スペイン・バレンシア、街中が炎に包まれる「サン・ホセの火祭り」へ!

スペイン東部、地中海沿いに位置するバレンシアは、スペイン第3の都市。マドリードやバルセロナに比べると知名度はいまひとつかもしれませんが、見どころがコンパクトにまとまっていておいしいものが豊富な、旅するのにピッタリな街なんです。毎年3月には、街中が炎に包まれるすごいイベントが開催される、魅惑の街バレンシアをご案内します。

サン・ホセの火祭り

時期がスペイン三大祭りのひとつ「サン・ホセの火祭り」が行われるのは、毎年3月15日から19日にかけて。住民が数カ月かけて作成する「ファジャ」という張子人形が設置されると、街は一気に華やかになります。趣向を凝らした人形は、最優秀作品ひとつを除いて、最終日の夜に全部燃やされてしまうというのだから驚きです。

投稿者:JavierGdD

投稿者:Cifuentes26

投稿者:JuanFreire

とにかく最高!!!の一言
まず、周辺のビルと同じくらいの人形のスケールに驚きました。それぞれの人形が非常に精巧な作りで色使いもとても綺麗で感動します。日中の人形も良いですが、夜はライトアップされてまた違った表情を見せてくれます。ssatotchさんの口コミ
祭りのラスト1週間の期間に毎日午後2時から超クレイジーな爆竹ショーがあります。祭り最終日の前日、前々日くらいはスペイン各地からこの祭りを楽しむため人が押し寄せますので、2時間、1時間前に行っても手遅れでよい場所からこのショーをみれないので、時間と宿があればはやめにバレンシア入りして祭り最終日から4,5日前くらいにみることをオススメします。judie555さんの口コミ
間近の打ち上げ花火やファリャが燃えるのは本当に見応えはありました。
このお祭りに行くのであれば、宿はどうにかなりますが(高いけど)、交通機関は早めに予約してください。FarAway803324さんの口コミ

バレンシア大聖堂

市の中心部にある大聖堂には、キリストが最後の晩餐で使用したとされる聖杯が所蔵されています。建設が始まったのは1262年。増改築を経て、500年近くかけて完成しました。ひとつの建物で、ゴシック、ロマネスク、ルネサンスなど様々な建築様式が見られるのが特徴です。「ミゲレテ」と呼ばれる鐘楼に登ると、街を一望できますよ。

投稿者:marekiara

投稿者:spolivia

投稿者:CIVETTA87

市内中心の市庁舎から歩いて7-8分です。外観はそう大きくないのですが、内部はきらびやかな装飾やタイルがあり、楽しく観光できます。monto18さんの口コミ
日本語オーディオガイドを借りられます。
イエス・キリストが最後の晩餐で使用したと言われる聖杯が、聖杯礼拝堂にあります。そのレプリカを美術館2Fで間近に観ることができました。
カテドラルの1つひとつの礼拝堂も、オーディオガイドのおかげで理解しながら廻ることができ、とても感銘を受けました。KanacocoHartwellさんの口コミ
決まった時間に行くと無料ではいれる。
中は歴史を感じられる作りでとてもよかった!バレンシアに行った人はぜひ行ってください。ステキな場所です。
塔も付属されててプラス2ユーロであがることができます。207段階段ありトリップアドバイザー・メンバーさんの口コミ

ラ・ロンハ・デ・ラ・セダ

15世紀頃、バレンシアでは絹産業が盛んでした。一見するとお城のように見えるゴシック様式のこの建物は、かつての絹の商取引所。ヤシの木をイメージした高さ16mの巨大な柱や、彫刻が見事な天井など、華やかな時代の雰囲気を感じられます。1996年、ユネスコの世界遺産に登録されています。

投稿者:Flavia66

投稿者:Shalymar_italia

投稿者:yaguanabo

バレンシア中央市場の真ん前にある建物です。以前は絹の商取引の会場として使われております。内部の柱やステンドグラスを楽しみましょう。 そう広くはないので、じっくりと見ても時間がかからずに済みます。monto18さんの口コミ
この博物館の建物自体が世界遺産らしいが、僕には中の展示がとても興味深かった。
館内説明をヘッドホン(入館料金に含まれる)で聴きながら、ヴァレンシアの絹産業の歴史、そして絹製品、また実際に織機での製作などを見学しました。
中はとてもこじんまりしていますが、長い歴史を感じさせる建物やマネキンを使った衣裳など行く価値が有ると思います。Magpie1947さんの口コミ
世界遺産としても登録されているこちらは、バレンシア中央市場目の前にあるので、中央市場目当てでも、サクッと立寄る事ができます。中は意外とコンパクトなので、30分はあれば十分かと思います。tama105さんの口コミ

コロン市場

1916年完成のコロン市場はバレンシア出身の建築家、フランシスコ・モラが手がけたもの。2003年に修復工事を終え、カフェやレストランが並ぶショッピングモールのような場所になりました。ここを訪れたなら、ぜひ飲んで欲しいのが「オルチャータ」。チュファ(蚊帳吊草)の地下茎と水、砂糖だけで作った、バレンシア生まれの、冷たくて甘いドリンクです。どのカフェのメニューにも載っているので、休憩がてら試してみましょう。

投稿者:w_willemsen27

投稿者:jhonq

投稿者:HansM-NL

圧倒的に有名なバレンシア中央市場に比べ、
この市場は、1階がレストラン街になっていて、
地下に、少々、食料品を売る店があります。
入口にはきれいな花屋があり、中に入ると、両側にずらっといろんなレストランがあります。
時々、ミニコンサートイベントも開催されているようです。FarAway803324さんの口コミ
綺麗な建物なので、建物を見に行くのはおすすめです。少し旧市街から離れていました。Seaside807453さんの口コミ
1階はおしゃれなカフェばかりで、まったく市場ではありません。本当におしゃれです。市場を期待して行ったら裏切られました。疲れたらここでゆっくりするのはかなりおすすめできます。FarAway803324さんの口コミ

国立陶器博物館

バレンシアは陶器の街としても有名。中心部から徒歩5分の国立陶器博物館は、地元バレンシアの作品を中心に、紀元前から現在までの国内外の陶器が展示されています。驚くことに、展示物の大半は学者のマヌエル・ゴンサレス・マルティのコレクションだったのだとか。さまざまな陶器のほか、貴族が乗っていた馬車や伯爵が使っていた部屋など、往時の豪華絢爛な暮らしを垣間見るいい機会にもなっています。

投稿者:AliceFromWonderland

投稿者:Leslie P

投稿者:rulu12

陶器で有名なマニセスなどで作られた作品が多数展示されている陶器の博物館です。昔の貴族の屋敷なので、内装外装が豪華でもとても素敵です。 タイルが敷き詰められたバレンシア式キッチンと陶磁器の部屋が必見です。emipraさんの口コミ
メルカート広場のすぐ近くにある博物館です。とにかく外観がすごいです。ロココ調の正面入り口のファサードが美しすぎます。チュリゲラ様式と言うそうです。かつては貴族の館と聞いて納得しました。この建物は、建築ファン必見です。pontan420さんの口コミ
入口から格調高く、コレクションも上品な品物が多数。陶器が好きな方にはたまらないお宝の山ですね。美しい陶器人形、お皿、室内もロココ調の部屋があったりしてまばゆいばかりのコレクション。シンデレラに出てきそうな2頭立て馬車のなんと絢爛豪華なこと。ゆっくり見ていますと時間を忘れそうです。Companion805216さんの口コミ

芸術科学都市

市内を流れるトゥリア川の一部を埋め立てて作った芸術科学都市は、バレンシアの新しい観光スポット。プラネタリウムや3Dを活用したショーが見られる施設「レミスフェリック」は、人の目をモチーフにしたデザインで話題に。ほかに、ヨーロッパ最大の水族館や科学博物館、オペラが上演される劇場があります。敷地内の人工湖では、ウォーターアクティビティを楽しむこともできますよ。

投稿者:Alessandro

投稿者:Maurizio B.

投稿者:Maicol87

旧市街の雰囲気とは打って変わって近未来的な雰囲気のエリア。
ジョージ・クルーニー主演のディズニーSF映画「トゥモローランド」のロケ地にもなってます。
オペラハウス、IMAXシアター、科学博物館、水族館などがあり、建築を見てるだけでも楽しい。hommemoutonさんの口コミ
限られたスペースではありますが、近未来的で興味深い建築がいくつも並び面白い。水族館や3D映画館、科学博物館など、すべてを内部まで見ようと思えば、結構時間も必要ですから、そのつもりで。keik839さんの口コミ
昼と夜とでは雰囲気が違います。夜は夜景が綺麗で、散歩をしているカップルがたくさんいました。ホテルが並ぶエリアなので、夜一人で自転車で行きましたが、治安面で不安はありませんでした。
動物の骨をモチーフにした設計だそうで、見れば納得です。トリップアドバイザー・メンバーさんの口コミ

ナバーロ

スペイン料理の代表格、パエリアはバレンシアが発祥の地。本場のパエリアを食べてみたい!という方にオススメなのが、地元の人にも人気のこちら。魚介がふんだんに入ったシーフードパエリアもオススメですが、本場で食べるバレンシア風パエリアはまた格別。具材は鶏肉とウサギ肉、かたつむり、モロッコいんげん。前日までに予約しないと食べられない、スペシャルな一品です。

投稿者:OzFoodFiend

投稿者:chicco65

投稿者:Vanessa

そして真打、パエージャ2種(バレンシア、シーフード)登場です。
シーフードももちろん美味しいのですが、ここは元祖パエージャをお奨めします。
ウサギ肉、鶏肉、カタツムリ、平たいインゲンが入った伝統的なパエージャで、和を感じる日本人に親しみやすい味でとても美味しく頂きました。Aogumiさんの口コミ
シーフードパエリヤも海鮮がとても新鮮でどれもとても美味しかったです。ファジャスの時期に美味しくて2回も行ってしまいました。 味もしょっぱくなく日本人にも安心して美味しく食べれるレストランでした!! お勧めですよ!!kanadesign99さんの口コミ
本場のパエリアを食べるため、バレンシアまで行きました。予約必須の人気店との事で、日本からメールで予約をしました。パエリアは時間がかかるので予約時にメニューを決めておくと良いとの事でした。nasimomoさんの口コミ

エル・ラル

モダニズム建築の美しい中央市場近くにある、地元の人に愛される名店。パエリアだけでなく、イベリコ豚の生ハムがおいしいと評判です。パエリアはオーダーを受けたあと、生米を煮て仕上げるので30分以上かかりますが、バレンシアオレンジのジュースやワインをちびちびやりながら、前菜をつまんでいればあっという間ですよ。

投稿者:alongdecember

投稿者:KOP0706

投稿者:BKC2013

サービス、料理がとても良かったです。カバをボトルで、バレンシア風サラダ、エビのアヒージョ、パエージャで大満足。頼みすぎないように気をつかってくれて助言してもらえます。本家バレンシアのパエージャはウサギ、鶏肉を使ったものでとても美味しかったです。yamadaosamuさんの口コミ
バレンシア風のパエリアが食べられると口コミで見て行きました。
パエリアは2人前からの注文だったので2人前を注文したらとても大きい鍋で出てきてビックリしました!取り分ける用のスプーンも特殊な形をしていて面白かったです。reco0122さんの口コミ
地元の方に人気のお店だと聞いていたのでEl Rallでバレンシア風パエリャを食べました。
前日にPlasa de la Reinaのレストランでツーリストメニューでパエリャを選んで食べたのですが、
ここのパエリャは大変美味しくて大満足でした。Global803346さんの口コミ

ラコ・デル・トゥリア

パエリアと違って、バレンシアを訪れなければまず食べられないのが、郷土料理の「アロス・アル・オルノ」。見た目はパエリアにそっくりですが、ガスや薪の直火で炊くのではなく、オーブンで炊き上げます。豚バラ肉、モルシージャ(豚の血のソーセージ)、肉団子といっしょに、ジャガイモやトマト、まるごと1個のニンニクが入っていて、食べると体の芯からポカポカ。タイルをふんだんに使用した店内は、バレンシアらしい雰囲気に満ちています。

投稿者:Storyteller109831

投稿者:Vicent Gil

投稿者:Vicent Gil

こちらの名物は、バレンシア地方でしか頂けないという、バレンシア州ハティバ(JátivaあるいはXátiva)の郷土料理「アロス・アル・オルノ」(Arroz al Horno)。見た目はパエリアと変わらないやん!と思うかもしれませんが、具材や味付け、食感が違います。おコゲ好きには程よいカリカリ感が楽しめます。事前に電話予約しておくと、一人前からオーダーできるので、助かりました。tama105さんの口コミ
地元民がランチで気楽に訪れるようなお店であり、どうやら家族経営でもあるようなので、肩肘張らず食事が楽しめると思います。UCH116233さんの口コミ
very good quality, fantastic service. Appetizers were amazing.
Paella very good (especially the Valenciana one). Nice, clean and classic ambiance.
抜群のクオリティに、素晴らしいサービス。前菜も最高でした。
パエリアも美味(特にバレンシア風のパエリアが)。キレイでクラシックな雰囲気の店です。lucaballaさんの口コミ

バレンシアは観光スポットやグルメが充実しているだけでなく、気候もいいんです。冬は暖かく、夏は最高気温30度前後でさほど高くなく、通年過ごしやすいのが魅力。火祭りが開催される3月を逃しても、十分楽しめること間違いなし! さあ、今年の旅はバレンシアで決まり!!

この記事に関するタグ

話題の記事