その迫力を間近で体感!世界の裏側に回れる滝(裏見の滝)7選

眺めるだけでも清涼感を味わえる滝は、暑さの名残がまだまだ続く晩夏から秋にかけて、ぜひ遊びにいきたいスポット。今回ご紹介する海外の滝は、どこも裏側に回れる(裏見の滝)というスペシャル特典付き! 濡れても構わない格好で、水しぶきを全身に感じながら、滝水のカーテン越しの景色を心ゆくまで堪能しましょう!

日本の裏見の滝はこちら

ナチュラル・ブリッジ(オーストラリア)

オーストラリア最大の観光地、ゴールドコースト市街地から車で約1時間。世界遺産のスプリングブルック国立公園といったら、雄大な自然の宝庫として知られていますが、とくに有名なのが希少な「土ボタル」。公園内のナチュラル・ブリッジと呼ばれる自然の洞窟に夜行くと見られます。ここは遊歩道が整備されていて、歩いていくと滝の裏側に回れるので、昼間にもぜひ訪れたいスポットです。

投稿者:EndlessTravels

投稿者:shun821

投稿者:SHINICHI T

サーファーズパラダイスから車で90分ほどで到着します。国立公園に入ると至る所に牧場や湖が見られ、オーストラリアのイメージは海ですが、真逆の景観を楽しむことが出来ます。そのうちにナチュラルブリッジに到着し、幻想的な滝つぼを見ることが出来ます。Trail809540さんの口コミ
スプリングブルック国立公園の一番の見どころは滝の裏側の歩けるところ!
谷になっており、駐車場から谷を下っていきます。
結構ごつごつしていたり、濡れている為、シューズは絶対必要。
下っていくと非常に高い滝にたどり着きます。
裏側を歩いて行くとマイナスイオン満点。
最高の景色でした。Tourist804687さんの口コミ
日没の一時間前にゴールドコーストを出発しましたが、山の中で天気が悪かったので、到着したときにはほぼ真っ暗でした。駐車場に車は数台あり、人影もちらほら見えましたが、真っ暗になるとちょっと恐かったです。それでもすれ違う人と声を掛け合ったり、懐中電灯で足下を照らし合ったりしながら、12分くらい歩いたところで滝の音が聞こえてきました。道が左右に分かれていて、(最初は間違えて左側の坂を登ってしまいましたが)右側へ行くと洞窟の中で土ボタルが青い光を放っていました。Susumu Sさんの口コミ

サポ滝(ベネズエラ)

ベネズエラを代表する観光スポット、カナイマ国立公園はダイナミックな自然の宝庫。この公園には世界最大の落差を誇るエンジェル・フォールがありますが、ほかにもぜひ訪れたい滝があるんです。カナイマ湖の奥にあるサポ滝は、大迫力の落水を真裏から見られる隠れた名所。地面は滑りやすく、またレインポンチョがまったく役に立たないほどビショビショになるので、スポーツサンダルと水着で向かうのがオススメです。

投稿者:Ginette-Chantal

投稿者:tato r

投稿者:Rail Z

サポの滝は、ボートで湖を渡りその後30分くらい歩いて滝に行きます。滝の手前で荷物を置き、靴を脱いで靴下になるようにガイドから勧められました。私たちは、阿波踊りの男性用足袋を持参していたのでこれを履きました。この足袋は裏が滑らないようになっているので大正解でした。chiaiko2015さんの口コミ
滝の裏側に入るということで、水着を着て出かけます。土砂ぶりの中、滝までハイキングです。前日にも降ったようで、ものすごい水量で圧倒されます。rarabb8さんの口コミ
個人的にはエンジェルフォールよりも大興奮してしまいました。
上から見てよし、裏を通ってよし、横から見てよし、とにかく迫力ある滝を本当に身近で見られます。
滝の裏側は、途中から暴風雨のような激しい水しぶきと風にあおられながら進みますが、なかなか出来ない体験なのでいい思い出になりました。Tatsuko Tさんの口コミ

サポ滝

バブル評価 5 段階中 5.0
3位:カナイマ国立公園の観光スポット20件中

セリャランスフォスの滝(アイスランド)

火山と氷河の国、アイスランドにあるこの滝は、まるで絵画のよう。切り立った崖の周囲に広がる草原と、滝の水が流れ込む穏やかな川。季節によって表情をがらりと変える風景は、いつ訪れても見応えがあります。晴れた日に裏側から眺めると、青い空と緑豊かな大地とのコントラストが素晴らしいですよ。

投稿者:m5486896

投稿者:BoyVsGlobe

投稿者:Dani R

アイスランドを一周する1号線、通称リングロード沿いにある滝です。1号線をセルフォスから一時間程度走ると、それまでずっと続いていた平原の先に崖が城壁のように連なる光景が見えてきます。そしてその崖にはいくつかの滝がかかっており、その中で1番大規模な滝がセリャラントスフォスです。
駐車場からもよく見えるので遠目から段々と近づくにつれその規模感がわかってきます。Jt-syoさんの口コミ
滝の裏側に行けるのが面白い。足場が悪いので、すべりにくい靴で行きましょう。水がかなりかかるので、カメラやスマホに気をつけて行ってください。防水ケースがあるとべんり。pp023さんの口コミ
滝の裏まで回れることで有名で、シーズン中は雨具に身を包んだ多くの観光客で行列ができるくらいしたが、さすがに春先の寒い日(3度ぐらい)だったため、滝裏まで行く勇者はほとんどいませんでした。表側からだけでも迫力ある滝です。pitch777さんの口コミ

ガラスマオの滝(パラオ)

南太平洋に浮かぶ楽園、パラオでもっとも規模の大きいガラスマオの滝。商業の中心地、コロール島から車で約1時間の、バゲルダオブ島にあります。流れ落ちる無数の水の粒子が、太陽の光に照らされてキラキラと輝く様を目にしたら、疲れなんて吹き飛ぶことでしょう。滝に打たれてみるのもいい思い出になりそうです。

投稿者:Petko P

投稿者:Abraham M

投稿者:tricksey2016

ジャングルの中を進んでしばらくすると、高台に出て遠くに滝が見えます。さらに水かさが減った川を歩いていよいよ滝へ!
ガイドさんも言ってましたが、普通は滝の下とか行っちゃいけないという観光地が多い中、ここは遊び放題。滝の下や裏に行って水を浴びたり、滝壺を泳いだり。水着は必須です!FarAway806663さんの口コミ
ビーチサンダルはやめたほうがいいです。マリンシューズで行きましょう。水量が多くなければ、滝の裏側に入り込んだり、滝行をしたりと楽しめます。kubota40さんの口コミ
7年ほど前に訪れたときの水量に比べ半分以下でした。
雨量が足りないそう…
迫力は物足りないですが、それでも圧巻です。
水量が通常通りなら滝の裏に回って写真撮影したかったー。
ツアー会社によっては、マリンブーツの貸し出しがありますが
ないところもあるので、要確認です。madopandaさんの口コミ

エレファント滝(ベトナム)

ベトナム中南部、標高約1500mの高原都市ダラットは、ベトナム人に人気の避暑地です。この街から南西へ約30km。水量豊富なエレファント滝を訪れるときには、足場があまりよくないためトレッキングシューズ等の着用がオススメ。入口で滝を見下ろしたあとは、岩場をひたすら下ります。手すりが設置されているものの、滝の飛沫で濡れていて滑りやすいので注意が必要。大きな岩と岩の隙間が見えてきたら、そこが滝の裏側に回れる通路です。

投稿者:Veronica N

投稿者:Terry Kay

投稿者:cafekangoo

ダラット市内から1時間以内で行け、若干スリルもあって、しかも駐車場から10分の徒歩で滝の裏側にまで行けました。マストゴーだと思います。Uluwatu5さんの口コミ
最初、滝を上から見て、その後、滝のすぐ横や、下から眺めることが出来ます。
私が行った5月最初は、茶色の滝でした。すごい水量にびっくりしました。カメラが心配になるほどの水煙でした。
最初、階段を下りていきますが、次第に岩場を手すりにつかまりながら降りていくようになるので、靴に気を付けたほうがいいです。とても滑りやすいです。amedioMMさんの口コミ
滝の上り下りは短いが結構傾斜が急で、スリッピー、おまけに混んでいるのでなかなか大変。それでも地元の人々はドレス着たままとか、ビーサンで上り下りしている。途中2股に分かれるが、大した時間はかからないのでどちらにも行くことをお勧めする。Tsurupackさんの口コミ

ナイアガラの滝(カナダ)

世界三大瀑布のひとつ、ナイアガラの滝は、年間1400万人以上が訪れるカナダ屈指の観光地。それだけに、滝の楽しみ方にもさまざまな工夫を凝らしています。そのうちのひとつ、「ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールス」は滝に最接近できるアトラクション。トンネルから滝の真裏を覗いたり、滝壺の真横にある展望台から滝を見上げたり、滝の迫力を全身で感じられます。

投稿者:Michelle R

投稿者:Raul R

投稿者:Chrissypearl

まさに、滝の中に入った感じです。実際には、岩に当たった水をあびるだけなのですが、迫力が有ります。昼からは混むので、朝10時くらいまでには行った方がいいです。黄色の使い捨てのレインコートと、サンダルを貰います。サンダルは持って帰れるので、普段に使えます。
絶対お勧めです。Maps804269さんの口コミ
体に響く振動で、流れ落ちる圧倒的な水量を感じられます。真横からも滝を見ることができるテラスもあり、写真ならここ。FlyingSnowmanさんの口コミ
クルーズ船で水しぶきを浴びながら滝つぼ近くに接近するのも圧巻でしたが、水が落ちるすぐ横まで近寄ると吸い込まれそうな感覚になるほど魅了されました。ジップラインも出来ており、徒歩での国境越えなどまたゆっくり行ってみたいです。クルーズ船ではカッパをもらえますがほぼ濡れるとの事だったのでビーサンを持参しました。comecomyzkさんの口コミ


ボリナオフォール1(フィリピン)

首都マニラを有するルソン島の北西部に島唯一の滝がありますが、ここがかなりの穴場! ボリナオフォールは3つの滝の総称。裏見の滝は、道路からいちばん近いボリナオフォール1です。入場料は20ペソ(約40円)、ライフジャケットのレンタルもあります。売店も並んでいるので、一日中いても安心です。

投稿者:Dennis S

投稿者:rolan n

投稿者:Olive D

1人20ペソ必要でした。 駐車場から階段を70段ほど降りると滝です。 ライフジャケットをつけて泳いでいる人も多くて気持ち良さそうでした!taka33kiさんの口コミ
Bolinao Falls 1 & 2 are among the Philippines’ natural resource that every Filipino and foreign visitor must see and and experience. For the more adventurous, jump or dive from one of its cliffs.
ボリナオフォール1、2 はフィリピンの天然資源のひとつであり、フィリピン人も外国人観光客も絶対に訪れて体験するべき場所です。冒険するのが好きなら、崖から飛び込んでみましょう。742dennissさんの口コミ

エネルギッシュな地球の営みを、すぐ間近で体感できるのが裏見の滝の素晴らしさではないでしょうか。場所によっては、レインジャケットぐらいではまったく歯が立たないところも。スマホやカメラの防水対策を万全にして、全身ずぶ濡れになって楽しみましょう! きっと一生忘れられない思い出になることでしょう。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。