パリ、フォンダシオン ルイ・ヴィトンで最先端アートに触れる

緑豊かなパリ・ブローニュの森に2014年10月にオープンしたフォンダシオン ルイ・ヴィトン。その名からもわかるように、ルイ・ヴィトンなどを傘下に収めるLVMHグループが手掛けた現代アートの美術館です。所蔵品もさることながら、現代建築の奇才と呼ばれるフランク・ゲーリーが設計した建物もため息もの。 オープンしてまだ1年たっていないにも関わらず、早速パリの新名所として流行に敏感な人に注目されています。

建物そのものがアート作品

美しくユニークなガラス張りの外観。前衛的でありながら、周辺の美しい自然に溶け込む様はさすがです。

Sefipoさんの投稿写真

Alvar0_l0さんの投稿写真

Paul Mさんの投稿写真

CRACCO70さんの投稿写真

Pierre-Jean dさんの投稿写真

k mさんの投稿写真

訪れている人も素敵なら、撮られた写真も素敵です

訪れる人もみなどこかおしゃれ。訪れるだけで、自分がなんだか現代アートの最先端を行っているような気がします。撮る写真もアーティスティックになってくるから不思議です。

Jacques mさんの投稿写真

Geotouristeさんの投稿写真

Jetlagerさんの投稿写真

現代アートの殿堂です

常設展に加え、さまざまなテーマで企画展も開催されています。 正直、私のような凡人には理解しがたい、斜め上を行った作品も多数…。ええ、これぞ現代アートです!

Seb1231さんの投稿写真

Seb1231さんの投稿写真

Jojo Sさんの投稿写真

La Kさんの投稿写真

clissyMilanoさんの投稿写真

Sara Fさんの投稿写真

ショップ、優秀でした。おみやげはここで買うのがいいと思った。2ユーロの鉛筆おすすめ。14ユーロのポーチも。Fondation Louis Vuitton の名前入りですがLVロゴでないせいかこじゃれててやすいw オンライン予約して土曜の朝一いきましたが、オラファー・エリアソン展終了近かったせいか入場待ちが15-20分くらいありました。2月で雨天でしたが雨のあたる外で待つので苦笑気味です。ogaawaaaさんの口コミ
地上階のExposition contact(2015/2/23迄)鏡の通路が綺麗。外からも見える、水の流れる様子も気持ち良い。le jardin d’acclimation公園からの全体像に、惚れます。予約入場する方が良い! 待ち疲れでは楽しみが半減します! 待ち時間は定かではない。nikySuresnesさんの投稿
パリへ行ったことのある人も、ない人も、ぜひ次のパリ旅行の目的地に追加してくださいね。フォンダシオン ルイ・ヴィトンのホームページから予約するのをお忘れなく! 旅のありがとうを伝えたい トリップアドバイザー

この記事に関するタグ

話題の記事