成るか世界遺産登録! 奄美大島の魅力を先どりしよう

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」をユネスコの世界遺産(自然遺産)に推薦されることが正式決定されました。今回指定された中でも最大の面積となる奄美大島は、希少なアマミノクロウサギやアマミイシカワガエルなどが息づく亜熱帯の森や、サンゴ礁が広がる透明度の高い海など、豊かな自然の宝庫。2018年の世界遺産登録に向けて盛り上がる、奄美大島の見どころをご紹介します。

まずはビーチです!

倉崎海岸

数ある海岸のなかでも群を抜いて人気があるのが倉崎海岸です。ビーチは荒れることが少なく、とても穏やかで透明度も抜群。海水浴やシュノーケリングにも向いています。観光客だけでなく、地元の人からも愛されています。

M Mさんの投稿写真

shikyonさんの投稿写真

M Mさんの投稿写真

湾の中にあるので波もなく、穏やか。
ビーチの砂はきれいだし、青い海そのものだし最高。
シュノーケルセットを持参しましたが、少し泳ぐと珊瑚の周りに魚がたくさん!
人も少ないしのんびりできるビーチです。ぐりん_12さんの口コミ
訪れたのが一月だったので、さすがに泳いでいる人はいませんでしたが、冬場なのに海は穏やかでした。海岸近くにはダイバーショップやサンセットクルーズをうたうホテルも多く、夏場はもちろん冬場でも十分楽しめると思います。佳苗 祝さんの口コミ
とてもキレイな海で、青というよりも瑠璃色。そして、ところどころエメラルドグリーン。
高波もたたず、静かに砂浜に波がうち寄せていました。
普段、見ることが出来ないような、あまりにもキレイな海で、時間があれば何時間でも見ていたいと思う海岸でした。elly9115さんの口コミ

土盛海岸

土盛(ともり)海岸は空港のすぐ近くにあるので、到着後すぐ海を楽しみたい人にぴったり。太陽の当たる角度によって海の青さが変化するので、時間によって様々な表情を見せてくれるのも魅力です。透明度が良く、その澄み切った青さから「ブルーエンジェル」とも呼ばれています。

M Mさんの投稿写真

M Mさんの投稿写真

ゆぎさんの投稿写真

海なんてどこも同じと思っていた私の考えを一変させてくれました。色がとても美しいのです。感動しました。波打ち際は透明、少し先は水色、ずっと先は濃紺、と色のグラデーションが美しいのです。やはり奄美大島で一番美しいと思いました。海に少し入り、人も少なかったので、思う存分波音に聞き入りながら美しさに浸りました。和音さんの口コミ
奄美で色々なビーチに行ってみましたが、ここが一番綺麗なビーチだと思います。白い砂浜が続き、浅い部分と深い部分で海の色が変化していますので最高に美しいエメラルドグリーンのビーチです。まさに南国といった気分を味わえます。IHG_pro_Milesさんの口コミ
よく、絵葉書や雑誌に出てるのではこの海岸ではないか!!というくらい綺麗なビーチです。白い砂浜、エメラルドグリーンの海の色が帯状に何層にもわたって、綺麗な景色をかもしだしています。
土盛サイコ~!!って感じです。
奄美空港からも近く、駐車場あり、ライフガードもいるので安心です。hilo9807さんの口コミ
亜熱帯の森を探検!

国定公園マングローブ原生林

マングローブとは、海水と淡水が混ざり合う場所に生えている植物の総称です。熱帯、亜熱帯地方でしか見ることができません。奄美大島にもマングローブ原生林があり、その中の川をカヌーで漕ぐという体験ができます。漕ぎ方はガイドの方が教えてくれるのでご安心を。鳥や魚、カニなどの生物を観察することもできます。

hiptakeiさんの投稿写真

茂男 宮さんの投稿写真

しんどくさんの投稿写真

初めてマングローブカヌーツアーを体験しました。私はカヌーが下手でうまくこげなかったのですが、インストラクターの方が上手に案内してくださいました。
川をカヌーで移動する楽しさも去ることながら、途中で降りることのできた砂洲の素晴らしさといったら!足の裏にはきめ細かい砂の心地よい感触が、見たこともない貝や小動物がそこかしこに、なにもかもが異次元で最高の時間でした。
また行きたいです。かお太さんの口コミ
夕方に、川の流れに身を任せ、いい時間を過ごせました。原生林の中を、子供の頃のように裸足で歩き、この感覚がとても気持ちよかったです。種も落ちていて、強い植物というのも初めて知りました。近所の子供が川で走り回り、とても自然体でかわいかったです。ぜひ、この奄美のゆったりとした時間の中、カヌーはとてもお勧めです。hilo9807さんの口コミ

金作原原生林

奄美大島には、モンスーンの影響で雨が多いことから、世界の亜熱帯域の中でもとても珍しい「亜熱帯性多雨林」が広がっています。島の中央部に広がる金作原原生林は、生きた化石とも呼ばれるヒカゲヘゴなどのシダ類が生い茂り、まるで太古の昔にタイムスリップしたかのような雰囲気を味わえます。

和音さんの投稿写真

o2tomoさんの投稿写真

Poti_Tokyoさんの投稿写真

ヒカリへゴのしだがそびえ道に大きなナメクジや、ボールのような不思議なダニが歩き、葉っぱは紅葉と落葉と新芽が同時におき、アサギマダラの蝶が乱舞している不思議なところです。michiyo2016さんの口コミ
現地ガイドツアーに参加しました。ガイドさんが詳しい人であると同時に自然に対する造詣が深くてさらに感動しました。珍しい植物の宝庫です。小さな花も逃さず観察できて感動しました。大きなしだの木などまるで映画の世界にいるようでした。ここまでレンタカーで行くことは禁止されていますので現地ガイドツアーでの観察をお勧めします。88GY88さんの口コミ
史跡も楽しめます

西郷南洲謫居跡

幕末の英雄・西郷隆盛は、1859(安政6)年に薩摩藩(鹿児島県)から奄美大島行きを命じられ、そこで島の女性と結婚し3年間住みました。「西郷南洲謫居跡」には、西郷隆盛がその当時暮らしていた家やゆかりの品、勝海舟から贈られた碑文などが展示されています。

はなぽっぽさんの投稿写真

Nao6Naoさんの投稿写真

しんどくさんの投稿写真

西郷南洲謫居跡は
西郷隆盛が流されたところです。
この前の道もかごしまロマン街道になっていました。
現地妻と言うのでしょうか?
ここで暮らした妻や息子の写真や経歴が
展示されていました。しんどくさんの口コミ
西郷南洲(隆盛)が島妻の龍愛子さんと二人の子と住んでいた家ですが、160年経った今では、当時のまま残っているのは柱くらいとのことでした。龍さんの傍系の子孫の方が敷地内に住んでいて説明してくださいました。octopuskappaさんの口コミ
西郷さんが居た当時を偲ぶと、島妻として残されてた愛子さんの気持ちが思われて、しんみりとします。大きな看板が出ている訳ではないですが、辺りの家のたたずまいもなかなかよかったです。rokko33さんの口コミ

旧陸軍弾薬庫跡

1932(昭和7)年に完成した弾薬庫です。戦争中は弾薬貯蔵補給基地として使われていました。鉄骨とコンクリート、銅板を用いることで空気の漏れを防ぎ、また、湿気防止と風圧に耐えるため、二重壁を採用。規模も構造も、当時としては、国内有数の施設でした。内部に入って見学することが可能です。

ctkonaさんの投稿写真

asamiyさんの投稿写真

説明板の地図を見ると弾薬庫そのものは山の中にあるようだ。このような戦争の遺跡をきちんと保存して行くことが、戦争体験を語り継ぐ上では重要だと思った。asamiyさんの口コミ

二重の完璧な構造に、当時としての最高水準の日本国の技術を見た。付近の建物も観察しました。おそらく、当時、憲兵隊の建物か?と思われる木造平屋や、当時の塀も発見しました。osakanadaisukiさんの口コミ

奄美大島グルメ「鶏飯」

ひさ倉

奄美大島の郷土料理として欠かせないのは鶏飯(けいはん)。ご飯の上にほぐした鶏肉や椎茸、錦糸卵などが乗っていて、鶏の出汁で食べるだしお茶漬けのようなものです。「ひさ倉」は、とりさしや焼き鳥などのサイドメニューも充実しています。

odajo2007さんの投稿写真

akion601さんの投稿写真

suripenclubさんの投稿写真

空港と中心街の間にあり、バスで下車もできる場所にあります。鶏飯はスープがとても美味で、焼き鳥やとりさしもおいしいです。お店はとても広く、座敷もあり芸能人も訪れる有名なお店です。奄美に来たら必ず寄りたいお店です。Taira Oさんの口コミ
オーダーはもちろん鶏飯。ご飯とスープのお代わり自由とのこと。
黄金色に輝くスープはそれだけで絶品ですが、ご飯や具材と一緒に食べるともう最高のコラボレーション。ほんと、箸が止まりません。汗かきながら、口に掻き込むこと請け負います。
パパイヤの漬物や鶏飯Tシャツなども販売しています。nobeokaiさんの口コミ
奄美の郷土料理・鶏飯(けいはん)の有名店。バス停名までも「ひさ倉前」となっているほど。で、実際その名物を頼んでみた。タンカン皮の爽やかな薫りに、コクがあるのにしつこくない地鶏のスープが絡み味は絶品。さすが名物、はずれナシ。Poti_Tokyoさんの口コミ

みなとや

天皇陛下が奄美大島に来た時に、召し上がったという鶏飯の有名店「みなとや」。自分でご飯や具をよそって食べるスタイルです。丸鶏をまるごと使って作られるスープは、コク深いのに臭みがないと評判です。

しんちゃんささんの投稿写真

kunpeioさんの投稿写真

kunpeioさんの投稿写真

奄美に来たら鶏飯を食べたいということで行きました!何軒か同じように鶏飯を食べたのですが、こちらのスープは濃厚でコクがすごくあっておいしかったです!鶏飯は量がたっぷりでおなか一杯になります!
時期のもので奄美のモズクもとってもおいしくて満足です!花ミズキさんの口コミ
ビジネスで訪れた奄美大島。やはり鶏飯だけは食べて帰りたいと地元民に相談したところ、「ココが一番」と強烈に勧められたのがみなとやさんでした。
鶏飯は、以前も奄美で食べたことがあった(そこも結構美味しかった)のですが、桁違いの美味しさ! 濃厚なスープの魅力にノックダウンでした。
Eisuk Nさんの口コミ
奄美に行くと鶏飯を食べれるが、此処みなとやではスープが特徴的です。
見た目は透明ですが、一口すすると濃厚でワイルドな鶏の出汁が効いたスープに出逢えます。
メニューも基本鶏飯1本の男らしさで・・・
多いと思うほどの御飯の量も、さらさらとお茶漬けのように進み具材と出汁との調整で、いくらでも進みます。ニハチさんの口コミ

羽田、成田、伊丹、福岡、鹿児島、沖縄からの直行便に加えて、成田からはLCCも就航し、お手頃価格で気軽に行くことができるようになりました。2017年3月からは、関空からもLCCが就航予定。忙しい毎日から少しだけ抜け出して、癒されに行ってみてはいかがでしょうか?

この記事に関するタグ

話題の記事