お土産にも!パリで人気の日本未上陸ショコラトリー

寒い季節に食べたくなるスイーツといえば、チョコレート。バレンタインの時期など期間限定で、世界各国のチョコレート屋さんが日本に出店することはありますが、日本には店舗のない、フランス発のチョコレート店がまだまだあるんです!パリジェンヌがこよなく愛するショコラトリーはこちら。

Maison Georges Larnicol(メゾン ジョルジュ ラルニコル)

フランス北西部のブルターニュ地方出身の菓子職人、ジョルジュ・ラルニコル氏が手掛ける、パリでも珍しいブルターニュ菓子専門店。サンジェルマン大通りをはじめ、パリに3店舗あります。ショーウィンドウには、繊細なデコレーションが施されたチョコレートアートやカラフルなスイーツが並び、思わず吸い寄せられてしまいます。

投稿者:AlexandreLTV

投稿者:RItraveler512

投稿者:Lyn_Farmer

投稿者:Shafreen C

店内に入ると、何十種類ものチョコレートが詰まったショーケースがずらり。なんと、これらはすべて量り売りのセルフサービスなんです。好きなものを好きなだけ袋に入れればOK。店員さんとのフランス語のやり取りに煩わされることがなく、気軽に買えるのもポイントです。

投稿者:bglhvn

投稿者:Michelle B

チョコレートだけでなく、マカロンの種類が豊富なのもこの店の魅力。定番のバニラ、プラリネ、ピスタチオから変わり種まで、約15種類ものフレーバーが揃っています。色とりどりのマカロンは、インスタ映えすること間違いなし。あまりのかわいさに全種類「大人買い」したくなるかも。

投稿者:Sergey R

投稿者:BradJill

投稿者:hurricane_kt1

もちろん、ブルターニュ地方ならではの伝統菓子も見逃せません。たっぷりのバターを使ってカリカリに焼き上げられたクイネット(小ぶりのクイニーアマン)やペースト状のキャラメルなど、ほかのパティスリーとはひと味違うラインナップです。

投稿者:Fay_Yeoh

投稿者:Lucha S

メトロ4号線・10号線のオデオン駅すぐ近くにあるチョコレート屋さんです。品数豊富で、各種のチョコレートを自分で袋につめて量り売りしてくれます。甘党ではないですが、この作業が意外と楽しく、お土産にも最適、一石二鳥です。Eizen2014さんの口コミ
通りかかった時にきれいなウィンドーに惹かれて入店。量り売りは値段が均一なので気になるものを色々と買い食べ比べました。個人的にはナッツのゴツゴツとしたショコラが美味しくリピートしました。トリュフも良かったです。友人へのお土産にも買い足しました。mutsumi214さんの口コミ

Patrick Roger Chocolatier(パトリック ロジェ ショコラティエ)

「味の彫刻家」や「プラリネの魔術師」などの異名をもつパトリック・ロジェ氏は、30歳という若さでM.O.F(国家最優秀職人章)を取得した天才ショコラティエ。まるでアートギャラリーのような店内には、芸術的なチョコレートのオブジェがディスプレイされています。

投稿者:mell1013

投稿者:Iamacita P

投稿者:TAK1963

投稿者:Iamacita P

ボンボンショコラやガナッシュ、トリュフ、タブレット(板チョコ)など、バリエーション豊富ですが、なかでも地球儀のようなドーム型のプラリネがスぺシャリテ。薄いチョコレートの殻の中に、ほかでは味わったことのない不思議な組み合わせのフレーバーが閉じ込められています。舌の肥えたパリッ子をも魅了する衝撃の味をお試しあれ。

投稿者:catalienne

投稿者:TAK1963

お店に入った途端、チョコレートのいい香りがします。ディスプレイも全てチョコレートでできています。球体のチョコレートもお勧めですが、私は好きな味のチョコレートを量り売りで買うことをお勧めします。tokyotraveler777さんの口コミ
水球型のチョコレートを試食させて頂いたのですが、甘すぎず、とても洗練されたお味で即買いでした。三種類あり三つづつ入れてもらいました。日本未発売のチョコレート店の中でここは1,2を争うほど美味しいチョコレートです。見た目も美しい。Tamarockさんの口コミ

投稿者:8chocolat

投稿者:亦如馬

お店は外観もさることながら内装もパッケージも全てがオシャレで感激しました。とりあえず有名なドーム型のチョコのセットを購入。ジンジャーのチョコも試食させていただきましたが、こちらのチョコはものすごく手の込んでいる感じが伝わります。大人向けな味だと思います。Jackson747さんの口コミ

ショコラトリー ジャック・ジュナン

周囲の建物に溶け込んだ外観とシックな内装。パリのマレ地区にあるこちらのお店は、チョコレート屋さんというより、もはや高級ブティックのような佇まい。ショップにはサロン・ド・テ(カフェ)とアトリエ(作業所)が併設されており、手仕事にこだわるジャック・ジュナン氏自身も、毎日アトリエで作業をしているそうです。

投稿者:roserose_tk

投稿者:erip

投稿者:pixiprol

投稿者:K C

店内のショーケースには、モダンなチョコレートが石畳のように整然と並んでいます。種類によって異なるプリントが施された、絵画のようなチョコレートにうっとり。職人であるジュナン氏が自らカカオ豆を選び、その厳選したカカオ豆から作ったオリジナルのクーベルチュールを使用しているため、味も格別です。

投稿者:R K

投稿者:Betsy R

数種類のフレーバーがあるキャラメルや色とりどりのフルーツゼリーも、眺めているだけでテンションアップ!一粒ずつ購入できるので、おみやげにはもちろん、食べ歩き用のおやつにもぴったりです。

投稿者:pricklypoppy

投稿者:François L

投稿者:LettaWong

時間があれば、併設のサロン・ド・テにも立ち寄ってみてください。注文後に一つずつ手作りするというミルフィーユは絶品です!

投稿者:Mami K

投稿者:gmoriyasu

投稿者:Raquel d

バレンタイン用のチョコを買いに。おまかせもできますが、自分の好きなフレーバーをチョイスする事もできます。ミルクチョコとダークチョコで色や柄を考えながら入れてくれます。9個で€11、36個で€32 試食もくれます。英語OKです。モザイクと言う商品名で、チョコ、クランチ、ゼリー、キャラメルなど少しづつ入れたお試しセットのようなのも、いいとこ取りでオススメです。Kangarooooさんの口コミ
ここはチョコレートも日本未発売でとても美味しい。特にカフェでしか味わえないミルフィーユが絶品(ミルフィーユはテイクアウトできません)!!季節によってミルフィーユの中のクリームのフレーバーが変わるとの事。Tamarockさんの口コミ
バック通りのお店を訪問。カフェはありませんが、シルバーを基調にした店内に様々なチョコが陳列販売されています。日本でお目にかかれないチョコバーやオランジェットを購入。カカオの味がしっかりしててチョコレート好きにはたまりません。Tamarockさんの口コミ

Bernachon(ベルナシオン)

ラストは番外編。フランス南東部に位置する美食の街、リヨンから。1953年創業のベルナシオンは半世紀以上もショコラ界に君臨していますが、世界中でリヨンに1店舗だけという、チョコレート好きにとってはまさに憧れの名店です。2010年からは3代目のフィリップ・ベルナシオン氏が店を引き継ぎ、伝統の味を守っています。

投稿者:yoyo613

投稿者:Jo L

ベルナシオンでは、カカオ豆の状態から商品になるまでの作業を店内の工房で行っています。そんなこの店の定番といえば、円盤型の「パレ・ドール」。ガナッシュ入りの丸いチョコレートで、複雑な香りと味わいが口いっぱいに広がり、一粒で幸せな気分に。たっぷりのナッツやフルーツ、プラリネなどが入ったタブレットも食べごたえがあり、熟練した職人の味を存分に堪能できます。

投稿者:tirol0320

投稿者:tikiNicosia

チョコレートもさることながら、ショーケースに並ぶ色とりどりのケーキにも目を奪われます。スぺシャリテは、まるでショコラの花びらのように華やかな「ガトー・プレジダン」。薄く削ったチョコレートはふわっとした食感で、口の中で一瞬にして溶けていきます。

投稿者:tikiNicosia

投稿者:areness

ショップに併設するカフェでは、「ガトー・プレジダン」をはじめ、各種ケーキやチョコレートを提供しています。リヨンでしか味わえないスイーツの数々を楽しんでみては。

投稿者:NobuakiMatsumoto

投稿者:domino1ParisEtCannes

リヨンにしかないチョコレート屋さんということで行って見ました。店内はチョコレートだけではなく、パン・ケーキもあり、どれも美しく美味しそうでした。おみやげ用に5個入りのチョコレートの箱を買いました(15ユーロ)。カカオの香りが効いていて、コーヒーとよく合う味でした。店内は購入客で混み合うので、時間に余裕を持って訪問されることをお勧めします。206RCZさんの口コミ
高級店のように感じますが、気を遣う方へのお土産としてなら、リーズナブルだな、と思いました。日本人スタッフがいましたので、安心していろいろ聞くことができました。yetsuさんの口コミ

日本に進出している有名店は多いですが、まだまだ現地でしか手に入らない希少なチョコレートも。フランスを訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてください!

この記事に関するタグ

話題の記事