ダナンだけじゃない!次に行きたいベトナムのビーチリゾートはどこ?

今、最も勢いのあるアジアのリゾートエリアといえばベトナム中部の都市ダナンです。約10kmのビーチにラグジュアリーなリゾートホテルが立ち並び、のんびり優雅なリゾートライフを満喫できます。日本人観光客も右肩上がりで増えていますが、ベトナムにはダナン以外にも魅力的なリゾートエリアがいくつもあります。実は欧米ではダナン以上に注目を浴びているリゾートエリアもあるんです。そこで、ダナンでベトナムのビーチリゾートにハマった方へ、次に行きたいリゾートエリアを紹介します。

ベトナムきっての老舗リゾートエリア、ニャチャン

ベトナム南部のニャチャンは、ホーチミンの北東450kmにある老舗リゾートエリア。ホーチミンから飛行機で約1時間というアクセスのよさもあり、フランス植民地時代からフランス政府の要人がバカンスを過ごすリゾート地として発展し、1986年のドイモイ経済改革により外資が入った観光開発が始まりました。

投稿者:gwoodsgn

沿岸には大小いくつもの島が浮かび、マリンアクティビティが充実。島をまるごとアミューズメントパークにしたヴィンパールランドも人気観光スポットのひとつです。

投稿者:Степан К

ニャチャンのベストシーズンは1月から8月までの乾季。乾季であっても猛暑にならず一年を通して温暖な気候はダナンより過ごしやすいと評判です。

ニャチャン・ビーチ

ニャチャンを象徴するのが約7kmにわたって延びるニャチャン・ビーチ。大きく葉を広げたヤシの木が連なり、パラソルの下で人々がくつろぐリゾート感たっぷりのビーチです。

NiceBear707

ビーチに沿って延びるチャンフー通りには、レストランやカフェ、バーなどが集まり夜遅くまで賑やか。海を見渡すシーサイドレストランも多く、潮風を感じながら新鮮なシーフードを味わうという至福の時間を過ごせます。

日差しが砂浜側から当たる午後になると、海面の反射がなくなり海の色が深いエメラルドグリーンになり綺麗です。時期によるかも知れませんが、それ程人も多くなくのんびりできました。Bfshinoneさんの口コミ
昼間は海水浴を楽しむ人々で溢れていて、あまりきれいではないですが、朝方行くと朝日がとてもきれいに見えます。まるで夕日のような、どこか懐かしい色を帯びた海に、心底感動しました。stellinarenaさんの口コミ

ポーナガール塔

ビーチから少し離れた郊外にも見どころが点在。ニャチャン・ビーチの中心部から北へ車で5分ほど走り、大きなチャンフー橋に差し掛かると向こう岸にレンガ造りのポーナガール塔が見えてきます。ここは9世紀初頭に建てられたチャンパ王国時代の寺院。ポーナガールとはかつてこの地を治めたチャム族の人々が信仰していた神の名前です。

投稿者:nganha88

寺院は小高い丘の上に建てられ、5つの祠堂では熱心に祈る人々の姿が。眼下に先ほど通過したチャンフー橋と海が見渡せます。1日に数回、チャム族の方々による幻想的な舞踊が開催されるのでお見逃しなく。

投稿者:Вера

カンボジアのような雰囲気の遺跡。アンコール遺跡をほうふつさせます。チャム文化は本当におもしろい。塔までいくのに少し階段を上ります。ニャチャンでビーチにあきたらこちらで歴史を見てみるのも面白い。旅人とみさんの口コミ
祠の内部は土足禁止。お線香もローソクのお供えも煙の関係で禁止。眺めがいいのでできるだけ早めにここに来て、街の様子を把握するのがおすすめ。shaangchaangさんの口コミ

ホンチョン岬

ポーナガール塔から北東に車で約5分走ると、釣りやダイビングスポットとして有名なホンチョン岬に到着します。ホンチョン岬のシンボルは、巨大な二つの岩の間にすっぽりと挟まった不思議な岩。海岸に下りて、ごつごつした岩場を100mほど進むと見えてきます。岩の上に立ったり、岩を下から持ち上げるようなポーズを取ったり、トリック写真を撮るのが定番です。

投稿者:onomi

岩場の手前の建物には、民芸品店やレストラン、見晴らしの良いカフェが併設されています。記念撮影の後はニャチャンの美しい海を眺めながら、カフェでのんびり過ごすのがおすすめです。

景色も良く海風も気持ちよかったです。想像していたよりかなり長い岩場を歩いていきます。私はビーチサンダルで行きましたが結構怖かったです。shintaros2015さんの口コミ
ほぼ舗装されていない岩場を歩いてたどり着くとわかりやすい大きな岩が。天女と恋に落ちた巨人の手形があることで有名です。Natsun13さんの口コミ

ジ・アナム

 ニャチャンの空の玄関口カムラン国際空港からニャチャン市街地までは、大型ホテルが続々と登場する話題のエリア。市街地に差し掛かると、海沿いにラグジュアリーなリゾートホテルが林立します。
カムラン国際空港から車で約20分のジ・アナムもそのひとつ。白を基調とした建物にオレンジ屋根が明るい印象の、コロニアルスタイルのリゾートホテルです。エントランスの床に敷き詰められた幾何学模様のタイルが高級感を醸し出します。客室はガーデンに点在するヴィラが77室、ビルディングタイプが136室。どちらも白とダークブラウンで統一したシンプルなデザインで、床に敷かれたモザイクタイルがアクセントになっています。

投稿者:Jo S

広々とした敷地には手入れの行き届いた芝が広がり、ヤシの木など南洋植物が生い茂る楽園の装い。3つのプールが配されたガーデンの先にプライベート感たっぷりのビーチが広がります。ガーデンに揺れる木製のブランコとレースのカーテンに囲まれたテーブルで写真を撮ればインスタ映え間違いなし!

投稿者:Cookie M

ニャチャン市内ではなく、カムラン空港から約15分の新しいリゾート。海も透明感があり、喧騒から離れたこの高級リゾートは、忙しい毎日を忘れさせてくれます。市内までのシャトルバスも運行しており、ニャチャン初めての方もそうでない方も、どちらにもおすすめです。 tomK9854XOさんの口コミ
まだ新しく、部屋も海もプールも景色も全部綺麗で最高です。ゆったりのんびりもできるし、ジェットスキーやカヤック等のアクティビティもたくさんあるのでアクティブにも過ごせます。食事も朝昼晩と食べましたが、とても美味しかったです。ホテルの人もみんな親切で、サービスも申し分無しです。また来たいと思います。MaaaSssaさんの口コミ

シックスセンシズ・ニンバンベイ

市街地から離れた郊外にも、優美なリゾートホテルが点在しています。シックスセンシズ・ニンバンベイは、モルディブやタイにもリゾートホテルをもつシックスセンシズ・リゾートのプロパティ。ニンバン湾に突き出す半島の先端に建ち、陸路ではアクセスできないため隠れ家のような雰囲気。ホテルには小さな桟橋から専用のボートで向かいます。
半島の斜面に58室のヴィラをはじめとしたホテル施設が造られ、半円状に弧を描くニンバン湾へと続くランドスケープが美しい。ビーチ沿いにもヴィラが連なり、ビーチフロント・ヴィラからは小麦色のビーチまで徒歩数歩です。

投稿者:Yi Han S

客室もホテル施設も木目調の木や生成りのファブリックなど自然素材を多く使ったナチュラルなデザイン。ベトナムの伝統的な建築様式を取り入れ、大自然との融合を図りながらベトナム文化を取り入れるあたり、自然環境と地域社会との共生をモットーとするシックスセンシズ・リゾートならではと言えそうです。

投稿者:Sam Chow

フォーとベトナムコーヒーの朝食、自転車移動や高台にあるレストランでのディナー、スパ、星空の下で映画、ハンモックでの昼寝と無料のアイスとひと通り楽しみました。朝晩は風が心地よく、日本の方が暑いくらいです。ニャチャンはボコボコ高層ビルが建っていますが、当ホテルはガチのハイダウェイであり、何もしない贅沢な時間が過ごせます。tamanegibozさんの口コミ
トロピカルな隠れ家といった感じです。一番安いHilltop Pool Villaでしたが、充分広く、素敵でした。部屋にプールがあり、そこからの海と山の絶景は忘れられません。いつまででもボーっと景色を眺められます。聞こえるのは鳥のさえずりと虫の音だけ。お風呂は木製。Rusticな雰囲気が最高です。browniesheffeyさんの口コミ
夕日に染まる話題の島フーコック島 

カンボジアとの国境の港町ハティエンの沖合約40kmに浮かぶフーコック島。ホーチミンからは西へ約200km、飛行機だと約1時間で行けるリゾートアイランドです。白い砂浜とコバルトブルーの海に恵まれた島は、西側にあるため美しいサンセットが魅力です。

投稿者:Liz L

欧米ではベトナムを代表するリゾートエリアのひとつとして知られ、高級ホテルチェーンも続々と進出しています。とはいえ海沿いを離れると豊かな自然も残り、人々の生活にふれられる町はのどかな雰囲気。素朴な港町と豪華なリゾートエリアという2つの表情を味わえるのがフーコックの魅力といえそうです。

またフーコックはベトナム料理に欠かせない魚醤、ヌクマムの生産地。生産現場の見学ツアーが開催されているので興味のある方は参加してみては?ほかに農村で栽培される胡椒や蜂蜜も有名です。
島の南部沿岸のアントイ諸島はダイビングスポットとしても注目を集めており、ダナンのネクストリゾートとして目が離せません。

ロング・ビーチ

フーコック島で最もリゾート気分が盛り上がるスポットといえば、西部に延びる約20kmのロング・ビーチ。ヤシの木に守られたビーチでは、シュノーケリングやカヤック、ジェットスキーなどさまざまなマリンアクティビティを楽しむ観光客の姿が。ビーチにはレストランやバーが軒を連ね、ビーチチェアに寝転んで飲むお酒はバカンス気分を盛り上げてくれること間違いなし。

投稿者:AlexP43

ベトナムでは珍しく西側を向いたビーチのため、美しいサンセットを拝めることでも有名。都会の喧騒を忘れ、オレンジ色に染まったビーチでのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

ゴミもなく波も穏やかで、砂を掘ればアサリが出るし岩場では魚がたくさん見れたので子どもの遊び場には最高でした。akikoi201さんの口コミ
砂浜の幅は場所によりますが、長く南北に広がる美しいビーチです。波が穏やかな時期に訪問したので、遠浅の海を楽しめました。特に夕陽の美しさは最高です。水平線も長く、遮るものもなくて、本当に良い雰囲気です。amazarashiさんの口コミ

Long Beach

バブル評価 5 段階中 3.5
7位:ドゥオン・ドンの観光スポット16件中

サオ・ビーチ 

ロング・ビーチがアジアのリゾートエリアらしい雑然とした雰囲気なのに対し、素朴さを残しローカル感を味わえるのがサオ・ビーチ。フーコック島南東に延びる約1kmのビーチは、島内随一の美しさと評判です。

投稿者:Kelly

ビーチを歩くと、ところどころヤシの木にブランコが揺れ記念写真には最適。白いブランコと真っ青な海という楽園風景でインスタ映えも狙えそうです。

白砂に透明度の高い水ですごくきれいなビーチでした。ホテルのビーチよりもきれいで、ブランコもあり写真映えするスポットです!フーコックに来たらぜひ訪れてほしい場所ですね。misayoshi313さんの口コミ
砂、海、山、どこを切り取ってもきれいすぎる。遠浅なので家族連れも楽しめると思います。ブランコやベンチもあります。Climber807472さんの口コミ

ホントム・ケーブルカー

フーコック島には世界一の長さを誇るケーブルカーがあります。南部のターミナルから沿岸のホントム島を結ぶ、全長7899mのホントム・ケーブルカー。2018年2月に営業を開始したばかりのケーブルカーは設備も新しく、一度に30人を収容できる巨大な車体が印象的です。眼下には深い蒼をたたえた海が広がり、そこに無数の漁船が散らばるCGかと思わせるような芸術的な風景です。

投稿者:Melanie N

約15分の空の旅でホントム島に到着。ホントム島は全体がサンワールド・ホントム・ネイチャーパークと呼ばれる体験型のアミューズメント施設になっています。海上に滑り台が設置されるなどウオーターパークが充実し、大人も子供も一緒に楽しめます。

とても大満足なアトラクションです!景色も堪能できるし、海風も心地良くなかなか体験できないアトラクションだと思います。思い出に残る良い経験でした!sacoFUさんの口コミ
上から海や漁船を見下ろせるので、天気が良ければとても良い眺めです。BBQCLUBさんの口コミ

JWマリオット・フーコック・エメラルドベイ

急ピッチで観光開発が進むフーコック島のなかで、特に高級リゾートホテルが多いのが西海岸。外資系の高級リゾートホテルが立ち並ぶなか、異彩を放っているのがJWマリオット・フーコック・エメラルドベイです。

投稿者:maeffjus

リゾートデザインの鬼才、ビル・ベンスリーがコンセプトからデザインまでを手掛けたホテルは、コンセプトからして独特。ある貿易商が息子に英才教育を施すために設立した架空の大学が舞台になっています。
エントランスで迎えてくれるのは、巨大なフーコック犬のモニュメント。ロビーにはアンティーク家具や古びた書籍が並びまるで博物館のよう。バーは化学実験室、館内のアクティビティは大学の時間割のように設定され、細部にまで遊び心が散りばめられています。

投稿者:頼小頼

244室の客室はベトナムの伝統建築とフレンチシックなインテリアを融合させたモダンなデザイン。エレガントなインテリアに囲まれ、快適なリゾートライフを堪能できます。

投稿者:Mikiooo

価格は高いですが、いろいろなプールや室内のアクティビティに参加できたり、素晴らしいビーチを活用できるので、申し分ないです。スタッフの教育も素晴らしい。部屋もインテリアが素敵でした。非常に快適なホテルだったのでまたいつかゆっくり体を休めにきたいです。uhkloveさんの口コミ
おとぎの国に迷い込んだかのような、どこを切り取っても可愛い素敵なホテルでした。スタッフも愛想が良く、皆すれ違い様にシンチャオ!と笑顔で挨拶をしてくれます。朝食ビュッフェもバリエーションが多く美味しかったです。shos110さんの口コミ

フュージョン・リゾート・フーコック

スパリゾートとして名高いフュージョングループのリゾートホテル。ウェルネスをテーマに掲げ、滞在中は毎日2回無料でスパトリートメントを受けることができるほか、ヨガなどのアクティビティも無料で参加できます。

投稿者:LimSun

客室は130室すべてにプライベートプールが付く贅沢な造り。最も小さな部屋でも128㎡という広々としたスペースを有し、優雅な休日を過ごせます。また朝食をいつでも、どこでもセッティングしてもらえるのも特徴的。海を望むビーチやプールサイドなど、お気に入りの場所で優雅な朝食を♪

投稿者:trangbrighthihi

初めてのフーコックでしたが、施設、スタッフの方、共に素晴らしかったです。特に、フュージョニスタと呼ばれるコンシェルジュの方が、ラインで連絡すると迅速に対応してくれました。Takeさんさんの口コミ
GWに家族と4泊しました。あまりに居心地とサービスが良く、担当してくれたfusionesta(専用コンシェルジュさん)にお願いしてもう1泊予定を変更して連泊させてもらいました。初めてのフーコック島だったのですがツアーなど予約や細かいサポートで本当に楽しめました。Sonodaさんの口コミ
魚醤の香りが漂う港町ファンティエット

ファンティエットはホーチミンから東に約200kmの海沿いの街。エビ、カキ、ホタテなどの海産物が豊富に獲れ、フーコック島と並ぶヌクマムの名産地としても知られています。ホーチミンから最も近いリゾート地としてベトナム人観光客が多いエリアでしたが、徐々に欧米での知名度も上昇。街の東に延びるムイネー・ビーチ周辺には、モダンなリゾートホテルが続々とオープンしています。ニャチャンに比べると素朴な雰囲気が漂い、そこがこの街の魅力です。

投稿者:SEA_WINDS_MUINE

ファンティエットのベストシーズンは乾季の12~4月。雨季であってもスコールのような雨が何度か降る程度のことが多いので、一年中リゾート気分を味わえます。

ムイネー・ビーチ

ファンティエットから東のムイネーへかけて、20km以上の海岸にリゾートホテルが点在。特に約10kmにわたって延びるムイネー・ビーチは、ビーチ通り沿いに小さなホテルやレストラン、カフェなどが立ち並びます。ビーチにはパラソルが連なり、欧米からの観光客で賑やか。
ビーチの端には漁に使うバスケットボートが置かれ、漁村らしい風情を醸し出しています。

投稿者:Piotr G

ムイネー・ビーチの東側はサーフィン・ビーチと呼ばれ、バナナボートやシュノーケリングなどのマリンアクティビティが充実しています。10月から4月にかけては、ファンティエットに強い風が吹きつけるため、カイトサーフィンの大会も開催されます。

Mui Ne has beautiful beaches!! Most Amazing sunsets I’ve ever seen and basically- for the long time travelers, is a great escape from the cities and people. Highly Recommended!!
ムイネーには美しいビーチがあります!!素晴らしい夕日が、都会の喧騒やストレスを忘れさせてくれます。おすすめです。ShirH3さんの口コミ
ムイネーはもともと漁村だったことから、ベトナムスタイルの昔ながらのボートがたくさんあります。日本では見たことのないような形の船でとてもかわいいです。夕日も見られるので夕方に訪れるもお勧めです。851anjaさんの口コミ

ホワイト・サンデューン 

美しいビーチで知られるファンティエットですが、ふたつの大きな砂丘をもつことでも知られています。そのひとつホワイト・サンデューンへはムイネーの市街地から北東に車で約40分。砂丘の入口に用意されたジープとバギーで急斜面の砂丘を走り回るのが定番の遊び方。ダイナミックに揺れるオフロード体験はスリル満点です。

投稿者:Jerzy G

ホワイト・サンデューンに向かう途中に見える砂丘は、黄色がかったイエロー・サンデューン。ソリを使った砂滑りなどが楽しめ、こちらも人気の観光スポットです。

非常に細かい砂質と、圧倒的なスケールに驚かされます。砂漠の中を爆走するバギーかジープは是非試してみてください。ジェットコースターよりスリリングな体験が出来ます。ジープは1台100万ドンとベトナム観光の中では高めですが、良い体験となりました。Passport810674さんの口コミ
ホーチミンでツアーを申し込んで、朝4時にツアーへ参加。到着には数十分もかかるが、ちょうど朝日が昇り始める頃に重なり、砂漠と相まった景色はベトナム旅行でも文句なしの1番のものであった。hatano0257さんの口コミ

アナンタラ・ムイネー・リゾート&スパ

タイを中心に世界中にリゾートホテルを展開するアナンタラグループのリゾートホテル。90室の客室は木目調のナチュラルな雰囲気に統一され、ところどころ配されたオレンジや紫のクッションが差し色として効いています。

投稿者:Elena O

天井の高いヴィラは、開放感もありラグジュアリーな雰囲気。石造りの大きな浴槽や好きな枕を選択できるピローメニューも用意され、ホテルから出なくてもゆったりくつろげます。
ファンティエットのメインストリートであるグエンディンチウ通り沿いにあるので、周辺にはレストランやカフェも豊富。雰囲気のよいバーもあり夜遅くまで賑わっています。

投稿者:Jiyoung-L

初ベトナムでしたが、猛暑の日本を抜け出し8/9〜8/13の4泊でアナンタラ ムイネー リゾート&スパに滞在しました。雨季だと言うことですが、1日に数回のシャワーがある程度で気候も良く、とても過ごしやすかったです。lapis-moonさんの口コミ
ホーチミンからバスで片道5時間かかりますが、ホテルに入ると、そこは別世界です。欧米人をはじめ外国人の利用者がほとんどです。さすが、アナンタラです。プールサイドで寝そべると、ゆったりとした時間が流れ、とても心が休まります。605totaさんの口コミ

バンブービレッジ・ビーチリゾート&スパ

ファンティエットのメインストリートであるグエンディンチウ通り沿いにありながら、ホテルへ足を踏み入れると竹が鬱蒼と茂るジャングルを思わせるリゾートホテル。インテリアにも竹やヤシの木が多く使用され、リゾート気分を高めてくれます。

投稿者:Krukkehaven

客室は147室あり、茅葺屋根のヴィラからホテルタイプまで選択肢が豊富。中規模のホテルなので、プールサイドやレストランがそれほど混雑しないのも魅力です。

投稿者:rollij

個人的には敷地内の自然環境、特にゲストのプライベートを配慮した植栽の配置と夜に鳴き出すヤモリの鳴き声がお気に入り。日本人にはマイナーなムイネーだが、ことサイゴン在住者にはおすすめ。RoshKMKさんの口コミ
前回良かったので今回も利用しました。こぢんまりしたジムや子供用プール、あと大人用にもプールがありますが然程深くなく利用はしやすいと思います。プールにも監視員がいて安全面でもきちんと対処しているホテルです。リゾート内が広いので最初は迷い気味ですが施設内を歩くだけでも森の中にいるようで癒されます。tripmimi35さんの口コミ
メコンデルタ沿岸に浮かぶ楽園コンダオ島 

ホーチミンから南へ約230km、飛行機で約1時間の南シナ海に浮かぶ16の島々の総称がコンダオ島です。コンダオ島の一部は国立公園に指定され、透き通るような海と手付かずの自然からベトナム最後の楽園と呼ばれています。

投稿者:Phoebe Chen

コンダオ島はほとんどが無人島ですが、中心となるコンソン島は約7500人の島民が暮らす有人島。近年はダイビングやエコツーリズムの舞台として注目されており、毎年6~8月にはコンソン島の東部に位置するバイカン島でウミガメの産卵を見学するツアーが行われ人気を集めています。

ダムチャウ・ビーチ

コンソン島北部に延びるダムチャウ・ビーチ はダイビングスポットとしても人気のビーチ。コンソン空港から約1kmの位置にありながら、美しい海にしか生息しないジュゴンの姿を見ることも。またビーチから離着陸する飛行機を眺められる、飛行機好きにはたまらない珍しいビーチのひとつでもあります。

投稿者:Татьяна Д

This beautiful beach was right next to the airport, quite interesting to watch planes taking off. There were a few seafood restaurants in the area. Walked to the end of the beach, climbed on the rocks to get into another beach was so much great!Really enjoyed it!
この美しいビーチは空港の隣にあり、離陸する飛行機を間近に見ることができます。周辺にはいくつかのシーフードレストランがありました。ビーチの端まで歩くと岩があり、上った先に見えるビーチにが美しい。本当に楽しかった!LQK2010さんの口コミ
It’s the most beautiful beach in con dao and really worth a visit! There are some restaurants nearby and you can also watch landing airplanes really close
コンダオに行ったら絶対に訪れるべき美しいビーチ。周辺にいくつかレストランがあり、着陸する飛行機を間近に見られます。RichardS9325さんの口コミ

シックスセンシズ・コンダオ

 何もなかったコンダオ島に、いち早く注目したシックスセンシズが2010年にオープンさせたリゾートホテル。コンソン島唯一の五つ星リゾートで、当時ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーがファミリーで休暇を過ごしたことで有名になりました。

投稿者:ChrisWidmer

ベトナムの昔ながらの漁村をイメージしたヴィラは50棟。すべてのヴィラが海を向くようにデザインされ、大きな窓から海を見渡せば部屋から一歩も出なくともゆったりとしたバカンス気分を味わえます。

山と海に挟まれたリゾートで、壮大な景色に感動します!エコリゾートなので、前衛的なものはありませんが、良く手入れされた木のコテージなので、飽きがこず快適に過ごせます。mokomokosanbaさんの口コミ
特に朝食はスパークリングワインまであり、時間をかけてゆっくりとることをオススメします。SPAもさすがにレベルが高く、心身ともにリラックスできる最高のSPAでした。あとなんと言ってもホスピタリティが最高。滞在中、出会うスタッフは100%笑顔で挨拶がありました。雨季でお天気が良くなかったですが、ぜひ乾季にまた滞在したいリゾートです。junichia2016さんの口コミ
南部ベトナム人の憩いの地ブンタウ

ホーチミンの南東、約95kmに位置する半島に広がる港町。ホーチミン市内から陸路で約2時間、高速船でも約1時間半という立地から、ベトナム南部の人々には気軽に行ける海水浴場として人気のリゾート地です。

投稿者:wkh0409

古くからカトリック信仰が厚い町としても知られ、市内には東洋と西洋のデザインが融合したような不思議な教会が存在するほか、フランス総督の別荘として建てられたホワイト・パレスと呼ばれる博物館も見どころのひとつです。

バック・ビーチ 

ブンタウには4つのビーチがありますが、最も長いのが約4kmにわたって延びるバック・ビーチ。ビーチと並行して走るトゥイヴァン通りは、シーフードやローカルフードの食堂、安宿が立ち並ぶ目抜き通り。そのため市内の他のビーチに比べるとローカルな雰囲気が漂い、海水浴を楽しむベトナム人の姿も多く見かけます。特に乾季の12~4月は人出が多く、砂浜は色とりどりのパラソルで埋め尽くされます。

投稿者:kitesurfing les… v

干潮になるとバック・ビーチと南に浮かぶホンバ島の間に砂の道が現れ、歩いて島に渡ることができます。ホンバ島には神社があり、地元の人は参拝に訪れる神聖な地でもあります。
トゥイヴァン通りでは、日が暮れるとナイトマーケットが開かれます。夕暮れのバック・ビーチを散策後、賑やかなナイトマーケットに寄り道するのもおすすめです。

週末になると朝から地元の人達が集まって来ます。その数たるや凄まじいものがあります。フーコックもニャチャンも比べものになりません。ホテルも週末は値段が倍ぐらいになります。いや、こんなに人の多いビーチはちょっと久しぶりに見た気がします。ビーチはそんなに綺麗ではありませんが、地元の皆さんガンガンに入ってます。G_Tawaraさんの口コミ
バック・ビーチに遊ばずして何のブンタウか。と言っても誰も文句を言うまい。穏やかで遠浅の海、長く続く砂浜は朝夕の散歩や昼の海水浴はもちろん。夜中には屋台で食べ物を買い、朝まで呑む若者たちもいる人気スポット。道路を隔てた地域に手頃な宿から星付きホテルまで多数。tatu5rouさんの口コミ

 キリスト像

バック・ビーチから海沿いを南下すると、小高い山の上にキリスト像が見えてきます。両手を広げた白いキリスト像は、ブンタウのランドマーク的存在。

投稿者:planetawdrodze

山の麓から石段を上ること約30分、高さ30mのキリスト像の足下に到着します。警備員による服装のチェックを受けて像の中へ。タンクトップや短パンなど露出度の高い服では入場できない可能性もあるのでご注意を。像の中には螺旋階段があり、肩に造られた展望台からはバック・ビーチをはじめとしたブンタウの街並みが一望できます。

投稿者:Ken K

811段の階段を上がってさらにキリスト像の中の階段を上がらないといけませんが、高台の上にあるキリスト像は眺めが本当に最高です。苦労した分の感動はあります。ブンタウ市内を一望できる最高のスポットです。肩の部分が展望台となっており、十分な高さがあり、風が強いのでスリルも味わえます。52keitaさんの口コミ
少しだけ登ってみるつもりでしたが、上まで登りきりました。水を持って行った方がいいと思います。登っている途中の景色がキレイでした。 hirochannさんの口コミ

インペリアル・ホテル・ブンタウ

外国人向けのリゾートエリアというより、ベトナム南部の人々の海水浴場としての側面の強いブンタウには、リーズナブルなホテルや民宿が集まっています。そのなかでもインペリアル・ホテルは、目の前にきれいなビーチが延びるリゾートホテル。外観や全325室の内装はヴィクトリア朝様式を意識したデザインとなっています。

投稿者:dannytey888

エントランスやプールに鎮座する豪華な彫刻やロビーの天井に描かれた壁画がまるで美術館に迷い込んだかのような気分にさせてくれます。観光スポットとして人気のナイトマーケットに徒歩1~2分で行ける立地の良さも魅力のひとつです。

投稿者:Panov-aa

フェリーを降りてからタクシーで10分弱の場所にあります。館内のいたる所に絵画等があり、まるで美術館のようなホテルでした。rfhpy552さんの口コミ
ヨーロッパ風の作りで、重厚感があり、部屋はとても広々としていて、プライベートビーチもあり、ゆっくり楽しく寛げました。ナイトマーケットも徒歩2分なので、安くて、美味しい海鮮がいっぱい。mikahochiminhさんの口コミ

ベトナムは南北に非常に長い海岸線をもち、沿岸の長さは約3,260km。これは東京からフィリピンの首都マニラまでの距離に相当します。海沿いにはいくつもの街があり、知られざるビーチもたくさんあります。次の旅では、ベトナムの魅力的かつ刺激的なリゾートエリアへ出かけてみてはいかがでしょう。

この記事に関するタグ

話題の記事