西日本で人気の紫陽花スポット

沖縄、奄美地方に続いて、ついに九州地方も梅雨入りし、雨を待ちわびたかのように各地で色づき始めた紫陽花。エリアによって開花時期に多少の差はあるものの、例年、6月中旬に見頃を迎えます。今日は西日本エリアで人気の紫陽花スポットをピックアップしてご紹介します。

本記事で紹介されているスポットは、下記の「旅リスト」にまとめられており、地図や一覧で簡単に確認できます。

旅リストを見る >>

三室戸寺(京都府宇治市)

ほうれん草さんの投稿写真

wonderfulcareさんの投稿写真

西日本きっての紫陽花の名所として、「あじさい寺」の愛称を持つ三室戸寺。山門付近には50品種1万株の紫陽花が咲き乱れ、週末にはライトアップが行われます。

あじさいがすばらしく様々な種類のを見ることができました。 お寺も歴史を感じるすばらしいものでした。ほうれん草さんの口コミ
ライトに照らし出されたあじさいは幻想的で昼間とは全く違った印象でした。1万株のあじさいは本当に圧巻で、見応え十分です。tomomyさんの口コミ

三千院(京都府京都市)

さわささんの投稿写真

CharmantCharmantさんの投稿写真

今日の隠れ里として知られる三千院。あじさい苑では、山紫陽花や額紫陽花など3000株が花をつけます。苔の庭園も美しく、雨の中の散策に最適です。

意外と穴場の三千院。大原の霧靄のなかで紫陽花なんて、とても雰囲気あって楽しめます。テンカワさんの口コミ
梅雨時期の朝一番で行きました。縁側に座って静かなお庭を見ながら小一時間。贅沢な時間を過ごせました。旅犬さんの口コミ

藤森神社(京都府京都市)

たぬきおやじさんの投稿写真

wonderfulcareさんの投稿写真

勝運と馬の神様として、競馬ファンに支持される藤森神社。境内に二カ所ある紫陽花苑で、3500株が花を開きます。

たくさんのあじさいが咲き誇る中に迷路のような細い道があり、そこを進みながらあじさい鑑賞します。むー337さんの口コミ

善峯寺(京都府京都市)

イブ513さんの投稿写真

四季の花を楽しめる善峯寺。京都市外を見渡すなだらかな斜面が、1万株の紫陽花で覆われます。

紫陽花が一面に咲く様子を高い処から眺められるようになっています。この眺めが素晴らしい。jal400さんの口コミ
水色が目に涼しげな紫陽花が、ひと時、暑さを忘れさせてくれました。イブ513さんの口コミ

矢田寺(奈良県大和郡山市)

テンカワさんの投稿写真

テンカワさんの投稿写真

素朴なお地蔵さんと、色とりどりの紫陽花のコラボを楽しめる矢田寺。60品種1万株の紫陽花が境内を彩ります。

あじさい寺と呼ばれるだけのことはありました。紫陽花と本堂の取り合わせも素敵ですが、何よりも谷に咲いた紫陽花の風景は圧巻です。mocomoco2012さんの口コミ
アジサイを立体的に見せるように工夫されており関西でも有数の名所です。yokohamashinshiさんの口コミ

岩湧寺(大阪府河内長野市)

ボニー村田さんの投稿写真

山伏の修験場として栄えた岩湧寺。参道や境内でさまざまな紫陽花を楽しめます。

6月の下旬に行きましたが、紫陽花がいっぱい咲いていました。とっても綺麗でした。もう一度訪れたいと思わせるような、厳かな雰囲気のお寺、そして滝、帰りは誰かが尺八を吹いていて、何とも言えない、気持ちになりました。ボニー村田さんの口コミ

形原観光協会(愛知県蒲郡市)

Ale Rさんの投稿写真

Ale Rさんの投稿写真

形原温泉あじさいの里に、5万本の紫陽花が咲き誇ります(トップのタイトル写真)。夜間はライトアップされ、運が良ければゲンジボタルを観察できます。

『東海一』と謳われる紫陽花の里、形原温泉。その名に違わぬ壮大な規模で紫陽花が咲き誇ります。  斜度のある南向き斜面を生かした立地の中に、中腹に広がる池を上下に挟む形で2つの紫陽花群落が広がります。悠々さんの口コミ

月照寺(島根県松江市)

norio2boさんの投稿写真

iriishinさんの投稿写真

松江城の西に佇む月照寺。巨樹や草木が茂る自然豊かな境内で、3万本の紫陽花が豊かに花をつけます。

私は額紫陽花が好きなので梅雨の季節は楽しくも有ります。ちなみに書院の前の庭園の眺めも落ち着くので抹茶でも飲みながら静かに過ごして下さい。irishinさんの口コミ

安並水車の里(高知県四万十市)

じゅんこ3さんの投稿写真

江戸時代に開発された灌漑用の水車が並ぶ安並水車の里。水路沿いの紫陽花が彩りを添えます。

佐田の沈下橋から近いですので、時間的に余裕のある方向きかと思います。花の季節などは絵にもなるのではないでしょうか。kazupさんの口コミ

見帰りの滝(佐賀県唐津市)

kaoruw43さんの投稿写真

進 野さんの投稿写真

九州きっての落差を誇る見帰りの滝。下流にかけて植えられた50種4万本の紫陽花が圧巻。6月中はライトアップされ幻想的です。

滝は水量が多く迫力があり、本流の脇の流れも見えました。アジサイは見頃、花の数も多く、帰りは花を見ながらゆっくりあるきました。キンギョソウさんの口コミ

梅雨のジメジメを吹き飛ばす、清涼感たっぷりの紫陽花。かわいいですよね。ちなみに、チアガールのポンポンのように花が丸く集まる種類が多いですが、中には偶然、ハート形になっているのもあり、恋愛成就の願掛けに効果あり、なんて噂も。四葉のクローバー感覚で探してみるのも楽しいですね!

kazi465さんの投稿写真 / 三室戸寺

旅リストを見る >>

この記事に関するタグ

話題の記事