ドイツのソウルフード、カリーヴルストがウマい!

海外を旅していると、見た目や栄養バランスはヒドいけど、暴力的なまでにウマい、ヒドウマ*な食べ物に出会うことがあります。今回は、ドイツのヒドウマめし「カリーヴルスト」を紹介します。

Wurst(ヴルスト)はドイツ語でソーセージという意味なので、カリーヴルストとはつまりカレーソーセージのこと。でもソーセージがカレー味なわけではなく、カレー風味なのはソース。もっというと、焼いたソーセージにたっぷりとケチャップを添え、そこにカレーパウダーを振りかけるのが基本レシピです。

とってもシンプルな料理ですが、店によってソーセージの味やソースのレシピが異なり、なかなか奥が深い。食べ比べてみると、何だかハマってしまう常習性も…。ということで、今回はカリーヴルスト発祥の地、ベルリンから人気店のメニューを見てみましょう。

トリップアドバイザーの口コミによると、ベルリンで最も人気の高いカリーヴルストスタンドはCurry61。ケチャップ+カレーパウダーというスタンダードなスタイル。ポテトを添えるのが一般的です。

Martin Zさんの投稿写真

コッテリいくなら、ポテトにマヨネーズをたっぷり!

Tomek86さんの投稿写真

ベルリンに行くなら、ぜひカリーヴルストを試してみて! 安くておいしいファストフードです。観光途中のランチには最適ですよ。Jla007さんの口コミ

カリーヴルストは、ベルリンで必ず食べたい料理のひとつ。皮付きと皮なしをオーダーしスパイシーソーセージをチョイス。もちろんフライドポテトも欠かせません。これにビールがあれば完璧です。WorldWideWalkingさんの口コミ

カレーパウダーは店によって秘伝のレシピが。食べ比べてみるとハマりますよ!

kharada46さんの投稿写真

ソーセージ自体、スパイシーだったり、ハーブが練り込んであったりとオリジナリティが。Dom Curryのソーセージは、皮がカレー風味なんだとか。

MariaGertraudさんの投稿写真

ベルリン名物カレーソーセージのお店で、テイクアウトでもその場でも楽しめます。ただのカレー味のソーセージではなく、カレーの衣がついているのがこのお店のCurry Wurstの特徴のよう。フライドポテトと共に食べていると、どんどんビールが進みます!おやつにも軽食にもピッタリ!Ken Yさんの口コミ

ちなみに人気店には行列ができます。並んでまで食べたいカリーヴルスト、気になりますよね…。

FormerCaliBoyさんの投稿写真

カリーヴルストはドイツの国民食といわれ、ドイツ全土で年間約8億食、ベルリンだけでも7000万食が消費されるんだとか。ついにはベルリンにカリーヴルスト博物館が登場するまでに。日本でいうところの新横浜ラーメン博物館みたいなものでしょうか。

MarkRoddisさんの投稿写真

Wer Nさんの投稿写真

ベルリン名物のカレーソーセージ「カリーヴルスト」専門の博物館です!
ベルリンを訪れたからには一度は食べたいカリーヴルストですがその歴史などをまとめて博物館にしてしまったという変わり種です。
若干、入場料は高いですが、入場料にはカリーヴルストの試食もついているので知的好奇心とお腹の両方を満たすことができます。
博物館の展示は、ベルリン内のカリーヴルストのお店を人気度とともに一覧化した立体マップや、その成り立ち、カリーヴルストスタンドの実物、そしてゲームなどがあります。
特にゲームは単純ですがとてもハマります。
一風変わった博物館ですが、カリーヴルストを深く楽しく知られるのでおススメです!Parukomushiさんの口コミ

ドイツではどこでも食べられるカリーヴルストですが、日本の場合はドイツ料理専門店で食べられることが多いようです。

例えばこちら、インビスハライコ 六本木店。ドイツ直輸入のソーセージが食べられるお店です。

エンゲルみかかさんの投稿写真

ドイツの imbiss hareico社の日本アンテナショップの位置付けの店舗。
モーニング・ランチ・ディナー、それぞれにドイツソーセージを味わうことが出来る。
食材はほとんどがドイツからの直輸入。ソーセージ10種類・パン5種類・サラダ5種類。ドイツビールも種類豊富。コーヒーは香りがとても良いヤコブス。
月に一回、1週間食べ放題を実施。エンゲルみかかさんの口コミ

東京・表参道のシュマッツや神戸市・三宮のDie Currywurstなど、カリーヴルスト専門店も登場しているので、日本でポピュラーな存在になる日も近い!? 人気が上昇する前に、皆さんもドイツのソウルフードをぜひお試しあれ。

旅のありがとうを伝えたい トリップアドバイザー

*「ヒドウマ」は、料理勉強家ヤスナリオさんの命名です。

この記事に関するタグ

話題の記事