猫島・うさぎ島・鹿島…◯◯だらけのアニマルアイランド!

大小6800もの島々が点在する日本列島。なかには、特定の動物が数多く生息する「動物だらけの島」があるんです。癒しのアニマルとふれあえる島をご紹介!

田代島(宮城県)

宮城県石巻湾に浮かぶ田代島は、人口より猫の数が多い「猫島」。フェリーを降りるとすでに猫がいますが、漁師さんが漁から戻ってくる時間には、おこぼれを目当てにさらに集まってくるそう。島内には猫神社があり、大漁の守護神である「猫神様」が祀られています。ちなみに、猫の天敵とされる犬は島内に持ち込むことはできません。

一民 武さんの投稿写真

和吉さんの投稿写真

ろまんすさんの投稿写真

船着き場へ到着すると早速第一島猫がお出迎え。さらに歩を進めていくと次から次へと猫たちがお出迎え。子猫までいるではないですか。本当に感激。島自体は小さく人間よりも猫の数の方が多いとのことでしたが正にその通りでした。全体的に白黒、黒系の猫が多く中には毛並みが非常に美しい迷い猫らしい子もいました。ぴろ子さんの口コミ
猫の島として有名で、猫がいっぱいいます。人間にも慣れていて、触ることもできるので猫好きにはたまりません。船で行くのも。非日常感があっていいです。ぴろ子さんの口コミ

青島(愛媛県)

東京ドームとほぼ同じくらいの小さな島に、島民15人と猫100匹が暮らす、まさに猫の楽園。猫ファンの間ではもはや聖地と化しています。ただし、長浜港から青島への定期便は1日2便で、乗船できる定員数も限られているので、旅程には注意が必要。

Hyunkyu Mさんの投稿写真

羊騷味さんの投稿写真

猫好きにはたまらい島です。 朝、フェリーが出るので早朝から並んで乗りました。定員が決まっていて週末は乗れないことがあるので 早めに行って並びます。 食べるところはないのでお弁当などを持参するのがいいです。 猫の餌付けは決まった場所でできますのでキャットフードを持参していきました。 7月以降だと子猫がいっぱいなのでその時期がおすすめです。arakimiさんの口コミ
定期船をおりるとたくさんの猫がお出迎えに来てくれました。「えさやりはしないこと」などの注意事項を守って上陸です。あっちにもこっちにも猫がいて、思う存分遊びました。猫好きには、もうたまらなくかわいかったです。arakimiさんの口コミ

大久野島(広島県)

瀬戸内海に浮かぶ周囲4kmのウサギの島。かつて毒ガス工場があったため、地図から消されたという悲しい歴史もありますが、現在は国立公園に指定されています。島外で飼育されていた8羽のウサギをこの島に放した結果、現在では700羽もの野生化したウサギが生息。愛くるしいウサギたちとふれあえて、癒されること間違いなし。

LloydCMCさんの投稿写真

rosiebee1234さんの投稿写真

キャベツを持っていたら、これでもかというくらいウサギが寄ってきました。一生分のウサギを満喫した気分です。毒ガスの資料館も大変興味深かったです。mmcat2016さんの口コミ
フェリーおりたらうさぎのお迎えに テンションあがりました。かわいい!100連発はまず船着場で。宿泊施設の無料シャトルバスがあり乗ってるだけで サファリパーク気分。うさぎがとびまわり えさ持つ人はうさぎにモテモテ。個人的には うさぎ専用エサより キャベツ半玉 もったまま いくと ウサギが手足をだしてくるのでふれあいができます。景色もよい島です。サンセットをたのしみました。mmcat2016さんの口コミ

宮島(広島県)

世界遺産・嚴島神社のある宮島には、約500頭のニホンジカが生息しています。シカは神の使いであるとされ、大切に扱われてきましたが、近年は市街地周辺に集中して生息するようになり、人への危害なども問題視されています。

guesa29さんの投稿写真

Tim Wさんの投稿写真

Fabio Lさんの投稿写真

美しい自然あり、癒される動物(鹿)あり、歴史的な神社あり、美味しいご飯あり。文句のつけどころがない観光スポットです!鶴川寿徳さんの口コミ
対岸からフェリーで渡るというだけで非日常的でわくわくします。最近は外国人の方々も多く見かけます。船を降りると鹿が出迎えてくれてそのまま厳島神社の参道に向かいます。もみじまんじゅうやカキ焼きなどさまざまなお店が並んでいて楽しめます。kosoraさんの口コミ

波照間島(沖縄県)

人口約600人の日本最南端の有人島。“波照間ブルー”といわれる美しいビーチや南十字星が見られることで有名ですが、実はヤギの島でもあるんです。飼育されているヤギのほか、野生のヤギもいて、砂浜や草原にも出没します。のどかな風景に心が和みますが、島の郷土料理がヤギ汁と聞くと、ちょっとせつない気も。

Facebook会員さんの投稿写真

kumanocoさんの投稿写真

最南端の碑はいたって普通。でもすぐ隣に星空観測タワーがあり、山羊が何匹もいて、その姿がかわいいです、糞もたくさん落ちていますが、子ヤギもいて、人慣れした山羊でかわいいです。しろくま3号さんの口コミ

焼尻島(北海道)

アイヌ語でヤング・シリ(近い方の島)を語源にもつ焼尻島(やぎしりとう)は、人口より羊の数の方が多い離島。周囲約12kmの島の中央部にはめん羊牧場があり、緑が広がる牧草地でサフォーク種の羊たちが草をはむはむ。また、島の3分の1が天然記念物の原生林に覆われていて、豊かな自然の中でのんびり過ごせます。

はまるやんさんの投稿写真

Kくん77号さんの投稿写真

小さな島なのに海沿いはもちろん、珍しい古代樹のオンコの森やめん羊牧場など本当に多様な景色が見られ、夢のようなサイクリングでした。watton7さんの口コミ

天売島(北海道)

世界最大のウトウ(海鳥の一種)の繁殖地として知られる天売島。赤岩展望台周辺の地表に巣穴が密集しており、日没ごろ、約40万つがいのウトウが魚をくわえて一斉に帰巣します。巣穴付近では、その魚を狙ったウミネコが待ち構えており、エサの争奪戦が繰り広げられます。この圧巻の光景が見られるのは、5月中旬から7月ごろ。

zzr1700さんの投稿写真

Jeff Nさんの投稿写真

羽幌からフェリーで行く、焼尻島と並ぶ島です。海鳥がたくさんいて、繁殖地も多いため、いろんな鳥をあちらこちらで観察ができ、海鳥観察スポットとして有名です。鳥好きにはたまらない島です。katsushogoさんの口コミ
夕方のウトウの帰巣がすごい。大群で帰ってくる。まじかの巣穴に入るのがみられる。1,000円で観鳥ツアーに参加できる。個人で行くのは困難。katsushogoさんの口コミ

アニマルカフェや動物園から、ひと足のばして離島へ。自然の中でのびのびと暮らす動物たちとふれあって、癒されましょう。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。