気軽に海外旅行気分♪日本三大中華街で味わう絶品グルメ&注目の新チャイナタウン

極彩色のネオンが輝き、カラフルな雑貨店や屋台の呼び込みの熱気に包まれるチャイナタウン。一歩足を踏み入れればそこは異国。まるで旅に出たような気分が味わえます。そこで今回は、横浜、神戸、長崎にある日本三大中華街に加え、池袋や川口に広がりつつあるチャイナタウンとその人気店をご紹介!

横浜中華街(神奈川県横浜市)

約500m四方のエリアに600軒以上もの店がひしめく、日本最大の規模を誇る横浜中華街。キュートな中国雑貨、中国食品店などがずらりと揃い、なかでも中国料理の店はゆうに200軒を超します。

投稿者:Craig P

投稿者:LG_Kay

そんな横浜中華街に数あるお店の中で、トリップアドバイザーの口コミ評価の高いお店を紹介します。

歴史も人気もナンバーワン! 聘珍樓 横濱本店(ヘイチンロウ)

創業1884年、現存する日本最古の中国料理店。50人以上の厨師が、厳選された素材を伝統の技術で丁寧に調理する広東料理が自慢です。

ランチ、ディナーともにコースが基本で、北京ダックや薬膳メニュー、季節によって上海蟹や火鍋なども楽しめます。手軽に飲茶を楽しめる飲茶フロアもあります。

少しお値段が張るかな?と感じるかもしれませんが、味、サービスともに最高レベル。得られる満足度を考えたら、決して高くはありません。個室も多く、特別なディナーにもおすすめです。

投稿者:管理者提供の写真

投稿者:moose

投稿者:tokimeki

友人五人で行きました。完全個室で、大きな回るテーブルのお部屋でした。正直、値段にビックリしましたが、食べたら納得のお値段。苦手な野菜も美味しくいただけました。北京ダックは丸々一匹を目の前で切り分けてくれて、お肉は野菜炒めにして出してくれました。どれを食べても美味しく感動しました。mizuho1990さんの口コミ
やや甘い広東料理がお好きな方には良いのではないでしょうか。今、中華街は食べ放題のお店ばかりで、品質低下が指摘されています。が、ちゃんとしたものを出すお店なので、ハズレを引かないためにもこういう有名店でお食事されることをお勧めします。cartonseaviewさんの口コミ

行列が絶えない人気店 謝甜記(シャテンキ)

1951年創業の中国粥専門店。本店と2号店(貮号店)がありますが、街のローカル食堂…といった風情の本店は人気が高く、いつも行列ができています。やさしい中華粥とともに食べる油条(中国揚げパン)も美味。中華街でとことん食べ歩きを楽しむためにも、まずはお粥で腹ごなしというのがおすすめスタイル。とはいえ、それなりにボリュームがあってお腹にたまるので、友達や家族でシェアするといいでしょう。

平日17時過ぎなら比較的並ばずに入店できるそうです。

投稿者:学問のすゝめ

投稿者:茨城KH

投稿者:Yuya2351

並びますが回転は早いです。お粥ならここが美味しいです。肉まんを買い食いしたり、ふらふら街を散策して、ここでお粥を楽しむのが横浜中華街初心者なら楽しいんじゃないでしょうか。taigenarexさんの口コミ
家族で夕飯を食べに行きました。運よく入れまして、貝柱のお粥や春巻などを頂きました。 どんぶりに入ったお粥は具材がゴロゴロ入っており、やさしい味でとても美味しかったです。TMHDOさんの口コミ

甘さ控えめのエッグタルトを 紅棉(コウメン)

肉まんや小籠包など、食べ歩きが楽しい中華街。少し甘いものがほしくなったら迷わず紅棉へ。月餅やマントウなど中国菓子をひとつひとつ手作りしています。なかでも人気があるのがエッグタルト。サクッとしたパイ生地とトロトロのタルトが絶妙な食感。甘すぎず軽く、いくつも食べられるのも人気の秘密。ほかの中国菓子は地方発送をしていますが、エッグタルトは店頭販売のみというのも人気に拍車がかかっています。

投稿者:ダリ1177

投稿者:いちごべりータルト

エッグタルトは素朴な味で、台湾で食べたのとは違いますが、ほっこり美味しいです。やしのタルトも美味しいです。店の横に椅子があり、ちよこっと座って食べることができますよ。Sakura1961さんの口コミ
自分の想像していたタンターよりずっとアッサリ目の味わいでカスタードというよりもプリンが入ったみたい。皮も軽くて脂っこくなかったです。ごま団子も奥さんは普段苦手にしていましたが「美味しい美味しい」とペロリでした。価格もリーズナブルで中華街のレストランではデザート食べずにこちらで頂くとちょうど良いと思います(^^)kisaragigabuさんの口コミ

質の高い中国茶葉をおみやげに 悟空茶荘(ゴクウチャソウ)

おみやげを購入するなら、関帝廟から元町方面に20mほどのところにある悟空を訪ねてみて。どこか上海レトロな雰囲気が漂う店で、約100種類の中国茶葉や中国茶のおいしさを引き立てる茶器や小物、雑貨を販売しています。お湯を注ぐとあざやかな花が開く花茶は、自分みやげにも最適。2階はさまざまな中国茶を楽しめる茶館となっているので、実際に気に入った味を購入することもできます。

投稿者:hanekumo

投稿者:ふ ま

1階は、中国茶ドライフルーツなどの売店。2階が、中国茶のカフェです。落ち着いた雰囲気で、お茶の解説を聞きながら中国茶をいただくことができます。お店の茶器を利用して、家にある中国茶や1階の売店で購入した中国茶を700円支払うと飲めるシステムを次回利用しようと思っています。LightPacker811001さんの口コミ
ここは台湾のものが多いせいか、値段も高めですが質も良いと思います。いつも茶器がほしくて来ていますが、最近種類が減った様な気がします。昔のほうがお洒落な小物が多かったと思います。ライチの紅茶がおいしいので、必ず買って帰ります。Guliwer1さんの口コミ
南京町(兵庫県神戸市)

1868年の神戸港の開港とともに、中国人が移り住み形づくられたチャイナタウン。東西約270m、南北約119mの範囲に中華料理店、食材店、雑貨店など約100店以上が軒を連ねます。空襲や阪神淡路大震災を乗り越え、神戸を代表する観光地として賑わいを見せています。

投稿者:ホテルウィングインターナショナル神戸新長田駅前

投稿者:YUYU

南京町は、豚まんや焼小籠包、コロッケ、スイーツなど食べ歩きグルメの宝庫といわれています。まずはトリップアドバイザーの口コミで人気の実力店を紹介しましょう。

行列必至の人気ナンバーワン 老祥記(ロウショウキ)

創業1915年の豚まん専門店。初代主人が天津地方の包子(パオツー)を日本人の味覚に合うように改良し、「豚まんじゅう(豚まん)」と命名して売り出したのが始まり。日本中にその名が定着したそうです。南京町でも行列ができる店として知られ、100個単位で購入する人もいるという超人気店です。

投稿者:arisan417

投稿者:Yutaka Shimizu

投稿者:ちかぼ

南京町広場の目の前で列をなしているのですぐ分かると思います。私は列をなしていたので並んだクチでした。大ぶりの豚まんを想像してましたが、小ぶりで1個100円。10個単位で持ち帰る人が多かったです。店内にも席ありますが、目の前の南京町広場で食べている人も多いです。44a44aさんの口コミ
お土産に買っている人もたくさんいましたが、やはり出来たてをお店でいただきたいです。店内で食べれるのは3個以上からですが1個が小さいので、ぺろっといけてしまいます。TrailBlazer803606さんの口コミ

神戸牛A5ランクを使用する本格広東料理 民生(ミンセイ)

創業58年の歴史ある広東料理店。肉は神戸牛A5ランク、魚介類は神戸の台所である東山市場から毎日仕入れるというこだわり。海鮮料理をメインとした広東料理は味付けがあっさりとしておいしいと評判です。創業以来の看板メニュー「イカの天ぷら」、「ミンチのレタス包み」、「神戸牛と季節野菜のいため」は必食!

投稿者:daihuku0820

投稿者:Mikan-no-Hana

春節祭のため混雑していましたが、開店前から並んで春節メニューも頼みました。イカの天ぷら、レタス包みは絶品です。全て美味しかった。Seaside670386さんの口コミ
地元は、神戸ですが久しぶりに民生に行きました。昔より混雑していましいが、レタス包みや、酢豚、八宝菜は、30年前と同じ味を守っていました。神戸の中華街がリニューアルする前から、両親に連れていってもらっていましたが、中華街にいくと、ここをまず選びます。miyakitiさんの口コミ

食べ歩きにぴったり!アツアツ焼小籠包 YUN YUN(ユンユン)

焼ビーフンで知られるがケンミン食品の直営店。さまざまなビーフン料理を楽しめる店としてオープンしましたが、ビーフンを上回る人気を誇るのが、食べ歩きにぴったりな焼小籠包(上海生煎饅頭)。店頭でカリッと焼き上げた焼小籠包は、ふっくらもちもちの生地のなかから、アツアツのスープがあふれ出し、思わずにっこり笑顔がこぼれます。

投稿者:fatbeats0724

投稿者:Melanie E

中華街の焼き小籠包。オープンキッチンで会計隣にサクッと食べれるイートイン席と2F有り。焼き小籠包と焼きビーフンを注文。食べ歩きの店として良し。SHINGO818さんの口コミ
ガラス越しに見えた焼き小籠包が作られている風景にそそられて気づいたら長蛇の列に並んでました。列はすぐに消化されるので並んで食べる価値はあります。fatbeats0724さんの口コミ

上質な本場の茶葉をおみやげに 天福茗茶(テンフクメイチャ)

中国を代表する茶葉専門店の日本第1号店。1階では中国茶葉、茶器の販売。かわいらしい茶器は1点ものも多く、気に入ったら即買い!食べ歩きにちょうどいいタピオカドリンクやスイーツのテイクアウトコーナーや、2階には中国茶喫茶「陸羽茶藝館」もあります。

投稿者:keroたん

投稿者:鶴丸going

花茶も豊富でした。タピオカとかが流行る前から中華街で中国茶を買うなら、のお店です。今回は花茶と鉄観茶を買いましたが、美味しかったです。kunnyさんの口コミ
久しぶりに中国茶を飲みたくなり、訪れました。中国茶を色々と取り揃えており、期間限定商品もあります。お茶選びの相談もしやすいお店です。whereisumaさんの口コミ
新地中華街(長崎県長崎市)

横浜、神戸と並ぶ中華街、長崎の新地。東西・南北あわせて約250mの十字路は石畳が敷かれ、中国料理店や菓子店、雑貨店など約40店舗が並びます。春節のランタンフェスティバルや中秋節などのイベントも見ものです。

投稿者:LG_Kay

投稿者:トリップアドバイザー チャイナの会員

長崎を代表する郷土料理”ちゃんぽん”、”皿うどん”の店が多く、食べ比べてみるのもおすすめ。お気に入りの店をみつけましょう。

新地中華街を代表する有名店 江山楼 長崎中華街本店(コウザンロウ)

1946年創業以来、家族経営で変わらぬ味を提供し、平日でも満席の人気店。人気はなんといっても濃厚鶏白湯スープがクリーミーなちゃんぽん。ふかひれが乗った特上ちゃんぽんと肉団子が鎮座する上ちゃんぽんの2種類用意されています。本店のほかに新館がありますが、どちらも同じ味を楽しめます。

投稿者:onomi

投稿者:Canggu5000

県外からのお友達が来た時は必ずこちらの特上チャンポンに連れてきます。濃厚なスープにたくさんの具材が入って非常に美味しいです。matayumoayuさんの口コミ
店内を見渡すとみなさんちゃんぽんを召し上がっていました。普通のちゃんぽんでもよいのですが、観光客ならせっかく来たので「特上」を選択するとよいと思います。勘定場の奥にさだまさしさんのカレンダーがかかっていて、長崎に来たんだと実感しました。IWAO Kさんの口コミ

隠れた人気のトンポーロー 中国料理館 会楽園(カイラクエン)

定番人気のちゃんぽんや皿うどんの陰に隠れていますが、創業当時から人気の東坡肉(トンポーロー)はおすすめ。甘辛い豚の角煮をふんわりとしたパンで挟んで食べる名物で、1個からオーダーできます。もう少し食べたいな…というときにぜひオーダーしてみてください。

投稿者:たぬきおやじ

投稿者:chaser_scene

長崎に来て何軒かちゃんぽん、皿うどんの店を巡りましたが一番美味しかったです!店員のお姉さんたちも愛想がよくかわいいです。おそらく長崎のラストちゃんぽんになると思いますがほんとにこちらを選んでよかった!トンポーロも美味しい!chaser_sceneさんの口コミ
チャーハン、ちゃんぽん、エビチリのエビがプリプリで味が濃厚で物凄く美味しいです!!トンポーローは甘めで甘党の私にはサイコーな一品です!また、お茶が美味しかったので何のお茶か聞いてみたらプーアール茶とジャスミン茶を混ぜたものを出しているそうです。Curiosity542981さんの口コミ

長崎土産の“よりより”をゲット 蘇州林(ソシュウリン)

“よりより”の愛称で知られる長崎中華街を代表するお菓子「麻花兒(マファール)」や月餅など手作りの中国菓子はおみやげにも最適。中国料理店「蘇州林ちゃんぽん・皿うどん店」の店頭で販売するほか、中国菓子や温めるだけでできる具入ちゃんぽん・皿うどんなどを販売するみやげ物店「蘇州林長崎唐菓子店」の2店があります。ソフトな食感のソフト麻花兒が人気ですよ。

投稿者:takayuki t

投稿者:takayuki t

昔はヨリヨリは硬いお菓子でしたが,ソフトタイプのものが出て,食べやすくなりました。癖になる味です。値段も手ごろなので,お土産によく購入します。Scenic809589さんの口コミ
新地中華街にある蘇州林の菓子部門です。レストラン部門が南門と北門を結ぶ道路沿いなのに対して、こちらは東門と西門を結ぶ道路沿い。ここは我が家定番の土産物屋。takayuki tさんの口コミ
池袋北口 (東京都豊島区)

日本3大中華街が観光地として人気を集めている一方で、自然発生的に日本に住む中国人が集まる新・チャイナタウンが形成されています。派手な楼門や関帝廟こそありませんが、掛け値なしに本場の味わいをそのまま楽しめる中国料理や、本場の食材を安く手に入れられる食材店などが揃っています。

そんな新チャイナタウンのひとつが池袋北口。それではトリップアドバイザーの口コミをもとに、人気店を紹介しましょう。

東北料理の有名店 永利 (エイリ)

池袋における中国東北料理の老舗的存在。北口に本店があり、約500mほど離れた西口にも支店があります。いずれもボリューム満点で、スパイシーな味付けのメニューはビールが進むガツンとくる味わい。ランチのセットメニューがリーズナブルで、日本に住む中国人はもちろん、地元ビジネスパーソンにも支持を集めています。

投稿者:mikadojin

ランチは650円とお手頃ですし、コースは税込2000円からで、前菜、鶏の唐揚げ、海老チリ、餃子、海老と青梗菜の塩炒め、炒飯、トマトと玉子のスープ、杏仁豆腐と万人受けする内容でした。ポットのプーアル茶も378円でお湯のお代わりが出来て、とってもリーズナブルです。phophochangさんの口コミ
池袋北口から北池袋駅方面に続く通りのビル地下1Fにある中国東北料理の大型店。中国人の多い街なので客層は中国人だらけかと思ったが、意外と日本人も多く利用している。Poti_Tokyoさんの口コミ

辛さを求める本格四川料理 知音食堂(チインショクドウ)

池袋で一番辛い…と噂される、本格四川料理を楽しめるのがこちら。辛さのなかにしびれる味わいが効いた深みのある味にハマる人が続出です。ボリュームがあり、リーズナブルなので、辛いもの好きの方ならリピート必至です。

投稿者:BANGNAbangna

ランチで入店。麻婆麺(名前違うかも)を注文しました。辛いけど美味しい、でも口の中が熱い、でも止まらない、そんな味でした。店員さんの接客も良かったです。fukurowalkerさんの口コミ
名前は四川料理な感じはないですが、ちゃんとした四川料理です。横浜中華街のすぐそばで働いていますが、こんなにちゃんとした四川料理の店は当地にも少なく、イケブクロが最近中華街化しているというのはまがいもない事実なのでしょう。daisuke0さんの口コミ

テイクアウトで気軽に味わう焼小籠包 永祥生煎館(エイショウ)

上海の庶民の味として知られる焼小籠包(生煎)を手軽に楽しめる永祥。店内でも食事を楽しめますが、アツアツをテイクアウトして食べ歩きも可能。まるで上海にいるような気分になれますよ。ただしアツアツの肉汁が飛び出してくるので要注意!

投稿者:ちかぼ

池袋駅からすぐのところにある焼き小龍包で有名なお店です。平日夜に店内で焼き小龍包6個600円を食べました。カリカリに焼かれた表面の食感と、スープ、肉ダネの味はとても美味しい。kanazawakaさんの口コミ
たまたま通りがかりに流行ってるな~と思ってテイクアウトで小龍包を食べました。外カリカリで中は肉汁たっぷりで、かなり本格的で美味しかったです。それもそのはず調理してるのは日本人では無く本場の人でした。kaori1009さんの口コミ
西川口(埼玉県川口市)

外国人の多い街として、最近メディアでも話題になっているのが埼玉県の西川口駅周辺。特に西口周辺は西川口チャイナタウンとして知られるようになり、上海、広東、四川、北京…と、中国のあらゆる地方の料理店が50軒以上並びます。こちらも本場のガチな味を求める日本に住む中国人や日本人に人気が高まっています。

トリップアドバイザーの口コミを参考に、ディープな西川口チャイナタウンの人気店を紹介しましょう。

ザムザムの泉

イスラム教徒の多い中国甘粛省蘭州市の名物、蘭州牛骨麺で知られる行列店。手作りの麺と国産ハラール牛を使用した本格蘭州料理がおすすめです。

投稿者:panda

蘭州出身のご主人が毎度毎度、麺を伸ばして作ってくれる蘭州牛肉麺は、滋味深い味です。そこそこ値段はしますが、味は絶品。麺の太さ選べまくりです。Tidak-Apa-Apaさんの口コミ
国内屈指と名高い蘭州牛肉麺のお店。まぁ、噂に違わず、美味い。他県から人が押し寄せるのもわかります。一人分ずつ都度手打ち。そんな麺打ち作業の関係上回転が悪いので、待ちます。Curious809069さんの口コミ

滕記熟食坊(トウキジュクショクボウ)

中国東北地方の農家の家庭料理という鍋料理をメインとした中国料理店。テーブルにしつらえられた巨大な鉄鍋で豪快に調理される料理は、ぜひ大人数で楽しみたいですね。

投稿者:hippopotamiko

なかなか味わえない本場の味だと思います。東北料理でハルピンの出身の方々のお店でした。ProffesionalTouristさんの口コミ
鍋は5-6人前で5,000円ほど。実際は8人いましたが余裕でした。その他、一品料理もいくつか頼み、紹興酒を3本、ビールたらふく飲んで一人4,000円程。お鍋は割と優しいお味で、また絶対に食べたいという感じでもないのですが、わいわいがやがやしててテンションは上がります。Yumiko Kさんの口コミ

いかがでしたか?

ぜひ人気の中華街で評判の中国料理を味わい、食べ歩きを楽しんでみてください。春節(旧正月)や中秋節にはそれぞれの中華街で華やかなイベントも開催されています。そして観光客でいっぱいの中華街では物足りない…という上級者は、よりディープな新チャイナタウンを目指してみてはいかがでしょう。

この記事に関するタグ

話題の記事