TripAdvisor

トリップアドバイザーの口コミ情報をテーマごとに再編集。旅のヒントが詰まったキュレーションマガジン!

【タイプ別おすすめプラン】週末だけでも大満足!2泊4日で楽しむシンガポール

Sponsored by シンガポール航空

金曜夜に日本を発ち、週末を海外で過ごして、月曜日は普通に出勤……そんな週末だけのプチトリップでも、時差が1時間でインフラも充実しているシンガポールなら安心です。羽田金曜発/月曜朝着を想定し、シンガポールを2泊4日で最大限に楽しむモデルコースを、カップル、ファミリー、グループのそれぞれに向けてご提案します。また、シンガポール航空の「行っトク!シンガポール」を利用すればお得な特典もたっぷり。利用方法などの詳しい説明は最後にありますのでお見逃しなく!

特典あり

「行っトク!シンガポール」とは?

2018年4月以降にシンガポール航空でシンガポールへ行くと、シンガポールの旅をもっとお得に楽しめる「行っトク!シンガポール」の特典をご利用いただけます。人気アトラクションが50%オフになる特典や、チャンギ空港内のラウンジが無料でご利用いただける特典など、選りすぐりの6つの特典から、お好きな特典を1つお選びいただけます。
詳しくは記事末尾、もしくはこちらをご参照ください。 (見出しに「特典あり」がついたアトラクションが特典対象です)

金曜日

仕事や学校帰りにそのままシンガポールへ 

都心からのアクセスが至便なだけでなく、地方からのフライト乗り継ぎも便利なのが羽田の夜便。機内でひと眠りすれば、目覚める頃には現地に到着なので、時間を有効に使えます。

フラッグキャリアのシンガポール航空なら、機内からシンガポール気分たっぷり。定評のあるサービスと合わせて、旅の行き帰りも楽しみがいっぱいです。

投稿者:Intan T

あまり英語は得意ではないのですが、私のカタコト英語をゆっくり理解してくれ嬉しかったです。emihama00さんの口コミ
ドリンクの選択肢にシンガポールスリングがあるのは良い(提供されるまで少し時間はかかりますが)。食事も美味しく、デザートにハーゲンダッツが出て嬉しい。Ayax321さんの口コミ
土曜日

まずはシンガポールの定番をおさえる

シンガポールのチャンギ空港には早朝5時頃の到着。まずはホテルに向かって、荷物を預けて一休みしたらさっそくお出かけ。シンガポールの現地初日となる土曜日は、シンガポールの定番や名物を巡ってみましょう!

 シンガポーリアンの朝には、ココナッツと卵で作った「カヤジャム」とバターがたっぷりのカヤトーストが欠かせません。

昔ながらの雰囲気で、ちょっと変わった厚切りのカヤトーストが食べられると評判なのが、ワイワイ・カフェ・ディアン(喜園咖啡店)。半熟卵と甘いコピ(コンデンスミルク入りコーヒー)を一緒に注文して食べれば、シンガポール流ブレックファストの完成です。

投稿者:BlakeCastle

投稿者:Endo R

私はここのカヤトーストを食べにわざわざ行きます。今回もカヤトーストとコピのみです。パンが柔らかくて、軽くトーストしてあるので、カリッとフワッとしています。またカヤジャムも美味しい。aya0610さんの口コミ
特筆すべき点はカヤジャムの美味しさでした。ビンに入った市販品とはもちろん、他店舗とも全然違う、パンダンリーフの自然な香りがふんわりと感じられて甘さも絶妙な優しいお味のカヤジャム。うさぎのおはしさんの口コミ

ワイワイカフェディエン

バブル評価 5 段階中 4.0
692位:シンガポールの飲食施設11,942軒中

腹ごしらえが済んだら、次はシンガポールの南部に位置する屈指のリゾートアイランド、セントーサ島を目指しましょう。セントーサ島へのアクセス手段は徒歩、車、モノレール、ケーブルカーの4つ。初めて行く人はぜひ空からアプローチを!

投稿者:FireSpitter

シンガポール・ケーブルカーに乗るならMRTの駅から近いハーバー・フロント駅からが便利。ハーバー・フロント・タワー2の地上15階に乗り場があるため、セントーサ島までの約10分間はまさに空の旅。眼下には海が広がり、非常に眺めがいいと評判です。

投稿者:Nilusha A

はじめてセントーサに行く方は、ぜひ乗ると楽しいです。値段は他の手段よりも高いですが、観光、アトラクションのひとつと考えれば価値があります。hykmさんの口コミ

テーマパークや遊びの選択肢が多いセントーサ島の中でも、No.1の人気を誇るユニバーサル・スタジオ・シンガポール(以下USS)。大阪のUSJと比べてコンパクトな造りですので、待ち時間が少なく効率的に楽しめると評判です。

投稿者:Bhumish21

真っ先に狙いたいのが『トランスフォーマー』の3Dライド、『ハムナプトラ』の屋内コースター「リベンジ・オブ・ザ・マミー」など、日本未上陸のライド。絶叫ライドで眠気もふっとびます!

投稿者:PrestonGuild

暑いシンガポールらしく、ずぶ濡れ系アトラクションも用意されています。イチ押しは「ジュラシックパーク・ラピッドアドベンチャー」。座る場所によっては全身びしょ濡れになるので覚悟して。

投稿者:sc_myinitial

「絶叫マシンはちょっと…」という人は『マダガスカル』や『シュレック』などの世界観を再現したアトラクションへ。子連れの場合、列に並ぶ前に身長制限を必ず確認をしましょう。

投稿者:phoebecl

日本よりは空いているとのことですが、エクスプレスパスを購入していたほうがいいかと思います。シンガポールは暑いので並ぶのは大変ですね。さささのささささんの口コミ
ジュラシックパークの一番濡れる席に座ってしまい、全身びしょ濡れになりました。日本のアトラクションとは違い容赦なし!54hipoonさんの口コミ
4歳未満無料。身長制限があるアトラクションが多いので、小さい子どもが入れないアトラクションも多いが、それでも十分楽しめる。シュレックやセサミストリートなど、子どもが大喜びだった。よっちゃん候補さんの口コミ

シンガポールのアイコンといえば、ライオンの頭と魚の体をもつマーライオン。がっかり名所などと揶揄された時期もありましたが、やはり名物との記念撮影はしておきたいところ。

公園の対岸にはもうひとつのランドマーク、マリーナベイサンズが見えるので、「これぞシンガポール!」という写真が撮れます。またSNS映えを狙ったトリック写真も人気。吹き出す水を飲む、手に乗せてみるなど、日が暮れる前にチャレンジしてみましょう。

投稿者:dabochan

投稿者:雅惠呂

さすがシンガポールの観光地で沢山の人種の方がいます。みなさん写真を撮る時間がとにかく長い(笑)あまり日陰がないので、日傘とか帽子、サングラスがあると良いと思います。rodychanさんの口コミ
マーライオンの水を口で受け止める。手で受け止める。マリーナベイサンズを持ち上げる。等のお約束写真撮りを、老いも若きもやっていて皆さん楽しそうです。mamu2700さんの口コミ

数多くあるシンガポール料理のなかでも、ぜひ本場で味わいたいのがチリクラブ。旨みの詰まったカニには、トマトとチリの濃厚ソースがたっぷり。カニが丸ごと1匹ドン!とのったビジュアルもインパクト大です。

パームビーチ・シーフードはマーライオン公園横の商業施設「ワン・フラトン」内にあり、マーライオン撮影の後に立ち寄るのに最適なレストラン。風通しのいいテラス席があり、そこから見えるマーライオンとマリーナ地区の夜景が食事を一層華やかにしてくれます。

投稿者:Vivi N

チリクラブに次ぐ人気なのが、ブラックペッパークラブ。黒胡椒がアクセントとなり、こちらも後を引くおいしさです。

投稿者:rdubbs08

マリーナベイサンズを見る特等席。チリクラブの店は多々あり好みが分かれるが、観光客ならここで間違いないだろう。Nakamura7819さんの口コミ
チリクラブが有名でしたが、ちょっと奮発してでも必ずペッパークラブも食べてください。できればオープンテラスで。エプロンと手袋ありますが白い服では行かないでくださいね。ayakovskyさんの口コミ

ディナーを満喫したら、もうひと遊び。近未来を思わせるボタニカルテーマパーク、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイを散策しましょう。

管理者提供の写真

お目当ては人工の巨大熱帯樹(スーパーツリー)が林立するエリアで催されるイベント「ガーデンラプソディー」。毎日19:45と20:45の2回開催される光と音楽のショーで、幻想的な雰囲気に包まれます。

投稿者:Rodrigo V

高いところが苦手でなければクラウドフォレストへ。エアコンの効いた施設内に高さ35mの人工の山が聳え、頂上から人工の滝が流れ落ちる様は圧巻です。

投稿者:トリップアドバイザー・メンバー

ライトアップされたガーデンはまた違った世界になっていました。近未来の情景が想像できるような少し異様な感じを受けます。映画の別世界に紛れ込んだような雰囲気の中を多くの人々が散歩を楽しんでいました。toshiyukis2006さんの口コミ
こんな素晴らしい施設を作ってしまうなんて!ドームもとくにクラウド・フォレスト」が良かったです。下から見上げた景色に何故かラピュタを連想させました。stila777さんの口コミ

盛りだくさんの1日もここで終了。ホテルでしっかり休んで明日もたっぷり楽しみましょう。「行っトク!シンガポール」を利用すれば、今日楽しんだガーデンズ・バイ・ザ・ベイもお得に利用可能です!(詳しくは記事末尾、もしくはこちらをご参照ください)

旅はまだまだこれから!続きは次のページへ

この記事に関するタグ

Menu