スリル満点!? 地上からの落差が50mを超える絶叫吊橋6選

大自然の中でひときわ存在感を放つ吊橋。ダイナミックなその姿は、見ているだけなら絵になります。だけど、実際に渡ってみるとスリル満点。下を見ては渡れない(!?)高さ50mを超える国内の吊橋を集めました。

竜神大吊橋(茨城県常陸太田市)

ダム湖面からの高さ100m、橋の長さ375mを誇る竜神大吊橋。橋上からはV字形の美しい渓谷を望み、初夏には橋にかかる鯉のぼり、秋には紅葉など四季折々の景色を楽しめます。一度に3500人が渡っても大丈夫なよう設計されているので、ほとんど揺れることなく安心して渡れます。スリルを味わいたい人は、吊橋に設置された3箇所の「のぞき窓」をのぞいてみたり、橋中央にあるジャンプ台からのバンジージャンプはいかがでしょう。他では味わえない体験が待っています。

投稿者:Sazanall

投稿者:英玄 奥

投稿者:朋美 加

 茨城県南に生まれ育ちましたが、県北にこれほどの観光施設があることを知りませんでした。 初めて訪れました。 310円の通行料を支払って渡る吊り橋は、鉄筋コンクリートでがっちり作られており全く揺れませんが、私にはスリリングでした。 途中にある網や透明のパネルから下が見えますが、手すりにつかまってそーっと見るだけです。 ひび割れている透明のパネルに乗っている人もいましたが、私にはできません。LAVENDERNYさんの口コミ
この竜神大吊橋からは、1年を通してすばらしい景色を堪能することができます。通行料は少々お高めですがそれに見合った体験をすることができます。床に設置されたガラス窓からは竜神大吊橋の高さを体感でき、バンジージャンプもあります。ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。りんかいSSさんの口コミ
大吊り橋を一度見たくて訪問しました。ネットで検索したらバンジージャンプが出来るとのこと。しかし料金が¥16,000-とか。高いし自分は高所恐怖症なので論外。只でも飛びません。お好きな人は一度飛んでみてください。高さ100mだそうです。飛ぶ人を見て思わず驚愕しました。そうそうJAF割引も効きます。キミさんさんの口コミ

三島スカイウォーク (三島大吊橋)(静岡県三島市)

高さ70.6m、全長400mにも及ぶ巨大な吊橋。橋上からは、富士山や駿河湾、伊豆の山並みを見渡す絶景が広がります。歩道幅は1.6mあるので、すれ違うこともベビーカーや車椅子で渡ることも可能。一番高い地点にはオープングレーチングという格子状の蓋が設置され、風が通り抜けやすいようになっています。ここを覗くと遥か下にある地上が見えますよ。 

投稿者:kawaiikaochan

投稿者:EdwinAlers

投稿者:さすらいのとんしゅけ

行った日が快晴だったので、富士山がとても良く見えました。高さも思ったより高く、渡りきるまでの距離もけっこう長かったです。Kanatakanaさんの口コミ
400メートルの吊り橋を渡るだけですが、民間企業が10年の構想のもと作ったとのこと。渡るだけで1000円です。でも、お土産屋さんは美味しそうなものを販売しているし、涼しいし、トイレはキレいだし、一度いってみるのもいいかもしれないです。彰子さんの口コミ
日本一というのに惹かれて行ってみましたが、とにかく風が強い日は揺れる揺れる!高所恐怖症という訳ではないですが怖かったです。橋を渡った場所に紫陽花を植えたばかりのようで今年はまだ小さく圧巻という感じではなかったです。来年には成長するのかな?楽しみです。べっすーさんの口コミ

星のブランコ(大阪府交野市)

標高180mの場所にある「星のブランコ」は、長さ280m、高さ50mの木製の床板でできた吊橋です。「木製の床」という響きだけでもかなりスリリング。1枚1枚並べられた床板の隙間からは、下の景色を覗き見ることができます。また、吊橋はかなり揺れるので、高所恐怖症の方は心して渡りましょう。この吊橋は「ほしだ園地」という自然公園内にあり、途中は山道のため歩きやすい格好がオススメです。

投稿者:剛志 小

投稿者:のののの0000

投稿者:Adeline_Lim88

私市駅から星のブランコまで行って帰って来て1万4000歩、階段29段でした。途中のピトンの小屋で飲み物&トイレ休憩をして3時間。自然の中なので、手すりには、ナナフシ、毛虫、アゲハの幼虫、シオカラトンボ。上からアリンコ降ってくるで、なかなかスリリングなハイキングでした。吊り橋はしっかりしてるので、ほとんど揺れませんでした。のののの0000さんの口コミ
小学生でも登れるレベルの山です。途中には休憩所やクライミング‍♂️施設等も有ります。海外から来られる方も多く、天気の良い週末は吊り橋付近は混雑してました。剛志 小さんの口コミ
この公園は地元の交野市の人達には認知されていても、全国的には星のブランコの知名度にはとても及ばない(と、思われる)。再訪だが、この吊橋は本当に凄い!全国あちこちの吊橋に行ったが、ここはやはりスリルも長さも高さも周辺の景観も・・・全国一。休日なんかに行くと時間待ち(危険防止の観点上、一定人数しか一度に渡らせないから)も度々発生する。この吊橋に到達するまでの距離も半端じゃない、かなり歩く必要がある。お遍路さん京都市さんの口コミ

谷瀬のつり橋(奈良県十津川村)

十津川(熊野川)に架かる長さ297m、高さ54mの吊橋。歩くたびにゆらゆらと揺れ、風が吹くと中央部分は特に揺れます。橋の幅は約1.5mで、すれ違うときは橋の左右どちらかによらなければならず、緊張感が漂うことも。毎年8月4日の「橋の日」には、地元OMC十津川太鼓倶楽部「鼓魂」による「ゆれ太鼓」の演奏が橋上で行われます。

投稿者:とりっぷ

投稿者:naowaka

http://投稿者:カンキチ48

スリル満点。かなり揺れる。すれ違いがまたいい‼️橋すぐに町営駐車場あり500円。障害者無料(要手帳提示)。土産物や飲食店あるも。残念ながら名物なく。味もパットしない。とにかく橋がすごいんで泰吾 中さんの口コミ
8月4日は橋(84)の日って事で、吊り橋の上で、太鼓演奏があります。今年は土曜日なので、やっと行けました。小学生の子供さんから大人まで、約10名ぐらいの方の素敵な演奏。是非、一度、見て下さい。カンキチ48さんの口コミ
近くの温泉に行く際に立ち寄りましたが、結構揺れて思っていたより怖かったです。日本一の長さ297メートルは、へっぴり腰で歩くとそうとう長く感じました。対岸で名物のこんにゃくをいただき、もう一度、へっぴり腰で駐車場まで戻りました。下に流れる十津川で泳ぐ人も沢山いました。景色も良かったです。mikami2018さんの口コミ

九重夢大吊橋(大分県九重町)

落差83mの雄滝と落差93mの雌滝からなる「震度の滝」や、紅葉シーズンには真っ赤に染まった山々を眺めることができる九重夢大吊橋。長さ390m、高さ173mの高さを誇るこの吊橋は、大人が1800人乗っても耐えられる強さがあるため、大きな揺れもなく安心して渡ることができます。ただし、強風が吹くとじゃっかん揺れます。橋中央の床板は大きな網目になっており、足元からは鳴子川渓谷の原生林が覗けます。

投稿者:GT-R ク

投稿者:naonaoppe

投稿者:男はつらいよ

景色も綺麗ですし、やはり橋に、日本の技術の素晴らしさを感じます。結構、人の出入があるからか、風なのか、揺れます。季節を感じられるので、いつ来てもいいです。利恵岩さんの口コミ
揺れることは揺れるけど,しっかりした橋で,意外に揺れない。むしろ風が強いと,吹かれて,体を押されることの方が大きい。確かに足元を見れば怖いかもしれないけれど(実際,橋に踏み出すところでギブアップした人も数組見ました),渓谷と山並みを眺めながらの往復30分は,実に雄大で気持ちの良いものです。owc85さんの口コミ
兎に角スリルが有ります。高い所が苦手な人はチョット無理かもしれませんが、橋の中央部から見える滝も絶景です。無論下を見ると相当スリルが有ります。何故か小生は高い所に登るとここから飛び降りたらどうなるのかなと想像してしまいます。この橋を作った職人さんの肝の太さを考えました。でも2度も行く必要は感じませんでした。真人 大さんの口コミ

綾の照葉大吊橋(宮崎県綾町)

九州中央山地国定公園内の照葉樹林地帯に架かる、高さ142m、長さ250mの吊橋。普段見られない視点から照葉樹の森を見て、自然の大切さを認識してもらいたいという思いで、架橋されたそう。足がすくむほどの高さですが、青々とした照葉樹林が見られるなど、美しい景色は見応えが抜群。橋の向こうには約2kmの自然遊歩道が続き、森林浴が楽しめます。

投稿者:kaori-1984

投稿者:Fiona C

投稿者:HenryYMW

高い所が苦手なので、下は見れませんでした。下から見るよりはるかに高く感じました。終始ビクビクしてましたが、スリリングで楽しかった。トクトクさんの口コミ
綾町までドライブしました。立派な吊り橋です。想像以上に谷が深く、足がすくんでしまいました。しっかり手すりをつかんでようやく真ん中まで。樹林の緑がとてもきれいでした。建設工事は、ご苦労があったのではと思います。kurasan171さんの口コミ
約7年ぶりに訪れ、渡るまでは気がつかなかったのですが、吊り橋内の足下にスリットが増えた?と思いながらも絶景を楽しみながら歩きました。渡り終え説明を見ると、以前訪れた後に掛け替え工事があり、新しい橋に変わっていたようです。 以前に増して、足下がよく見えるので緊張感がありますよ。kohzoh2002さんの口コミ

壮大な自然の中にかかる高い吊橋は、写真を見ているだけでも足がすくみそうなほど。高所恐怖症の方が勇気を出して渡る必要はないですが、眼前に広がる素晴らしい景色は一見の価値ありですよ!

この記事に関するタグ

話題の記事