毎日がお祭り気分! 熱気あふれるアジアのナイトマーケット8選

気温の高いアジアでは、夜、涼しくなってから出かけるのが日常茶飯事。ということで、広大な敷地に屋台がずらりと並ぶナイトマーケットは、どこの国でも大盛況! 旅行者にとっては、食べ歩きとショッピングという旅の二大お楽しみが叶えられる素晴らしいスポットです。今回は、外国人観光客でも行きやすいナイトマーケットを選りすぐってご紹介します。

タラートロットファイ・ラチャダー(タイ)

タイの首都バンコクはナイトマーケット激戦地。2015年1月にオープンしたタラートロットファイ・ラチャダーは、若者のデートスポットとしても人気です。もともと別の場所にあるタイ国鉄の倉庫を利用していたのですが、取り壊しが決定したため、この場所に移転しました。バラエティに富んだ屋台も人気ですが、隣接する商業施設の駐車場からの写真がインスタ映えするということで話題になっています。

投稿者:Belle G

投稿者:Eric D

投稿者:masatoshih2017

タイランドカルチュラルセンター駅にあるナイトマーケットへ。駅上にそびえるエスプラネード・ショッピングセンターの真裏にあるタラート・ロットファイ・ラチャダー ナイトマーケット。広大な広場にアパレル 雑貨、フード屋台、パブがひしめき合っている。SingaPapaさんの口コミ
エスプラネードの駐車場から、夜景として見ると綺麗です。
2階からだと屋根が大きな感じ、4階からだと小さな感じ、3階からがちょうど良い感じです。伴陽さんの口コミ
全体のオープンが17時~とのことでしたが、17時に行くとまだまだ準備段階でした。もう少し遅い時間に行くといいと思います。

物価は安めだと思います。ナイトマーケットとしては行ってみる価値大!です。
食事もできる場所がたくさんありました。Chie0405さんの口コミ

シカダマーケット(タイ)

タイ中部の避暑地、ホアヒンのナイトマーケットは、若手の作家に活動の場を提供するという趣旨で開かれているのだとか。露店に並ぶのはハンドメイド製品や絵画など、アート色の強いものが中心。フードエリアの屋台は清潔感があって、ナイトマーケット初心者でも安心して利用できます。金~日曜の3日間だけ開催しています。

投稿者:Светлана С

投稿者:Goh W

投稿者:トリップアドバイザー チャイナの会員

フアヒン中心部からは外れた立地ですが、とにかく清潔な夜市です。欧米型の訪問客が多いように感じます。
家族連れや女性グループでも安心して行ける夜市だと思います。shibutaさんの口コミ
商品はハンドメイドの創作品が特徴でしょうか。食事はフードコートと同システムのチケット制。返金もしてくれます。屋外ステージでは学生(?)の舞台も行われており、上品は雰囲気です。1955HIROさんの口コミ
タイの一般的なナイト・マーケットとは一線を画し、手作り感覚のお洒落な小物や絵画、Tシャツ等が売られ、欲しい品々が沢山ありました。
DetourBreezyPointさんの口コミ

ルアンパバーンのナイトマーケット(ラオス)

ラオス北部の古都、ルアンパバーン。日が傾いてくると、メインストリートのシーサワンウォン通りにはテントが立ち始めます。刺繍製品や織物、Tシャツなどお土産にピッタリの品がたくさん。大勢の観光客で賑わっていますが、喧騒とは無縁です。ラオス人特有の気質なのか、強引な呼び込みはほとんどなく、ゆっくり品定めができますよ。

投稿者:lisamtessier

投稿者:Wingc633

投稿者:byrone29

世界遺産ルアンパバーン旧市街の目抜き通りに夕方くらいから、テントの出店がずらーっと並びます。完全に観光客向けで、かつラオスは必ずしも物価は安くないので、お得感があるわけでもないですが、とりあえず行ってしまいますね。Eizen2014さんの口コミ
少しわき道にそれると食材を選んで調理してもらえる屋台もありとても楽しいです。ハマーたびたろうさんの口コミ
ナイトマーケットと言えばどこの国に行っても客引きや呼び込みが激しいのですが、ここは全く違います。
ほとんど声もかけて来ず、こちらが手に取って見ると初めて値段を示してくる。tsuribakaoyajiさんの口コミ

フィリピーノ マーケット(マレーシア)

ボルネオ島でいちばん大きな都市、コタキナバルの海沿いで開かれるナイトマーケットは、シーフードが充実。好きな魚介を選び、炭火で焼いてもらって食べ歩きするもよし。テーブル席に運んでもらってゆっくり食べるもよし。屋台を切り盛りするのはフィリピン系移民が多いため、調理方法や味つけもフィリピン風です。

投稿者:Baron_de_Richebourg

投稿者:Natayan

投稿者:WorldGlutton

フィリピーノマーケットは、バーベキュースタイルで、選んだ魚介類を焼いてくれてその場で食べれます。最初に選んでその店のテーブルで食べるスタイルです。マーケットなので、生臭さなどがだめな人は臭いで楽しめないかもしれません。KAORI Nさんの口コミ
メリディアンの道路を挟んだ向かい側いにあります。 屋台の魚は美味しかったです。 野菜やお菓子の類なども売っていました。 地元の友人曰く、フィリピンマーケット周辺はスリが多いとのことなので十分注意してください。TKU23さんの口コミ
フィリピノまーけっとという名前だけあって、ムスリム系フィリピン人の市場です。マレーシアの市場というより、フィリピンの空気を感じる場所です。pooooriiiiさんの口コミ

アンコール・ナイト マーケット(カンボジア)

アンコールワット観光の拠点となるシェムリアップ最大のナイトマーケットがこちら。シヴォタ通りを横切るナイトマーケット通りで、18時頃から始まります。プチプライスの雑貨やご当地Tシャツなど、お土産によさそうなものがズラリ。日本人経営の雑貨店もあります。周辺にはドクターフィッシュやマッサージのお店もあるので、たっぷり歩いたあとに体験してみては。

投稿者:CodyMav

投稿者:SharonMiang

投稿者:leszekb1

シェムリアップの市街地のメインストリートの横丁がマーケットになっています。
屋台や観光客向けのレストラン、バー、マッサージ屋さんなどが並んでいました。Katsumi56さんの口コミ
シェムリアップにはたくさんのナイト・マーケットがありますが、私はこのナイト・マーケットが一番賑やかで気に入りました。hide2004さんの口コミ
どの店も殆ど同じ物を売っている、価格が違うだけ←店員さんが言ってました。
とはいえ、頑張って店の中を探すと他の店に売っていないものがあったり、また他の店とは全く異なる物を扱う店も見つけることはできます。okkuto kさんの口コミ

ゴアのサタデーナイトマーケット(インド)

インド南西部にあるビーチタウン、ゴア。土曜の夜になると、アルポーラというエリアにさまざまな露店が並びます。洋服やアクセサリーのほか、山盛りになったスパイスなんかも販売。ステージではライブやダンスが繰り広げられていて、お祭りのような雰囲気です。

投稿者:KulwantSingh

投稿者:ddaglish

投稿者:Own_TheRun

ヒッピーカルチャーの香りプンプン。フリーマーケットながら食事、ライブ、土曜の夜はここに行けばとりあえず大丈夫
楽しいです。tatsuhiroiさんの口コミ
露店で価格交渉しだいでは二分の一三分の一値段下げられる。お腹減ったらストリートフードたんまり食す、そして踊る。samatwaさんの口コミ
Located near to calangute this is a famous market in north Goa… you will find some great souvenir for family and friends apart from the necessary clothing.
ゴア北部の有名なマーケットで、カラングートの近くにあります。日常着などの他にも、家族や友人へのお土産によさそうなものを見つけられるでしょう。Vikas Gさんの口コミ

ハリソンロードのナイトマーケット(フィリピン)

フィリピン・ルソン島にある標高1500mの高原都市、バギオ。年間の平均気温が20℃と過ごしやすく、「サマーキャピタル」とも呼ばれています。そんなバギオの目抜き通り、セッションロードそばのハリソンロードで毎晩開催されるこちら。21時から深夜0時頃までお店が並びます。フィリピンのB級グルメならなんでも揃うので、バロット(羽化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵)やバナナキュー(砂糖をまぶしたバナナの素揚げ)にチャレンジを!

投稿者:Romer R

投稿者:Romer R

投稿者:LIKELUKE

夜10時から、ハリソン・ロードの片側3車線を歩行者天国にしてのマーケット。バーベキューやヌードル、トウモロコシやポップコーンなどの屋台あり、「ワグワグ」「オカイオカイ」と呼ばれる中古衣料のスタンドあり、活気ある時間を楽しめる。LIKELUKEさんの口コミ
フードエリアも熱気がすごく圧倒されますがバキオの美味しいものが並ぶ中からお気に入りを見つけるのはとても楽しいです。sanche2014さんの口コミ
人でいっぱいになりますのでスリには気をつけたほうがよいでしょう。niko8747さんの口コミ

テンプルストリート・ナイトマーケット(香港)

九龍サイドで17時頃から営業を始めるのが、テンプルストリートのナイトマーケット。電化製品や時計、メンズの洋服など、男性向けの商品が多いことから、通称「男人街」とも呼ばれています。男性しか楽しめなのかと思いきや、女性用のバッグや雑貨を扱う屋台も多いです。

投稿者:takashi225

投稿者:Виталий П

投稿者:rh24

ネイザン・ロードの西側、女人街よりは若干南に位置するマーケット街です。女人街より長さはあるようですが、お店の密集度や賑やかさは女人街の方が上だったようです。相模の星さんの口コミ
600mほどの道の両脇ところせましと露店がでてる様子は圧巻です。基本男人街といわれるだけあって男性用ばかりを扱ってるかと思ってましたが小物雑貨、お土産なんかも揃っていてひやかしで歩いてるだけでも十分楽しめました。エレガンスパッカーさんの口コミ
女人街と比べると、男人街と言うだけあって、お土産物屋と洋服屋よりもおもちゃ(ニセレゴやハンドスピナー等)やお遊びの家電(ミニ扇風機、カラオケマイク、USB等)が多く、商品の並べ方が気を使ってなくて、より値札が少ない感じ。あと、周りがうるさくなくて、混雑してない。もちゆみさんの口コミ

アジアの夜は長い! 日中あちこち出かけても、ナイトマーケットを見て回る体力は残しておいて、夜も存分に楽しみましょう。

関連記事

【特集】台北の夜市12選!定番からローカルまで特徴を徹底ガイド

台北市内に点在する夜市は、旅人として絶対訪れたいスポットのひとつ。それぞれの夜市には特徴があるってご存知でしたか? 今回は観光客に人気の夜市から、ディープなロー...

アジア随一の屋台街 クアラルンプールのジャラン・アローがすごすぎる!

急激な変化を遂げているマレーシアの首都、クアラルンプール。高層ビルが次々と完成し、夜の摩天楼のきらめきはまるで近未来都市。その一方で、アジアの喧騒を感じるエキゾ...

一度は行きたい!ハワイのファーマーズマーケットKCCの楽しみ方

各メディアがこぞって紹介し、今や観光地と化したオアフ島ホノルルの土曜朝市、サタデー ファーマーズ マーケット KCC(以下KCC)。どんな場所? どうやって行く...

この記事に関するタグ

話題の記事