没後125年 狂気の天才・ゴッホの原点を知るオランダへ!

日本でも人気のポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。今年、2015年はゴッホ没後125年という節目の年で、母国オランダでは記念イベントが多数開催されています。そこで各地で開催されているイベントやゴッホゆかりの地を旅行者の口コミと投稿写真で紹介しながら、狂気の天才と呼ばれたゴッホの素顔に迫っていきます。

ゴッホ美術館

アムステルダムにあるゴッホ美術館は世界最大のゴッホのコレクションを誇る美術館。モダンな建築が特徴的で、特別展などが開催される別館は黒川紀章が設計しました。周辺は緑豊かな公園になっていて、美術館のあとにのんびりするにも最高です。 ここでは、没後125年を記念し、ゴッホとムンクの共通点と相違点を探る興味深い企画展が予定されています。 ●ムンクとゴッホ展 2015年9月25日~2016年1月17日 www.vangoghmuseum.com

zehan814さんの投稿写真

VladimirSotnikovさんの投稿写真

ただし結構並びます…

Dana Mさんの投稿写真

出発前にe-チケットを入手。国立ミュージアムは半年間有効ですが、ここは日時指定になります。14:00の予約でしたが30分前に到着。液晶パネルには13:30の表示でしたが、係員にチケットの14:00を見せると「何の問題もない」と通してくれました。予約をしていないと延々と並ぶ羽目になりますので、是非予約しておいてください。生前、全く評価されずに絵が売れなかったおかげで散逸することなく、ただ一人の画家の名前の美術館として此処にあることは感慨深いものがあります。図録も日本語版はこの美術館だけだったと思います。日本人のゴッホ好き、また浮世絵が好きだったゴッホのおかげででしょうか。カフェは国立ミュージアムと違ってセルフサービスなので、サンドイッチなど現物を見て選べるので安心です。生ジュースがとても美味しかったです。チンジャオさんの口コミ

クレラー・ミュラー美術館

オッテルローにある美術館で、世界で2番目のゴッホ・コレクションを誇り、約90枚の絵画と180枚の素描を所蔵しています。なかでも『夜のカフェテラス』や『アルルの跳ね橋』は有名。美しい緑に包まれた屋外の彫刻庭園も見ものです。 ここでは肖像画、自然画、農村や町並みの絵、静物画などのテーマに沿って、ゴッホと同時代のほかの画家たちの共通点と相違点を見ていく企画展が開催されています。 ●ファン・ゴッホ&Co展 2015年9月27日まで www.krollermuller.nl

Preston Pさんの投稿写真

kota3さんの投稿写真

個人の美術館らしい、気持ちのよい大きな空間で彩られています。鑑賞専門の美術館だけではなく、「野外パークで遊べる」というコンセプトも共感できます。ゴッホに没頭しつつ、絶妙なタイミングで野外に出て、森の空気を味わえる仕掛けも◎!豊かな環境なので、食事も館内もしくは持参してピクニック気分での1日滞在プランをおすすめします。また、自転車も無料でレンタルできるので森をサイクリングするのもいいですよ~♪mitakentaさんの口コミ

ファン・ゴッホ・ヴィレッジ

ゴッホが30~32歳のとき滞在し、『じゃがいもを食べる人々』などを制作した町、ヌエネン。ゴッホが描いた風景がそのまま残っている場所です。屋外博物館として、ゴッホが絵を描いた場所など21のゆかりの場所をたどるゴッホルートが用意されています。

nibainnoさんの投稿写真

施設より提供

ヌエネンでのゴッホの足跡を紹介するフィンセンターでゴッホに関する情報を得ることができてとてもよかった。センターはとても使いやすく整備されていて、見せ方もおもしろく非常にうまいと思いました。スタッフも知識にあふれ、折にふれて情報提供してくれました。小さなショップやコーヒーショップもレベルが高いと思いました。遠回りでも足を延ばす価値はあると思います。 Penoatさんの口コミ

フィンセント・ファン・ゴッホの家

ゴッホが16歳まで過ごしたというオランダ・北ブラバント地方のズンデルトにある生家。現在は資料館になっており、ゴッホのルーツを知ることができます。
Nederland, Zundert, 11-09-10 Van Gogh Huis. © Foto Merlin Daleman

写真提供 オランダ政府観光局 www.holland.com

ゴッホが16歳位まで過ごした町。静かでのんびりしたズンデルトに行くということは恐らくゴッホに興味があるからということになると思いますが、ゴッホの生家自体は今は記念館になっています。ゴッホのスケッチなどはありますが、絵を見に行くということが目的であれば、他にもいい美術館が沢山あるでしょう。家に面した広場近くには牧師さんであった父親が働く教会だったり、兄弟が眠るお墓があります。教会は運よく中に入ることができましたよ。てぃーぬさんの口コミ

アイントホーフェン ファン・ゴッホの小径

北ブラバント州にあるアイントホーフェンは、電球の製造からスタートした家電メーカーPHILIPSの創業の地。ここには、ゴッホの『星月夜』をモデルにした光る自転車専用道路があり話題になっています。 アイントホーフェンは毎年11月にライトアップイベントを行っており、今年はゴッホの没後125年を記念したライトアップを計画しています。 ●GLOW Eindhoven 2015年11月7~14日 http://www.gloweindhoven.nl/

AnaCohさんの投稿写真

この道はゴッホの町として知られるヌエネンへ数kmというところにあります。夜はとにかくゴージャス!AnaCohさんの口コミ
生前は無名の画家で、死後約10年たってから世間に知られるようになったゴッホ。そんな数奇な人生を送った画家の足跡をたどる旅に出てみませんか? 旅のありがとうを伝えたたい トリップアドバイザー

この記事に関するタグ

話題の記事