エスプリ香る♪都内にあるフランス発のカフェ&パティスリー

木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』で、再び注目を集めているフランス料理。フランス料理というと、星付きの超高級レストランをイメージしがちですが、実は東京には歴史あるフランスの味を気軽に楽しめるカフェやショップが多数あるのです。今回は100年以上の歴史を持つ老舗グルメショップから新進気鋭のパティシエの店まで、フランスのエスプリを感じさせる人気店をご紹介します。

この記事で紹介されているスポットは、下記の「旅リスト」にまとめられており、地図や一覧で簡単に確認できます。

旅リストを見る >>

マリアージュフレール銀座本店

ルイ14世の時代、香辛料やお茶の貿易に従事したマリアージュ兄弟の子孫が、1854年にフランス初の紅茶輸入業者としてマリアージュフレール社を設立。現在は、パリ4区・マレ地区に本店を構えるほか、世界中の高級デパートや一等地で店舗を展開する、フランスを代表する高級紅茶専門店として名を馳せています。

日本では、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸にショップがありますが、紅茶やケーキなどが楽しめるサロン・ド・テを併設するのは、銀座本店、銀座松屋通り店と新宿店のみ。

投稿者:りりる〜

サロン・ド・テでは、マリアージュフレールのお茶はもちろん、紅茶にぴったりな食事やケーキなどを用意しています。

アールグレイだけでも10種類以上と、紅茶の品揃えは圧巻。最低でも1000円以上しますが、ポットで提供され3〜4杯分はあるので満足感があります。ショーケースには季節のケーキがずらり。

投稿者:りりる〜

その他、サーモンやフォアグラを使った軽食もあります。どれも紅茶との相性は抜群。パリ本店同様、白い麻のスーツをパリっと着こなしたスタッフの接客で、優雅なひとときをどうぞ。

投稿者:貴sMam

銀座らしいとても綺麗で上品なお店で、ケーキも丁寧で美味しかったです。メニューで分からないことも、店員さんが丁寧に教えてくださいました。ririru_さんの口コミ
開店早々11:30にランチを食べに行きました。紅茶を飲む至福の時間。沢山の種類の中から紅茶を選べるので、つい迷ってしまいます。スタッフの方々にアドバイスしてもらいながら茶葉を決めています。今回も美味しかった!MARUKO03さんの口コミ
ランチをいただきました。とても美味しかったし、お店の雰囲気もパリっぽい感じです。お茶の種類が豊富で、お店の方がお料理に合うお茶を選んでくれます。デザートのタルトも絶品でした!madameErikoさんの口コミ

ダロワイヨ 自由が丘店

1682年、ヴェルサイユ宮殿で王家の食膳係を務めていたシャルル・ダロワイヨ。美食家の王を満足させるため、特にお菓子とパンにおいてその味を追及したダロワイヨ一族が、1802年にパリに店をオープン。様々な持ち帰り用のお惣菜やデザートを販売すると、本格的な味が自宅で楽しめると話題になり、人気を博しました。また1955年にこの店で初めて発売されたチョコレートケーキ、オペラはダロワイヨを代表するケーキとなるとともに、世界中のパティスリーで定番メニューとなりました。

投稿者:しゅしゅはなこ

現在日本には東京、神奈川、千葉、仙台などに支店がありますが、1982年にオープンした自由が丘店が本店。

投稿者:253takashiy

オペラはもちろん、ケーキや1832年以来伝統のレシピで作るマカロン、高級惣菜、パンなどが並んでいます。

投稿者:253takashiy

家庭で作るのが難しい手の込んだお惣菜の数々は、ホームパーティーなどに活躍しそう。カフェも併設されているので、食事での利用もできます。

投稿者:atsukokaki

こちらの店舗は大きくカフェ併設なのでお食事もできます。スイーツのイメージが強いですが、クロワッサンなどのデニッシュ生地のパンも美味しいです。定番はやはりカラフルなマカロンでしょうね(^^)PUNPUNPUNさんの口コミ
2階では食事もできるしお茶もできる。1階では お惣菜もテイクアウトできるしもちろんケーキも。久しぶりに行ったらきれいにリノベーションされた後で、なんだかケーキもきれいに見えたね。2階は結構穴場かもしれませんね。omi335さんの口コミ
2階がレストラン、カフェになっている。ランチはサラダ、メイン、パン、ケーキ、ドリンクで2000〜2700円程度。鴨ソテーを頂く。デザートはオペラだった。Stay808781さんの口コミ

デュ マゴ パリ

1885年創業、パリで最も有名なカフェといえばこちらのデュ マゴと言っても過言ではないでしょう。

投稿者:blanc49

サン=ジェルマン・デ・プレ教会に面したカフェ ドゥ マゴのテラスは 観光客、常連客でいつもいっぱい。またこちらのカフェは、カミュ、ジェームス・ジョイス、ヘミングウェイ、ピカソなど、そうそうたる芸術家や小説家、思想家が通い討論を交わしたことでも知られています。

東京では渋谷Bunkamuraにカフェ&レストランを展開。19世紀のパリを彷彿とさせるクラシカルな内観のカフェには、本店と同じ緑のファサードのもとくろげるテラスが。

投稿者:naka247

手頃なランチメニューや、本店からのレシピを受け継ぐタルトタタンも。ディナーはコースメニューのほか、アラカルトで本格的なフレンチを用意しています。

投稿者:atsukokaki

デュ マゴ自慢のパンや、美しいプティ・フールが楽しめるアフタヌーンティーも人気です。

投稿者:うんむはびび

Bunkamuraでの公演の前、16時から楽しめるシアターメニューも好評です。スマートにつかいこなしたい、大人のための洗練されたカフェです。

文化村ミュージアムでの展覧会を見た後、そのままテラス席に着いた。若干、混んでいたものの、大変落ち着いている雰囲気で(結構長い)時間を過ごして、大満足でした。オムレツとコーヒーのセットは1400円で若干高い気もしたが、場所代ということで文句無し。テラスに入ってからでるまでにずっと評価できた側面は店員の品の良さでした。接客はとても上手で、この場所には大変相応しい人材だと感じました。Jean Fさんの口コミ
観劇後に入りました。他のお客さんもどっと流れ込んできていたため、デザートの選択肢がチョコレートケーキのみでしたがびっくりするほど質が高かったです。ポットサービスの紅茶も上手に煎れてあってさすがドゥ マゴと思いました。フロアに対して店員さんが少なかったためなかなか注文できなかったこと以外は完璧でした。sironecokanaさんの口コミ

ラ・メール・プラール

世界遺産にも登録されているフランス西海岸のサンマロ湾に浮かぶ海上の城、モン・サン=ミシェル。

投稿者:vzle

この地の名物といえば巨大オムレツ。1888年、宿屋を開いたプラールおばさんのレシピが始まりです。当時、全卵を銅製のボールで泡立てるリズミカルな音は店の外にまで響き渡り、道をゆく通行人たちが思わずその音に足を止めたとか。

投稿者:RestleClauzel

そのモン・サン=ミシェル名物のオムレツを味わえるのが、東京丸の内にある、ラ・メール・プラールです。赤いファサードに街灯は本国のラ・メール・プラールとそっくり。

投稿者:Charlie

看板メニューは本店と同じレシピで作られるスフレオムレツ。ベーコン・チーズ・ポテトやスモークサーモンとポテト、海老とラタトゥイユなど多彩な具も魅力的。どれを選ぼうか迷ってしまいます。

投稿者:mat_mak

そのほかノルマンディー地方の伝統的な料理も並びます。飲み物は、ぜひ伝統的なリンゴのお酒、シードルをどうぞ。

投稿者:Hiroaki Kaneko

コースのデザートはワゴンサービス。どれにしようか目移りしてしまいますね。ところで創業者のプラールさんは、スフレオムレツ以外にも700ものレシピを考案したと言われています。それらのメニューをひとつずつ味わうのも楽しみです。

投稿者:takimof

有楽町駅の国際フォーラム口から歩いて数分、赤いシックな外観で目立ちます。オシャレで上品な感じ。店内はほとんど女性客ばかりでみなさんふわふわのオムレツを注文してました。このふわふわ感、できたてのをすぐに食べることができ感動します!ランチで予約して行きました。Hyganaさんの口コミ
3200円のコースを注文しましたが、サラダ、オムレツ、フレンチフライ、デザート2つ。かなりお腹一杯になりました。オムレツのボリュームが半端なかったです。美味しくいただくにはオムレツとバゲットだけでもいいかなぁと思いました(笑)Storyteller668632さんの口コミ
ランチでオムレツをいただきました。ボリュームたっぷりで口の中でとろける不思議な食感でした。手で泡立てるそうで、腱鞘炎になるコックさんもいるそうです。一度は食べるべきオムレツ。予約無しで行きましたが、遅いランチなら入店できます。Trip714143さんの口コミ

エシレ・メゾン デュ ブール

日本で一番有名なフランスのバターといえばエシレでしょう。1894年、フランス中西部のエシレ村で創業。この地域の土壌は石灰分が多く、その牧草を食べて育った牛たちのミルクは脂肪分が高くバター作りに最適。その牛乳を昔ながらの木製のチャーンで攪拌し、代々受け継がれてきた乳酸菌で発酵させたのが、香り高く味わい濃厚なエシレバターです。その品質は、パティスリーやヴィエノワズリーから高く評価されてきました。

そのエシレバターを使った専門店が丸の内にあるこちらの店。実はエシレの専門店というのは本国フランスにも存在せず、ここと大阪の店舗のみです。

テイクアウト専門店で、目玉商品はエシレを使ったバターケーキ「ガトー・エシレ・ナチュール」。見かけはまるで本物のバターのようで、そのフォトジェニックさも手伝って大人気。

投稿者:Jasmine3103

4860円というお値段ですが1日限定15台のため、開店と同時に即完売する幻の商品となっています。

たとえ買うつもりはなくても、クロワッサンの誘惑はかなりのもの。クロワッサンがオーブンで焼き上がると、店内はバターの香りでいっぱいに。もしも目の前に焼きたてが並んでしまったら、買わずに立ち去ることなどできないはずです。

投稿者:chrishA3359NL

バターの美味しさをストレートに味わうことのできるマドレーヌやフィナンシェもおすすめです。

投稿者:chrishA3359NL

手土産にはサブレが人気。白と青の缶に詰められたサブレは、ざっくりした力強い味わい。最高の素材でしか実現しえない、素朴な美味しさが詰まっています。

投稿者:ALOHA東京

すべての商品が限定のため、開店前から長蛇の列。特にガトー・エシレ・ナチュールを手に入れるためには1時間前には店に到着した方がいいでしょう。

投稿者:Giampaul

以前11時頃訪れた時には欲しい品物が完売だったので、気合いを入れて朝9時から並びました。朝10時からのオープンですが、無事に整理券を貰い、狙っていた商品を購入する事が出来ました。ガトーエシレは箱を開けた瞬間、バターの香りがして、でもしつこすぎず、上品なお味でした。ミルフィーユ状の層になっていて、見た目も美しく、自宅ではもちろん贈答用にもオススメです。Navigate802879さんの口コミ
九州のお世話になった会社への手土産を買いに行きました。白と青の缶入りのクッキーとサブレは見た目も可愛くて枚数入っているのでみなさんでどうぞと渡しました。さすがに有名店なので渡した瞬間から女性からはかなり喜ばれました。私自身はバターの味わいが濃いサブレの方が好みです。PUNPUNPUNさんの口コミ
こちらのお店は時々行くのですが、いつも遅い時間の為、売り切れているものも多かったのですが、今回は珍しく午前中に伺いました。買いたいと思っていたクロワッサンをやっと買えて満足。無塩と有塩ともう一種類のクロワッサンがあり、有塩を購入。
エシレバター感満載な一品でした。melosunさんの口コミ
いつ行っても混んでいるし、仕事後に立ち寄ろうにも早々に閉店してしまう・・・なかなかハードル高いです。しかもお客さんのまとめ買いがハンパなくて怖い!818nhさんの口コミ

ラデュレ

ラデュレの歴史は1862年にまで遡ります。フランス南西部で製粉業を営んでいたルイ=エルネスト・ラデュレが、当時一流の職人たちが軒並み店を構えていたパリのマドレーヌ界隈にブーランジュリーを開店。たちまち上流階級に愛される店となりました。ラデュレの残した大きな功績といえば2つ。1つは、ラデュレの妻が、パリで初となる女性が自由に訪れることのできるサロン・ド・テをオープンしたこと。もうひとつは、ラデュレの弟子のピエール・デフォンテーヌが1930年にマカロンを考案したこと。正確には、マカロンの間にクリームを挟むことを思いつき、これを販売したのですが、以来これがマカロンの定番のスタイルとなりました。

三越銀座の中にあるラデュレ銀座店のサロン・ド・テは、ルイ16世時代の様式を彷彿とさせる優雅な造り。ケーキはもちろん、ランチやディナーで利用できます。

投稿者:MelissaEstremadoyro

銀座の街並みを見下ろしながらのティータイムは格別のひととき。

投稿者:Anggie B

ネオンが彩る街を望む夜のティータイムもおすすめです。

投稿者:astorm830118

銀座三越の2階にあるマカロンやケーキなどが人気のお店です。今回、初めて訪問しました。こちらのお店にはカフェが併設されており、とても人気がありますが、今回は差し入れ用のマカロンの購入のため来店。マカロンは良いお値段がしますが、差し入れ先にも、とても喜ばれましたよ。kazu_kozaさんの口コミ
フレーズラデュレ(ムースケーキ)、マリーアントワネット(ポットの紅茶)、フランボワーズとショコラのマカロン、合わせて3198円でした!お店の雰囲気と味を考えると満足ですが、2人以上で行かれるならアフタヌーンティーがおすすめです。2171687さんの口コミ

ミシャラク表参道

続いては新進気鋭の実力店をご紹介しましょう。ミシャラクはあの、フランスパティスリー界の師、ピエール・エルメと並ぶ実力を持つと言われる若きパティシエ。26歳という若さでパリの5つ星ホテル、プラザ・アテネでシェフパティシエを務め、クープ・デュ・モンドのパティスリー部門でチームを優勝に導きその地位を確立。2013年にパリに自身の店を出すと次々の店舗を展開し、現在はパリで4店を展開。2018年にスイーツ激戦区の東京に進出を果たしました。

ミシャラク表参道のテーマは、ロック&ラグジュアリー。白と黒を基調とした店内をカラフルなスイーツが彩ります。

投稿者:David B

ユニークな見た目のスイーツにも目を奪われますが、この店のすごいところはそれだけではありません。

投稿者:tak

なんとこちらではAIがカスタマーに合ったスイーツを作り上げてくれるのです。それがこのコスミック(KOSMIK)。スマートフォンに公式アプリをダウンロードし会員登録すると、ミシャラクが登場。ミシャラクからの5つの質問に答えると、ミシャラクAIがぴったりなコスミックのレシピを提案してくれるという仕組みです。もしもカスタマイズしたければ、カスタマイズボタンから変更も可能です。保存したレシピのQRをお店のバーコードリーダにかざせば、あなただけのコスミックのできあがり!試してみたくなったでしょ?

投稿者:tak

テレビで見て美味しそうだったので行ってきました。アプリをダウンロードしてAIからの5つの質問に答えるとレシピを提供してくれます。平日が空いてるのでオススメです。taku_i888さんの口コミ
スイーツを買いに立ち寄りました。カラフルでかわいく、デザインもちょっと変わっていて子供も喜ぶようなものもあり見た目だけでもとても楽しめます。プレゼントに日持ちするクッキーの詰め合わせを買いましたがパッケージも高級感があって素敵です。きっと喜んでもらえると思います(^^)PUNPUNPUNさんの口コミ
AIスイーツとしてコスミック目当てに訪問しましたが、ハンバーガーのケーキがどうしても気になりそちらを注文しました。
見た目だけじゃなく、おいしかった(^^)yukimoguさんの口コミ

リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー 東京本店・吉祥寺

1200店以上のブーランジェリーが日々しのぎを削るパリ。そのパリにあって圧倒的な支持を得ているリベルテ・パティスリー・ブーランジェリーが2018年に吉祥寺にオープンしました。パンやスイーツだけでなく空間もパリの雰囲気そのまま。ケーキやパンは、パリと同じものを使用していますが、レシピは日本の風土に合わせて若干アレンジしているということ。

投稿者:After9

カフェも併設しておりイートインが可能です。本国同様見た目も美しいケーキたちが並びます。

投稿者:kurikaba

モーニングにはフルーツサンドも。かわいらしい見た目も女性ファンの心をぎゅっとつかんでいるようです。

投稿者:くれまかたらな

モーニングメニューが登場しました。フルーツサンドとドリンクのセット。9時から11時まで。サンドイッチは小さめ4切れで、フルーツは4種類。生クリームが濃厚で美味しい。コンフィチュールと小さなマドレーヌも付いてます。ドリンクはアイスレモネード。ほどよい酸味で美味しいです。吉祥寺でモーニングの楽しみが増えました♪pulcinetta_feliceさんの口コミ
野菜メインのランチプレートは、どこのレストランでも見たことないほど野菜がどっさりで、さっぱりした美味しいドレッシングがかけてあります。付け合わせのクスクスと豆のサラダも美味しく、サーモンプレートは、サーモンがトロトロでキノコのソースも美味。全体的に控えめの塩分で素材を活かした味付け。日本の外食店でよくある塩辛い味付けが嫌いな私にはぴったりでした。Iovecanadaさんの口コミ

今回は、グルメ大国フランスの味を気軽に味わえる新旧様々な店をご紹介しました。ぜひ、次のお出かけの際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

旅リストを見る >>

この記事に関するタグ

話題の記事