夜空を彩る大輪の花! この夏行きたい人気花火大会10選

四季折々に美しい花を鑑賞できる日本ですが、夏の花といえば、夜空に咲き乱れる「花火」ではないでしょうか。日本人が愛してやまない夏の風物詩を楽しめるのが、各地で開催される花火大会。全国で約1000大会も開催されていますが、その中でも特に高い人気を誇る花火大会を紹介します。今年の夏は、一生の思い出に残る花を見に行きませんか?

諏訪湖祭湖上花火大会(長野県)

4万発余りの打ち上げ数、約50万人の人出を誇る、諏訪市で開催される国内屈指の規模の花火大会です。水上スターマインや全長2kmのナイヤガラなど、湖上で打ち上げられる花火は圧巻。さらに諏訪湖は四方を山に囲まれているため、爆発音が反響し、体の芯まで響いてくるというから、湖畔で見るのがおすすめです。2017年は8月15日に開催します。

のぶぽんさんの投稿写真

kino1833さんの投稿写真

kino1833さんの投稿写真

maichan9111さんの投稿写真

諏訪湖畔で上がるため、山に響いてとても迫力があります。電車も臨時便が出ます。屋台も数多くあり、お祭り気分がしっかり味わえます。みんみみさんの口コミ
混雑が嫌いな人は、花火からやや距離がありますが湖の北側から鑑賞するのをオススメします。花火を鑑賞するための座る場所は数人分でしたら確保可能ですし、駐車場も徒歩5-10分程度の少し離れたところならに確保しやすく、素早く帰り山側に抜ければ渋滞にもはまりません。tsuchida006さんの口コミ

 

大曲の花火大会(秋田県)

数ある花火大会のなかでも「日本一」ともいわれる、大仙市の歴史ある花火大会です。正式名称は全国花火競技大会といい、全国の花火師が腕によりをかけて制作した創造性の高い花火が打ち上げられます。大会は、昼花火の部、10号玉(尺玉)の部、創造花火の部の三部に分かれ、28社の花火師が10号玉2発と創造花火の総合で、花火師最高の栄誉である内閣総理大臣賞を競います。2017年は8月26日の土曜日の開催です。

yuiyoshiさんの投稿写真

yuiyoshiさんの投稿写真

旅好きじいさんさんの投稿写真

この大曲の花火大会は想像を越えるレベルで凄かったです。テレビなどで放送されているものは観たことはあったのですが、実際に見に行ってみると全くの別物でした!是非一度見に行ってもらいたい花火大会のうちの一つです!Ohashi Tさんの口コミ
この花火大会は、ただの花火大会ではない。花火師の翌年の稼ぎに影響する花火企業の競技会である。会場は狭いがぎっしり人で埋まって、身動きが取れないほどだが、一番最後の大会提供花火が一番素晴らしい。hatabo1960さんの口コミ

 

長岡まつり大花火大会(新潟県)

長岡市の信濃川河川敷で行われる、日本三大花火大会の一つに数えられる花火大会です。2日間で2万発を打ち上げる花火のなかでも名物とされるのが、冒頭の「ナイアガラ超大型スターマイン」や、直径650mの大輪となる「正三尺玉3連発」、幅2kmにわたる「フェニックス」です。こうした大型花火をはじめ、バリエーション豊かな花火を楽しめます。2017年8月2、3日にほぼ同内容で行われます。

s_kaeruさんの投稿写真

ケイ60さんの投稿写真

0426kanataさんの投稿写真

花火の規模、質はもちろん、マナーも日本一だと思います。花火大会の主旨を知ってから観るフェニックス花火はまさに天に昇る不死鳥のようで涙が出ます。しゅん ささんの口コミ
他の花火大会でメインのような扱いのスターマインなんて雑兵扱い、最初からポンポン飛びます。ベスビアス超大型花火、ワイドスターマイン、ミラクルスターマイン、8キロ幅の打ち上げ台のどこからもその花火が打ち上げられ、視界全てが花火となります。keikom47さんの口コミ

 

隅田川花火大会(東京都)

江戸時代に始まった花火大会を起源とする、日本でも随一の知名度を誇る花火大会です。隅田川の2つの会場から合計2万2000発が打ち上げられます。第1会場では花火コンクールが開催され、テーマ性の高い花火を楽しめます。もう一方の第2会場は、スターマインや創作花火が見どころです。例年100万人近い人出となるので、混雑対策は欠かせません。2017年は7月29日開催予定です。

ogguさんの投稿写真

susuderさんの投稿写真

Jkhojahさんの投稿写真

第二会場は、第一会場に比べ、始まる時間も遅いのですが、花火の数はとても多く、盛大で華やかで綺麗でした。しかし、大混雑で、狭いところでぎゅうぎゅうな感じで鑑賞し、疲れました。ひーちゃさんの口コミ
混雑が苦手な方は、隅田川沿いにちょっと南下するといいかもしれません。隅田川は遊歩道がありますから、散歩がてらスポットを探してもいいですね。錦糸町あたりでも、橋の上や、通りの合間から、地元の方がごらんになっています。こはこまさんの口コミ

 

土浦全国花火競技大会(茨城県)

花火大会としては珍しく、秋に土浦市で開催される花火大会です。大曲の花火大会と肩を並べる花火競技大会で、花火師にとっての晴れ舞台の一つとされます。全国の一流煙火業者約60社が自慢の花火を競い合います。スターマインの部、10号玉の部、創造花火の部の三部門で競技は行われ、質の高い花火を見ようと、約70万人が集まります。2017年は10月7日に開催予定です。

ynforestさんの投稿写真

luchanbabaさんの投稿写真

panparipandaさんの投稿写真

メインは一発ずつ上がる花火師による花火の審査。なので、一発ずつをゆっくり鑑賞できる代わり、バンバンとひたすら上がる時間は一般より短いです。来年の新作花火が見れるのも楽しみの一つ。Taisuke92さんの口コミ
季節的に涼しく花火が見えるエリアが広いためあまり会場が混雑せず、快適に鑑賞しやすい大会です。桜川沿いに続く数々の出店も大会のムードを盛り上げてくれます。nmrk512さんの口コミ

 

赤川花火大会(山形県)

鶴岡市の赤川河畔で開催される、近年注目を集める花火大会です。川辺のスペースを最大限に利用し、約2kmにも渡る打ち上げ場所を確保。打ち上げ会場の広さを生かしたスケールの大きな花火を楽しめます。「全国デザイン花火競技会」でもあるため、打ち上げられる花火も全国から選ばれた花火師の自信作ばかり。ストーリー仕立てのドラマチックハナビが最大の見どころ。2017年は8月19日に開催です。

https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-p/0c/2e/54/21/caption.jpg

Kikue Aさんの投稿写真

見上げてしまうほどの臨場感溢れる距離と最大打揚げ幅700mの超ワイド感は圧巻です。のんびり巡りさんの口コミ
ラジオ番組の中継もしているようで、それを聞いていると地元の方々の花火大会への深い愛情が感じられます。Kikue Aさんの口コミ

 

豊田おいでんまつり花火大会(愛知県)

豊田市の夏の風物詩、豊田おいでんまつりのフィナーレを飾る花火大会です。矢作川河畔で開催され、その規模は東海地区で最大級。花火師による作品をはじめ、音楽に合わせて打ち上げられるメロディ花火、勇壮な手筒花火、ラストを飾る全長550mのナイアガラ大瀑布など、見ごたえのあるプログラムが展開されます。2017年7月30日の開催です。

aiboxさんの投稿写真

aiboxさんの投稿写真

歩 伊さんの投稿写真

手筒花火やメロディ花火が特に素晴らしく、他にも色とりどりの迫力ある花火を見れて感動しました。火野さんの口コミ
白浜公園が無理なら川端公園で見るべきです。ここはけっこう人が多いです。その他の穴場の桜城跡などはあまり見れないしもはや穴場ではなく満員です。seimarieさんの口コミ

 

みなとこうべ海上花火大会(兵庫県)

尺玉やスターマインなどの花火と、神戸港の夜景とのコントラストが美しい、海上花火大会です。周辺には、花火が観覧できるホテルやレストランなども多く、人混みを避けて花火大会を楽しむこともできます。2017年は8月5日に開催。神戸開港150年を記念して、打ち上げ数が1万5000発となり、関西最大規模の花火大会になります。

pengopengoさんの投稿写真

英玄 奥さんの投稿写真

英玄 奥さんの投稿写真

六甲山、メリケンパーク、モザイク、ホテルの建物を背景にした花火はしばし時の経つのも忘れる豪華な花火だった。満足した。ykamachiさんの口コミ
中埠頭、ハーバーランド、神戸市内たくさんあるホテル、高層マンション、高層ビル、ポートアイランドまで広大な範囲で見物できるのだ。もっと素晴らしいのは「六甲山、摩耶山の山上から見下ろせる」これは一度見学体験をしてみてください。ykamachiさんの口コミ

 

関門海峡花火大会(山口県・福岡県)

山口県下関市と福岡県北九州市門司区の関門海峡の両岸で実施されるという、珍しい花火大会です。下関側45万人、門司側70万人の人出で、合計すると一日の花火大会の人出としては全国トップクラスの動員数を誇ります。水中花火や一尺玉、フェニックス、大玉の連発など、2カ所から競うように打ち上げられる花火は、合計1万5000発にも及びます。2017年は8月13日の開催です。

さんの投稿写真

Kumoji-mikasaさんの投稿写真

Miyuki Hさんの投稿写真

イベントで戸畑祇園大笠山もあり,待ち時間も苦にならず。門司側 下関側からあがる見ごたえのある花火大会みて大満足です。Miyuki Hさんの口コミ
門司側から見ましたが、今年は天気もよく、花火前の夕陽がとてもきれいでした。薄暮になると海峡ゆめタワーや観覧車のライトアップも花火大会を盛り上げてくれます。maxmasaさんの口コミ

 

ふくろい遠州の花火(静岡県)

2万5000発を打ち上げる、全国屈指の規模を誇る袋井市の花火大会です。日本の伝統花火の豪華さや多彩さを実感できるプログラムが特徴的で、見どころは、音楽と花火をリンクさせた名曲メロディースターマインや、大玉の100連発、富士山の姿をかたどった空中ナイアガラなど。2時間のうちに多種多彩な花火が次々と打ち上げられます。2017年は8月11日に開催予定です。

かよこ せさんの投稿写真

全国花火名人選抜競技大会と銘打っているだけあって花火の内容は素晴らしいの一言。

ただ、車ではもちろん電車での移動も大変。最寄りの袋井駅は小さすぎかな。Cap_H_17さんの口コミ

発数も多くて、綺麗で、素晴らしい、、ただ人も多くて行き帰りが大変。Mayumi Hさんの口コミ

 

いずれの花火大会も何十万人という人が集まる、夏の一大イベントです。混雑対策などを事前にしたうえで出かけましょう。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。