町全体がアート作品! プサンの甘川文化村がかわいいっ

町じゅうにアートが点在し、見るものの目を楽しませてくれるかわいらしい町が韓国のプサンにあります。それが観光地として現在注目を集めている甘川文化村(カムチョンムナマウル)です。

東西を山に囲まれ、南側には海を望む斜面につくられた甘川文化村は、もともと朝鮮戦争の際に避難してきた人々が住む集落でした。その後、景色に魅了されたアーティストたちが次々と移住。2009年にはパブリックアートを取り入れた町おこしが行なわれたことで、カラフルに塗り替えられた家が建ち並ぶプサン屈指の観光地へと変身しました。そんな甘川文化村では地図を片手に、町全体を飾る色とりどりのアートを探して歩くのがとっても楽しいんです。口コミとともに詳しく見ていきましょう。

韓国のマチュピチュ!? 山の斜面に並ぶカラフルな建物

甘川文化村へはプサン中心部の南浦洞(ナンポドン)から車で20分ほど。山の急斜面に色鮮やかな建物がびっしりと並び、町全体がまるでひとつの芸術作品のようです。その美しさはペルー最大の観光地マチュピチュにたとえられるほど。それほど大きな規模の町ではありませんが、高台から全景を見下ろしたり、アート作品を巡ったり、楽しみ方はいろいろ!

急な斜面にカラフルな建物が所狭しと並んでいます。

華ちゃんさんの投稿写真

なかなかの密集具合。迷子になることうけあいですね。

Jacqueline Aさんの投稿写真

海側を見下ろすとこんな眺め。

Jacqueline Aさんの投稿写真

小さな家が急傾斜地に並んでいて、それぞれの家が強烈にカラフルな塗装を施されている。全体にはモザイクのようなカラフルな街並みとなっていて、思わず感動。ya1959maさんの口コミ

路地に点在するポップなアート

迷路のように入り組んだ路地が特徴的な甘川文化村。アート作品は町じゅうに点在しており、ただやみくもに歩くだけでは100%迷ってしまいます。効率よく見どころをまわるなら、地図の付いたガイドブックの購入(日本語もあり)がおすすめです。さらに知識を深めたい人は、ガイドツアーに参加するのもいいでしょう。

ブルーの外壁に映える花の絵やオブジェがかわいいっ!

ちびた78さんの投稿写真

とってもアーティスティックな家! ギャラリーだけでなく、普通の住居までカラフルだなんて信じられないですよね。

Anasya Pさんの投稿写真

Anasya Pさんの投稿写真

階段や路地裏の壁にもキュートな絵が描かれています。

Stodds73さんの投稿写真

hakonekotさんの投稿写真

疲れたらカフェでひとやすみ。もちろんここにもかわいらしいペイントが施されています。

ヤマチャン1世さんの投稿写真

カラフルな家々が密集して立ち並び、アートの様でした。カメラスポットが何箇所かあり、そこからの景色は絶景でした。入り口でマップを買い、スタンプラリーができます。とにかく坂道と階段が多いです。メイン通りから一本中に入ってしまうと、まるで迷路のようでした。okei_13さんの口コミ
小さな家々の壁に楽しい絵が描いてあって細い階段を上り下り楽しく歩くことが出来ました。けっこう歩いたようですがほどよい距離で楽しかったです。途中に小さなギャラリーのようなセンス良いお店やカフェもありました。私達は食べませんでしたがトッポギやオデンのお店もあり楽しい行って良かった観光スポットでした。おけいちゃんさんの口コミ

ユーモアあふれるおもしろオブジェを発見!

町のいたるところに置かれているのが、ちょっとクスッと笑ってしまうユーモアたっぷりのオブジェ。こちらも町おこしの一環として作られたアート作品の一部なんです。

ズボンを鉢植えにするなんて、斬新すぎませんか?

CraigDN72さんの投稿写真

人形の後ろに描かれた絵と、実際の風景がうまくマッチするように作られたトリックアート。

今日も明日もさんの投稿写真

カラフルな鳥?と思って近づくと、なんと人面鳥。ちょっと不気味です……。

blingbling18さんの投稿写真

ハングル文字をアートにした作品。

MichaelChyeさんの投稿写真

「単に街並みを見るだけ」なのですが、カラフルな街並みとところどころにあるアーティスティックなモニュメント、少し高いところから、別の角度から・・・といろんな風景を見ることができてとても楽しかったです。ものすごく急な坂と階段を登ったり下りたりするので、是非スニーカーを履いていくことをお勧めします。膝の悪い方や高齢者には少しきついかもしれません。papitokaさんの口コミ
山肌に張り付いたように蝟集している建物が、カラフルに彩色された景観が素晴らしいところです。文化村という趣は充分に感じられますが、村内各所に隠し味的に存在する、ユーモアが更に素晴らしい所です。その意味で癒しの空間、癒しの村といいたいと思います。ヤマチャン1世さんの口コミ

記念撮影におすすめのアート作品

アート作品のなかには、思わず一緒にポーズを決めたくなるような撮影スポットもたくさん。旅の思い出に記念撮影をするのも楽しみのひとつです。

童話『星の王子さま』をイメージしたオブジェ。王子とキツネの間に並んで座り、後ろ姿で写るのがお決まりのようです。

fuschialさんの投稿写真

子どもたちと一緒にパズル遊び♪…なんていう写真も撮れます。

as3d89さんの投稿写真

ここでポーズを決めて写真を撮るのが、ラブラブのカップルに人気!

samtly7097さんの投稿写真

コミュニティセンターには昔の銭湯の様子が残っています。居眠りをする番台のおばちゃんとパチリ。

romeojuliet2012さんの投稿写真

ここは写真撮影スポットが多いので、必ずカメラを持って行きましょう。高台からの景色も綺麗ですし、街中はアートで溢れています。バスで行くのは少し難しいかもしれません。慣れない方は駅からタクシーで行かれると良いと思います。Japanish Gさんの口コミ

プサン中心部から甘川文化村へのアクセスは?

甘川文化村は地下鉄の駅より少々離れているので、チャガルチ駅や南浦(ナンポ)駅、土城(トソン)駅からバスかタクシーで向かいます。

「ハングルが読めないし、目的地で降りられるか不安」という方はタクシーを利用するのがおすすめ。バス停を探す手間が省けるだけでなく、ドライバーに行き先を伝えれば文化村の入口まで連れて行ってくれるので、とっても便利です。また、複数人で行くならタクシーのほうが安い、という口コミも寄せられています。

バスの乗り継ぎもあるようですが、面倒だったのでチャガルチ駅辺りからタクシーにしました。運転手にガイドブックの写真などを見せるとすぐにわかってくれました。料金は4500W前後ぐらい。ソウルと違い、釜山の運転手は感じが良く安心でした。mayura8さんの口コミ

前回は地下鉄とバスを乗り継いで行きましたが、今回はチャガルチ駅からタクシーでいきました。近い近い~10分くらいで着きました。行きは3500ウオン、帰りは3400ウオンでした。二人ならこのほうが楽でお安いです。朝早く行ったので空いていて空気も澄んでいて気持ちよかったです。展望台は朝九時からでまだあいていませんでした。路地にはたくさん猫がいてほのぼのした気分になれます。keiponnさんの口コミ

東京からプサンまでは直行便で約2時間15分とすぐ。今度の週末を利用して、ぷらりと韓国有数のカラフルな町、甘川文化村へお出かけしてみてはいかがでしょうか?

この記事に関するタグ

話題の記事