形で一番舗装場所では道路から両側の海が見えます。 トドワラはほとんど残っていませんがそこまでのウォーキングや水鳥の観察で楽しめます。ナラワラはまだまだ立ち枯れを見られますし東を見れば北方領土の国後島がすぐ近くに見え、エゾ鹿なども多数いますし夕日の時刻は綺麗な夕日が見られます。Hitoshi Kさんの口コミ
道路の両側に海が見える不思議な体験ができた。ハイシーズンなのに観光客も少なくひっそり。クルマからも遠目に白化した立ち枯れの不思議な林がいろいろに眺められる。すぐ後ろには国後島。国内のどこの風景とも似ていない。その意味だけで来る価値がある。air_seekerさんの口コミ

知床岬(斜里町)

自然保護地区のため立ち入ることはできないのですが、ウトロから出る船から全景を見渡すことが可能です。生い茂る木々や滝、崖など、人が一切踏み入れていない「ありのままの大自然」を感じられます。島周辺にはヒグマやイルカが生息しており、運が良ければ現れることもあるのだとか。より臨場感を持って自然を体感したい方は、小回りの利く小型船で訪れるのがオススメです。

投稿者:ともきっき

投稿者:P9964CK_

知床半島の先端である知床岬には船で行きます。切り立った岸壁を海側から見るのは、陸側から見下ろすのとは別の風情があります。切り立った崖には、色々な名前がつけられています。クルージングでは、序盤に切り立った崖が見られ、中盤ではヒグマが見られるポイントがあります。ただし、ヒグマが見られるかどうかは運次第です。風が冷たいのでウィンドブレイカーは夏でも必須です。kazz2020さんの口コ ミ
観光船にのらなければ、知床の良さがわからないです。大きな遊覧船より、小さな観光船がお勧めです。岬には沢山の滝がありますが、そば近くまで行ってくれるのは小さな船なんです。説明もローカル色豊かですよ。熊が見れたらラッキー!出没する場所はほぼ決まっていて、岬突端まで行くコースはかなりの高率で見れますよ。Daydream810113さんの口コ ミ

霧多布岬(浜中町)

映画『ハナミズキ』の舞台にもなった霧多布(きりたっぷ)岬。映画のワンシーンにも使われた赤い灯台はもちろん、北海道らしい荒々しい海や、波が打ちつける断崖絶壁など「最果て」らしさも抜群。霧多布というだけあり霧がよく出ますが、あたりの景観が霧中にぼんやりと浮かぶ光景も幻想的です。

投稿者:yo513414

投稿者:かえる3

迫力ある素晴らしい景色でした。お天気も良く青い海に白い波がザブンザブンと押し寄せて切り立った崖に勢いよくぶつかりなにか日本映画のオープニングでも見ているような迫力でした。灯台周辺はガッキーと生田斗真君主演映画ハナミズキのロケ地だったそうです。風がとても強いです。yo513414さんの口コ ミ

岬がたくさんある北海道では目立った岬ではないが、風情がありました。灯台から先が長く、けっこう歩きます。でも、荒々しい海が見れて、岬の雰囲気が漂います。鳥もたくさんいました。この日は霧でした。Passport809612さんの口コ ミ

この世の端っこに来てしまったかのような秘境感も寂寥感も、岬ならでは。比較的人が少ないためゆっくりと散策できるのもおすすめポイントです。今度の北海道旅行は、岬に注目してみてはいかがでしょうか。

この記事に関するタグ

話題の記事