下を向いて歩こう!? 鮮やかなタイルモザイクが残る古代遺跡巡り

古代遺跡の魅力といえばそのスケール……なのですが、今回はあえて視線を下にむけて、その床に注目してみました。壁紙やタイルを買って手軽にDIYを楽しむ人が増えていますが、今回は、そんなタイルモザイクの原点とも言える古代遺跡の数々をご紹介します。遺跡ファンはもちろん、DIY愛好家のインスピレーションを刺激しそうな、選りすぐりの人気スポットをご紹介します。

ヴォルビリス(モロッコ)

モロッコにあるヴォルビリス遺跡は、1997年、世界文化遺産にも指定された古代ローマの遺跡。2000年の歴史を持っており、現在までに400以上のタイルモザイクが見つかっています。ほとんどの家屋は床と基盤部分だけ残っており、床一面に張り巡らされたタイルを当時のままに見ることができます。ヴォルビリス遺跡のように多くのタイルモザイクが現存する遺跡はとてもめずらしいのだとか!

Melissa Cさんの投稿写真

kirchieさんの投稿写真

Giovanna Gさんの投稿写真

メクネスから程近い場所に、ローマ時代の遺跡が残っています。かなり広大な敷地に、浴場や礼拝堂、ポロの競技場などいろいろな遺跡が残っていますが、見所は各家々に残っているモザイク画だと思います。紀元前1世紀に建てられた町らしいのですが、床にはヘラクレスなどギリシャ神話のシーンや人物などが描かれ、それがまた色鮮やかに、いくつも残っています。のほほーんとのほほーんさんの口コミ
ヴォルビリス遺跡は、モロッコ国内に残るローマ遺跡の中で最大のもの☆ 一周歩いて、約2時間、40ヘクタール以上の広大な敷地内に保存状態の良いモザイクがたくさん残っています。30以上のモザイク画が、惜しげもなく、当時のまま、野ざらし状態なのはなんとも贅沢! 観光客も少ないので、ゆっくりと堪能することができました。穴場の遺跡です☆chicorinさんの口コミ

タイルモザイクは家によってさまざまなモチーフがとられており、とても見応えがあります。ギリシャ神話を予習していくと、より楽しめるかもしれませんね。

ヴォルビリス

バブル評価 5 段階中 4.5
3位:メクネス・タフィラレット郡の観光スポット57件中

エフェソスの古代都市遺跡(トルコ)

紀元前11年に古代ローマ人によって作られたトルコのエフェソス遺跡は、丸一日かけてじっくり見学したいほどの大きな遺跡です。遺跡の中には、貴族しか歩く事が許されていなかったタイル張りの道、図書館など、様々な建物が残っています。

mabradiさんの投稿写真

Suatsahin69さんの投稿写真

アールくんさんの投稿写真

Vitor Fさんの投稿写真

大規模でたくさんの重要な遺跡がそのままきれいに残っている貴重な場所です。当時の生活の跡が垣間見られたり、オブジェやレリーフ、モザイクの床なども壊れずに残っているところも多いです。あまりにきれいに街が残されているので、すこし前まで人が住んでたのかな、と思うくらいです。それがはるか昔の遺跡とは。感慨深くなります。静かで自然も多く、必見の場所です。trippakiさんの口コミ
大理石で作られた非常に保存状態の良い大きな遺跡です。図書館と地下通路でつながった売春宿、売春宿の広告、公衆浴場や公衆トイレなど、きれいに残っており古代の人々の生活が感じ取れます。夏は暑くてしかも大理石が太陽を反射してかなり辛いです。水の持参をお忘れなく。遺跡の入り口でしか購入できません。lovelyboneさんの口コミ

チェニスから2時間程かかりますが、世界遺産で保存状態が良い立派な遺跡です。 入口の劇場も高台に有って、綺麗に残っています。 神殿ははっきりしていますが、後は何がなんだかわからないものも結構有ります。 モザイクもあちこちに残っています。 チェニジアに来たら必見の遺跡です。久夫下平さんの口コミ

ドゥッガ遺跡(チュニジア)

アフリカ最大級の規模を誇るドゥッガ遺跡。チュニジアの見晴らしのいい緑豊かな丘の上に作られた街で、2~4世紀頃には1万人もの人々が住んでいたとか。100年前までは土の中に埋まっていたのですが、保存状態も良いと評判の遺跡です。

Mariem Bさんの投稿写真

Stan-and-Marieさんの投稿写真

Sabinebhさんの投稿写真

Martin Bさんの投稿写真

ドライバーを雇って行ってきました。ブラレジアも寄りつつ行けました。ドライバーと1時間半の約束でぶらぶらしてましたが、もっとゆっくりしてても良いくらい。 保存状態のいい遺跡。みどころいっぱい。花も咲いてて綺麗。高台にあるので風景も最高buskerscumさんの口コミ

これだけ、保存状態のよいローマ遺跡は珍しい。広々とした平原の中に突然現れる遺跡のスケールは圧巻です。特に春は花々と、青い空と、遺跡のコントラストが美しい。1800年近く前のモザイクがまだ残っている。konomiさんの口コミ

INAX 世界のタイル博物館(愛知県常滑市)

古代遺跡のタイルモザイクに興味を持たれた方にお勧めなのが、陶器の町常滑にある「INAX 世界のタイル博物館」。紀元前から近代までのタイルコレクション1000点を展示し、装飾タイルの発展の歴史を知ることが出来る博物館です。

h_sachieさんの投稿写真

h_sachieさんの投稿写真

紀元前3500年頃のクレイベグと呼ばれるタイル装飾を再現

ブルービリーブさんの投稿写真

一階はタイルの歴史と、それぞれの国・時代のタイルで覆われた部屋から成っています(メソポタミア→イスラム→ヴィクトリアン・・・)。二階はタイルのコレクションで、イスラム、ヴィクトリアン、日本などそれぞれ時代や国の違うタイルが楽しめます。bluesnow12さんの口コミ

イスラムのタイル美術が好きなので、国によって同じようなタイルでも少しずつ違う事がわかる美術館でした。タイルを使った体験や、光る泥団子を作る体験などができるようです。トイレもかわいいので、ぜひ見てください。h_sachieさんの口コミ

乾いた土地に点在しているため殺伐とした印象のある古代遺跡ですが、タイルモザイクを観察してみると、当時の豪華な生活が垣間見えるから不思議。また、遺跡によってモチーフが全く異なることも見所の一つです。大昔に施されたデザインなのに、とてもお洒落に感じますよね。

古代の人々が残してくれたアート、タイルを巡る旅。芸術の秋にもおすすめです。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。