TripAdvisor

トリップアドバイザーの口コミ情報をテーマごとに再編集。旅のヒントが詰まったキュレーションマガジン!

里山情緒たっぷり!山菜料理が美味しい宿7選

いまが旬の味覚といえば、山菜を思い浮かべる人も多いのでは? 都会に住んでいる人にとって、新鮮な山菜をどっさりと食べる機会はなかなかないもの。美味しくてからだにもいい、里山の幸を堪能できる宿をご紹介します!

里山十帖(新潟県)

雑誌『自遊人』プロデュースの、古民家をおしゃれにリノベーションした旅館。世界を代表するデザイナーのインテリアが揃えられ、その居心地の良さから、数ヶ月先の予約もすぐに埋まってしまうほどの人気っぷり。こちらの目玉は、野菜を中心に使用した、からだに優しい料理。お肉に添えられていたり、ボウルに盛られていたり、山菜づくしのお料理をいただけます。

muito_bomさんの投稿写真

博史 小さんの投稿写真

Ada Cさんの投稿写真

トリップアドバイザー会員さんの投稿写真

料理も野菜中心のメニューで、ヘルシーででもお腹もいっぱいになりかなり満足な夕食でした。お米も絶品でした。hidamaruさんの口コミ
食事は山菜を中心に出ますが、ジェノベーゼパスタなど趣向が凝らされており美味しく楽しいです。地酒の飲み比べセットもおすすめ。kazuringoさんの口コミ

ご飯は少量だが本当に手の込んだ物とわかります。美味しい。今回は山菜がメイン、身体の中から山菜の香りがしてきそうな感じになりました。温泉は目の前に巻機山を望み、のんびり浸かれる湯温、とろみのある湯質、何度でも入りたくなります。YOTA Sさんの口コミ

御所覧場(島根県)

出雲駅から車で10分の位置にあるにもかかわらず、秘境っぽさを存分に味わえる人気宿です。客室に入ると、迫力満点の渓谷を一望できます。お料理は、目の前の川で釣られた鮎がメイン。季節の山菜も、魚やお肉などの食材に合わせて品よく添えられています。

mermaid0204さんの投稿写真

ponpokoreinaさんの投稿写真

kenpuri0923さんの投稿写真

お食事はお山のお宿らしく、山の幸がたっぷりでした。美味しかったです。 後、お部屋に設置されてあるテレビがすごく大きかったです。momo163さんの口コミ
立久恵峡の岩々が素晴らしい。”紅葉の季節は常に満室””遠くは沖縄や北海道から、紅葉の立久恵峡のを目掛けてくる人もいる”とか。料理は山菜・きのこ・あゆ等の地元のもの。ご飯はお替わり自由。ドンちゃん2014さんの口コミ

普段食べれない山の幸がたくさんでてきて美味しかったです。部屋は少し古い感じ。ノンチッチーさんの口コミ

なべくら高原・森の家(長野県)

名前のとおり、自然豊かな長野県飯山市にあるコテージです。5月下旬からはネマガリダケという、お味噌汁や醤油漬けにすると美味しい山菜を食べられるようです。タケノコのような見た目をしていますが、採れたては新鮮でやわらかく、とても美味しいのだとか。 オプションプランの、インストラクターがアテンドする森林トレッキングでは、山菜を自分で収穫することもできます!

施設より提供

施設より提供

あらうぐまさんの投稿写真

ネマガリダケには時期が少し早かったですが、コシアブラを中心にガイドの方の案内で沢山の山菜を採り、それを天麩羅にして蕎麦と一緒に美味しく御馳走になって来ました。yanapy55さんの口コミ
友人9名で、山菜狩り&ネマガリダケを採りに行こうと宿を探していたら、「春薫る山菜狩りと天ぷら蕎麦」と云うイベントが丁度開催されるのを知り、コテージ2棟を予約し利用して来ました。yanapy55さんの口コミ

施設にお風呂はないですが、近くの湯滝温泉があります。湯滝温泉の食事は、お値段も手頃で、地域の食材だったり郷土料理のような一品メニューもあったりで、かつおいしかったです。オススメです。chanakoさんの口コミ

合掌民宿 弥次兵衛(富山県)

築350年の合掌造りの家で、大きな囲炉裏を囲みます。夏でも涼しいので、これからの時期の旅行でぜひ訪れたい! お食事は、地元で採れた山菜・川魚・五箇山豆腐が中心。四季折々の自家製野菜や、きのこが並びます。

おてふちゃんさんの投稿写真

東奔西飛さんの投稿写真

彩香 平さんの投稿写真

囲炉裏を囲んで食べる食事は味もボリュームも文句なしです! イノシシやシカなどのジビエがでてきますので、苦手な方は注意した方がいいかも… すぐ近所に温泉もあり、大変充実した滞在ができました!おすすめです!taizon178さんの口コミ
ご飯は山菜やご主人が作られた野菜など 山の幸満載のメニューでした。ボリュームもそれなりにあります。鯉の洗いはクセがなくわさび醤油で美味しくいただきました。のりのり7さんの口コミ

夕食はいろりを囲んで、炭火であぷった岩魚や、熊汁、山菜、五箇山豆腐etcが並び、鯉の刺身は意外にもとても美味しかったです。gonnzarosuさんの口コミ

山菜料理 出羽屋(山形県)

出羽三山のひとつ霊峰「月山」の麓に位置する、全国でも珍しい山菜料理専門の宿。山菜料理の食事処としても人気で、その山菜料理の数々は「出羽屋の山菜料理」として本にもまとめられているほど。いわゆる素朴で質素な山菜料理のイメージを覆す、洗練された山菜料理が楽しめます。

Makiko Tさんの投稿写真

Makiko Tさんの投稿写真

管理者提供の写真

山菜の懐石料理をいただきました。春の山菜料理は本当に絶品。生の山菜って野菜と同様、こんなに種類があるんだーって驚き。そして、フレッシュの山菜はとっても美味しいです。野菜とは異なる自然の滋味。山菜は天ぷらよりもお浸し系が多くて、ヘルシーかつローカロリーでなにかと食べてばかりになる旅行中にはよかったかも(笑)shibuyakomachiさんの口コミ
山菜料理をおなかいっぱい食べられます。山菜の種類や名前はこちらの旅館で覚えたといっても過言ではありません。山菜が食べられない子供には別メニューを準備してくれます。そして、大女将や女将のお出迎えやスタッフの方々の素朴な対応がとても安心感があって「来て良かった」と毎回感じます。福美 井さんの口コミ

宿泊費はお手頃なのに、その時期に採れる山菜をつかった様々な料理が、美しい器と一緒にだされ、どれも皆絶品でした。お腹いっぱい頂きましたが、ヘルシーな食事でとても満足致しました。山菜の名前を聞くときちんと教えてくれました。(すぐに忘れましたが・・) 部屋にはこの旅館の方がかかれた山菜についての本があり、ページをひらくと夕飯に出された小鉢や、とれる時期、食べ方などが書かれていました。Makiko Tさんの口コミ

鶴の湯 温泉(秋田県)

言わずと知れた日本を代表する秘湯、乳頭温泉郷の中でも最も歴史のある温泉「鶴の湯」。テレビもない簡素な宿の食事は、山菜に川魚や芋類など山の幸が中心で、贅沢とは対極のもの。にもかかわらず、その滞在は心に染み渡るとの評価で溢れています。

Andrew1234さんの投稿写真

hippopotamikoさんの投稿写真

KevinVacationさんの投稿写真

夕飯は囲炉裏を囲みながらゆっくりと頂きます。宿の名物山の芋鍋や山菜、岩魚の塩焼きお腹がいっぱいになる程のお料理です。空は満天の星空。都会では見られないほどの星の数。心も体も癒されました。miyu701さんの口コミ
寝るところは少々狭く、テレビもありませんが、トイレもウオシュレットで広々としてて、清潔感あふれています。またお食事も派手さこそないものの、心のこもった手作り膳が素晴らしいです。夕飯時に、ビールともっきり(カップ酒)を何杯か飲んでも1人10,000円行かないくらい。カラオケやお土産を買うようなグランドホテルタイプとは真逆ですので、そういうのを期待している方には物足りませんが、温泉とご飯を楽しむ方なら大満足かと思います。hippopotamikoさんの口コミ

食事は、夜は部屋食、朝は本陣の別の部屋でとります。川魚と山菜を使った食事ですが、囲炉裏で焼いた川魚がとっても美味しく、他の料理も優しい味で満足でした。宿の人たちも、みんな親切でした。温泉は種類も多く、いろんな温泉が楽しめます。混浴風呂も、女性でも入りやすい構造になっていました。とにかくお湯が本当に気持ち良く、お湯の加減もちょうどよかったので、毎日とても楽しめました。niebopiekneさんの口コミ

ホテル養老牛(北海道)

中標津町の山麓に位置し、古くからアイヌの人たちが利用していたとされる「養老牛温泉」の老舗宿。名前から牛肉中心の食事を連想しそうですが、近隣で採れた渓流魚や山菜やキノコをなどの、新鮮で滋味にあふれた料理が評判です。

TAO2011さんの投稿写真

孤独の旅びとさんの投稿写真

施設より提供

スタッフが摘んだ山菜料理、中標津ビーフのすき焼き、牛乳豆腐のフライ、エゾシカのロースステーキ、中標津産「思いの茸」など地の物もあり種類が多く全て美味しいです。料理の説明もして頂き、もちろん暖かい物は暖かく頂けます。お米も美味しかった。ミッシングリンクさんの口コミ

二度目の再訪を宿のスタッフが覚えていてくれた。「おかえりなさい」ですねの言葉はうれしい限りだ。狭めではあるが掛け流しの温泉は、川の音を聞きながらゆったりとできる。前回同様、スタッフの方がとってきたという山菜・きのこが夕食に出され、あたたかいもてなしを感じる。ホタテの刺身やここでだされる牛乳もおいしい。昔ながらの温泉宿の雰囲気とアットホームさはこれからもずっと残っていて欲しい。euron1362さんの口コミ

新鮮な山菜を食べるためなら、現地まで向かうのもなんのその! 家庭では実現できないような調理方法や味付けが楽しめるのも、その地で古くから山菜に親しんでいる料理人さんがいるからです。ため息がでそうなほど美味しい山菜を食べられるこの時期を、逃してはなりません!

旅のありがとうを伝えたい トリップアドバイザー

Menu