梅雨空を彩るアジサイの美しい神社仏閣

どんよりとした梅雨空の中で、豊かな色彩で目と心を楽しませてくれるアジサイ。和の雰囲気漂う神社やお寺なら、雨に濡れた風情もまたよし。家に引きこもりがちな季節ですが、梅雨ならではの情緒を求めて出かけてみませんか。そして、梅雨時期に満開を迎えるのは、アジサイだけではありません。番外編もお楽しみに。

長谷寺(神奈川県鎌倉市)

四季折々に花が楽しめる「花の寺」で、最も有名なのがアジサイ。境内には40種類以上、約2500株のアジサイが群生する、「アジサイの小径(こみち)」と呼ばれる散策路が整備されています。多様な品種が次々に花開くため、5月下旬〜7月中旬頃まで楽しめます。最も多くのアジサイが咲くのは、6月中旬〜下旬頃です。

miu-decさんの投稿写真

miu-decさんの投稿写真

redeyebluesさんの投稿写真

アジサイの時期、山いっぱいのいろんな種類のアジサイが咲き乱れ、とってもきれいです。 写真とりまくります。 海もみえるし、おすすめです。うさこ101さんの口コミ

まさにアジサイ寺。行かれる方は、見頃をチェックして行ってください。混んでいても、見頃でないと!! また、アジサイにも色々な種類があるらしく、名前がそれぞれ書いてありました。 ちらっと見える由比ヶ浜も綺麗です! おせちちさんの口コミ

三室戸寺(京都府宇治市)

約1万株ものアジサイは見応え十分。「幻のアジサイ」と呼ばれる希少種・シチダンカなど、アジサイの種類も豊富です。6月11日~6月26日の土・日曜、あじさい園では夜間ライトアップも行われています。

wakiabcさんの投稿写真

masa kさんの投稿写真

エンジンさんの投稿写真

本堂前には、250鉢の色とりどりのハスが咲き、極楽浄土を思わせる光景が広がります。

イブ513さんの投稿写真

本堂、三重塔など伽藍も立派ですが、5000坪という大庭園に植えられている紫陽花は見事です。紫陽花が咲く頃に行かれることをお勧めします。むー337さんの口コミ

京阪宇治駅からさらに坂道を登るので、京都の暑い日差しの中歩くのはとても大変でしたが、着いてからは天国でした! 様々な色の紫陽花と、もっと上がったところには大きくて綺麗な蓮の花が咲いていました。神秘的でパワーをもらった感じがします。むー337さんの口コミ

本土寺(千葉県松戸市)

サクラや紅葉でも知られる寺が、ひときわ賑わうのが梅雨の季節。6月中旬~7月上旬には、本堂や五重塔を借景に、約1万株ものアジサイが咲き誇ります。弁天池を埋め尽くす、約5000本のハナショウブも壮観です。

ひまわり0507さんの投稿写真

silenttpさんの投稿写真

またさんの投稿写真

鎌倉の長谷寺向こうを張って。松戸市のアジサイ寺とも呼ばれる本土寺です。訪問する時期にもよるけれど、境内には素晴らしい景色が広がっています。鎌倉よりも、ずっと混雑も少なく、快適にアジサイを鑑賞できますよ!177hideakinさんの口コミ

約3万株のアジサイが見事。菖蒲池のハナショウブも満開でその競演はすばらしい。アジサイとハナショウブの見ごろがうまく、重なった頃だったのでラッキーでした。イーグルドライバーさんの口コミ

金剛寺(東京都日野市)

新選組、土方歳三の菩提寺としても知られる高幡山金剛寺。境内の裏手に広がる不動ヶ丘や五重塔周辺には、約200種類、7500株余りのあじさい、山あじさいが咲き乱れ、山内八十八ヶ所巡りのコースを巡拝しながら散策できます。

ケイ60さんの投稿写真

trip08280さんの投稿写真

てっちゃん44さんの投稿写真

毎年5月の新選組まつりでは、新選組隊士パレードも。

hir008さんの投稿写真

ハイキングで、平山城址から多摩動物園の側を歩いて来て、最後は高幡不動尊の裏山に着きました。そこから本堂の方に下って行きますが、道の両側には色々なアジサイが咲いていました。丁度紫陽花祭をしている最中でした。本堂では、御護摩が始まる所で、一緒にお祈りをさせていただきました。町田の熊さんの口コミ
初めて訪れましたが、紫陽花の種類も株数もとっても多く驚きました。紫陽花園は山の斜面に作られています。上の方まで行くのには結構体力が要ります…でも、一番きれいで多くのあじさいが並んでいて圧巻だったメイン写真の場所は紫陽花園に入ってすぐの場所なので足腰に自信がない方も楽しめます!土日に行きましたが、人も多すぎずよかったです!trip08280さんの口コミ

6月から7月初旬にかけて「あじさいまつり」が開催されています。この時期の自家用車利用は早めの到着がオススメですよ。境内から寺山にかけて色とりどりの紫陽花が目を楽しませてくれますが、ブルー系の印象が強かったです。寺山の上の方にも咲いていますが、チラホラという感じでした。登りが辛い方は下の方だけで良いかも知れません。それでも十分に楽しめると思います。五重塔がある場所から寺山に向って絶好の撮影スポットがありますので、お忘れなく。てっちゃん44さんの口コミ

番外編 あじさい以外の「梅雨の名花」

カキツバタとスイレン──平安神宮(京都府京都市)

社殿を取り囲む広大な庭園。白虎池や蒼龍池では、白やピンクの可憐なスイレンが観賞できます。5月中旬から9月上旬までと、長い期間楽しめるのもうれしいポイント。蒼龍池のまわりには、カキツバタも咲き、スイレンとの美の共演が目を楽しませてくれます。

yokomaku_toshinoriさんの投稿写真

yokomaku_toshinoriさんの投稿写真

IslandMichele007さんの投稿写真

平安神宮には大きな池がいくつもありますが、中神苑にある池は数種類の色の睡蓮が咲き誇りとても美しいです。池には石が置かれ、睡蓮をとても間近で観られるので嬉しいです。
池の前には茶屋があり、睡蓮を眺めながらお茶がいただけます。miwatomoさんの口コミ

600円で入れる神苑は明治時代の代表的な 日本庭園として知られています。 社殿を取り囲むように東・中・西・南の四つの庭からなっています。 春の紅しだれ桜、初夏の杜若・花菖蒲、秋の紅葉、冬の雪景色と楽しめます。杜若 春はとくにお薦めです。kodemariさんの口コミ

カラッと晴れた夏の青空とはまた違った、梅雨空に映えるアジサイ。小さく可憐な花弁と、みずみずしい緑。歴史ある名刹や古社には、そんなしっとりした美しさがひときわ似合います。

この記事に関するタグ

話題の記事