5,000m超!鉄道やロープウェイで富士山より高い絶景へ

大自然の中の高~い場所に立って、眼下に広がる非日常の絶景を眺めるのは格別です。でも登山のように、自分の足で歩くのは疲れるからちょっと……、と尻込みする方もいるでしょう。大丈夫! 乗り物を使えばいいんです。今回は山の展望台から、標高5,000m超の高地を走る鉄道まで、富士山(標高3,776m)よりも高い場所へラクラク行けるスポットをご紹介します。

マッターホルン・グレーシャー・パラダイス(スイス)

スイスとイタリアの国境に位置するマッターホルンは、アルプス三大名峰の中でもとくに人気の高い山。麓の街ツェルマットから気軽に行けるのが、標高3,883mに位置するヨーロッパで最も高いこちらの展望台。天気がよければ、マッターホルンのほかにユングフラウとモンブランも見ることができます。6人乗りのリフトと、定員100人ほどのゴンドラを乗り継いでいきます。内部ではさまざまな氷の彫刻も見られますよ!

投稿者:mariobV6056SG

投稿者:Fábio M

投稿者:Ulrich B

標高3883mの展望台。これだけのところに立派な施設が作られていることにまず驚きです。訪問時は7月にもかかわらず冷たい強風に5分といられませんでしたが、それでも素晴らしい景色を見ることができました。百丁森さんの口コミ
ツエルマット観光中はマッターホルンがどこからも見られますが、ここは一番近く迫力ある姿が望めました。
マッターホルンだけでなく、ブライトホルン、モンテローザなどなど4千メートル級も素晴らしい!opera3380832さんの口コミ
麓からゴンドラリフトと100人乗りロープウェイで楽にアクセスできますよ。ただし富士山よりも高い場所なので高山病に注意して下さいね。裕史 米さんの口コミ

エギーユ・デュ・ミディ(フランス)

モンブランを含むアルプス山脈の大パノラマを楽しむなら、エギーユ・デュ・ミディの展望台へ。フランス、スイス、イタリアの国境にほど近い、スキーと登山のリゾート地シャモニーから、ロープウェイに乗って約20分です。頂上テラスの標高は3,842m。建物内には、ガラス張りの展望スペース「ステップ・イントゥ・ザ・ヴォイド」もあるので、ぜひスリルを味わってみてください。

投稿者:Svein-Magne_Tunli

投稿者:Dagwoodbilly

投稿者:Philippe R

ケーブルカーで一気に上がりました。残念ながら曇ってました。時折、雲間にモンブランが顔を出してくれました。TKKKMSさんの口コミ
早朝からならんで初便のリフトに乗りました。超高速で登るリフトにびっくり。頂上のガラス張りにまたびっくりです。SUNASHINさんの口コミ
高山病が心配な人は、ロープウェイの中間駅で少し順応させたほうがいいかも。それにしても、天気が良ければ最高の景色が拝める。Tak Hさんの口コミ

青蔵鉄道(中国)

世界でもっとも高いところを走る鉄道として有名な青蔵鉄道は、中国西部の都市、西寧からチベット自治区の区都、ラサまでを約21時間かけて走ります。全長2,000kmの道中には、標高5,072mの「唐古拉(タングラ)峠」や、世界最高所の鉄橋「三岔河大橋(標高3,800m)」があり、さらに車窓は絶景の連続とあってとても人気です。ただ、走行区間の平均標高は約4,500mなので、くれぐれも高山病にはご注意を。

投稿者:Powerpill

投稿者:こばじょん

投稿者:Zwillingsseele

世界最高所を走る鉄道。高山病の症状が出て、頭痛に無気力感で、最高所地点を見ることができませんでした。車窓はずっと絶景続きです。こばじょんさんの口コミ
7,000m級の山が続き、長江の源流もわたります。ただ、高山病には要注意。酸素も出てきますが大した量ではないようで、用心に越したことは無し。軟臥車に乗ることを薦めます。バス弾きのけんけんさんの口コミ
夕方に西寧を出発。日が沈むまであたりの風景を楽しみ、食堂車で食事。高山病対策で食事をとりすぎないとアドバイスがあるも、美味しいものが多く悩ましいところ。katty74さんの口コミ

パイクス・ピーク・コグ鉄道(アメリカ)

アメリカ、コロラド州東部にあるロッキー山脈のひとつ、標高4,301mの「パイクス・ピーク」。この山を登るには、1890年開業のパイクス・ピーク・コグ鉄道に乗るのがオススメ。歯車を使ったラック式鉄道としては世界一高い登山鉄道です。開業当初は蒸気機関車で走っていましたが、現在はディーゼル車両を使い、14kmの道のりを1時間15分かけて登ります。森林限界となる標高3,500mを越えると、周囲の景色は一変。花崗岩の岩場が広がります。

投稿者:twallis

投稿者:Courtnie C

投稿者:RorysRavers

コロラドスプリングス市内にあるマニトウスプリングス駅から、登山列車に乗ってパイクス・ピーク頂上へ。片道1時間半ほどの旅です。出発してしばらくは山本来の風景(木々が生い茂り、時には小川が流れていたり)が続きますが、登って行くほど景色は変わり、やがて岩だけになります。May0817さんの口コミ
座席指定や変更は一切できず、1人でいくと3人席通路側にアサインされていましたが、絶景でした。酸素スプレーは持参したほうがよいです。頂上手前からすこし辛かったです。コンダクターは知識豊富で説明も楽しかったです。pierrekfさんの口コミ
マニトウスプリングス駅からパイクスピークの頂上駅までの高山鉄道ですが、事前の予約が必要でインターネットで予約することができます。
今回は訪問日の4日前に予約しようとしたら既に一杯で、車での登頂となりました。早めの予約をお勧めします。Volvoestateさんの口コミ

雲の列車(アルゼンチン)

アルゼンチン北西部、アンデス山脈の麓の街サルタを訪れたなら、ぜひこの観光列車に乗ってみてください。目指すは標高4,420mの終点「ラ・ポリボリージャ鉄橋」。スイッチバックを繰り返し、約5時間かけてゆっくり登っていきます。ハイライトの鉄橋に着いたところで30分の休憩タイム。記念撮影を楽しみましょう。運行は週1~2便と限られているので、早めに予約を入れるのが吉。

投稿者:Moruamaria

投稿者:oer55

投稿者:Claudia L

列車は海抜4,200mまでゆっくりと登る。出発するサルタの街との高度による温度差は20度。何も考えず真夏の軽装で列車に乗り、終点で車外に出たとき寒さにブルブル震えた。列車には高山病に備えて酸素ボンベを積んでおり、外にはサポートカーも並走していた。IkuoTさんの口コミ
Because of problems with the line and bridges, the area travelled by train is now very short. However, this was still an amazing adventure – all of it.
線路や橋梁に問題があるため、電車で移動する地域は非常に短くなっています。しかし、素晴らしい冒険でした。Bernadette54さんの口コミ
The only care to be taken of is to be prepared against “apunamiento”. which can affect some people because of the height. Any way, the train has a complete medical staff, and a collateral staff on the route that runs parallel to the railroad.
ただ、“高山病”にはくれぐれも気をつけてください。高山病の症状が出る人もいます。とはいえ、列車にはちゃんと医療スタッフがいて、救急スタッフも列車と並走してついていきます。Fernando Sさんの口コミ

乗り物を使えば、体力に自信がなくても高地に行けるというのは魅力的ですよね。ただし、標高2500m以上の場所に短時間で向かうと、高山病にかかる恐れがあります。くれぐれも無理は禁物。しっかり睡眠をとって、体調を整えてから行くことをオススメします。

この記事に関するタグ

話題の記事