TripAdvisor

トリップアドバイザーの口コミ情報をテーマごとに再編集。旅のヒントが詰まったキュレーションマガジン!

世界遺産のフランス・ロワール渓谷で、絶対見ておきたい城7選

全長1012km。フランス最長のロワール川流域には、300以上もの古城が建ち並びます。その中流域、約200kmにわたって140の古城が点在する景観が世界遺産に登録されています。パリに比べて温暖で風光明媚なロワール地方は、王侯に愛された地でした。フランス王家の歴史が刻み込まれた主な名城を紹介します。

 

アンボワース城

ロワール川を見下ろす丘の上に築かれていた要塞を、15~16世紀にかけてシャルル8世、フランソワ1世らが王家の居城へと改装しました。フランソワ1世の招きに応じたレオナルド・ダ・ヴィンチは、この城の近くのクロ・リュセで晩年を過ごし、城の礼拝堂に埋葬されています。

Laura_Torres_ELEさんの投稿写真

Ikki34さんの投稿写真

KimagureTsuboyanさんの投稿写真

mousdelさんの投稿写真

ここはベルサイユ宮殿よりももっと遡りますが、当時としては、最高級の物を備えていたようです。ダヴィンチの像もあります。chipndale10さんの口コミ
アンボワーズ城はロワール川沿いに建つ、こじんまりしたお城です。日本語のオーディオガイドも置いてあるので(有料)、聞きながら歩くとより理解が深まるでしょう。フランス語でしたら子供用があります。レオナルド・ダ・ヴィンチのお墓も、敷地内のチャペルにあります。Jojatharaさんの口コミ

アンボワース城

バブル評価 5 段階中 4.5
アンボワーズで 32 か所中 1 位の観光スポット

 

Castle of Angers(アンジェ城)

周囲1kmの城壁に17の円塔が配された堅牢な城塞で、ほかの優雅な古城とは異なる雰囲気が漂います。跳ね橋を渡って城壁内部に入ると、ゴシック建築の館とフランス庭園が広がり、館内では15~16世紀のタペストリーコレクションを鑑賞できます。なかでも、高さ6m、長さ133mで、フランス最古といわれる「黙示録のタペストリー」は必見です。

695Kevin51さんの投稿写真

andré tさんの投稿写真

Marc Rさんの投稿写真

Maurice Bさんの投稿写真

高さ40mの縞模様の円塔からのメーヌ川とアンジェ市街の眺めは素晴らしい。この城を有名にしているのは、現存するタペストリーとしてはフランス最古という「ヨハネの黙示録」のタペストリー。Cho-sanさんの口コミ
町の中でも比較的高いところに位置しており、一望するにはもってこいの場所だ。城壁の中は、簡単な庭があり花がたくさん咲いていた。Katsutoshi Nさんの口コミ

Castle of Angers

バブル評価 5 段階中 4.5
アンジェで 58 か所中 1 位の観光スポット

 

シュノンソー城

ロワール川の支流、シェール川をまたぐように築かれた、広大な庭園を有する優雅な城です。16世紀に建設されて以来、19世紀まで代々の城主が女性であったため「6人の奥方の城」との別名があります。3代目の城主であり、アンリ2世の妻であったカトリーヌ・ド・メディシスが作った川に架かる橋の上のギャラリーをはじめ、代々の城主の寝室、台所、礼拝所など、見どころが多い城です。

susi6229さんの投稿写真

Destination_Partnersさんの投稿写真

Jean Pierre Pさんの投稿写真

なつまつりさんの投稿写真

女性が城主だっただけあって、ロマンチックな雰囲気です。それぞれの部屋にはイメージに合った生花が盛ってあって、香りが良かったです。kappa18さんの口コミ
それぞれの部屋、キッチン等面白かったです。2つの庭園も良かった。古城巡りでは欠かせませんね。鉄道を利用して行くことも可能です。kappa18さんの口コミ

シュノンソー城

バブル評価 5 段階中 4.5
シュノンソーで 5 か所中 1 位の観光スポット

 

シャトーロイヤルデブロワ(ブロワ城)

13世紀にブロワ伯の命で着工されてから、約4世紀にわたって増改築が行われたました。中庭を囲む4つの館から成り立っていますが、それぞれ建設年代が異なるため、建築様式もゴシック、ルネサンス、古典様式とさまざまです。7人のフランス王と9人の王妃が住んだ城でもあり、フランス王家にとっては最も重要な城の一つでした。

TAK1963さんの投稿写真

Francois33Mさんの投稿写真

HistoryStudentさんの投稿写真

見学はパンフレットを読んでから、順路通りに行う事をお勧めします。順路を守らないと城内の一方通行区間に何度も引っかかります。sugarmountain2016さんの口コミ
ギース公アンリが殺された部屋等、なかなかのドラマをはらんでるお城ですが、その事件に絡んだ絵画も多く展示されていて、臨場感たっぷりです。sugarmountain2016さんの口コミ

 

シュヴェルニー城

1634年にシュヴェルニー伯爵が建築した、古典主義様式の城です。その後、城の持ち主が何度か替わりましたが、伯爵の子孫が買い戻して以降、現在に至るまで引き継がれ、今も子孫が右翼棟で暮らします。室内装飾や家具の調度品の保存状態のよさは、ロワールの古城の中でも指折り。マンガ『タンタンの冒険』シリーズに登場する、ムーランサール城のモデルとしても知られています。

R Jさんの投稿写真

Ruffinouさんの投稿写真

Norman117さんの投稿写真

Chloe Cさんの投稿写真

実際に伯爵の館として建造され、現在もその子孫である侯爵夫妻がお住まいになっています。そのため館内には家族写真が多数飾られ、歴史的遺産の博物館としての価値以外に、現役の貴族のお住まいとして空気が通った感じがします。shobizさんの口コミ
各部屋に鎧や毛皮、宝箱が置いてあって間近で見られるので、RPGのテレビゲームの影響でヨーロッパの近世が好きな自分にはたまらないものでした。yu421jpさんの口コミ

シュヴェルニー城

バブル評価 5 段階中 4.5
シュヴェルニーで 6 か所中 1 位の観光スポット

 

シャンボール城

総敷地面積5500万㎡、建物の幅は156m、奥行き117mという、ロワール川流域で最大の城です。フランソワ1世の命により作られた城では、フランスのルネサンス様式の最高傑作といわれています。フランソワ1世は、この城に生涯の宿敵である神聖ローマ帝国皇帝カール5世を招き、自らの富と権力を誇示したといいます。城内では、レオナルド・ダ・ヴィンチが設計したと伝わる二重のらせん階段や、フランソワ1世とルイ14世の居室などを見学できます。

Tibi Nさんの投稿写真

pbirdie3さんの投稿写真

Brice92さんの投稿写真

お城に近づくにつれ大きさと美しさに驚きます。色々な形の塔が沢山建てられた屋根が特徴です。広い庭園には木も花も無い芝生の庭も特徴です。正夫 渡さんの口コミ
家族でレンタカーを借りて、ロワール地方を回った時訪問しました。 雄大で立派な城でした。有名な2重螺階段も体験出来ました。 ロワールの古城巡りでこことシュノンソーはマストだと思います。チュンチュさんの口コミ

シャンボール城

バブル評価 5 段階中 4.5
シャンボールで 5 か所中 1 位の観光スポット

 

Château de Villandry(ヴィランドリー城)

16世紀に完成した、ロワール川流域では最後に建てられたルネサンス式の城です。ここは建物よりも幾何学模様の美しい庭で知られています。三段のテラス式につくられた庭園は装飾庭園、水埜庭園、菜園などに別れていて、さまざまな愛をモチーフにデザインされています。屋上に登ると、ロワール地方で随一と謳われる三つの庭園を一望できます。

Themis1960さんの投稿写真

Tony Mさんの投稿写真

Destination_Partnersさんの投稿写真

ROY_BREAさんの投稿写真

ROY_BREAさんの投稿写真

rgr1085さんの投稿写真

入場券はお庭だけと、お城と庭のセットがあります。お城の屋上からお庭が見渡せますので、これだけでお城に入る価値があると思われます。ピンクのワンピースさんの口コミ
3つの庭園に分かれていました。特に一番下のお花の庭園がきれいです。3番目の庭園は、野菜の庭園で、それも珍しかったです。まわいの景色もきれいでまた行きたいです。ピンクのワンピースさんの口コミ

Château de Villandry

バブル評価 5 段階中 4.5
ヴィランドリーで 1 か所中 1 位の観光スポット

 

フランス王朝の栄華を象徴するような優雅な城が残るロワール渓谷は、「フランスの庭」とも呼ばれるだけあって、その美しい景観に心を打たれます。古城をめぐり、ワインを楽しみ、歴史に思いを馳せる。そんなステキな旅に出かけてみませんか。

Menu