食も景色もゆっくり堪能!全国のおいしい観光列車7選

電車に乗って、豪華な食事はいかがですか。車窓から四季折々の美しい景色を眺めながら、地元の素材を使ったおいしい食事やスイーツが食べられる観光列車を紹介します。列車に乗って飲食を楽しむだけでなく、電車から降りて酒造所の見学や地酒の試飲ができるコースもありますよ。

TOHOKU EMOTION(青森県)

白いレンガ風のブロックが描かれた外観は、元フェラーリのデザイナー・奥山清行氏が手がけたもの。運行区間は八戸駅〜久慈駅で、2019年9月現在、人気シェフが東北の食材を使って車両内で調理したオリジナルメニューを堪能できます。「食のサーカス」という言葉をヒントに、シェフは年2回替わり、メニューも4回替わるというこだわりよう。繰り返し乗車しても新しい味が楽しめると、リピーターも多いのだとか。ドリンクやデザートはもちろん、食器や備品までこだわった贅沢料理をぜひご堪能あれ。

投稿者:katoken28555

投稿者:譲治今

投稿者:加藤健一

八戸から久慈までのランチで利用。ウェルカムドリンクから始まり、アミューズ、前菜、メイン、デザートのフルコース。味は車内で使える火力が限られている事もあり、まずまず。飲み物はワイン、ビール、ソフトドリンクは飲み放題。なお、ワインは青森県産ではなくて山形県の高畠ワイナリー。北三陸海岸沿いの景色は最高で、楽しい2時間だった。Mrletitbeさんの口コミ

八戸から久慈までの約2時間のレストラン列車で、豪華な車内のコンパートメント個室での現地ならではのコース料理はとても美味しく、太平洋に面したリアス式海岸の素晴らしい景観を観ながらの食事は、とてもプレミア感がある素晴らしいイベントです。Reds_katokenさんの口コミ

レストラン・キハ(千葉県)

昭和の国鉄形気動車キハ28の車内テーブル席で食事が楽しめます。お食事は、伊勢海老や魚介など、房総半島の海鮮が中心。2019年9月現在、奇数月は「伊勢海老特急・イタリアンコース」、偶数月は「伊勢海老特急・お箸でイタリアンコース」が提供されています。ちなみに、伊勢海老特急の特急とは、特別急行ではなく「特に急がない」という意味なのだとか。レトロな車両でゆったりとした時間をどうぞ。

投稿者:いずみこ369

投稿者:BD1ライダー

投稿者:うめのや

レストラン・キハの伊勢海老特急イタリアンコースに乗車しました。通常のダイヤにレストラン・キハ用に1車両追加しての運転でした。前半は逆方向の進行になり揺れも大きいので、酔いやすい方には注意が必要です。普段、酔うことのない自分でもアルコールや食事が入ると少々怪しくなりましたが、後半は元気になりました。車窓も料理も共に楽しむことができました。umenoya10さんの口コミ

今回は、いすみ鉄道の車内でいただく「お箸でイタリアン」に行きました。昔のキハの車内はレストランになっていてコース料理でつぎつぎと素敵で美味しい料理が運ばれてきて、列車の旅とレストランで食べられる美味しい料理を味わうことが出来ました。Vacation804023さんの口コミ

七尾線観光列車 花嫁のれん(石川県)

輪島塗や加賀友禅をイメージした美しいデザインが目を引きます。能登の里山や里海の景色を見ながら楽しむお食事は、2019年9月現在、加賀郷土料理や旬の食材を使用した和軽食セットをはじめ、珠洲塩サブレや能登金時バウムをいただけるパティシエ辻口博啓氏によるスイーツセット、能登の酒造メーカー宗玄酒造の純米吟醸酒が楽しめるほろよいセットです。車内には半個室が8つあり、ゆっくり楽しみたい方はこちらを予約するのがおすすめ。伝統工芸品の展示・販売もあります。

投稿者:soarintoy

投稿者:Grant T

投稿者:soarintoy

金沢らしい、きらびやかな列車で、テンションが、上がりました。「花嫁のれん号」全席、指定。半個室の席もあります。加賀友禅で染めた暖簾をお嫁にいく娘の幸せを願って、持たせる風習が、あったそうです。花嫁のれんの絵柄の眼鏡ふきが、以前は北陸新幹線の社内販売で買えました。予約をすると、お弁当や利き酒セット、有名スイーツが買えます。Eri Kさんの口コミ

行きも帰りも花嫁のれんに乗った。お弁当に加賀棒茶。辻口さんの特製ケーキを味わいながら車窓の風景を眺める。本物の金箔を貼った車内の豪華な事。トイレも美しい。ブース毎に背景は違うので写真撮りまくりました。七尾駅から乗る時は、駅員さん達が法被を着てお見送りをしてくれたよ。kzhiromiさんの口コミ

観光列車 伊予灘ものがたり(愛媛県)

伊予灘の海を眺めながら、のんびりくつろげます。お食事は定期的にメニューが変更され、2019年9月現在、旬の魚や野菜が10品以上並ぶ和洋折衷の重箱料理や、牛ヒレや焼き鯖を贅沢に使ったお弁当など、時間やエリアによって異なる味覚を堪能することができます。甲冑を着た支配人のおもてなしや車内の砥部焼の洗面台など、細部にわたって「愛媛」を体感できる点も人気の理由です。

投稿者:さちどら

投稿者:LTB511

投稿者:shima9

愛媛・松山旅行に連れて行ってもらったので、観光列車の伊予灘ものがたりも予約して乗せてくれました!愛ある伊予灘線ゆっくり海沿いを走ってくれてすごく穏やかな気持ちになれました。朝一の松山〜大洲編でモーニングもいただけました。美味しかったし楽しかったです。下灘駅も素敵でしたSightseer761688さんの口コミ

伊予大洲駅から松山駅まで乗車しました。和食のご飯は色んな物を食べれて、美味しかったです。和と洋のフュージョンって感じでした。また、飲み物は地酒飲み比べセットがおすすめです。いくつかある中で好きなものを三つ選べます。個人的には雪雀は選んでいただきたいくらい美味しかったです。車内には色んな物が飾ってあったり、手洗い場が美しかったりするので車内散策はした方が良いです。Inspiration810636さんの口コミ

伊予灘の素晴らしい景色を存分に味わうことの出来る観光列車。席数がもともとすくなく、発売後すぐに売り切れてしまうので、あらかじめ購入してからの旅行を勧めます。dai tさんの口コミ

丹後くろまつ号(京都府)

京都丹後鉄道を走るダイニング列車。和モダンテイストの落ち着いた雰囲気の車内が、優雅な大人の旅を演出します。季節ごとにメニューは変わり、地元の名店の味を楽しめるスイーツコース、旬の味覚が並ぶランチコース、厳選された紅茶に癒されるアフタヌーンティーコース、カクテルやワインを味わえるサンセットコースなど多彩。田園風景や海の絶景を眺めながらくつろぎましょう。

投稿者:ガンダム03

投稿者:yellowtailjp

投稿者:しんどく

天橋立駅から西舞鶴駅まで、丹後あかまつ号に乗りました。運賃+乗車整理券 (540円) でお手軽に観光列車の旅を楽しめます。列車デザインは水戸岡鋭治氏、車内は水戸岡ワールドが広がります。ソファ席、カウンター席など、さまざまなタイプの座席があり、車窓からゆったりと景色を楽しむことができます。1番景色が良い奈具海岸に暫く停車、若狭湾に浮かぶ神の島、沓島と冠島が見えました。由良川橋梁を渡る時は、まるで海の上を走っているかのよう。あっという間の楽しい時間でした。Extraordinary809292さんの口コミ

丹後鉄道のくろまつ号に乗りました。ランチトレインで、イタリアン料理が地元のワインと一緒に楽しめました。また途中の駅で買い物休憩もあります。BackPacker803612さんの口コミ

JR九州 或る列車(福岡県)

九州鉄道が、1906(明治39)年にアメリカのブリル社に発注した豪華客車をイメージして作られた「或る列車」。ゴールドの車体には唐草模様が描かれ、上品な雰囲気。照明と格子が施されたの天井や、壁面のステンドグラスと組子細工も目を引きます。2019年9月現在、東京・南青山のレストラン「NARISAWA」の成澤由浩氏が監修したスイーツコースでは、旬のフルーツをふんだんに使ったスイーツをメインに、九州の肉や魚、野菜などを使用したNARISAWA“bento”を堪能できます。

投稿者:たとから

投稿者:たとから

投稿者:旅行好きよこちゃん

JR九州のメルマガで、空席があることを知り、地元の者ではありますが、前々から気になっていたので、予約しました。乗車すると、最初にウェルカムドリンクサービスがあり、その後、成澤由浩シェフ監修の「NARISAWA BENTO」を頂き、ハウステンボス駅に近づく頃から、デザートが順次運ばれて来ます。どれもとっても上品で美しく、とっても美味しかったです。食事、スイーツは全て月替わりです。値段はお高いですが、優雅な時間を過ごさせてくれるので、とても満足でいい思い出になりました。Ambassador802744さんの口コミ

今回の素晴らしい体験のなかで特に嬉しかったのは、一番下の子どもへの対応です。10歳未満の子は乗車できないのでホームより見送りだったのですが、アテンダントの方が色々お声をかけて下さり、発車前であれば車両内の見学はOKですよと提案して下さったり、発車後も誕生日の人にのみ渡される?カードにメッセージを書いて下さいました。ホスピタリティ溢れる応対こそこの列車の魅力だと思います。suzuka879さんの口コミ

おれんじ食堂列車(熊本県〜鹿児島県)

九州西海岸の海沿いを走ります。お料理は時間ごとに異なり、2019年9月現在のランチは、テレビ番組『料理の鉄人』で人気を集めたフレンチの達人、坂井宏行氏がプロデュース。活サザエと里芋のクロメスキーや、鹿児島黒毛和牛の黒ビール煮など、海・山・里の幸をふんだんに使った料理が楽しめます。乗務員による沿線の観光スポットや歴史についての車内アナウンスも楽しみのひとつです。

投稿者:ステッチ

投稿者:LTB511

投稿者:LTB511

冬の平日なのか?スウィーツ列車では貸し切り状態でした。その状態でも非常に対応良く、親切な車掌さん、またアナウンスを担当していたやさしい方言が特徴の女性添乗員さん。天気も非常に良く、雲一つない快晴。のんびり、ゆったりと午後のコーヒータイムを堪能できました。まだまだ乗車したい気持ちでいっぱいでした。1qaz2wsx1qaz2wsxさんの口コミ

湯の鶴迎賓館 鶴の屋 の井手シェフと坂井シェフ監修スペシャルランチ 手間と時間がかかっている料理だなーと感じました。 最高のひと時でした。景色も良く おれんじ食堂クルーも笑顔が素敵で快適でした。mrchildren122052さんの口コミ

車窓からの景色を楽しめるだけでなく、その土地の名産・名物が楽しめる観光列車。内装にもこだわった車内でおいしいひとときを過ごしませんか。どの列車も人気が高いので、早めの予約がおすすめです。

この記事に関するタグ

話題の記事