プラハから足を延ばして!チェコのかわいい街巡り

中欧のなかでオーストリアのウィーンと並ぶ人気の都市がチェコの首都、プラハ。14世紀に造られた街並みが今も残る美しい街は「建築博物館」「百塔の街」などと称されています。チェコでまず訪れるべきはプラハというのは間違いないところ。ただチェコにはプラハ以外にも、ボヘミア様式の建物が並ぶかわいい街がたくさんあるんです。今回はプラハから足を延ばして訪れたい小さな街々を紹介します。

チェスキー クルムロフ

チェコでいちばん美しいと言われる街、チェスキー クルムロフ。プラハからバスや電車で3〜4時間の南ボヘミア地方に位置し、森を縫うように流れるヴルアヴァ川に沿って街が広がっています。中世から時が止まったようにその姿をとどめる街は「眠れる森の美女」とも呼ばれ、世界遺産に登録されています。

投稿者:Jessica L

街の始まりは13世紀のこと。ヴィートコフ家が城を造ったのをきっかけに、14世紀に街を支配したロジュンベルク家が発展させ、16世紀にはほぼ現在の街の姿ができあがりました。

それでは街を散策してみましょう。

まず訪れたいのがチェスキー クルムロフ城。13世紀に建てられて以降、改修、増築を重ね、それぞれの時代の建築様式が調和した独特の建築スタイルが特徴です。ボヘミア地方ではプラハ城についで大きな城として知られています。

投稿者:ColinForker

赤い門をくぐり最初に見えるのが城の塔。建物の1階は博物館となっており、当時の食器や美術品などが展示されています。

投稿者:bakera73

 塔には登ることができ、素晴らしい眺望が楽しめます。ただし、きつい階段を上らなくてはならないので覚悟して!

投稿者:NancyTeng

ところでさきほどの塔を見てなにかお気づきのことはありませんでしたか?それは塔の装飾が絵だということ。実はこの街は「だまし絵の街」としても知られています。城の中庭の壁画にもこの通り、柱や彫刻の絵が描かれています。チェスキー クルムロフは15世紀当時、深刻な財政難に直面していました。そのなかでなんとか城を装飾する工夫として採用されたのが、建物に絵を描いてしまうという案。城だけでなく、街中いたるところに絵の装飾があるのでぜひ注意して見てみてください。

投稿者:るなちび

どれがお城?どこまでがお城?と思いながら見ていましたが、長い年月をかけて作られていったということでした。牢屋の展示などもあり、ヨーロッパらしいなと思いました。街から見上げるお城も、お城から見る街の景観も、両方が素晴らしいです。Resort805973さんの口コミ
チェスキークルムロフ城の北側に広がる庭園のさらに北側を走る道路沿いの駐車場から、お城までは歩いて7~8分ほど。お城に入場して初めに、お城からチェスキークルムロフの街を見下ろす場所に行きました。展望台になっているそこからは「世界で最も美しい街」とも言われている街並みが一望できました。大きく湾曲したヴルタヴア川に沿って、オレンジ色の屋根がかわいい建物がひしめくように連なっている町並みは、まさにおとぎ話級の素敵さです。bakera73さんの口コミ
世界遺産に登録されているチェスキー・クルムロフ城。展望台からはチェスキー・クルムロフの美しい街並みが一望できる。展望台まで行くにはあまり整備されていない約400段の階段?を昇る必要があるので注意が必要かもしれない。しかし、展望台からみる方がより美しい世界遺産の街を見ることができる。Cosmopolitan811414さんの口コミ
13世紀にボヘミア領主クルムロフが建てたお城。中庭が第4まである。崖の上に建てられてているので眺めがとても良かった。お城の壁がだまし絵のようになっているのが面白かった。lunatibiさんの口コミ

パステルカラーの建物が並ぶ街の散策も楽しいもの。

投稿者:Marineta79

広場の手前にある聖ヴィート大聖堂に入ってみましょう。小さな教会ながら、中に入ってみるとなかなかに荘厳。人々の生活に信仰が根付いていることを感じます。

投稿者:tomcat_cattom

メインの道から細い道を少し上ると教会があり、それ程大きくないし外観も取り立てて立派な感じはしないので期待はしないではいったらこれは凄かったです。壁に順番が付いてズラッと並んだキリストの絵も全てが考えさせられるものでした。やはり、ヨーロッパならではの歴史を感じる場所でした。akema121さんの口コミ

聖ヴィート大聖堂

バブル評価 5 段階中 4.0
9位:チェスキー クルムロフの観光スポット93件中

街中には民芸品を売るショップも点在。木の温もりあふれるすてきなおみやげがみつかりそうです。

投稿者:Artemy_Orlov

チェコといえば忘れてはならないのが地ビール。チェスキー クルムロフにもいくつか醸造所を併設するパブがあります。街歩きの後にジョッキを片手に郷土料理でディナーというのはいかがでしょうか。

投稿者:Alexey K

地元のビール醸造所に行ってみました。チェスキークルムロフ城の下手、町の少しはずれにあります。中に入るとレストランがあります。午後2時頃、ビールを飲みたいのに満席。従業員の人が、建物の道に面している小さなバーがあると教えてくれました。中に入ると地元のオジサンばかりで小さな店に席はない。立ってビールを飲むことにする。白ビール4杯、ハーフと黒ビールを1杯づつ小ジョッキで注文する。美味しい。日本円で1,000円ほどという安さでした。toyoshimayoukoさんの口コミ

Eggenberg Pivovary

バブル評価 5 段階中 3.5
42位:チェスキー クルムロフの観光スポット93件中

陽が落ちて、街灯が柔らかに照らす街並みもロマンティック。プラハからは鉄道で3~4時間。日帰りもできるのですが、街中にある小さなホテルに宿泊すればより街の風情を楽しめるでしょう。

投稿者:OlegSurgutsky

 

真夏に訪ねたので、川辺のカフェでのんびりしている方や川にカヌーを浮かせて遊ぶ姿もあり、本当にのんびり歩くのに相応しい町です。あちこちにアートなオブジェが飾られ、ミニ美術館もありました。teisukekさんの口コミ
旧市街地の山手のペンションが安かったので、宿に車を置いて、颯爽と街に繰り出しました。「素晴らしい」の連発ですね。ひとつひとつ通りの向こうに、異なった景色がある。そんな驚きの連続でした。色々な時間帯で景観がどんどん変わります。全く飽きることはないですね。翌朝も、しっかり街を目に焼き付けて帰りました。Resort805973さんの口コミ
初めに訪れたチェスキークルムロフ城の展望台から見下ろす町並みはもちろん素敵です。その後訪れた、ヴルタヴァ川に架かる橋の上からの町並み、そして狭い通りのあちらこちらで、世界遺産の中世の町並みをたっぷりと味わいました。その町並みにある小さくてかわいいホテルに宿泊して、良かったです。夕食後の暮れなずむ街を散策したり、早朝の街を眺めたりできたからです。ぜひ、中世の街に宿泊することをお勧めします。bakera73さんの口コミ

チェスケー ブディヨヴィツェ

チェスキー クルムロフの手前にあるのが、1265年に建設された南ボヘミア最大の街、チェスケー ブディヨヴィツェ。1265年に王立都市として建設され、16世紀には塩の取引や醸造業などで栄えましたが三十年戦争で多数の建物が焼け落ち、現在見られるのはその大火の後に建設されたもの。バロック様式の美しい街並みが見ものです。

旧市街の中心は、プシェミスル・オタカル2世広場(Premysla Otakara II Square)。1辺が133mの正方形の広場はバロック様式とルネサンス様式のカラフルな美しい建物に囲まれています。

投稿者:Peter G

チェスケ ブデヨヴィツェに到着して、まずここに行きました。独特のスタイルの建物に囲まれた、程よく広い正方形の広場。案内地図を眺めて次なる訪問予定地を決めるのにも絶好な交通要所。ここから道が外に広がっています。一画にあるホテルの地下のスーパーマーケットで、3日間のアパート生活の必需品が調達できました。TrailBlazer810469さんの口コミ
チェスキークルムロフからバスで30分です。13世紀にボヘミア王オタカル2世が作った街。17世紀大火災で甚大なダメージを受けるが、ブルタヴァ川を利用した水上輸送やオーストリアのリンツへの馬車鉄道完成などで復興した。オタカル2世広場は旧市街の中心で一辺が133mの正方形、黒塔からの眺めがいい。Climber807137さんの口コミ

この広場を一望するには広場脇に立つブラックタワーへ。1577年に建てられた高さ72mの塔の最上階からは広場のみならず旧市街全体を見渡すことができます。

投稿者:Peter G

225段の階段を上がると素晴らしい景色に出会える。但し到着直前に30Kcを支払わなければその景色とは出会えないと言う素晴らしい場所に料金所が設置されている。旧市街には高層建築が無いのでここが1番高くどこまでも見渡せる。フルボカー城も目を凝らせば、見つけることが出来る。Tsurupackさんの口コミ
階段をトコトコと登った最後に料金を徴収するオジサンが待っていて、そこを通り過ぎると素晴らしい景色が開きます。そしてこんな塔が400年以上も前に建てられたのも素晴らしいですね。登る価値、十分あります。Kats5931さんの口コミ

せっかくならチェスケー ブディヨヴィツェから北へ4キロほど足を延ばしてみましょう。ここにはチェコでいちばん美しい城館と言われるフルボカー・ナド・ヴルタヴォウ城があります。美しいネオゴシック様式の荘厳な建物は、イギリスのウィンザー城をモデルにしたとか。建物内は有料のガイド付きツアーで見学できます。

投稿者:Ceiniog

ヴルダヴァ川沿いの街の小高い丘に建つ白亜のお城。麓のPark Hotelから歩いて15分程度。美しい庭園と中庭までは自由に散策できる。MaGuShiIさんの口コミ
城内はガイド付きで案内される。ドイツ語のツアーだったが、日本語のパンフレットが渡されるので安心。クリーム色のシンプルな外観とは異なり、内観は極めて凝った作りとなっている。無料で入れる庭も広く、のんびりとした時間を過ごすことができる。OharaS5さんの口コミ

フルボカー・ナド・ヴルタヴォウ城

バブル評価 5 段階中 4.5
1位:フルボカー・ナト・ヴルタヴォウの観光スポット15件中

プラハからは鉄道で2時間~3時間半ほど。チェスキー クルムロフと合わせて訪れるのがおすすめです。

テルチ

プラハから鉄道で約4時間。モラヴィア高地に佇むテルチは「モラヴィアの真珠」と称されるかわいらしい街です。街の中心はザハリアーシュ広場。16世紀に領主ザハリアーシュのもとで発展した街並みがそのまま残っており、世界遺産に登録されています。

投稿者:vladimir29011975

街には3つの池があり、かつてはこの池が敵からの侵入を阻む天然の要塞になっていました。

投稿者:Marc M

チェスキークルムロフからバスを乗り継いで二泊しました。ポストカードには広場の写真しか紹介されていませんが、お城の中庭や塔からの景色、そして街を囲む静かな公園をゆっくり散策すると素晴らしい景観を観る事が出来ます。広場に面する土産物屋には可愛いボタンやハンドメイドの飾りなどプラハには無い商品がたくさんあります。実際に3日間をゆっくり過ごしましたが、それでも時間が足りませんでした。lion206さんの口コミ
カラフルな建物が軒を連ね、アーケードで繋がれて整然と並んでいる姿はとても美しく、まるで絵本か童話の世界から抜け出て来たかのようでした。Journey810108さんの口コミ
パステルカラーの可愛らしい建物が並ぶ広場はまるでおとぎの国に迷い込んだようでした。お土産物屋さんで、テルチの名産のハチミツワインを購入しました。ボトルのデザインは素朴ながらおしゃれで、養命酒のような味がします。ボトルの形も可愛いのでお土産によいかもしれません。yukineko_chatさんの口コミ

街のシンボルは13世紀に建てられたテルチ城。ルネサンス様式の美しい外観が目を引きます。場内はガイドツアーで見学でき、豪華な部屋や収蔵品を見ることができます。

投稿者:Tomáš M

街を一望できるビュースポットは城の隣の聖ヤコブ教会の塔。こちらも必訪です。

投稿者:さいさいさい

旧市街の広場の端のほうにあります。内部の見学はガイドツアーのみです。写真撮影が不可なのが残念でしたが、居心地のよさそうな貴族の邸宅といった感じで個人的には好きでした。candy579さんの口コミ
団体ツアーのため自由時間が短かく城の内部は観光できませんでしたが、隣にある聖ヤコブ教会の塔に登って塔の上から城を眺めました。塔の上からは城の全景が見渡せます。城内には中庭や噴水の他何棟もの建物があり、小規模ながらも城の構えをしていました。城の赤い屋根瓦とベージュ色の壁、緑色の庭のコントラストが美しかったので、城の内部の観光ができなくても塔の上から見るだけでもいいと思います。Journey810108さんの口コミ

テルチへはプラハから訪れるほか、チェスケー ブディェヨヴィツェからも鉄道の便があるので、周遊も可能です。

クトナーホラ

続いて紹介するのは、プラハから東へ約65kmのところに位置するクトナーホラ。13世紀に銀鉱脈が発見されて以来急速に発展し、14世紀には王立造幣局が設立されたため一時は相当な賑わいをみせたものの、16世紀に銀が枯渇し衰退しました。近年、その中世のままの美しい街並みが注目され、観光客により再び賑わいを取り戻しました。こちらも旧市街が世界遺産に登録されています。

投稿者:j1954g

旧市街は石畳の小径が入り組み散策が楽しみ。小さな街なので、主な見どころは1日あれば十分に歩いて見て回れるでしょう。

投稿者:Игорь К

こちらは見どころのひとつ聖バルバラ教会。1388年に建設が開始されましたが度重なる資金不足のため、中断しつつ1558年にようやく完成。その後も改修が続き、パイプオルガンが備わるなどバロック様式の影響も合わせ持つ後期ゴシック様式を代表する建造物のひとつとなっています。

投稿者:AndrewFromEngland

中に入ると見事なステンドグラスが。思わずため息のでる美しさです。

投稿者:Narrri7

教会の横から入る変わった入口だが、天井の紋章や梁の模様に特徴がある。時代とともに継ぎ足され建造された様子がパネル展示されている。2階へ上がることもでき、目の前にパイプオルガンも見ることができる。芝の植わった正面から見るとシンメトリーの建物がどっしりとして美しい。プラハの教会などと違い、閑静な中にたたずみ落ち着きを感じます。96momoさんの口コミ
聖バルバラは消防士や鉱山などの危険作業従事者者の守護聖人として知られています。銀鉱山の利益で立派な教会が残りました。銀鉱山作業のフレスコ画や、白いパーカー姿の鉱夫の像があります。天井も美しいです。576ynさんの口コミ

一風変わった、というより強烈なインパクトがあるのがセドレツ納骨堂。内部にはなんと、無数の骸骨が。驚くことにシャンデリアや十字架、紋章など全てが人骨で飾り立てられています。1511年、僧侶の手によって人骨が積み上げられたのをきっかけに、1870年に木彫士フランティシェク・リントが現在のような装飾を施しました。この人骨は4万人もの僧侶のものだということです。

投稿者:Shannon

沢山の骨で飾られた教会の中は多くの人が訪れていました。きれいに飾られた骨はとても大切に扱われているのを感じました。駅から徒歩で約15分弱という近さ。教会へすぐ近くを通っているバス1番に乗ると簡単に訪れることができますmomok186さんの口コミ
人骨だらけの墓地教会です。装飾的になっていますが日本人的にはやはり違和感があります。それほど大きくはないので、グループが入るといっぱいになってしまいます。Sightsee806907さんの口コミ
養老孟司さんの『身体巡礼』という本を読んで、チェコに行くなら外せない場所と思っていました。列車の数は少ないので、事前に確認していく必要があります。午前10時過ぎの列車に乗り、11時頃クトナーホラ到着、歩いて現地まで行き、ゆっくり内部を見学して、セットになった聖母マリア教会も見学して午後1時前の電車で帰りました。人骨でこのような芸術的な作品は珍しいです。感嘆しました。NorthStar810945さんの口コミ

かつてこの地に繁栄をもたらした銀について知りたければチェコ銀博物館へ。15世紀、この地の役人が違法に銀の精錬を行った邸宅と、地下の坑道跡を見学することができます。

投稿者:Ondra U

銀山についてや、銀などの硬貨、歴史を知るのにいいです。聖バルバラ教会と旧市街の途中にあります。eagle111さんの口コミ
英語ツアーをネット予約すると、ガイド付きで13-16世紀の銀鉱山の坑道ツアーをできます。坑道に入るには白いパーカーを着て、ライト付きのヘルメットを装着します。内部は一人分の幅しかないし、床は濡れています。長い事使われていないので鍾乳洞の様に石灰化している所もあります。閉所恐怖症の人にはおすすめしません。576ynさんの口コミ

プラハからは鉄道で約1時間。日帰りでも訪れることのできる人気の街です。

カルロヴィ ヴァリ

プラハの東、長い年月をかけてテプラ—川とオフジェ川が侵食し造りあげた深い谷間に位置するカルロヴィ ヴァリ。街には40以上の成分を含む15の源泉があり、古くからヨーロッパ中の人々が訪れる温泉保養地として知られています。19世紀には各国の王侯貴族が保養に訪れたという記録も。

投稿者:zalex1965

こちらでは温泉に入るだけでなく飲泉も盛ん。街にはいくつものコロナーダ(飲泉所)があり、温泉水をペットボトルに汲み持ち帰る地元の人々の姿も目にします。

写真はヴジーデルニー・コロナーダ。毎分2000リットルもの温泉水を吹き上げる間欠泉で、その高さは12メートルにもなります。

投稿者:mimo38

飲用に専用の蛇口が用意されており、多くの人が汲んで飲んでいます。

投稿者:ToonTowner

おもしろいのは飲泉用のカップ。持ち手の部分が飲み口になる独特の形状で、売店で売られています。旅の記念にも良さそうですね。

投稿者:Olejio

入口近くに間欠泉があり、なかなか良い湯加減でした。中はガラス張りで新しく、5つの蛇口から飲泉ができます。私にはどこのも口に合いませんでしたが。飲泉用のカップや、ワッフル、化粧品などを置いているお店が入っています。Happiness810220さんの口コミ
クラシカルな建物が多い中このコロナーダはモダンな建物ですが、中には飲泉のためのコップや温泉の成分で覆われたバラの花などのお土産やスパ・ワッフルなどのお店も充実していました。カフェもあり、地下一階にはトイレもあり、なにかと便利でした。mimo38さんの口コミ
本当に体にいいかどうかは分かりませんが、記念に飲んでみました。鉄分はもちろんですが、少し塩分の味がします。施設内で飲む容器を売っている店がありますが、外で買った方が少し安かったです。ペットボトルで飲んでいる人もいました。APP695さんの口コミ

Vridelni kolonada

バブル評価 5 段階中 4.5
9位:カルロヴィ ヴァリの観光スポット51件中

もちろん入浴施設も多数あります。その中でもイチオシはこのBeer Spa Beerland Carlsbad。なんと自家醸造のビールを飲みながら温泉に入ることができるのです。こりゃたまらん!

投稿者:Beerspa C

ビールを好きなだけ飲みながら、ビール風呂を楽しんだあとは大麦のベッドにごろり。ビール好きならまさに夢のような場所ですね。

投稿者:Beerspa C

Fantastic beery experience! We had a great time in the beer bath and relaxing. Very friendly and helpful staff and as much beer as we could drink! !
Would love to come again!

素晴らしいビール体験でした。ビールバスでリラックスして楽しい時間を過ごしました。スタッフはとってもフレンドリーで親切。もう一度行きたい!Lovelylaura66さんの口コミ

プラハからは鉄道で1時間ほど。日本とは若干異なる温泉風情が楽しめます。

ヘプ

ドイツ国境にほど近いチェコの西の端にある小さな街、ヘプ。保存状態のよい旧市街は、街のサイズ感もほどよいので歩いて散策するのにぴったりです。

投稿者:Uwe R

ドイツとの国境にある小さな街です。ちょうどホテルも安く取れたので、レンタカーで向かいました。パステル調の家々、教会の尖塔、お城。コンパクトですが、都会の雑踏を離れてゆっくりできるよい街でした。是非訪ねてみてください。Resort805973さんの口コミ
それほど広くはないので、お散歩がてら見て回るのにちょうど良いと思います。煉瓦造りの城壁から見える黒い塔が目立ち、とても印象的でした。小規模ながら見応えのある場所です。HappyChappyHoppyさんの口コミ

聖ミクラーシュ教会(Kostel Sv. Mikulase a Sv. Alzbety)は、13世紀に建てられたロマネスク様式の教会。大きなステンドグラスとフレスコ画が有名です。

投稿者:Yuriy V

尖塔からの景色は必見です。

投稿者:きんぎょ漁師

Chebは小さな街ですが、観光客も少なく、宿泊してゆっくりできてよかったです。コインを自動改札に入れると、尖塔に登れます。階段の数を数えましたが、220-230段で、15階建てのビルくらいの高さでしょうか。旧市街ではもちろん一番高い建物だと思います。広場のパステルカラーの家や、城塞跡など一望できます。独り占めの時間と独り占めの景色を楽しみました。Resort805973さんの口コミ

プラハから鉄道で2時間45分~4時間ほど。カルロヴィ ヴァリからは鉄道で1時間ほどなので合わせて訪れるのもおすすめです。

リトミシュル

プラハの西、ボヘミアとモラヴィアを結ぶ交通の要所にあり、古くから重要な交易路として発展してきたリトミシュル。チェコを代表する作曲家、スメタナの出身地でもあり。毎年6月にはスメタナオペラフェスティバルが開かれます。

投稿者:Iva Jennie R

テルチにも似ているがチェコ独特のパステルカラーの街並みが美しい。夏の日差しもアーケードがあるので防げる。中世の街並みに現代の生活がある。観光客も通過客はいるが宿泊客は少ないようで、安い物価と共にゆっくり楽しめる。Tsurupackさんの口コミ

街に鎮座するのはリトミシュル城。1581年に、この地の領主となった主人がスペインから嫁いだ妃のために建てたルネサンス様式の美しい宮殿で、アーケードのある中庭が特徴的。内部にあるバロック様式の劇場も必見です。

投稿者:Robin

リトミシュル城はボヘミア地方で最も美しいルネサンス様式のお城の一つと言われています。ぺルンシュテイン家の居城で外交の場だったそうです。壁面には8000点の封筒型のズグラッフィート画の図柄があり、すべて図柄が異なっているのには驚かされました。Happiness810220さんの口コミ
城はユニークな絵で飾られている。チェコ独特の約1時間のガイドツアーでしか城内は見学できない。チェコ語ツアーなので日本語のパンフレットを貸して貰って参加することになる。城内劇場などもあり結構楽しめる。城の各階のアーケードには無料で上がれて景色を楽しめる。城の周りの庭も無料。古に思いをはせながらゆっくり楽しめる。Tsurupackさんの口コミ

プラハから鉄道、バスともに直行便はなく、1~2回乗り換えが必要。所要2時間半~4時間半で到着します。

クロメルジーシュ

モラヴァ川の水運と谷間に造られた道により、早くから交易で賑わったクロメルジーシュ。各地から集まった商人達がもたらした文化や芸術が花開き、モラヴィア地方の文化の発信地として栄えました。

投稿者:JenyPrague

三十年戦争やフス戦争で被害を受けた街は、その後修復され、世界遺産に登録されています。

投稿者:Kasia J

美しい明るい色合いの建物が並び、中央部広場には噴水などがあり、町は美しいです。時間が止まったような歴史を感じさせてくれる街並みがあります。hjmisizekiさんの口コミ

街のランドマークとなるのは大司教の城(Archbishop’s Château and Gardens)。13世紀に建てられた館は三十年戦争で被害を受け、その後バロック様式の城として再建されたものです。

投稿者:Татьяна П

1848年にはオーストリア帝国の憲法制定会議がここで開催されました。ロココ調の家具や絵画などが展示される絢爛豪華な内部はツアーで見学することができます。最上階からは街を見渡す絶景が。

投稿者:Justa74

見学後は世界各国から集められた珍しい植物が植えられた美しい庭園で、のんびり過ごすのもおすすめです。

投稿者:Игорь В

お城の中の見学と、塔の上からの見学、お庭散歩をしました。お城の中は撮影不可、でも中から外を撮るのは構わないということでした。立派な家具や絵画などが室内にはありました。塔は210段ほどの階段を登らなくてはなりませんが、上からの眺めは360度、街が良く見えました。お庭もよく手入れされていて美しいです。Tsurupackさんの口コミ
かつての大司教邸宅と庭園です。邸宅はルネサンス様式です。建物の中は外観からは想像できない落ち着き、歴史を感じます。併設の美術館は一流の作品もあり驚きです。横の庭園はフランス式の美しい庭でゆっくりと時間を過ごせます。eagle111さんの口コミ

17世紀後半に造られた庭園、フラワーガーデンもぜひ訪れたい場所。緻密な計算のもと植木が刈り込まれまるで迷路のよう。美しいバロック式庭園は、その後の造園業界に多大な影響を与えたといいます。

投稿者:Goran S

中央広場から道にはめ込まれた道しるべを追って15分、到着する。幾何学模様の緑の植栽の間に各種の花を配した美しい庭園である。是非公園を見下ろせる壁の上に上がることをお勧めする。Tsurupackさんの口コミ

プラハからは鉄道の直行便はないので、バスが便利。3時間40分~4時間で到着します。

かわいらしく個性的なチェコの街。鉄道やバス路線が充実しているので、プラハを起点に周遊もできます。日帰り可能な街もありますが、ぜひ一泊して地ビールや郷土料理などその地方の食文化と合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事に関するタグ

話題の記事