TripAdvisor

トリップアドバイザーの口コミ情報をテーマごとに再編集。旅のヒントが詰まったキュレーションマガジン!

SL(蒸気機関車)に乗って旅に出よう!日本国内の現役路線9選

SL(Steam Locomotive)とは蒸気機関によって動く機関車(蒸気機関車)を言います。1872(明治5)年に品川~横浜間で仮開業した日本の鉄道は、イギリスから輸入したタンク式蒸気機関車が使用されました。以後、煙突の形が特徴的なアメリカ式や、車体が流線型のドイツ式の車両を導入。1893(明治26)年には日本初の国産機関車である860形が製造されました。1976(昭和51)年には国内の鉄道から姿を消しますが、その後、蒸気機関車を保存する動きが出て、現在では日本各地でSLが走る姿を見られるように。今回は、現役で走る全国のSLを紹介します。

SLかわね路/大井川鐵道・大井川本線(静岡県)

新金谷駅〜千頭駅間を結ぶSLかわね路は、日本で唯一ほぼ毎日運行しています。昭和10年代に製造された4台のSLが現役で活躍し、客車は古い扇風機や木の座席など当時の雰囲気がそのまま残っています。運行中にはハーモニカ演奏などで乗客を楽しませるSLおじさんやSLおばさんが楽しい旅を盛り上げてくれます。

Makino Nさんの投稿写真

Kugenumanさんの投稿写真

町田の熊さんの投稿写真

SLを乗りに行きました。新金谷から千頭駅まで1時間ちょい。景色も楽しむことができました。車内販売やハーモニカ演奏もありました。レトロな時間を過ごせました。月沙さんの口コミ
桜が咲くにはまだ早い3月上旬に乗車しました。個人的には初めて見るSLに大感動!車両の中は昭和時代から稼働していることを伺わせる内装に独特の油とホコリの混じった匂いに懐かしさを覚えました。yctrbさんの口コミ
JR金谷駅で乗換え、大井川に沿って千頭まで結ぶ単線。SLの運行で有名。夏休みにはトーマスも登場し老若男女楽しめます。途中駅、川根温泉で下車し、温泉に立ち寄れば露天風呂から鉄橋を渡るSLを眺める事が出来ます。ajpwHamamatsuさんの口コミ

SLばんえつ物語/JR東日本・信越本線、磐越西線 (新潟県・福島県)

新潟駅〜会津若松駅を結ぶSLばんえつ物語。8月〜11月の土日祝日中心に運行しています。牽引される客車は12系を改造し、大正ロマンを彷彿とさせるレトロな雰囲気を漂わせています。また、スタッフとのじゃんけん大会なども開催。先頭部にはグリーン車専用の開放感のあるパノラマ展望室もあり、復路でSLがすぐ目の前に見えます。

YukiusagiJBさんの投稿写真

YukiusagiJBさんの投稿写真

YukiusagiJBさんの投稿写真

SLばんえつ物語号は 主に土曜日 日曜日のみの運行です。蒸気機関車ですので、スピードは遅いですが たまには 山や阿賀野川の景色を眺めながら ゆっくりとした時間を過ごすのも 良いものです。ピンクジュエリーさんの口コミ
C57180で行くのんびりゆったりのSLのたびです。楽しいですよ。
車内では、ジャンケン大会などたくさんのイベントがあって楽しいですよ。小鉄ちゃんさんの口コミ
磐越西線の新潟と会津若松を結ぶ観光SL列車です。車内でのイベントも充実しており、SLでの汽車旅そのものを楽しむコンセプトです。ゆったりグリーン車も登場しています。こばじょんさんの口コミ

SLばんえつ物語

バブル評価 5 段階中 4.5
日本の観光スポットで-13,664件中12,301位

SLパレオエクスプレス/秩父鉄道・秩父本線(埼玉県)

熊谷駅〜三峰口駅間を結ぶSLパレオエクスプレスは、都心から最も近い場所にあるSL。3月から12月までの土・日・祝に運行されます。ラインくだりや景色の良さに観光客が訪れる長瀞も停車するため車窓の眺めも抜群ですが、混雑も予想されるので乗車の際には指定席の購入がおすすめです。

552mietさんの投稿写真

552mietさんの投稿写真

useradさんの投稿写真

予約制、指定席。金、土、日限定、季節感が楽しいです。天気が良いとそれはまた、お得な気持ちです。レトロ感最高です。tokueihomeさんの口コミ
東京から最も近い所にある乗れるSLです。日本中にSLが走るようになったのですが、少し遠いものが多いです。その点、秩父鉄道はとても違いのが魅力です。新幹線に乗れば、東京から40分です。他にも東武特急や西武特急との組み合わせにするととても魅力的な鉄道の旅になります。ks20010630さんの口コミ
こんなに気軽にSLに乗れるとは。1日1往復SLが走っていることに気づき、寄居駅から乗車。黒い煙と大きな汽笛が旅情を掻き立てます。落語家の案内放送と長瀞の絶景も最高でした。窓からはSLに向け手を振る人も多く。停車中は人が群がっていました。最高です。BuffaloYuさんの口コミ

SLもおか/真岡鐵道・真岡線(茨城県・栃木県)

1年を通して土・日・祝に1日1往復運行しているSLもおかは、茨城県下館駅〜栃木県茂木駅を結ぶ臨時快速列車。現在は2両のSLが走っており、そのうちのC11 325は相模線や南武線、横須賀線などで活躍していたSLだそう。なお、真岡駅に隣接するSLキューロク館では、9600形やD51蒸気機関車などが展示されているので、旅の途中によってみてはいかがでしょう。

houtaiyaさんの投稿写真

ふくいさんさんの投稿写真

rokutetsuさんの投稿写真

真岡鉄道の観光列車、「SLもおか」は、茨城県筑西市の下館駅から栃木県茂木町の茂木駅までを1時間半ほどで結んでいます。事前にみどりの窓口で「SL整理券(指定券ではありません)」を購入できますが、現地の下館駅でSL整理券を購入すると写真入りの凝った券を購入できます(SL整理券¥500)。houtaiyaさんの口コミ
今回初めて真岡鉄道の蒸気機関車を乗車致しました。乗る前に車両をみるだけでも興奮でしたが乗車して汽笛を鳴らす度に大人も子供達もさらに興奮してました。
近代の電車は早くて日常的には便利ですが、たまには日々を忘れゆったりと揺られながら乗る蒸気機関車は癒されます。お風呂一番さんの口コミ
関東近郊でSLに乗れる場所のひとつ。取手から関東鉄道で終点下館からのローカル線。客車もレトロで情緒味わいたっぷり。SLは土曜休日に運転されます。Y_M_211さんの口コミ

真岡鐵道

バブル評価 5 段階中 4.0
栃木県の観光スポットで836件中122位

SLやまぐち号/JR西日本・山口線(山口県・島根県)

新山口駅〜津和野駅をSLやまぐち号は、1年のうち3月〜12月の土日祝日に運行しています。「貴婦人」と呼ばれるC57形と、「ポニー」と呼ばれるC56系が走っています。展望デッキがあったり、今年9月からは旧客車の外観や車内設備を復刻した35系客車が使用され、SL全盛期当時の雰囲気を感じられます。

makotamaさんの投稿写真

todotaさんの投稿写真

todotaさんの投稿写真

古き良き蒸気が基本的には補機無しで客車をけん引する。展望デッキで風景を眺めながら煙の臭いをかぎつつ旅ができる。今の時代これはすごく贅沢なひととき。BrosSFさんの口コミ
日曜祝日などの特定日にだけ山口線を走る、通称「貴婦人号」です。夏休みに帰省した際、友人家族と一緒に初めて乗りました。観光に訪れた外国人も興味があるようで、乗り方や行き先を聞かれました。今も売っているかわかりませんが、SLのミニチュアは子供受け良かったです。ぷーいんさんの口コミ
あの有名な貴婦人に乗るために行ってきました。
重連だけあって、煙も贅沢に浴びてきましたが、やっぱり汽笛の音が好きです。
篠目駅での汽笛のこだま!!これは、ほかのSLでは体験できないかな。
展望デッキに近い1号車に乗りました。
でも、SLからは一番遠い位置でした。TAICHIROさんの口コミ

SL「やまぐち」号

バブル評価 5 段階中 4.5
中国地方の観光スポットで3,556件中414位

SL人吉/JR九州・鹿児島本線、肥薩線(熊本県)

熊本駅〜人吉駅を結ぶSL人吉は、毎年3月〜11月の金・土・日・祝日と長期休みの期間中に1日1往復のみ運行しています。車内にはパノラマビューが楽しめる展望ラウンジや、ビュッフェを設置。天気が良いと車内からはエメラルドグリーンに輝く球磨川が見えたり、お子さんの写真撮影用に制服を借りることもできます。

GGHollidayさんの投稿写真

tomobeatさんの投稿写真

0_0BelLさんの投稿写真

静態保存されていた車両を復活させたSLが3両の客車を引いて、雄大な景色の中をゆったりと走ります。
かなり横揺れするので、酔いやすい人は要注意です。asumamaさんの口コミ
八代から乗車し鮎屋三代の駅弁を買いSL乗車!今年度最後だったので全席指定は全て満席。絶景ポイントがたくさんあり少し紅葉もみれ大大満足!席にあまり座らずほとんど1番後ろの展望スペースにいました!tommybuuさんの口コミ
人吉から熊本まで約2時間半のSLの旅。車両も凝ったデザインで展望車もあり、座席もよかったです。途中駅では撮影タイムや、特産品の販売(坂本駅の焼鯖寿司は美味かった)などもあり、楽しめます。指定券が取りにくい(上りの方が取りやすいようです)ですが、オススメ列車です。スナフさんの口コミ

SL人吉

バブル評価 5 段階中 5.0
熊本県の観光スポットで774件中15位

SL北びわこ号/JR西日本・北陸本線(滋賀県)

 米原駅〜木ノ本駅を結ぶSL北びわこ号は、関西で唯一のSL。9月〜11月の日曜日のみ1日2便運行。小ぶりの車体のポニーと呼ばれるC56形160号機が牽引してくれます。昭和レトロな列車に乗って、のどかな田園風景を楽しむのはいかがでしょう。乗車時間は約40分と短めですが、ミニSL旅を楽しんでください。

MMMMOKさんの投稿写真

MMMMOKさんの投稿写真

MMMMOKさんの投稿写真

大型連休などの合わせて米原~木ノ本間に運行しているSLです。非常に本数が少なく、予約するのに骨が折れます。2月前くらいに運行予定が示されます。切符の購入は1月前です。電話予約できますが、まずつながらないので、JRみどりの窓口で購入するのが、よいと思います。arattmさんの口コミ

SL北びわこ号

バブル評価 5 段階中 3.5
米原市の観光スポットで49件中22位

SL冬の湿原号/JR北海道・釧網本線(北海道)

1月〜2月の期間限定運行を行うSL冬の湿原号は、釧路駅〜標茶間を1日1往復、片道約1時間半で結ぶ臨時列車。車内は本物のレトロにこだわり、木枠のニスやニス塗りの重厚な壁などから、昭和の雰囲気が感じられます。また、釧路湿原を縦断するため、タンチョウやエゾシカに出会うことができるのも魅力。

yuji11さんの投稿写真

kt_ebsさんの投稿写真

BD1ライダーさんの投稿写真

駅に隣接して、丹頂鶴の灸仕場があり、上手くいけば、SL冬の湿原号と丹頂鶴の組み合わせ写真が撮れる。ttxyzさんの口コミ
JR釧網線茅沼駅、釧路湿原にある駅です。現在、無人駅です。日本で唯一ツルの来る駅で有名。冬には湿原号が運行されSLが見れます。BD1ライダーさんの口コミ
駅前のペンションに宿泊で茅沼駅で下車、誰も降りない静かな駅です。駅舎の反対側がタンチョウが来る場所です。タンチョウは年中見ることができるそうですが、この暑い時期は別の場所にいるのでしょう。駅前広場にSLの動輪が飾ってありました。BD1ライダーさんの口コミ

茅沼駅

バブル評価 5 段階中 4.0
標茶町の観光スポットで17件中6位

SLふらの・びえい号/北海道旅客鉄道 (北海道)

旭川駅〜美瑛駅を結ぶ富良野・美瑛ノロッコ号が走る6月から10月のうち、一部の期間のSLが牽引することがあり、これをSLふらの・びえい号として運行しています。道中では広大なラベンダー畑や田園風景など、北海道ならではの景色を堪能できます。

177hideakinさんの投稿写真

m oさんの投稿写真

twinklepopsさんの投稿写真

ラベンダー駅から乗車しました。相当な数のお客さんが待っていたので乗れるか心配でしたが、意外と椅子の数も多く、座って乗車することができました。旭川方面へはラベンダーを見るなら向かって左側、パッチワークを見るなら右側が良いでしょう。SATO0321さんの口コミ
蒸気機関車D12が牽引してくれるイベントの時に乗車してみました。綺麗な花畑を走る蒸気機関車の煙の匂い。ノスタルジーっていうのかな。とても素敵な思い出です。177hideakinさんの口コミ
旭川~富良野を走る観光列車ですが、ハイライトは美瑛~富良野。この区間を走るノロッコもあります。丘越え、十勝岳、ラベンダー園と美瑛・富良野の見どころを凝縮されています。マナティ北海さんの口コミ

昭和の時代にタイムスリップしたようなレトロ感漂うSLに乗って、現実から少し離れた旅を楽しんでみてはいかがでしょう。
煙をもくもくと上げながら走る蒸気機関車から非日常を感じられ、普段の通勤電車にはない車内でのイベントや乗車スタッフによる演出など、手軽なSLプチ旅をしてみませんか。

Menu