アイスモンスターだけじゃない!魅惑の台湾スイーツ7選

近頃ますます勢いを増している台湾スイーツブーム。日本にも続々と人気店が上陸し話題を集めていますが、10~11月は気候が穏やかな台湾観光のベストシーズン。せっかくなら現地へ出向き、本場の味を堪能してみませんか。今回は、台湾へ行ったら絶対に外せない!という必食スイーツを、首都台北市よりご紹介します。

夏樹甜品の“杏仁豆腐”

台北市北部に「迪化街」というノスタルジックな雰囲気を醸す問屋街があります。近年、お洒落な雑貨店やカフェが増えている注目のエリア。ここで人気なのが杏仁スイーツ専門店「夏樹甜品」です。小ぢんまりとしたレトロかわいいカフェで、杏仁かき氷や杏仁ドリンクといった約30種類の杏仁スイーツを販売。天然素材の手作り杏仁豆腐をぜひご賞味あれ。

SarahLu2014さんの投稿写真

SarahLu2014さんの投稿写真

とてもおしゃれな造りです。杏仁豆腐、杏仁カキ氷、杏仁豆花と種類たくさん。トッピングもたくさんありました。小豆、きくらげ、タロイモ、緑豆などなど。どれも80元前後でした。ディープ産駒さんの口コミ
杏仁豆腐がモチモチしていて美味しかったです。注文してお金を払うとテーブルまで持ってきてくれます。若い女性の店員さんが日本語で対応してくれました。お店はカウンターが数席、4人掛けのテーブルが2つとこじんまりしています。自分が食べている間に地元の方がテイクアウトしに来たり、周辺の人にも愛されているお店のようでした。好にゃんさんの口コミ

杏仁豆腐冰を注文。トッピングはあずきや芋団子、きくらげなどから2種類選べました。どれも健康によさそう。ところが出てきたかき氷は真っ白。あれ?と思ったら、すべてトッピングは氷の下に隠れていました。食べてみて納得。ふわふわの口どけ滑らかなかき氷は、上から具やシロップをかけてしまったら、その食感がなくなってしまいます。食べるときもあらかじめかき混ぜず、一口ずつトッピングと氷を口に運んだほうが、最後まで優しい口どけが楽しめます。美味しかったです。GingerShogaさんの口コミ

丁香豆花の“たまご豆花”

豆花(トウホア)とは、柔らかい豆腐のようなものに甘いシロップをかけていただく台湾の伝統的なスイーツのこと。そんな豆花の名店「丁香豆花」は、ローカルムード溢れる晴光市場内にあります。卵を加えて作るプリンのような豆花が名物で、ふわっとした口あたりが絶品。タロイモやピーナツ、ハト麦などお好みで3種類のトッピングを楽しめます。

sarrouelさんの投稿写真

sarrouelさんの投稿写真

台湾といえば、豆花ですが、ここのは黄色い豆花!普通の豆花(白)もありますが、ここでは、「丁香豆花(たまご豆花/黄)」を選びましょう。玉子が入っているので、豆花とプリンの間のような感じです。その玉子感を味わうために、シンプルなトッピングでいただくと良いと思います。sarrouelさんの口コミ
黄色か白の豆花と3種類のトッピングを選んで55元。近くに夜市もあるのでテイクアウトのお客さんが絶えません。ブラックタピオカやタロイモ団子のモチモチした食感とふんわり優しい甘さがたまりません。近くへ来たら寄ってみてください。pon445さんの口コミ

味よし、価格的にもよし。申し分ありません。夜市なので、めちゃくちゃ清潔感があるわけではありませんが、夜市の中ではまぁまぁ清潔感のある方だと思います。Katsutoshi-Imaiさんの口コミ

騒豆花の“季節限定豆花”

國立國父紀念館のほど近く、地元民も御用達の店「騒豆花」でいただけるのはマンゴーやスイカ、イチゴといった旬のフルーツを使った季節限定豆花です。毎日手作りしているという豆花は大豆本来の味が濃厚でクリーミー。新鮮なフルーツとの相性抜群です。おすすめは10~4月限定の草苺豆花。大粒でジューシーなイチゴとプチプチのタピオカの食感を楽しんで。

24takaさんの投稿写真

194karenさんの投稿写真

初めて、豆花を食べましたが、フレッシュフルーツと一緒にとっても美味しくいただきました。食事の後に行ったので2人で1つを頼みシェアしましたが、全然嫌な顔もされず。気持ちよい対応で、2泊3日の滞在中に2回も行ってしまいました。地元の若い人も来てましたよ。fujiryuさんの口コミ
台北に行った時は、必ず行きます。フルーツと豆花&タピオカのコンビネーションが最高 お店自体は、カウンターとテーブル数席の小さなお店ですが雰囲気も良く、夜市で食べる豆花とはまた違った美味しさです。友人が台北に行くときは、必ず勧めます!!24takaさんの口コミ

食べている間には外に行列ができており、現地でもかなり人気のお店のようです。場所的には、地下鉄の國父紀念館駅の1番出口から徒歩数分のところにあります。公園のすぐそばにありますが、ほんとに小さいお店なので気を付けていないと通り過ぎてしまいそうな感じです。私は冬限定のイチゴがごろごろの冷たい草苺豆花(NTD85)をいただきましたが、イチゴと豆花とタピオカのコラボレーションがいい感じでした。koma2tさんの口コミ

愛玉之夢遊仙草の“愛玉ゼリー&仙草ゼリー”

台湾に伝わる2大ゼリー(=綜合)を掲げる名店。シソ科の植物を煮出して作る仙草(シエンツァオ)ゼリーは台湾古来の漢方スイーツで、独特の苦みはあるけれど美肌やダイエット効果が高いと評判。一方、愛玉子(オーギョーチ)というクワ科の植物で作られる愛玉(アイユー)ゼリーはぷるぷる食感。レモンシロップをかけていただきます。どちらも一度食べればクセになる、滋味深い一杯です。

bossaTさんの投稿写真

useradさんの投稿写真

あっさりヘルシーなデザートです。わざわざでも行きたいお店。次も絶対行きます。トッピングも色々できますが、シンプルに愛玉子オンリーで十分のボリュームでした。ミカエルくんさんの口コミ
大好きな仙草ゼリーがたっぷりはいってつるっとしたのど越しと甘すぎないトッピングで大きな器のスイーツでしたが2人でペロリと完食。リピありの店です。みかりんさんの口コミ

通化街の通りに面しています。臨江街との交差点から歩いて30秒です。日本人向けのあっさりとした甘さで特に女性が好きかも!?torachaboo414さんの口コミ

雙連圓仔湯の“燒麻糬”

寧夏(ニンシャー)夜市の近くにある「雙連圓仔湯(スァンリェンユェンズタン)」は、創業1951年の老舗甘味店。食べるべき一品は、燒麻糬(シャオマーシュー)という日本のきな粉餅に似た台湾の昔ながらのおやつです。上にまぶされた粉の正体は砂糖を混ぜた甘いピーナッツの粉で、香ばしい黒ゴマがアクセント。そして美味しさの決め手は小麦粉を手捏ねして作る餅。低温の菜種油でじっくり揚げるという伝統的な製法で仕上げています。小腹を満たすのにもぴったり。

kinako25さんの投稿写真

まるはちもっくんさんの投稿写真

ここ看板メニューは燒麻糬 (揚げきなこ餅)です。砂糖と黒ゴマ、ピーナッツパウダーをまぶした揚げモチです。2個で75元、1個だけでも注文できます。 みみチャンさんの口コミ
MRT雙連駅の出口から西へ、アーケードを5分ほど歩いたところにありました。とてもきれいなカフェのようなお店です。ゆっくりできます。 みゆっちゃさんの口コミ
時間帯によっては店の外まで続く大行列。現地の人も並ぶ台湾の老舗の甘味屋さんです。空いているのを確認して行きました。有名な油餅を2つ注文!白玉のようなお餅のような…油餅と言っても油っぽさはなく2つペロリと食べれます!日本語の、メニューもありますし店員さんによってはカンタンな日本語も通じました。kinako25さんの口コミ

1回目は夜市へ向かう道すがら、テイクアウトで揚げ餅を買いました。思っていた以上に大きくて、揚げたての「あつあつとろーり」なお餅にピーナツの粉とごまをたっぷりまぶしていただきました。香ばしくて、とってもおいしかったです!まるはちもっくんさんの口コミ

春水堂の“タピオカミルクティー”

日本でもおなじみのタピオカミルクティーは元々、台中に本店を構えるお茶専門カフェ「春水堂」で誕生しました。今では、台北や駅、空港にも支店を展開する人気店。タピオカミルクティー自体はカフェや露店など街の至るところでも売られていますが、ここ春水堂の看板商品は、香り高い厳選茶葉を使ったミルクティーに、小粒の特製ブラックタピオカとクラッシュアイスが入った珠玉の一杯。リピート間違いナシです。

Sumon Tさんの投稿写真

施設より提供

タピオカミルクテイーが大好きで日本でもよく飲みますがさすが本場は違いますね。甘ったるさが全くなくスッキリしていて後味がいいです。一杯ではもの足りず二杯飲んでしまいました。最初から大きいサイズにすれば良かった。お値段も安く普通サイズで75ドルでした。りとるとりっぴーさんの口コミ
美味しかったです。春水堂さんのタピオカは小さめでもちもち感があると聞いていましたがその通りでした。甘さ控えめで飲みやすかったです。ミルクティーが泡立てられているのか表面がふわふわです。いろいろ試しましたが味が上品でタピオカが大きすぎずさすが老舗という感じです。日本語を少し話せるスタッフの方が親切に対応してくれて、日本人と解ると日本語のメニューを渡してくれました。cocomiyuさんの口コミ

日本にも進出し、表参道・代官山・六本木にもあり日本でも有名になってきているようです。台北では新光三越A9館内の「信義店」やMRT南京東路駅近くの「慶城店」、中正紀念堂の國家音樂廳内にある「中正店」、などなど台北だけで19店舗も展開されているようなので、台北観光のついでに寄れる点が良いです。_S_K1_Y_さんの口コミ

ICE MONSTERの“マンゴーかき氷”

台湾スイーツ旋風を巻き起こしたパイオニア的存在の店。甘くて濃厚な台湾産マンゴーをふんだんに使用した、元祖マンゴーかき氷が名物です。人気の理由は、改良を重ね生み出されたというこだわりの氷。マンゴー果汁80%で作る氷塊を独自製法で薄く削り出すことで、ふわとろ新食感を実現しています。果肉も贅沢にトッピング。まずこれを食べずして台湾スイーツは語れません!

tcfuryさんの投稿写真

Yukie Uさんの投稿写真

Ice monsterのマンゴーかき氷は、かなりふわふわで氷をすくった感覚があまりなく、初めての食感でした。1つの大きさが非常に大きく2人で1つで十分なくらいです。値段も日本円で約600円とそれほど高くありませんでした。場所も駅から5〜10分程度と悪くなかったです。パル君2015さんの口コミ
地元の友人が、どうしてもここに連れて行きたいということで、連れて行ってもらったお店。並んでも絶対に食べることをお勧めします!とにかく本場のこれを一度味わってみてください。umeshibacatさんの口コミ

台湾名物であるフルーツがたっぷり乗ったカキ氷を味わえます。日本とちがって結構リーズナブルに楽しめるのが嬉しいです。種類も色々あり、迷ってしまいました。マンゴーがおススメです。buurinnさんの口コミ

いかがでしたか。今回ご紹介した台北エリアは、有名店の人気メニューからローカルな新名物まで、食べるべき逸品ばかりが集まる台湾スイーツの宝庫。また、MRTという都市鉄道も整備されているので、安く、速く、ラクに市内を移動でき、観光はもちろんスイーツめぐりにも最適です。ぜひ本場の味と雰囲気を楽しんでみてください。

この記事に関するタグ

話題の記事

まだデータがありません。