全国でもたった15基!西日本の「登れる灯台」総まとめ

日本に約3000基ある灯台の中でも、「登れる灯台」は、実は15基。今回は西日本編を紹介します。風が強く潮の流れが速い海に面す灯台は、力強く迫力満点。建てられた歴史に思いを馳せながら、どこまでも広がる大海原を眺めてみましょう! 

安乗埼灯台(三重県志摩市)

全国的にも珍しい四角形の灯台。幾度かの建て替えを行っていますが、もとは徳川幕府が船の道標として建てたという300年以上歴史のある灯台です。展望スペースからは、荒々しい熊野灘と波が静かな的矢湾(まとやわん)の様子を眺められたり、天気の良い日は富士山が見えることも。隣接する安乗埼灯台資料館には、木造八角形の旧安乗灯台のミニチュア模型や第4等閃光レンズなどが展示されています。

投稿者:いぃちゃん

投稿者:m-a-2020

投稿者:関西の人

灯台が好きな方には有名な、四角形の灯台です。灯台の上にも上れます。お近くに来た際には立ち寄って損はないです。Relax808673さんの口コミ
全国では中に入ることができる灯台は数少ないですが、志摩市内には大王崎灯台と安乗埼灯台の2つあります。安乗埼灯台からは変化に富んだ志摩の美しい海岸線を一望にでき、絶景を楽しめます。入場料200円。同じ園地内に遊歩道や展示施設、レストランもあります。yanasejiroさんの口コミ

大王埼灯台(三重県志摩市)

付近には険礁や暗岩が散在することから「伊勢の神前、国崎の鎧、波切大王がなけりゃよい」と船頭たちに恐れられており、早期の灯台建設を求められていたそう。展望スペースからは米子浜や麦崎灯台、北には安乗埼灯台や、周辺の島々を見渡すことができます。日の出スポットとしても人気で、元旦には初日の出を拝みに多くの人が訪れています。

投稿者:Hiroyuki I

投稿者:こず5296

大王崎にある白い灯台ですね。200円で 中に入り登ることができます。螺旋階段を登ると伊勢湾の素晴らしい眺望が待っています。灯台までは下の港あたりから登っていかないといけません。176syunsukemさんの口コミ
とても爽快な気分になる風景です。駐車場から少々、ゆるやかな坂道を登りますが、途中に、猫ちゃんたちのお出迎えにあったりして、楽しい散歩になりました。DayTrip710640さんの口コミ

潮岬灯台(和歌山県串本町)

1873(明治6)年に点灯して以降、100年もの間、沖を照らし続ける本州最南端のシンボル。灯台の展望スペースへ行くには、螺旋階段を登っていきます。眼前には大海原が広がり、180度ぐるりと広がる水平線は地球が丸いことを感じさせます。

投稿者:sirokumamon

投稿者:HKeater

投稿者:密林黒兵衛

受付で「登れますから、上まで行って下さい」と言われ、割と急な螺旋階段を上り、最後は鉄の梯子で展望台まで行きました。天気が良かったので、太平洋が広々と見えて、気分が良かったです。螺旋階段は石でできているみたいで、どうして重い石で作ったのか不思議に思いました。N-nipalensisさんの口コミ
今も、現役で登れる灯台ということで、上まで登りました。螺旋階段がちょっとしんどい感じでしたが、意外にすんなりと登ることができました。上からの眺めは素晴らしかったですよ。LoveTravel804249さんの口コミ

出雲日御碕灯台(島根県出雲市)

灯台の高さは43.65m、海面から灯塔の頭上までは63.30mと、石造灯台としては日本一の高さを誇ります。1903(明治36)年に設置され、世界各国の歴史的にとくに重要な灯台を選ぶ「世界灯台100選」にも選ばれています。163段ある長い螺旋階段を登りきった展望スペースからは、日本海や島根半島を、天気が良ければ隠岐諸島まで望めます。

投稿者:みるく733851

投稿者:totonuma

投稿者:Makoto O

御碕の駐車場から、5分ほど歩いた海辺にそびえています。高さ44メートルあり、灯台のなかはらせん階段を使って上部にまでのぼっていくことができます。灯台上部の展望台からは、素晴らしい眺めを堪能できます。ただ、風が強いので、帽子など、飛ばされないように注意してください。Brocken3さんの口コミ
日御碕灯台の駐車場・バス停から歩いて数分のところにあります。灯台資料室は無料ですが、灯台に上るのは大人で200円かかります。灯台はレンガ造りのもので日本最大の大きさを誇り、外から見ても圧巻です。真っ白で綺麗な灯台なので、晴れた日には最高のロケーションになりますよ!budda54さんの口コミ

角島灯台(山口県下関市)

石造り(総御影石)で、全国に2基しかない無塗装の灯台。1876(明治9)年の初点灯から140年以上が経っていますが、今も美しい姿が残っています。また、灯台で使用するレンズの中で一番大きい第1等レンズを使っているのは、角島灯台を含めて日本では5基のみ! 眼前には日本海を望み、眼下には自生する草花を生かしたイングリッシュガーデン風の「夢崎波の公園」も。かつて灯台守の宿舎であった退息所を利用した灯台記念館には、灯台長の部屋が復元されています。

投稿者:旅と酒を愛するサラリーマン

投稿者:86Japan

投稿者:ヤマちゃん1世

ちいさなかわいい灯台です。細い螺旋階段を上ります。スカートはオススメしません。スレ違うのもやっとなのでゆずりあって上り下りします。上りきったら360度の大パノラマが楽しめます。YumiT213さんの口コミ
水平線に沈む見事な夕陽。日本海側の夕陽を見るのは初めてでした。
お天気とタイミングに恵まれ、絶景を堪能しました。989kasumimさんの口コミ

都井岬灯台(宮崎県串間市)

九州地方では唯一内部に入れる灯台として親しまれています。初点灯は1929(昭和4)年。灯塔から出入りする屋上庭園式の灯台で、当時のままのレトロな姿を残しています。255mの断崖上に建ち、天気が良ければ種子島や内之浦のロケット基地、運が良ければ屋久島が見えることも。併設された都井岬灯台展示資料室では、日本の航路標識を知るためのクイズや映像が用意されています。

投稿者:Evagundam

投稿者:サンシャイン今村の旅情報(公式)

投稿者:Evagundam

展望は、全国にある見学ができる灯台の中でも、3本の指に入る。駐車場ら、灯台の展望所まで、時間が、あまりかからないのも良い。運がよければ種子島は勿論、年に数回程度、屋久島も見えるそうだ。私はここに、何度も来てはいるて、種子島を数回見ている。残念ながら、屋久島は見たことがない。ojz2015H27さんの口コミ
南九州の自然を味わいながら、灯台からの風景を楽しめます。
都井岬灯台は、都井岬にある灯台で、歴史的な建造物だということでした。
かつては今よりももっと観光客で賑わっていたそうです。灯台の中に入ることって、滅多にできないので貴重な経験でした。Vacationer810824さんの口コミ

残波岬灯台(沖縄県読谷村)

断崖絶壁が約2km続く沖縄本島の残波岬に佇む真っ白な灯台。展望台からは、断崖絶壁には大きな波が打ち付けるダイナミックな景色を見下ろすことができます。晴れた日は、慶良間諸島や粟国島、渡名喜島、久米島まで見晴らすことができて気分爽快。美しい夕日も必見です!

投稿者:Kenta F

投稿者:Queen9999

投稿者:Masafumi ueta

眞栄田岬と違い、荒々しい断崖絶壁の岬。岩が鋭く歩くにも苦労しました。
白い灯台の左手に夕日が落ちる時はなんとも絶景感動。 残波公園は駐車場所も広く家族連れがノンビリ楽しんでいました。Tecchandaさんの口コミ
沖縄では有名な泰期像が立っている夕日の名所。年に数回夕日が沈む時に緑に光るGreen Flashがよく観測されている。風も強いが場所が広いので夕日を狙っていくのがオススメです。HelloEarth2019さんの口コミ

平安名埼灯台(沖縄県宮古島市)

宮古島の東平安名岬周辺は暗礁が散在し、地元漁民や大型貨物船の遭難が多い場所でした。そのため、灯台が設置されたのが1967(昭和42)年のこと。沖縄県が日本に返還される前のことです。展望スペースからは、エメラルドグリーンの海が一望のもと。初日の出スポットとしても人気です。

投稿者:san i

投稿者:久子 小

投稿者:kanzawa69

高いところから、海と空を楽しめます。緑もあり、ステキな場所でした。ぜひ晴れた日にたのしんでほしい場所です。駐車場にトイレ、自動販売機、アイスの移動販売もありました。Sachisachikoさんの口コミ
2度目です。絶景は相変わらず。前回は風が強くて灯台に登るのを諦めましたが今回はチャレンジ。意外と登りやすい下が見えない石の階段。少し疲れますが高齢の母も登れました。ここに着くまでの道も何ヵ所か絶景ポイントがあります。是非是非オススメの景色。駐車場のブルーシールのアイスクリームも美味しいです。tomomia940さんの口コミ

灯台から見る雄大な景色は、長い螺旋階段を登りきった人だけのお楽しみ。それぞれの場所ごとに違った景色が楽しめる灯台。旅の目的地にしてみてはいかがでしょうか。

この記事に関するタグ

話題の記事