60段に6,000体も!? 全国各地の凄すぎる「ご当地ひな祭り」6選

今年もひな祭りの季節がやってきました。女の子の健やかな成長を願う年中行事ですが、朝廷で行われていた神事の再現から多数の人形を一堂に集める大型ひな段展示まで、開催されるイベントの形はさまざま。今回は、ご当地ひな祭りの中でも、全国から観光客が訪れる人気イベントをピックアップしてみました。

曲水の宴(福岡県太宰府市/太宰府天満宮)

平安時代の宮中行事を再現した「禊祓(みそぎはらえ)」の神事。衣冠や十二単などの平安装束に身を包んだ詠み人が、酒盃が前を通り過ぎるまでに和歌を詠み、盃を飲み干すという雅やかなものです。観覧席は予約不可の全自由席となるので、観覧希望者は早めの到着がベター。席が取れなくても、タイミングが合えば境内を移動する雅やかな行列が見られます。
開催日/3月第1日曜(2019年は3月3日)

投稿者:Ilovetamariver

投稿者:takayuki t

投稿者:mmirodori

参道には人人人。それに加えて、何やらただならぬ気配。何事かと思いきや、曲水の宴に参加する松本幸四郎御一行様のパレードでした。見物客から装束姿の幸四郎に「高麗屋!」「10代目!」の掛け声。久しぶりに目の保養をさせてもらいました。takayuki tさんの口コミ

3月に行われた曲水の宴の日に訪れました。生憎の雨のため、日曜日の割には訪れる人も少なかったようですが、それでも曲水の宴の開始直前には会場付近は大混雑でした。ももらっとさんの口コミ

教養人の道真公を励ます為でしょうか、境内には梅が植えられています。春を告げる梅の時期も、訪れる楽しみがあります。宮廷人の嗜み、詩歌を交わす曲水の宴を催す場所もあります。fukaeriさんの口コミ

柳川雛祭りさげもんめぐり(福岡県柳川市)

柳川地方では、ひな人形と一緒に「さげもん」と呼ばれる飾りを吊り下げる独特の風習があります。縁起の良い鶴やウサギ、ひよこなどの布細工と柳川まりを組み合わせたつるし飾りは、目を見張るほど華やか。展示期間中は会場アクセスに便利な「雛めぐり舟」の運航や展示即売会、晴れ着姿の幼女が船に乗る「水上パレード」など、さまざまなイベントも開催されます。
◆開催/~2019年4月3日(水)

投稿者:higashinomori

投稿者:ヤマちゃん1世

投稿者:シニアボウリング

まだ厳冬の二月に柳川の観光なんて、掘割を渡る風は冷たいだろうし、柳の芽吹きもまだ先のことだしと、いささか気乗り薄でした。 しかし実際に行って見ると、何のなんの、沢山の「さげもん」とお雛さまたちの歓迎を受け、感激しました。 ヤマちゃん1世さんの口コミ

町中のあちこちにさげもんを飾ってある会場があり、お店や民家の窓にもさげもん、お土産屋さんにもさげもんがいっぱい売っていました。特に旧戸島家内に飾ったあった物にはさげもんの種類の解説があったり、ほかに見学者があまりいなかったので、ひとつひとつじっくりと見ることもできました。とても華やかで、街めぐりを楽しめました。mimo38

柳川独特の雛祭りは伝統文化に育まれたもので雛祭りの開催中、至る所で観覧できます。ちょうど琴奨菊関の琴奨菊関の優勝祝賀水上パレードの際にも堀に吊るし雛をずらりと吊るされ大変にぎやかでした。higashinomoriさんの口コミ

雛のつるし飾りまつり(静岡県東伊豆町)

柳川同様、ひな祭りに「つるし飾り」を行う地域です。戦後一時期は廃れかけたものの、1998年に復刻しました。メイン会場のひとつ「雛の宿」では、6409個の人形がついたジャンボつるし飾りが迫力たっぷりに出迎えてくれます。近隣には名産品「稲取のみかん」の収穫体験ができる協賛会場や、階段を利用した雛段飾りを展示する「三嶋神社」もあるので、ぜひチェックを。
◆開催/~2019年3月31日(日)

投稿者:Henry W

投稿者:hamichimi

投稿者:祥子 黒

伊豆稲取駅で降りて、海を見ながら歩きスサノオ神社へ。こちらでは118段の階段を使ってひな飾りを置いています。つるし雛と雛段の飾りが豪華でとてもきれいです。
スサノオ神社を出たら「ひなの館 むかい庵」へ。中は本当に華やかです。よく見るといろいろな形のものが吊り下がっていてじっくり見てしまいました。りく@ゆさんの口コミ

伊豆稲取つるし雛のリピーターです。メインの会場は、やはりむかい庵と、稲取文化公園・雛の館です。お薦めは文化公園・雛の館ですね。無料駐車場も広く、見学の拠点にいいですよ。じっくりと豪華絢爛なつるし雛を楽しんで、無料の足湯でゆったりと足を休めることができます。Henry Wさんの口コミ

稲取の宿は店の中には、可愛らしいつるし雛がつり下げられているところが多いです。ひな祭りの時でなくても、飾られているのが特徴的です。金目鯛の煮付けも有名ですが、日本の伝統美も楽しみたいです。octopuskappaさんの口コミ

酒田傘福(山形県酒田市)

江戸時代から酒田に伝わる「傘福」は、さまざまな布細工を紐に結び、幕を天蓋のようにめぐらせた傘につり下げたもの。子孫繁栄や無病息災を願い神社仏閣に奉納されていました。現代では失われつつありましたが、町おこしの一端として近年スポットライトがあてられ、酒田を代表する料亭だった「山王くらぶ」で常設展示が行われています。ひな祭りの時期には、特別展示も実施。
◆開催/2019年2月24日(日)~12月27日(金)

投稿者:ちゃっぴーちゃっぴー

投稿者:sugapapa

昔の料亭の建物に、傘福などが展示してあります。今回は花嫁衣装の展示がしてあり、傘福は少なめでしたが、時期によっては広間いっぱいに傘福が吊るしてあるのが見られるようです。まるねこさんの口コミ

傘福という吊るし雛の展示がよく知られていて、これがメインの一つではあるのですが、お客をもてなした日本間がいくつもあって、それぞれがそれぞれに凝った趣がある。今回は二回目の訪問でしたが、その素晴らしさが今回はよく分かったような気がしましたたびたびさんの口コミ

一階はテーマごとに名前をつけられた座敷が多数あり展示スペースとなっている。2階は大広間で、辻村寿三郎の作品、反対側にはつるし飾り「酒田傘福」が展示されていた。ボランティアの女性が傘服を作っていて、簡単な説明もしてくれた。sugapapaさんの口コミ

もちがせ流しびな(鳥取県鳥取市)

毎年旧暦3月3日に行われ、鳥取県無形民俗文化財に指定されている民俗行事。米俵の円型の蓋「桟俵」(さんだわら)に夫婦びなをのせて清流に流し、災厄を払うもので、当日は細い路地裏や空き地、個人の庭先にも創意工夫に満ちたひな飾りが並びます。地域の風習を紹介するために建てられた「流しびなの館」では、ひな人形の常設展示に加え、「流しびなづくり体験」なども実施しています。
◆開催/2019年4月7日(日)

投稿者:erikamix

投稿者:erikamix

わらで編んだ丸い「さん俵」に男女一対の紙びなを載せ、清流に流す「流しびな」。この館は現代にその風習を伝えようと建設された。館がある用瀬町ではこの行事が今も伝わっており、毎年旧暦の桃の節句に近くの千代川でひなを流している。インテリげんちゃんさんの口コミ

不要になったひな人形が子供の頃からどうなるのか不思議で供養の様子を見に行きました。色々な家庭で我が家の雛人形自慢も見れて楽しかったです。改めて日本人形の美しさも感じました。erikamixさんの口コミ

かつうらビッグひな祭り(千葉県勝浦市)

市内各所に約3万体のひな人形が飾られる一大イベント。徳島県勝浦町で先に実施されていた「ビッグひな祭り」を東西で開こうと企画されたもので、2001年に勝浦町から7000体の人形を譲り受けて開始しました。特に6000体が一堂に並ぶ芸術文化交流センターホールは圧巻。60段の石段一面に約1800体が並ぶ遠見岬(とみさき)神社のライトアップや、稚児行列、パレードなどのイベントにも注目を。
◆開催/~3月3日(日)

投稿者:Kyoko K

投稿者:千葉県ひなちゃん

投稿者:papaiya2015

幸いなことに天気も良く一番見たかった階段のお雛様を見ることができました。
1,800体飾ってあるそうです。
市内には他に4か所会場があってそれぞれ600体以上のお雛様が飾ってあります。千葉県ひなちゃんさんの口コミ

期間中あちこちにお雛様が飾られ、商店街のお店にもつるし雛が飾られています。圧巻は市役所の隣にあるホールのお雛様客席全てに飾ってあります。また、明治、大正、昭和のお雛様も展示されています。入場料300円でした。papaiya2015さんの口コミ

平日休みが取れたのでドンピシャ3日に訪れました。墨田駐車場は既に満車だったので市役所駐車場に停め、シャトルバスで運んでもらいました。圧巻だったのは遠見岬神社の60段の石段に1800体の雛人形と芸術文化交流センターの約6000体の雛人形、想像を絶する規模でまさに「ビッグ」でした。ご一覧あれ。taekok500さんの口コミ

ひな祭りが3月の節句に行われるようになったのは、安土桃山時代のこと。当時は身分の高い女性のための贅沢品で、庶民には縁遠いものだったようです。柳川・稲取・酒田に代表される「つるし飾り」は、そんな庶民たちが端切れなどを使って生み出したもの。美しい飾りのひとつひとつに込められた願いに思いを巡らせながら鑑賞してみてはいかが。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。