絶対に写真を撮りたくなる!デザインが個性的なアジアの橋

橋とは川や海、渓谷などを渡るための道…なはずですが、その役割以上にデザインが目立っている橋があります。渡るという機能だけでなく、見て楽しめるエンタメ性のある橋。今回はアジアにある橋の中から、思わずカメラを構えてしまうインパクトのある橋をセレクトしてみました。個性的な橋は「わざわざ見に行きたい」観光スポットにもなり得るのです。

ゴールデン・ブリッジ(ベトナム/ダナン)

ベトナム中部の都市ダナンは、日本から直行便で約5時間の、今最も人気の高いアジアンリゾートエリアです。どこまでも続くロングビーチや世界遺産の古都ホイアンなど見どころは豊富ですが、SNS経由でじわじわと話題になっているのがゴールデン・ブリッジ。この橋は、空港から車で約40分のテーマパーク、サン・ワールド・バー・ナー・ヒルズにあります。

ケーブルカーに乗って標高1400m以上の高地バー・ナー・ヒルズへ。駅を出ると、目の前にゴールデン・ブリッジが!

投稿者:Mike R

造りは梁を渡したシンプルな桁橋ですが、黄金の橋を支えているのは巨大な手。別名「神の手」と呼ばれる大きな指に、釈迦の手の平に乗った孫悟空の気分…。橋からの眺めも素晴らしいのですが、どうしても視線は手に吸い付けられてしまいます。

投稿者:Mike R

岩のように見える神の手ですが、実際はグラスファイバーで造られたもの。周辺には巨大な足や顔、手のオブジェが飾られ、摩訶不思議な世界が広がります。

投稿者:JasmineSB

2018年6月にゴールデン・ブリッジができて知名度が急上昇したサン・ワールド・バー・ナー・ヒルズですが、それ以外にも中世のフランスの街を再現していたり、きれいな花畑が点在していたりと、個性的な見どころが多く楽しめますよ。

晴れていたらとても景色が良く、写真映えすること間違いないです!ダナンから車で1時間、ケーブルカーでさらに登らないと行けないのでなかなか予定に組み込みにくいですが、半日時間がある方は行ってみては?ZONOIWATAさんの口コミ
ホテルからタクシーをチャーターして40〜50分でした。帰りのタクシーがないかもと思ってチャーターしたのですが、駐車場にはタクシーがいっぱいでしたのでチャーターしなくても大丈夫かもです。私達が知らなかっただけなのか、神の手はケーブルカーの頂上ではなく途中の場所にあります。なので頂上まで行ってまた、別のケーブルカーで降りるというはめになりました。Ambassador811188さんの口コミ

ドラゴン・ブリッジ(ベトナム/ダナン)

同じくベトナムのダナンからドラゴン・ブリッジを紹介します。ハン川にかかる666mの橋は、ダナンのシンボルのような存在。文字どおり龍をモチーフにした橋で、空港からビーチエリアへ向かう途中に身をくねらせた黄色い龍を目にするはず。

投稿者:gbcafe2015

観光スポットとしても人気のドラゴン・ブリッジですが、注目すべきは夜の姿。ライトアップされた龍は赤、黄、青、緑…と次々に色を変えていきます。橋の下を電飾ギラギラのボートが通り過ぎ華やかな雰囲気。

投稿者:pommedulapin

週末の夜になると、さらに人が増え周辺は大混雑!土曜と日曜の21時に龍が炎と水を吐くので、それを見に多くの人が集まるのです。ボッと炎を吐いて、周辺に雨を降らせる龍…伝説そのものの姿ではあるのですが、なんだかシュールです。

投稿者:Kate73HB

橋の周りには、週末限定の屋台がいくつも並び、小さな椅子とテーブルでビールを片手に盛り上がる地元の人たちの姿が。熱気に満ちたベトナムの夜を満喫できます。

投稿者:yilang11

ダナンにはドラゴン・ブリッジ以外にも夜になると色とりどりの電飾が輝く橋がいくつもあり、夜景に色を添えています。最初に紹介したゴールデン・ブリッジもそうですが、ダナンの人たちは橋をデコレーションするのが好きなのかもしれないですね~。

この橋はなんといっても土曜日、日曜日の夜9時から開催されるショーが見ものです。時間より早めに行って見物場所を確保しないと間際だと見物客が多すぎて、いいスポットまで辿り着けないかもしれません。ショーはあっという間に終わるのですが、最後の水噴射はかなり広範囲なものなので要注意。yilang11さんの口コミ
夜にはライトアップされて、七色に光りが変化します。またこの橋の両岸は市民の憩いの場になりこれからどんどん発展し光りが増すであろうダナンのパワーを感じます。TTYMWさんの口コミ

張家界大峡谷玻璃橋(中国/湖南省)

中国の湖南省にある張家界は、雲海の中から切り立った山々が突き出す、幻想的な風景が広がる景勝地。この雄大な自然に覆われた山岳地帯に、唐突にガラス張りの橋が造られています。2つの山をつなぐ長さ430mの橋は、地上300mの高さから足元の渓谷を一望できます。

投稿者:Daiane A

吊り橋タイプの橋は1度に800人が歩ける強度をもつそう。ガラス張りといっても、実際は大きなガラスパネルを埋め込んだ橋。それでも橋が人で埋まると一抹の不安がよぎります。もちろんスリルと絶景を楽しめること請け合いです。

投稿者:bhumml

下から眺めると、渓谷にかかった橋は「すごいところにかけたな…」という印象。無骨な岩山にスタイリッシュな橋という組み合わせが新鮮です。

投稿者:Natalie S

張家界市内から時間はかかるけど、なかなか面白い場所!橋を渡った後の峡谷は長いので、行き方や帰りの時間などは注意必要!!TamaChinaさんの口コミ
16時40分の予約で1時間半位並びました。すごい人です。入場時間は予定の時間通り。入口で男は黒い靴カバー、女は赤い靴カバーを履きます。持ち物は厳しく小さ目のカバン、携帯電話、水のみ。カメラはダメ。橋の真ん中あたりが渓谷が300m以上あるので人気です。meronchan2018さんの口コミ

ヘリックス・ブリッジ(シンガポール)

マリーナ・ベイ・サンズがそびえるマリーナ・ベイは、シンガポールでは欠かせない観光スポットのひとつ。ここにかかるヘリックス・ブリッジは、橋桁を二重螺旋が覆う前衛的なデザインに圧倒されます。全体が緩やかにカーブする歩道橋は、ライトアップされるとまさにアート作品のたたずまい。

susan_NYC_2018

280mの橋には4カ所のデッキが設けられ、マリーナ・ベイの夜景や、プロジェクションマッピングなどのイベントを見るのに最適です。

投稿者:Roberts69

二重螺旋のデザインは、DNAの配列をモチーフにしているとのことで「人生と連続性」「再生」「永遠の豊かさ」「成長」などを象徴しているそう。螺旋の内側に入って、そんなメッセージを探ってみるのもよさそうです。

投稿者:fahmi a

計算し尽くされた場所に、計算し尽くされた展望デッキがあり、シンガポールでもベストのナイトビューが堪能できる場所です。混雑度も程々で少し待てばいいポジションでいい写真が撮れます。シンガポールのマストプレイスのひとつ、しかも無料!charismaskierさんの口コミ
橋好きにはたまらないスポットです。DNAの配列からインスピレーションを得たという構造で光だけでなくその曲線も美しい橋です。マリーナ・ベイ・サンズなどをバックに写真を撮るとインスタ映えします。SargThompsonさんの口コミ

盤浦大橋(韓国/ソウル)

ソウルの中心を東西に流れる漢江は、全長約494kmという巨大な河川。いくつもの橋がかかり、なかにはライトアップされるなど、橋自体が観光スポットになっている橋もあります。盤浦大橋もそのひとつなのですが、ただライトアップされるだけではないのがポイント。音楽とともに噴水ショーが繰り広げられるのです。

投稿者:yangjianx

7色に変化するレインボー噴水は1日に数回見られます。1回20分ほどのショーを眺めに、橋の南側に広がる盤浦漢江公園には地元の人が集まります。約1140mにわたって流れ落ちる噴水は、美しさだけでなく迫力もたっぷり。

投稿者:Ashley B

周辺にはフードトラックが連なり、屋台も出るなどにぎやか。ビールや焼酎で飲み会状態のグループもいたりして、韓国の若者カルチャーに触れられます。

投稿者:Hyo-Jung Kim

土曜の夜でマーケットも出ていたのでにぎわっていました。マーケットは食べ物だけでなくハンドメイド雑貨もあります。人工島のようなところ(セビッソム?)のコンビニでビールを買って飲みながら噴水を見ました。現地の方々はテントやレジャーシートを持参してくつろいでいました。GalmNさんの口コミ
はじまる前からカップルがたくさんいて、デートスポットなんだな、と思いました。およそ30分くらい?4曲のヒット曲を流して、音楽に合わせて噴水が上下したりカラフルに色が変わったりします。caitsith0106さんの口コミ

あやとりはし(石川県/日本)

日本にも立派な橋はいくつもありますが「個性的」というキーワードからご紹介するのは、石川県の山中温泉にある、あやとりはし。名称どおり「あやとり」がモチーフで、S字型の橋桁を、編んだような鉄骨が覆う不思議な形をしています。四季折々の渓谷美を見せる鶴仙渓に延び、歩道橋の上からは美しい自然を望めます。

投稿者:masuchan0109

このユニークな橋をデザインしたのは、生け花の草月流三代目家元、勅使河原宏さん。生け花の家元だけあって、コンセプトは「鶴仙渓を活ける」だそうです。下から見ると、S字型に曲線を描く橋の姿がはっきり。94.7mの橋に4カ所もカーブが造られた、非常に個性的な姿です。

投稿者:Sheila

眼下に大聖寺川を眺めるあやとりはしは、上流のこおろぎ橋から黒谷橋までの、約1kmの遊歩道のちょうど真ん中。自然を愛でる散策の途中に、ぜひ立ち寄ってください。

投稿者:mikikoh2015

きれいな曲線を描く橋で、鶴仙渓の川床からも見ることが可能です。夏と冬両方見ましたが、夏は川床を使う観光客が多いですが、冬は静かで雪が降っていると、夏とは違った印象で見ることができました。munerin1985さんの口コミ
まさに「あやとり」のような複雑な形をした橋です。橋からの眺めは美しい川と紅葉が眺められオススメです。NorthStar807539さんの口コミ

日本も含め、アジアの個性的な橋を6つ紹介しました。渡るという機能だけでなく、デザインにも工夫をこらした橋は、わざわざ見に行く価値あり!今年は橋を愛でる旅へ出かけてみませんか?

この記事に関するタグ

話題の記事