TripAdvisor

トリップアドバイザーの口コミ情報をテーマごとに再編集。旅のヒントが詰まったキュレーションマガジン!

スペイン・サンセバスチャンでバル巡りするコツと人気店の食べるべき一品

ピンチョスなどの小皿料理と楽しい雰囲気で、日本でも大人気のバル。発祥はスペイン南部ですが、今、バル巡りの聖地として世界中から食べ歩きに訪れる人が増えているのが、北部バスク地方のサンセバスチャン。もともと美食の街として知られていましたが、タパスを“小皿の芸術”と称されるまで洗練させたことで注目を集めています。そこで、サンセバスチャンでバル巡りするコツと人気店の食べるべき一品をご紹介。どんなタパス(小皿料理)が目と舌を楽しませてくれるでしょうか?!

バル巡りのコツ1・短時間ではしごし、いろいろなバルを巡ること

サンセバスチャンの旧市街にある路地には、バルが100軒以上も軒を連ねています。サンセバスチャンでバルを楽しむ何よりの秘訣は、こうしたお店をはしごすること。1軒に何時間も滞在するというより、短時間でお目当ての店を巡り、いろいろなバルのタパス料理を味わうのがおすすめです。旅のスケジュールとお腹の具合いを探って何軒巡るかを決め、そこから逆算して、1軒につき1人2品までなど、ルールを決めておくのもいいかもしれません。

IgnatiusCaralさんの投稿写真

バル巡りのコツ2・カウンター近くで立って飲食し、酔っぱらわないこと

バルに入ると、カウンターにずらりと並ぶタパスに目を奪われます。テーブル席があるお店もありますが、基本的にはカウンターで好きなタパスをとったり注文したりして、立って食べるのが基本。英語が話せるスタッフがいるバルもあるので、コミュニケーションをとるのも楽しいもの。立って、会話しながら飲食することで、自然と酔っぱらうのを防ぐことができます。もし、酔っぱらっているな、と思ったら、次の店に行く途中で水を飲んだり、お酒の量をセーブしたりしましょう。街で酔いつぶれるのは、ひんしゅくを買う行為です。

James Cさんの投稿写真

Josmar Oさんの投稿写真

バル巡りのコツ3・お店選びは、自慢の一品をチェックor床に注目

サンセバスチャンのバルは、店ごとに創意工夫がなされ、さまざまなタパスが用意されています。ちなみに、串にさしたり、パンにのせられ、フィンガーフードとして食べられるピンチョスはサンセバスチャンが発祥です。店に入って迷ってしまい、なかなか選べないということもあるので、あらかじめ自慢の一品をチェックしてどの店に行くかを決めておくのも1つの方法。もちろん、実際に足を運んで店の雰囲気や並ぶタパスを軒先でチェックして入ってもOK。スペインのバルでは使用済みの紙ナプキンを床に捨てる習慣があるので、床を見てみると人気ぶりがわかるかもしれません。

Darge81さんの投稿写真

Laura Sさんの投稿写真

人気バルの食べるべき一品をチェック!

実際にサンセバスチャンに行くと路地にたくさんのバルがあって、どこで何を注文してよいか迷っていまいます。そこで、トリップアドバイザー人気店のなかからクチコミで評判の一品をチェックしておきましょう!

Borda Berri

夜の開店前から行列をつくるほどの人気店。その理由は、手のこんだ料理のおいしさ。しっかり調理された肉料理やラビオリ、チーズリゾット、タコがよく注文されています。「いろいろ巡ったけど、結局ここがおいしかった」「混んでいても行きたい」というクチコミもあるほどです。

Step Hさんの投稿写真

こちらでまず食べたいのは、「牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」。バルのタパスとは思えない手の込んだ煮込み料理で、肉の柔らかさと赤ワインソースが絶品。お腹をすかせて食べたい一品です。

Darge81さんの投稿写真

評判のいいバルだったので2日連続で行ってみました。牛ほほ肉の煮込みは、トロトロの美味しさでした。harigataさんの口コミ
スペシャリテは牛ほほ肉。絶品。ただただ絶品。パリで美味しいものを食べつくした人でも満足するだろう。set-kumaさんの口コミ

日本人になじみの深い「タコ」も人気。「日本で食べるよりおいしいかも?!」という声が続出しています。素材の良さもさることながら、ソースにその秘密が隠されているかもしれません。ぜひ、かじりついてみては!

ANTONIODEESPANAさんの投稿写真

数点注文して食べてみましたが、一番タコのグリルがとてもおいしくて感動しました。おすすめです!waKaneさんの口コミ
タコが一番気に入りました。明石のタコもここまで美味しくないんじゃない?っていうぐらいです。タコが苦手じゃなければ是非、食べてほしいです。yukaboさんの口コミ

Borda Berri

バブル評価 5 段階中 4.5
サンセバスチャン ドノスティアの飲食施設、783 軒中 5 位

Bar Sport

店員さんの笑顔の対応と日本語メニューもあるところも評判のフレンドリーなバル。注文してから料理を作ってくれるのでできたてが味わえます。「バルスポーツ」というスポーツ観戦がメインのような名前ですが、料理も絶品。「名前で損をしている」とまで言われる名店です。

管理者提供の写真

こちらで食べたい一品は何といっても「フォアグラ」。オーダー制でカウンターの前にはないので、注文して頼みましょう。パンの上にのったフォアグラの濃厚な風味がたまりません。

Loustics33さんの投稿写真

炙ったふわふわのフォアグラがバゲットにのってて、岩塩がふってあり、今まで食べた中で一番おいしいタパスでした。サトウハナコさんの口コミ
フォアグラのピンチョスと赤ワイン二つずつで10€程でした。フォアグラは臭みもなく焼き方も絶妙でとてもおいしかったです。qwert2016さんの口コミ

Bar Sport

バブル評価 5 段階中 4.5
サンセバスチャン ドノスティアの飲食施設、783 軒中 4 位

Atari Gastroteka

サンタマリア教会の前にある人気店。テラスもあるので、美しい教会を見ながら飲食することも可能です。ほかでは見ることのできないオリジナルタパスが豊富。店員がイケメンなところにも注目です!

Annemie vさんの投稿写真

David Mさんの投稿写真

珍しいピンチョスもおすすめですが、「トマトの魚介リゾット」も評判です。バケットが続いて、お米が恋しくなったときや、締めとして利用してもよいでしょう。ちょっとだけ食べたいときは、ミニサイズもあります。

Tomás Bさんの投稿写真

ピンチョスやバケットに食べ飽きていたころだったのでバケット以外で何かないかと聞いたところリゾットがおすすめとのことで注文。ミニリゾットとっても美味しかったです。COCO旅女さんの口コミ
トマト味のリゾットが美味しかった。立地が良いのでいつも賑わっています。カウンターに並べられたピンチョスはどれも美味。リゾットをオーダーしましたが美味しかったです。itsurouさんの口コミ

こちらのお店はデザートも評判。チーズケーキやチョコレートケーキもありますが、人気は「フォアグラとフレンチトースト」。しっかりデザートまで食べたいというときに行きたいお店です。

Traveler_snoozeさんの投稿写真

お昼に伺ったら、イケメン店員さんが相手をしてくれて英語で相談しながらオーダーしました。フォアグラとフレンチトーストのデザートが最高でした。ishirinnさんの口コミ
フォアグラを頼みましたがベリー系のソースはプルプルに固められた半球状で添えてあり、お料理の見た目がお洒落。horizontalesさんの口コミ

Atari Gastroteka

バブル評価 5 段階中 4.5
サンセバスチャン ドノスティアの飲食施設、783 軒中 14 位

Sirimiri

1つ前に紹介した「Atari Gastroteka」の隣にある姉妹店。アタリよりも若者向けで、気さくな雰囲気と音楽が流れる居心地の良さが人気です。アタリと同様に創作料理に力を入れていて、珍しい一品が揃います。

basquiatlbさんの投稿写真

こちらで人気なのが「イベリコ豚のグリル」。スペインに行ったらイベリコ豚を食べたいというときには、ぜひこちらのお店を覗いてみましょう。

Chiara0916さんの投稿写真

今回はSecretoと呼ばれる 「イベリコ豚のグリル」 と「イカのコロッケ」を。林檎の ピューレの甘味と脂ののった イベリコ豚の相性がバッチリでした。Chiara0916さんの口コミ
いくつか頼みましたがイベリコ豚のステーキがおいしすぎて、再度追加しました。モダンで素敵なところでした。emika11さんの口コミ

Sirimiri

バブル評価 5 段階中 4.5
サンセバスチャン ドノスティアの飲食施設、783 軒中 7 位

Txepetxa

イワシやアンチョビの専門バルとして有名なお店。青魚と地元の軽快な白ワイン・チャコリを味わいたいなら、ここで決まり!

Nic-NRさんの投稿写真

イワシのピンチョスのなかでも人気なのが、「カラフル野菜のマリネのせ」。イワシのおいしさもさることながら、地中海らしい鮮やかな色の野菜が食欲をそそり、マリネの味付けも最高のようです。

Miquel Fさんの投稿写真

イワシの上にパブリカなどカラフルな野菜が乗っているものとオリーブが乗っているものと2種類食べましたが両方ともとても美味しかったです。酢の加減が良くてさっぱりしていて何個でも食べれそうでした。臭みも全くなくてチャコリにも合いました。popobrさんの口コミ
イワシのピンチョがとっても美味しいです! 私が注文したのは野菜のマリネがイワシの上に乗っている色鮮やかなピンチョです。 メニューを渡してくれるので指させばOKです。 さっぱりして、今思い出しても食べたいですね。popobrさんの口コミ

アンチョビのおいしさを堪能したい人に人気なのが、バスク名物「ヒルダ」。いろいろなお店で食べられますが、「ここのが一番!」という声もあります。

Abuweloveさんの投稿写真

ピンチョスの定番、アンチョビと青唐辛子とオリーブを串に刺したヒルダ。食べるならイワシの美味しいここが良いかな、っと思って来ました。日本でよく食べる缶詰のアンチョビは塩辛いですが、ここのは塩加減がちょうど良く、少しピリッとした青唐辛子とオリーブに良く合います。チャコリとの相性もバッチリです。uminoigoraさんの口コミ
「ヒルダ」は,アンチョビ・オリーブ・青唐辛子のピクルスを串に刺したピンチョの定番で,これも美味しかったです。でざーとさんの口コミ

Txepetxa

バブル評価 5 段階中 4.5
サンセバスチャン ドノスティアの飲食施設、783 軒中 3 位

サンセバスチャンの奥深いタパスの世界を堪能いただけましたか? 食べ歩きが好きな人には、これほど天国な都市はありません。ぜひ、実際に足をのばしてその雰囲気を味わってみてください。

Menu